陰部 腫れ ぼっ たい。 唇の腫れを治したい~粘液嚢胞、ヘルペスからクインケ浮腫まで解説!

陰部をぶつけて腫れてきました【外陰部血腫】

陰部 腫れ ぼっ たい

Q 陰茎の皮の腫れ 陰茎の皮の腫れを発見しました。 似た質問がありましたが、 差異があるので、質問させて頂きます。 3日程前に、説明は省きますがある女性と性交渉を行いました。 それが原因かどうかは分かりませんが、今日あそこを確認しましたら 陰茎の1部が赤くなり、若干腫れていました。 私は仮性包茎です。 痛みは全くないのですが、赤みがあります。 行為後、直ぐにお風呂に入れなかったので、それも原因かな?と思います。 ちなみに、中学生時代に全く同じ症状になったことがあります。 シチュエーションは自慰でしたが… その時は覚えたてってのもあったのか、割と頻繁に自慰をしており、 腫れた時は、今回と同じく行為後お風呂に入れなかったです。 その後何日かしたら自然とその腫れは引きました。 その症状だと有難いのですが… 私はある理由で20万もの費用が掛かり、今現在とてもお金がありません。 私としましては、月末に給料が入りましたら直ぐにでも病院に行きたいのですが、 もし、急を要する病気であるのなら無理してでも病院に行きたいと考えております。 しかし、出来うる限りならそれは避けたいです。 恥はありません。 しかし、お金もないのです。 ですが、重大な病気か、ただの炎症か分かり兼ねるので、 もし重大な病気であるか、この説明で分かる方がいたらお教え下さい。 ちなみに、その女性はそういう病気は持っておりません。 宜しくお願い致します。 陰茎の皮の腫れ 陰茎の皮の腫れを発見しました。 似た質問がありましたが、 差異があるので、質問させて頂きます。 3日程前に、説明は省きますがある女性と性交渉を行いました。 それが原因かどうかは分かりませんが、今日あそこを確認しましたら 陰茎の1部が赤くなり、若干腫れていました。 私は仮性包茎です。 痛みは全くないのですが、赤みがあります。 Q 3日ほど前ですが、朝起きるとペニスの付け根あたりに1cmくらいのしこりが出来ていました。 ・場所は、真上から下半身を見下ろして、ペニスの付け根のど真ん中です。 ・柔らかいBB弾が入っているような感じです。 ・痛みやかゆみ、皮膚表面に変化はありません。 性交渉はその3日ほど前にしましたが、ここ2年ほどはお互いにパートナー以外とはしていません。 私の現在の体の状態はこんなところです。 今回のしこり。 肝臓の数値が悪い。 慢性的な倦怠感がある。 胸に原因不明の赤い斑点が出たことあり。 原因不明の咽頭炎。 これだけを見ると性病(梅毒)という可能性もあるのですが、正直よくわからないです。 もし、性病だとしたらですが、 1年に1回か2年に1回の健康診断では尿検査と血液検査はしていますが、一般の尿血液検査では性病検査はしていないという事でしょうか? ここからが本題なのですが、 肝心のしこりの場所なんですがペニスに出来ている感じというよりは、陰毛の生えている皮膚とペニスの付け根の皮膚の、まさに中間に出来ているといった感じなんです。 