お盆 休み 天気 2019。 沖縄旧盆2020年はいつ?行事や食べ物を紹介!

2019年のお盆休みの期間はいつからいつまで?地域による違いは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お盆 休み 天気 2019

基本的には、お盆は15日を中心として、13日の迎え火から16日の送り火までの4日間です。 ただし、地域・宗派によっては、 ・12日〜15日 ・12日〜16日 ・13日〜15日 ・14日〜16日 などの場合もあります。 この場合の地域は「県」よりもっと狭い範囲だと思ったほうがよいでしょう。 同じ市町村でも町内ごと、あるいは家庭ごとに異なる場合もあるでしょう。 いちおう、 新暦 7月15日中心 ………東京・横浜・東北地方など 月遅れ 8月15日中心 ……全国的に多い。 北海道・新潟・長野・関東南部・関西地方など 旧暦 新暦では毎年移動 …関東北部・中国・四国・九州・南西諸島など ということで、 埼玉県は月遅れのお盆が主流のようですが、私の知り合いは埼玉県でも7月にお盆をしています。 お盆入門 また、本来はお盆の準備という意味合いもある七夕も、 埼玉県狭山市の入間川七夕祭、 埼玉県小川町の小川町七夕まつり、 埼玉県ふじみ野市の上福岡七夕まつり、 などは月遅れの8月7日前後に行なわれますが、 埼玉県でも7月に七夕祭りを行なっている地域もあります。 埼玉県は、 基本的にはご質問のように月遅れ盆で8月13日〜16日の4日間だと思いますが、 私の知り合いのように新暦で7月の場合もあるため、 一概に8月13日〜16日とはいえません。 また、お盆の日程は毎年変わりませんが、企業の夏季休暇 いわゆるお盆休み は曜日の配置によって変わる場合もあります。 【追記】 《そのとおりです》などという回答がありますが、 埼玉県内でも新暦で7月にお盆をしている例もあるため、 一概に《そのとおり》ではありません。

次の

「お盆」2020年の期間はいつからいつまで?お盆の由来や意味とは?

