臭い玉 場所。 臭い玉(膿栓)が取れない?ためしてガッテンでやってた臭い玉の原因

口からでてくる臭い玉(膿栓)の原因や改善法を紹介!口臭にも関係あるって本当?

臭い玉 場所

臭い玉とは… 臭い玉は医学用語で言うと 膿栓と呼ばれます。 つまり膿(うみ)で出来た栓(固まり)ですね。 臭い玉は扁桃腺の表面の小さな穴に溜まるのが原因の一つです。 くしゃみや咳をしたときに 米粒大の白っぽい粒が出てきたことはありませんか?それが臭い玉です。 コロコロと若干弾力のある臭い玉をつい潰すと… やばい臭いがします。 臭い玉は誰でもできる 臭い玉ができる原因は主に扁桃腺の小さな穴に細菌や雑菌が溜まっていくことです。 ちいさな穴はそれぞれ、腺窩(せんか)と陰窩(いんか)と呼ばれており、免疫物質を出す穴です。 つまり、口の中の細菌を免疫物質で退治したからこそ、 膿栓が溜まっていきます。 免疫機能が働いていれば大人も子供も男女関係なく、できやすい人・できにくい人がいたとしても臭い玉はできるので誰しも臭い玉と共生してるという事に…。 臭い玉はあっても無くても人体に影響はない!? 臭い玉は あってもなくても人体に影響がないとされています。 そのため、臭い玉が気になって耳鼻科に行っても 相手にされなかった。 と言うケースが多く報告されています。 気になるから自分で取ってしまおう!と言って臭い玉を除去しても基本的に 副作用があるわけではないです。 あっても無くてもいいならできるなよ…って感じですが、 くしゃみや咳をしたとき、食事中などに勝手に取れるものなのです。 しいて言うなら、自分で無理に除去を行うと扁桃腺を傷つけてしまったり、腺窩や陰窩の穴が広がり余計臭い玉が溜まりやすくなる可能性もあるので自分でやるなら適切な除去方法を実施してください。 臭い玉ができやすい人の特徴 臭い玉は、扁桃腺を切除しない限り大人子供関係なく 誰でも出来るものです。 しかし、臭い玉は何故だかできやすい人とできにくい人が居ます。 臭い玉ができやすい人には どんな特徴があるのでしょうか?子供の頃のあれが原因…? 自分が当てはまったら要注意!直ぐに喉奥をチェックしましょう。 鼻呼吸だと、鼻毛さんが細菌とか埃をブロックしてくれるんですが、口呼吸をすると空気中の細菌や埃がダイレクトに喉くる事になります。 細菌が増えれば扁桃腺が免疫物質を分泌するので、 細菌の死骸や埃が固まり膿栓になってしまいます。 子供時代の習慣が影響してくるというのはちょっと怖いですね。 扁桃腺から免疫物質が出ていても細菌の繁殖が上回ってしまい どんどん死骸が固まっていくことで大きな膿栓になりやすくなります。 水をあまり飲まなかったり、緊張して喉がカラカラになりやすいと言った特徴がある方は臭い玉ができやすい人に当てはまってしまいます。 風邪をひきやすいという事は、 細菌が溜まりやすい・増殖しやすいそして 免疫力が低いの人です。 細菌が溜まればその分臭い玉はできるので、風邪をひきやすかったり、 扁桃腺が腫れやすい人できやすい人の特徴としてあげられます。 また、鼻風邪を引きやすい人は口呼吸をしてしまうので余計臭い玉ができやすくなりますね。 臭い玉は細菌の死骸なので必然的に臭い玉ができやすくなってしまいます。 ストレスや疲労を感じると風邪もひきやすくなりますし、できる限り背負い過ぎないように気を付けてみてください。 例えば頭痛薬や酔い止め等は副作用に 喉の渇きがあります。 喉が渇くと先ほど紹介したように 細菌の増殖が激しくなります。 気づかないうちに喉が渇くことになってしまうので、薬の常飲している人は水分を多くとる等対処してみましょう。 鼻呼吸ができている・風邪をひきにくい・口内の病気になりにくい。 とは言え、これらは子供の頃からの体質と言うか、どうにかしにくいですよね…。 口の中の細菌を胃に!?と思ってしまいますが、胃液で死ぬので問題なし。 喉を常に潤しておけば細菌も繁殖しにくく、免疫物質も 『おらぁの出番はない!』と分泌を抑えてくれます。 水を飲むことで得られるメリットは多数あるので、喉が渇く前に 水分補給を意識しましょう。 水分補給と似ていますが、目的は 喉を潤す・細菌を減らす事そして、ガラガラうがいすることで扁桃腺を刺激して 臭い玉を取り出すと言う利点があります。 気が付いたときに うがいをするように心がけるようにするだけでも臭い玉ができにくくなります。 子供の時は手洗いうがいが当たり前でも、大人になるとうがいする機会減りますもんね…あれ、筆者だけ?? お風呂に入るときにシャワーの水圧を喉にあてるのも効果があるらしいので試してみるのもいいですね。 毎食しっかり食べていれば唾液の分泌が増えると同時に臭い玉を取り除くことができますしね。 ストレスを溜めない・薬を常飲しない・風邪をひかない等すべて 規則正しい生活をしてれば治ります。 今回は大人も子供も誰にでもできる厄介な 臭い玉について、できやすい人とできにくい人の特徴をまとめてみました。 臭い玉ができる原因が分かれば、自分ができやすい人なのかできにくい人なのか知ることができるはずです。 簡単に言うと、 口内の細菌量によって臭い玉のできやすい人・できにくい人が決まるということ。 できにくい人になるために、 ・喉を潤す ・生活習慣を正す ・細菌を減らす ように心がけてください! 臭い玉も 普段の口臭も気になるという方は現役歯科医と共同開発した で爽やかな息を手に入れましょう! 含有成分にとことんこだわり、添加物不使用なので子供から大人まで、お菓子感覚で続けていただけます。 カバンに入れておけばいつでも舐められるので、急な打ち合わせやデートでも安心! 少しでも口臭に心配な方はぜひ試してみてくださいね!.