ですので、とりあえず病院で診察してもらおうと思っているのですが、どの科を受けたらよいのかわかりません。 この場合、皮膚科、泌尿器科、どちらを受信するべきでしょうか?また、それ以外でも適した科があれば教えて下さい。 3日ほど前ですが、朝起きるとペニスの付け根あたりに1cmくらいのしこりが出来ていました。 ・場所は、真上から下半身を見下ろして、ペニスの付け根のど真ん中です。 ・柔らかいBB弾が入っているような感じです。 ・痛みやかゆみ、皮膚表面に変化はありません。 性交渉はその3日ほど前にしましたが、ここ2年ほどはお互いにパートナー以外とはしていません。 私の現在の体の状態はこんなところです。 今回のしこり。 肝臓の数値が悪い。 慢性的な倦怠感がある。 胸に原因不明の赤い斑点が出たことあり。 Q 過去1年位、下腹部の男性器付け根付近の皮膚がかぶれて痒く、 皮膚が乾燥して、痒くて掻くと、表面の皮膚の残骸がぼろぼろと落ちます。 陰毛が生えている箇所なので、剃って、市販の皮膚薬を色々塗りましたが、 直りません。 このような症状に効く市販の薬はないでしょうか。 専門医に診てもらうのが最適ですが、皮膚科でいいのでしょうか。 行きたいのですが、なかなか足が重くて。 なぜなら、町の開業医に行くと、静かな待合室で他の患者に聞こえる状況で、 受付係りが「今日はどうされましたか~?」と質問されて、口頭で答える場面が よくあるので(患者のプライバシーなんてあったもんじゃない)。 「性器がかゆいんです」とも言いづらいし、口頭でなくても、患部を書く紙を渡されて 記す場合でも、受付嬢が綺麗な人だと、性器の部分に記しを付すので、 性病と思われるのが恥ずかしくてと、どうも足が重いのです。 アドバイスお願いします。 A ベストアンサー 痒い部分に湿疹などの皮膚の変化はありますか?赤いボツボツがあるとか? この時期、乾燥性の皮膚掻痒症が起こりやすくなっています。 もっとも乾燥性の皮膚掻痒症ならば恥丘(陰毛の生えているところ)だけでなく脚とか腕とかも痒くなることが多いのですが。 恥丘からかゆみが出る方もいます。 その場合、痒いところの皮膚に湿疹などは見当たりません。 毛じらみの場合も湿疹などはよく分からないのですが、よーく見ると陰毛に何らかいます。 #3さんのご意見です。 カンジダの場合陰部(外陰唇)がほとんどの場合痒くなります。 もし、湿疹等の皮膚の異常があれば医師の診察を受けてください。 婦人科でも大丈夫です。 毛じらみだなと確信できたらば、薬局で「スミスリンパウダー」というのを求めてください。 (ドラッグストアでは置いていないかもしれません。 薬局のほうがあるかも。 なければ取り寄せてもらえるかもしれません)スミスリンパウダーは毛じらみだけでなくしらみにも使う薬で、幼稚園などで、いきなり集団発生して使うことのある薬なので、恥ずかしがることもありません。

