キューティー パイ。 ジョニー・ティロットソン

キューティパイ倶楽部

キューティー パイ

略歴 [ ] 幼少の頃から音楽活動を始め、テレビ・ラジオ番組にレギュラー出演する。 1957年、デモテープがレコードプロデューサー ()の目に留まり、ブレイヤーがオーナーであったと契約する。 1958年8月、自作の『Dreamy Eyes』でデビューする。 1960年、『ポエトリー()』が全米2位、全英1位を記録する。 日本では1964年にヒット。 米盤のシングルの B面の自作曲「プリンセス・プリンセス」は日本で1963年にヒットした。 1962年、自作の『涙ながらに()』が全米3位を記録。 1963年、1961年発表の『キューティ・パイ』をがカバーしたのを機に日本でも人気を博す。 1963年 MGMに移籍し『トレンブリング・キッス』が全米7位を記録。 1965年9月、日本での『涙くんさよなら(Goodbye Mr. Tears)』(作詞・作曲)を英語と日本語でカバーし、オリジナルを上回るヒットを記録する。 1966年、(ジョニー・ウッドマン名義)作詞・(ハリー・ウィリアムス名義)作曲の『ユー・アンド・ミー』が日本でヒットする。 1987年、デル・シャノン、レスリー・ゴーアと組んで日本でのツアーを敢行。 2008年、ヒットパレードの殿堂(Hit Parade Hall of Fame)の殿堂入り歌手に選定される。 2011年、フロリダアーティスト殿堂()に殿堂入りする。 2014年、アメリカンポップミュージック殿堂の殿堂入り歌手に選定される。 ヒット・レコード [ ]• "Poetry in motion"全米2位(1960)ゴールド・ディスク• "Jimmy's girl"全米25位(1961)• "Without you"全米7位(1961)• "Dreamy eyes"全米35位(1961)• "It keeps right on a-hurtin' 涙ながらに)全米3位(1962)• "Send me the pillow that you dream on" 夢の枕を)全米17位(1962)• "I can't help it"全米24位(1962)• "Out of my mind"全米24位(1963)• "You can never stop me loving me"全米18位(1963)• "Talk back trembling lips"全米7位(1963)• "Worried guy"全米37位(1964)• "I rise I fall" 恋のウルトラC 全米36位(1964)• "She understands me"全米31位(1964)• "Heartaches by the number" 恋はつらいね)全米35位(1965) 日本語による録音 [ ]• 「」(1965)• 「ユー・アンド・ミー」(1965)• 「」(1964)• 「バラのため息」(1965)• 「ナイス・ガイ・ジョニー」(1965)• 「ドント・ゴー・アウェイ」(1965)• 「恋のヨット」(1966)• 「僕らの世界」(1966)• 「カントリー・ボーイ」(1966)• 「僕でいいなら」(1967) 主要なアルバム [ ]• "Johnny Tillotson's best" 1961• "It keeps right on a-hurtin' 1962• "You can never stop me loving me" 1963• "Talk back trembling lips" 1964• "Tillotson touch" 1964• "She understands me" 1965• "That's my style" 1965• "Our world" 1965• "No love at all" 1966• "Christmas touch" 1966• "Here I am" 1967• "Best of Johnny Tillotson" 1968• "Johnny Tillotson" 1977 映画 [ ]• 「Just for fun」(1963)イギリス映画• 「」(1966)日活映画 ゲスト出演 来日 [ ]• 1966年5月14日「涙くんさよなら」出演のため来日• 1966年11月4日 新宿厚生年金会館 出典 [ ] []• Top Pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 846,• CD: Travelin' on foreign grounds, Bear Family, c2014• by Tim Neely, Krause Publications, c2002, p. 559,• ライブ・イン・ジャパン;1960s~1970s, シンコー・ミュージック, 1995, p. 232 外部リンク [ ]• - 参考文献 [ ]• 「洋楽ヒットチャート大事典」八木 誠著 小学館 2009 この項目は、に関連した です。