お盆 休み 天気 2019

の気象情報を担当している気象予報士の飯山です。 今週~来週にかけてのお盆休みに帰省や旅行に行かれる方が多いと思います。 そこで、夏休みの 人気旅行先ランキング上位の天気について解説しようと思います。 国内人気旅行先ランキング 6月30日に日本旅行業協会が発表した夏休み旅行動向調査によると、国内の人気ランキングは次のようになっています。 1位 北海道 2位 沖縄 3位 東京 4位 大阪 5位 北陸 参考URL お盆の時期の気圧配置 太平洋高気圧が日本列島を広く覆う傾向があり、東北~九州にかけては晴れて暑くなるのが一般的です。 ただし、午後は大気の状態が不安定となってにわか雨や雷雨となることもあります。 北海道も太平洋高気圧の圏内に入ることが多くなりますが、 太平洋高気圧の勢力が弱まると、気圧の谷が通過して天気が崩れます。 沖縄も太平洋高気圧に覆われますが、台風が接近する場合や台風からの湿った空気の影響で雨が降りやすくなる場合もあります。 統計天気アプリ情報 統計天気アプリによると、札幌 北海道 、東京、金沢 北陸 、大阪、那覇 沖縄 の過去30年間で現れやすい天気は以下の通りとなっています。 各地点とも晴れる日が多くなっていますが、金沢と那覇は雨の出現率が30%以上で、3年に1回は雨が降る恐れがあると言えます。 、、、、の天気予報はズバリ、下記の通りです。 札幌 8月11日(木・祝)~13日(土) 晴れ時々曇り。 太平洋高気圧の圏内でおおむね晴れる見込みです。 8月14日(日) 晴れのち曇り。 晴れますが、気圧の谷の接近で次第に雲に覆われるでしょう。 8月15日(月)~16日(火) 曇り一時雨。 気圧の谷の影響で雲が広がりやすく雨の降る恐れがあります。 8月15日(月)と 16日(火)は気圧の谷の影響で 雨の降る恐れがあります。 見込みです。 東京 8月11日(木・祝)~15日(月) 晴れ時々曇り。 太平洋高気圧に覆われ晴天が続くでしょう。 8月16日(火) 曇り時々晴れ。 湿った気流で雲がやや多めとなりますが、晴れ間も出るでしょう。 にわか雨の降る恐れはありますが、暑い夏空が続く見込みです。 金沢 8月11日(木・祝)~15日(月) 晴れ時々曇り。 太平洋高気圧に覆われ晴天が続くでしょう。 8月16日(火) 曇り時々晴れ。 晴れ間は出ますが、気圧の谷の影響でやや雲が多めとなるでしょう。 暑い夏空が続く見込みです。 大阪 8月11日(木・祝)~16日(火) 晴れ時々曇り。 太平洋高気圧に覆われ、暑い夏空が続くでしょう。 暑い夏空が続く見込みです。 那覇 8月11日(木・祝)~12日(金) 曇り時々晴れ。 高気圧の圏内で晴れ間が出ますが、湿った気流の影響でやや雲が多めでしょう。 8月13日(土) 曇り一時雨。 湿った気流の影響で雲に覆われ雨の降る恐れがあります。 8月14日(日)~15日(月) 曇り時々晴れ。 晴れ間は出ますが、南東海上の台風の影響で雲が多めでしょう。 8月16日(火) 晴れ時々曇り。 高気圧の圏内となりおおむね晴れるでしょう。 晴れ間の出る日が多くなりますが、 8月13日は湿った気流の影響で 雨の降る恐れがありますので注意してください。 また、南東海上に発生する 台風の影響で 不安定な天気となる見込みで、台風の進路も不確定な部分が大きいため、台風発生後は十分注意してください。 おわりに お盆休みの天気予報をお知らせしました。 予定の参考にしてください。 なお、台風の動向により、予報が途中から大きく変わってしまう可能性がありますので、の天気予報をあわせてご利用ください。 株式会社ポッケが運営するでは• 詳しい今日明日の天気• 季節の豆知識• 2週間分の天気予報(スマートフォン向け) など、お天気に関するバリエーション豊かな情報を提供しています。 また、この他にも株式会社ポッケでは、様々な天気に関するアプリを提供しています。 お出かけの際のおともにご活用ください。 それでは、暑さに十分に注意して、お盆休みを楽しんでお過ごしください!•

次の

2019年のお盆休みの期間はいつからいつまで?地域による違いは?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お盆 休み 天気 2019

ウェザーニューズは2019年8月2日、お盆休み(8月10日から18日)の天気予報を発表した。 10日から12日にかけては曇りや雨のところが多く、中盤から終盤にかけては夏の高気圧が勢力を盛り返して、夏空の戻る所が多くなりそうだという。 現在、フィリピンの東海上で発生が予想される熱帯低気圧が、お盆休み序盤の天気に影響する可能性があるという。 そのため、8月10日から12日にかけては、熱帯低気圧の影響もしくは湿った空気が流れ込む影響で曇りや雨の所が多くなりそう。 仙台と東京、名古屋は10日から12日に曇り、大阪と広島、福岡は10日に曇りのち雨、11日と12日に曇りの予報。 中盤から終盤にかけては夏の高気圧が勢力を盛り返して、夏空の戻る所が多くなる。 西日本や東海を中心に暑さが厳しく、35度前後まで上がる見込み。 一方、関東や北日本はやや暑さが控えめで、北日本は比較的過ごしやすいと予想される。 ただし、熱帯低気圧の予測に不確定な部分が大きく、動向によっては予想が大幅に変化する可能性があるという。 天気の最新情報は、ウェザーニュースのWebサイト「天気予報Ch. 」や天気アプリ「ウェザーニュースタッチ」で確認できる。 《工藤めぐみ》.

次の