次の

陰部のしこり(女性):医師が考える原因と対処法|症状辞典

陰部 腫れ ぼっ たい

陰部の腫れの原因 陰部の腫れの原因は、かゆみや臭いの原因と共通することが多く、女性の陰部は粘膜でできているため ちょっとした刺激でも腫れに繋がってしまいます。 主な原因としては、• 下着での摩擦• 生理やおりものからの細菌の繁殖• 性感染症 が挙げられます。 下着での摩擦 自分に合っていない下着を身につけていますと、陰部が下着との摩擦で腫れる可能性があります。 これは、摩擦によって陰部の皮膚がこすれて 外傷に似た症状を引き起こすためで、その傷口から細菌が侵入し腫れてしまうことが考えられます。 最初は何も影響がなくても 放置していますと炎症に繋がる可能性もありますので、下着は自分のサイズに合ったものを身につけるようにしましょう。 生理やおりものからの細菌の繁殖 生理やおりものは体内からの分泌液のため、雑菌が存在していますよね。 ナプキンや下着の締め付けによって女性の陰部はムレやすく、不衛生になりがちですので腫れの原因に繋がってしまいます。 また、女性の陰部は粘膜でできているため、ちょっとした 雑菌の侵入や刺激でも敏感に反応してしまいます。 なので、生理中は ナプキンを頻繁に交換したり、お風呂でキレイに洗ったりと清潔にしておくことが大切です。 性感染症 外傷や、雑菌の影響ではなく陰部が腫れてしまうときは性感染症などの病気にかかっている可能性が考えられます。 性感染症の多くは子宮や膣内の細胞に菌が繁殖するなど 陰部内部の病気がほとんどですが、初期症状として 膣の入口にできものができたり、外陰部が腫れるなど 表に症状があらわれることがありますので、少しでも疑いがあるときはパートナーと一緒に病院を受診することをおすすめします。 陰部の腫れる場所 上記ような原因から陰部の腫れに繋がるのですが、陰部の中でも「 恥丘(ちきゅう)」という場所に腫れがあらわれる症状が多いようです。 恥丘というのは女性器の 外陰部の周りの盛り上がった部分のことで、 陰毛が生える辺りのことを言います。 ちょうど下着のゴムと接触する部分で、汗が溜まり ムレが起こりやすいため、陰部が腫れやすいとされています。 また陰毛に付着している細菌が汗をエサにして繁殖することでも腫れに繋がります。 腫れと同時に、かゆみも感じる場合「 毛じらみ症」や「 接触皮膚炎」といった症状も考えられますので、 肌に優しい下着を選ぶなどして陰部の通気性を良くし、清潔にしておくことが大切です。 陰部の腫れの代表的な種類 では、実際に陰部が腫れてしまった場合、どのような疾患があるのか代表的なものをご紹介します。 外陰炎 外陰炎の症状は、 陰部の腫れと同時に外陰部が赤くただれてしまうのが特徴です。 痛みとかゆみを伴い、膣内の炎症と合併して起こると考えられており、 生理時の経血の付着や、刺激の強いボディーゾープや石鹸での洗いすぎが主な原因と考えられます。 カンジダ外陰炎 カンジダ外陰炎は、女性ホルモンの乱れから起こる免疫力の低下が原因です。 体の免疫力が低下すると、おりものの中の常在菌の一種である 真菌が異常繁殖し外陰部に付着することで腫れが生じます。 この真菌は、 酸性の場所を好んで繁殖するのですが、女性ホルモンのプロゲステロンの影響で女性の陰部をより 強い酸性に傾ける傾向があるため、外陰部が腫れやすくなってしまうんです。 