次の

ジョニー・ティロットソン

キューティー パイ

略歴 [ ] 幼少の頃から音楽活動を始め、テレビ・ラジオ番組にレギュラー出演する。 1957年、デモテープがレコードプロデューサー ()の目に留まり、ブレイヤーがオーナーであったと契約する。 1958年8月、自作の『Dreamy Eyes』でデビューする。 1960年、『ポエトリー()』が全米2位、全英1位を記録する。 日本では1964年にヒット。 米盤のシングルの B面の自作曲「プリンセス・プリンセス」は日本で1963年にヒットした。 1962年、自作の『涙ながらに()』が全米3位を記録。 1963年、1961年発表の『キューティ・パイ』をがカバーしたのを機に日本でも人気を博す。 1963年 MGMに移籍し『トレンブリング・キッス』が全米7位を記録。 1965年9月、日本での『涙くんさよなら(Goodbye Mr. Tears)』(作詞・作曲)を英語と日本語でカバーし、オリジナルを上回るヒットを記録する。 1966年、(ジョニー・ウッドマン名義)作詞・(ハリー・ウィリアムス名義)作曲の『ユー・アンド・ミー』が日本でヒットする。 1987年、デル・シャノン、レスリー・ゴーアと組んで日本でのツアーを敢行。 2008年、ヒットパレードの殿堂(Hit Parade Hall of Fame)の殿堂入り歌手に選定される。 2011年、フロリダアーティスト殿堂()に殿堂入りする。 2014年、アメリカンポップミュージック殿堂の殿堂入り歌手に選定される。 ヒット・レコード [ ]• "Poetry in motion"全米2位(1960)ゴールド・ディスク• "Jimmy's girl"全米25位(1961)• "Without you"全米7位(1961)• "Dreamy eyes"全米35位(1961)• "It keeps right on a-hurtin' 涙ながらに)全米3位(1962)• "Send me the pillow that you dream on" 夢の枕を)全米17位(1962)• "I can't help it"全米24位(1962)• "Out of my mind"全米24位(1963)• "You can never stop me loving me"全米18位(1963)• "Talk back trembling lips"全米7位(1963)• "Worried guy"全米37位(1964)• "I rise I fall" 恋のウルトラC 全米36位(1964)• "She understands me"全米31位(1964)• "Heartaches by the number" 恋はつらいね)全米35位(1965) 日本語による録音 [ ]• 「」(1965)• 「ユー・アンド・ミー」(1965)• 「」(1964)• 「バラのため息」(1965)• 「ナイス・ガイ・ジョニー」(1965)• 「ドント・ゴー・アウェイ」(1965)• 「恋のヨット」(1966)• 「僕らの世界」(1966)• 「カントリー・ボーイ」(1966)• 「僕でいいなら」(1967) 主要なアルバム [ ]• "Johnny Tillotson's best" 1961• "It keeps right on a-hurtin' 1962• "You can never stop me loving me" 1963• "Talk back trembling lips" 1964• "Tillotson touch" 1964• "She understands me" 1965• "That's my style" 1965• "Our world" 1965• "No love at all" 1966• "Christmas touch" 1966• "Here I am" 1967• "Best of Johnny Tillotson" 1968• "Johnny Tillotson" 1977 映画 [ ]• 「Just for fun」(1963)イギリス映画• 「」(1966)日活映画 ゲスト出演 来日 [ ]• 1966年5月14日「涙くんさよなら」出演のため来日• 1966年11月4日 新宿厚生年金会館 出典 [ ] []• Top Pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 846,• CD: Travelin' on foreign grounds, Bear Family, c2014• by Tim Neely, Krause Publications, c2002, p. 559,• ライブ・イン・ジャパン;1960s~1970s, シンコー・ミュージック, 1995, p. 232 外部リンク [ ]• - 参考文献 [ ]• 「洋楽ヒットチャート大事典」八木 誠著 小学館 2009 この項目は、に関連した です。