次の

【画像】膿栓の取り方6選と対策!見えない膿栓も口臭原因!?

臭い玉 場所

膿栓(臭い玉)ができると、口臭や喉の違和感の原因になることがあります。 だから、膿栓を取りたいと思っていませんか。 でも、膿栓を除去する前に大切なことをお伝えします。 膿栓ができる原因は、細菌やウイルスから体を守る扁桃の免疫反応によるもの。 だから、誰にでも膿栓はできて不思議ではありません。 ところが、膿栓のできやすい人とできにくい人がいます。 膿栓の原因について理解していないと、たとえ膿栓を取り除くことができたとしても、膿栓のできやすい人は何度も膿栓が溜まることを繰り返します。 そのため、膿栓対策を行うときには、あなたの膿栓ができやすい原因を突き止めてから対処することが大事です。 今回の記事では、膿栓の原因と膿栓が出来た時の対処法についてお伝えします。 膿栓ができやすいとお困りでしたら、是非ご参考にしてください。 この記事の目次• 臭い玉(膿栓)って何? 膿栓(臭い玉)を見たことがないかもしれませんね。 また、膿栓がよくたまるので「膿栓が口臭の原因になっているのだろうか?」と心配されているかもしれません。 そのような方のために、膿栓の疑問について説明します。 臭い玉とは 得意げに私、「昔のことやけど、くしゃみしたら歯と歯ぐきの間に何かくっ付いたので、取ってみたら、米粒のような食べかすのような見たこともない不思議なモノやったんや。 」 私「それで、何気なく指で白い玉をつぶして嗅いだら、うぇ!言うくらい臭かったんや。 」 引用: 臭い玉は、「くさいたま」、「においだま」とも呼ばれますが、正しくは膿栓(のうせん)のことです。 膿栓は、扁桃のいんかや腺かという小さな穴の中にできて大きくなると穴の外に出てきます。 大きさは1ミリ~2ミリ程度で乳白色をしているので、米粒のようです。 そのままの状態ではニオイは感じにくいのですが、つぶすとドブ臭がするのが特徴です。 どこにできる 口臭が気になるけど、「臭い玉が見えない」と困っていませんか? 臭い玉は喉の左右にある扁桃(へんとう)にある小さな穴(くぼみ)の中にできるので見えないことが多いです。 臭い玉(膿栓)は、口蓋扁桃(こうがいへんとう)の他にも、舌の付け根にある舌扁桃(ぜつへんとう)の部位にできます。 臭い玉が見えているとか良くできるという場合には、口蓋扁桃の臭い玉のことが多いです。 舌扁桃にできる臭い玉の場合は、食事や唾液によって自然と取れてしまうのでそれほど心配ありません。 症状 口臭がきつい 臭い玉は口臭原因になるといわれているため、「口臭で周囲に迷惑をかけていないか心配だ。 」と悩んでいる人が多いのではないでしょうか。 そのため、「臭い玉(膿栓)をとりたい」と思っていませんか? 「臭い玉(膿栓)を除去することができれば、喉の違和感も口臭もなくなる!」 そのように考えて、臭い玉(膿栓)を取ろうと努力している人をネットの中で多く見ます。 しかし、臭い玉(膿栓)は、容易に取れるものではありませんし、一つ間違えると出血して病院に行くことにもなりかねないのでご注意ください。 引用: しかし、口臭の8割以上は口内に原因があります。 歯周病や虫歯のほか、舌苔が口臭の原因になっていることが多いのです。 米粒のようなものが扁桃にはさまっているのですから、喉がイガイガするかもしれません。 しかし、喉にべったりとへばりつく違和感は、膿栓ではなく、痰に膿がからまってできるのことが多いです。 膿は固まると膿栓になるものなので、膿栓同様に膿汁を取ることも大事です。 