しかし、この真菌が影響で腫れる場合は、 生理が終われば一緒に解決するという方も多いようですので、生理が終わっても腫れが続くという方は病院を受診されるのが良いでしょう。 バルトリン腺のう腫 まずバルトリン腺とは、膣の入口付近にある 性行時の潤滑液の役割をしてくれる分泌液を出す腺なのですが、バルトリン腺のう腫とは、この バルトリン腺が詰まってしまい袋状に腫れあがってのう胞ができる症状です。 小さな豆粒サイズからゴルフボールぐらいの大きさまで腫れあがり、強い痛みを感じやすくなります。 バルトリン腺のう腫にかかった場合は、感染を防ぐため切開手術をすることがほとんどですので、少しでも腫れが気になるという方は早めに受診されることが大切です。 陰部が腫れたときの対処法 もし陰部が腫れてしまった場合、婦人科や皮膚科などを受診すると思いますが、一般的に陰部の腫れを治す方法は、• 薬物療法• 食生活の見直し• 清潔に保つ があります。 薬物療法 病院を受診した際におりものや外陰部の検査がおこなわれ、 大きな異常がない場合は外用薬を処方されます。 感染や炎症を抑えるために 「抗生物質」の処方がほとんどで、陰部がかぶれやかゆみ等の軽い症状ならば数日間薬を塗ることで腫れは治まってくるでしょう。 食生活の見直し 上記にも書きましたが、陰部の腫れの原因には常在菌の異常繁殖も考えられます。 常在菌の繁殖には体の 免疫力の低下や、 ストレスによるものがほとんどです。 この原因を取り除くためにはやはり 規則正しい生活や食生活の見直しが必要ですよね。 特に バランスの良い食事は、免疫力の回復を促し、陰部の腫れを改善するだけではなく予防にも繋がりますので、日頃の生活習慣の改善はとても大事ですよ。 清潔に保つ 女性の陰部は 「おりもの」「生理」「尿」といった細菌が付着する可能性を多くもっています。 この細菌の影響で陰部の腫れを引き起こしますので、やはり 一番重要なのは常に 清潔 にしておくことです。 生理時のナプキンやおりものシートは頻繁に取り換えたり、お風呂に入ったときは陰部を丁寧に洗ったりと、日頃から意識しておくことが大切です。 日頃のケア方法 大切なことは 「陰部を清潔に保っておく」と書きましたが、注意点として陰部を洗うときは市販のボディーソープや石鹸ではなく、陰部専用の などを使用して洗うことが大事になってきます。 市販のボディーソープや石鹸ですと洗浄力が強すぎて陰部に必要な常在菌まで洗い流してしまうことになるので、それこそ陰部の免疫力低下に繋がってしまいます。 さらに、 陰部はゴシゴシ洗うのではなくたくさんの泡で撫でるように洗って下さいね。 女性の陰部は 非常にデリケートですので優しく洗うことが大切です。 そこでこの ですと、女性の陰部のことを考えた成分が使われていますので、腫れの原因に繋がる細菌の除去や、かゆみ黒ずみの防止にも役立ちますので、陰部の悩みを抱えていてまだジャムウソープを使ったことがないという方は、ぜひ の購入を考えてみてはいかがでしょうか? まとめ このように陰部の腫れには女性特有の生理やおりものなどから発症することが多く、日頃の生活から意識してケアしておくことが大切になってきます。 上記に挙げたように、もし陰部が腫れてしまっても対処法やケア方法を実践すれば必ず治ります!焦らずに正しい処置をすることが重要ですね!