次の

キューティパイ倶楽部

キューティー パイ

略歴 [ ] 幼少の頃から音楽活動を始め、テレビ・ラジオ番組にレギュラー出演する。 1957年、デモテープがレコードプロデューサー ()の目に留まり、ブレイヤーがオーナーであったと契約する。 1958年8月、自作の『Dreamy Eyes』でデビューする。 1960年、『ポエトリー()』が全米2位、全英1位を記録する。 日本では1964年にヒット。 米盤のシングルの B面の自作曲「プリンセス・プリンセス」は日本で1963年にヒットした。 1962年、自作の『涙ながらに()』が全米3位を記録。 1963年、1961年発表の『キューティ・パイ』をがカバーしたのを機に日本でも人気を博す。 1963年 MGMに移籍し『トレンブリング・キッス』が全米7位を記録。 1965年9月、日本での『涙くんさよなら(Goodbye Mr. Tears)』(作詞・作曲)を英語と日本語でカバーし、オリジナルを上回るヒットを記録する。 1966年、(ジョニー・ウッドマン名義)作詞・(ハリー・ウィリアムス名義)作曲の『ユー・アンド・ミー』が日本でヒットする。 1987年、デル・シャノン、レスリー・ゴーアと組んで日本でのツアーを敢行。 2008年、ヒットパレードの殿堂(Hit Parade Hall of Fame)の殿堂入り歌手に選定される。 2011年、フロリダアーティスト殿堂()に殿堂入りする。 2014年、アメリカンポップミュージック殿堂の殿堂入り歌手に選定される。 ヒット・レコード [ ]• "Poetry in motion"全米2位(1960)ゴールド・ディスク• "Jimmy's girl"全米25位(1961)• "Without you"全米7位(1961)• "Dreamy eyes"全米35位(1961)• "It keeps right on a-hurtin' 涙ながらに)全米3位(1962)• "Send me the pillow that you dream on" 夢の枕を)全米17位(1962)• "I can't help it"全米24位(1962)• "Out of my mind"全米24位(1963)• "You can never stop me loving me"全米18位(1963)• "Talk back trembling lips"全米7位(1963)• "Worried guy"全米37位(1964)• "I rise I fall" 恋のウルトラC 全米36位(1964)• "She understands me"全米31位(1964)• "Heartaches by the number" 恋はつらいね)全米35位(1965) 日本語による録音 [ ]• 「」(1965)• 「ユー・アンド・ミー」(1965)• 「」(1964)• 「バラのため息」(1965)• 「ナイス・ガイ・ジョニー」(1965)• 「ドント・ゴー・アウェイ」(1965)• 「恋のヨット」(1966)• 「僕らの世界」(1966)• 「カントリー・ボーイ」(1966)• 「僕でいいなら」(1967) 主要なアルバム [ ]• "Johnny Tillotson's best" 1961• "It keeps right on a-hurtin' 1962• "You can never stop me loving me" 1963• "Talk back trembling lips" 1964• "Tillotson touch" 1964• "She understands me" 1965• "That's my style" 1965• "Our world" 1965• "No love at all" 1966• "Christmas touch" 1966• "Here I am" 1967• "Best of Johnny Tillotson" 1968• "Johnny Tillotson" 1977 映画 [ ]• 「Just for fun」(1963)イギリス映画• 「」(1966)日活映画 ゲスト出演 来日 [ ]• 1966年5月14日「涙くんさよなら」出演のため来日• 1966年11月4日 新宿厚生年金会館 出典 [ ] []• Top Pop singles; 1955-2012, by Joel Whitburn, Record Research, c2013, p. 846,• CD: Travelin' on foreign grounds, Bear Family, c2014• by Tim Neely, Krause Publications, c2002, p. 559,• ライブ・イン・ジャパン;1960s~1970s, シンコー・ミュージック, 1995, p. 232 外部リンク [ ]• - 参考文献 [ ]• 「洋楽ヒットチャート大事典」八木 誠著 小学館 2009 この項目は、に関連した です。

次の