臭い玉(膿栓)は口蓋扁桃によくできます。 それは次の理由からです。 扁桃からは、細菌やウィルスをやっつけるために ネバネバした粘液が分泌されます。 ウイルスと戦ったあとの 白血球などの死がいや汚れが扁桃の腺かという穴にたまり、臭い玉(膿栓)ができます。 このように、臭い玉(膿栓)ができるのは、元はといえば細菌やウイルスから身体を守るためです。 ところが、臭い玉(膿栓)ができると喉の違和感や口臭の原因になるので辛いですよね。 臭い玉(膿栓)ができる原因は、慢性扁桃炎によるものがほとんどです。 慢性扁桃炎には次のようなものがあります。 習慣性扁桃炎• 病巣扁桃• 扁桃周囲膿瘍 後鼻漏 副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎になると鼻から喉に鼻汁が落ちるようになります。 これを後鼻漏(こうびろう)といいます。 重度の後鼻漏になるとQOL(生活の質)が著しく低下します。 …後鼻漏の疑いがある人(152名)に症状による生活上 の弊害について回答してもらったところ、「痰がからむ」(51. 3%)・「睡眠不足」(47. 4%)・「せき払い(意図的に ノドを鳴らす)」(42. 8%)などの項目が上位に挙げられました。 引用: 後鼻漏があると喉に細菌が増え、臭い玉ができる原因になります。 免疫力が下がると細菌が増えやすくなるので、食事や運動で体力をつけることも大切です。 その場合は ドライマウスが原因かもしれません。 ドライマウスになると、唾液の分泌が少ないことや口呼吸によって口腔が乾燥します。 喉が乾燥すると細菌が繁殖するため、臭い玉(膿栓)のよくできる原因になります。 日中は鼻呼吸でも、睡眠時に口呼吸になっていることがあるのでご注意ください。 喉が乾燥しやすい場合には、小まめに水を飲むようにするといいでしょう。 臭い玉は扁桃炎が原因でできるのですが、扁桃炎は、 喫煙、飲酒、化学物質の吸入が影響していることが多いのです。 咳や痰がよく出る、口臭がひどい場合には、たばこが原因かもしれません。 慢性扁桃炎には慢性単純性扁桃炎、習慣性扁桃炎、扁桃病巣感染症の3つが含まれています。 慢性単純性扁桃炎は成人に発症し小児にはほとんどみられません。 急性扁桃炎から移行する場合と喫煙・飲酒・化学物質の吸入など慢性咽喉頭炎様の扁桃に対する炎症性物質の持続的刺激が原因となります。 」それに「いくつも臭い玉があり、よく出てくる。 」と言われるのですが、臭い玉(膿栓)による悩みはそれだけではありません。 「恥ずかしさ」があるのです。 難しいかたは耳鼻咽喉科で器具を使って膿栓の吸引などの処置を行ってとることができます。 耳あかと同じようにたまれば除去するということを、扁桃膿栓の場合も何度も繰り返すことが多いです。 引用: 慢性扁桃炎の治療 扁桃に炎症が起きることから膿栓ができるのですが、扁桃炎が慢性化すると膿栓もよくたまるようになります。 膿栓ができないようにするには、扁桃炎を放置しないで治療することが大切です。 膿栓(臭い玉)がよくたまる場合は、ほとんどが慢性扁桃炎が原因になっています。 慢性扁桃炎の場合は痛みや腫れがないことが多いので、放置している人が多いです。 引用: 扁桃のくぼみが大きい 膿栓がたまるのは、扁桃のいんかという穴の中です。 この穴が大きいと汚れがたまりやすくなるために、膿栓もよくたまります。 扁桃のくぼみの大きさは、ほとんど先天的な違いですが、膿栓を取ることを習慣にすることで大きくなることもあります。 