次の

[女性性器の構造]|家庭の医学|時事メディカル

陰部 腫れ ぼっ たい

女性の陰部には膣口を取り囲むように 大陰唇 だいいんしん や 小陰唇 、 陰核 、 膣前庭 ちつぜんてい などが存在しています。 表面は粘膜で覆われている部分が多く、膣分泌物や経血などからの刺激や性行為による損傷を受けやすいため、さまざまなトラブルが起こりやすい部位でもあります。 陰部に痛みや発赤を伴うしこりができた• 陰部にしこりができ、おりものの量や色、においの変化、などの症状を伴う• 陰部に何の症状も伴わないしこりができたが、徐々に大きくなっている これらの症状がみられた場合、原因としてどのようなものが考えられるのでしょうか。 陰部にしこりができる女性の病気 女性の陰部は不衛生な状態になりやすく、性感染症などのリスクもあるため、さまざまなトラブルが起こり得る部位です。 中には、陰部に塊を触れる「しこり」が形成されることがありますが、主な原因として以下のような病気が挙げられます。 陰部の炎症や感染による病気 陰部の粘膜はデリケートなため些細な刺激で炎症を引き起こしたり、性感染症による症状が現れたりします。 以下の病気は、症状のひとつとして陰部にしこりを形成することがあります。 外陰毛嚢炎 がいいんもうのうえん 大腸菌やブドウ球菌などの細菌によって、陰部の 毛嚢 もうのう (毛穴)に炎症が生じる病気です。 いわゆる「」と呼ばれるもので、炎症を引き起こした毛嚢は内部に 膿 うみ などが溜まって弾力性のあるしこりを形成することがあります。 また、重症化すると毛嚢同士が癒合して大きくなったり、しこりが多発したりします。 通常は強い痛みを伴い、しこり周辺粘膜の発赤や腫れを生じます。 バルトリン 腺嚢胞 せんのうほう 膣口付近の左右に存在するバルトリン腺が閉塞して内容物が溜まることでしこりができる病気です。 通常は痛みなどの自覚症状を伴いませんが、しこりが大きくなると歩行時や性行為時に擦れて痛むことがあります。 また、嚢胞の内部に細菌感染が生じると炎症を引き起こして、しこりが赤く腫れたり痛みを伴ったりするようになります。 重症化して嚢胞内に膿が溜まり、 膿瘍 のうよう を形成することも少なくありません。 尖圭 せんけい コンジローマ 陰部にヒトパピローマウイルスが感染することによって、先端が尖った硬いイボを形成する病気です。 性感染症の一種であり、若い世代に多くみられます。 イボは通常痛みなどを伴わず、大きくなると先端が割れてカリフラワーのような形状になります。 陰部良性腫瘍 陰部には、や線維腫、筋腫などの良性腫瘍が発生することがあります。 まれな病気であり、自覚症状がない場合は治療を必要としないこともありますが、しこりが大きくなって歩行や性行為などに支障を来たす場合には切除手術が必要になることがあります。 病院に行く目安とポイント 陰部のしこりは自覚症状がないケースもあり、気付いたとしても見過ごされがちな症状のひとつです。 しかし、中には重篤な病気が潜んでいる可能性もあるため注意が必要です。 特に、強い痛みや、おりものの変化、陰部のなどを伴う場合や、徐々に大きくなる場合は治療が必要な場合が多いため、早めに病院を受診するようにしましょう。 受診に適した診療科は婦人科や産婦人科ですが、かかりつけの皮膚科がある場合はそこで相談するのもよいでしょう。 受診の際には、いつからしこりがあるのか、痛みやなどの随伴症状、大きさの変化、しこり以外の症状などを詳しく医師に説明するようにしましょう。 また、パートナーが性感染症にかかった場合や不特定多数との性行為で性感染症のリスクが高いと考えられるときは医師に伝えるのもポイントです。 日常生活上の注意と対処法 陰部はさまざまなトラブルが生じやすい部位ですが、生活習慣が大きく関わっている場合があります。 主な日常生活上の原因とその対処法は以下の通りです。 不衛生な陰部 陰部は尿や便のカス、膣分泌物などが溜まるため不潔になりやすい部位です。 また、女性の場合は下着やストッキングなどによる蒸れでさまざまな細菌が繁殖しやすいのも特徴です。 陰部が不衛生な状態が続くと、細菌が繁殖してなどを発症する原因になることがあります。 陰部を清潔に保つには 陰部の衛生状態を維持するには、入浴時などに陰部の汚れをしっかり洗浄するのはもちろんのこと、通気性のよい下着や衣類を身に付けるようにし、月経時にはこまめに生理用品を交換することが大切です。 ナプキンの常用によって陰部のが発生する場合もありますので、肌にあった下着の着用が大切です。 膣内の洗いすぎ 膣内には膣や外陰部の自浄作用を持つ常在菌が多く存在しています。 このため、膣内を過剰に洗浄すると常在菌が減少して自浄作用が低下することがあります。 膣内を洗うときには 膣内は基本的に石鹸で過剰に洗浄する必要はありません。 常在菌への影響が比較的少ない陰部用の石鹸で優しく擦って適度に汚れを落とすようにしましょう。 感染予防のない性行為 陰部のしこりは、性感染症が原因になることがありますが、性感染症のほとんどはコンドームを使用しない場合に感染します。 性感染症を防ぐには 安全な性行為を行うには、コンドームを使用することが大切です。 経口避妊薬を服用中の人はコンドームを使用しないことが多々ありますが、経口避妊薬で性感染症を防ぐことはできないので注意しましょう。 よくならないときには 日常生活上の対処法を行っても陰部のしこりが改善しなかったり、悪化したりするときには何らかの病気が原因である可能性が考えられます。 婦人科や皮膚科など通いやすい病院をなるべく早めに受診するようにしましょう。

次の