よく膿栓が溜まる場合には、一度耳鼻科でご相談されてみてはいかがでしょう。 唾液の分泌を促す 唾液量が少ないと喉に細菌が増殖して扁桃炎になりやすくなります。 そのため、膿栓もよくたまることに。 ですから、唾液量を増やすことが大切です。 唾液が減少するなどドライマウスの原因は…• シェーグレン症候群• 薬の副作用• 加齢による顎や舌の筋肉の衰え• 更年期障害• 糖尿病• 腎臓疾患• ストレス• 不規則な生活 これらの治療と改善で唾液の分泌量が増えると、膿栓もできにくくなります。 関連記事 口呼吸を鼻呼吸に改善する 大人になると口呼吸の人は少ないですが、睡眠中のいびきや開口によって喉が乾燥する人がいます。 喉の乾燥は、細菌の増殖を招くために扁桃炎に。 だから、睡眠中の口呼吸によって膿栓がたまる人が意外と多いです。 膿栓ができやすい人の特徴を知る 臭い玉(膿栓)がよくできる人には、次のような特徴があります。 口臭が強い• 喉に違和感がある• エヘン虫で困っている。 痰がよくでる• よく風邪をひく• アレルギー性鼻炎で後鼻漏になっている。 鼻や喉に疾患がある。 口呼吸をしている(寝ているときに多い)。 唾液分泌が少なく口がよく渇く• ストレスが多い。 いつも疲れている• 病気ぎみで常に薬を服用している• 虫歯が多い、歯周病になっている(現在治療済みも含めて、虫歯や歯周病になりやすい)• 舌苔ができている。 詳しくは『』をご参考にしてください。 この内のどれか一つでもあれば、臭い玉(膿栓)ができる可能性が高いかもしれませんね。 臭い玉を取らないようにする もしかしたら、自分で臭い玉(膿栓)を取ろうと考えていませんか?膿栓は自然と取れてしまいますので、取らないようにしましょう。 周囲を刺激し、かえって炎症を大きくする恐れがありますので、自分で膿栓(のうせん)を取ることはやめた方が良いでしょう。 引用: 扁桃(へんとう)の腺かという穴にできるので、自分で綿棒やお箸を使って膿栓を取る方もおられるようですが、 喉(のど)の粘膜はデリケートなので自分で取るのは危険です。 粘膜は綿棒でもかんたんに傷つきます。 それだけではありません。 ばい菌だらけの指で扁桃をさわるとばい菌が感染します。 自分で臭い玉を取っていたために、よけいに臭い玉(膿栓)がよくできるようになった人が多いのは、そういう理由からです。 喉にばい菌が感染していたのです。 その結果として、臭い玉(膿栓)が何度もできる体質(慢性扁桃炎)になったのかもしれません。 臭い玉(膿栓)がたまった時の対処法 耳鼻咽喉科に相談 ほとんどの臭い玉の原因は慢性扁桃炎によるものです。 高熱や際立った喉の痛みはありませんが、喉の違和感やヒリヒリ感があります。 臭い玉ができても特に問題はありませんが、気になる場合は耳鼻科を受診されることをおすすめします。 耳鼻科疾患がある場合は、その治療をすることが大事です。 副鼻腔炎による後鼻漏が扁桃炎の原因になっているケースでは、副鼻腔炎の治療をすることで膿栓がたまらないようになることがあります。 1人で悩まずに、先ずは耳鼻科の病院でご相談されることをおすすめします。 耳鼻科で膿栓を除去 臭い玉(膿栓)があると細菌が増えるので、臭い玉(膿栓)が多くあるのは良くありません。 その場合は、耳鼻科で膿栓を除去してもらうと良いでしょう。 また、膿栓がよくたまる場合は、扁桃のくぼみを洗浄する治療方法もあります。 慢性扁桃炎の代表的な症状は、喉がイガイガするなどの違和感を感じることです。 (慢性扁桃炎は)急性扁桃炎の様な高熱、咽頭痛、嚥下痛はなく、咽頭の違和感、乾燥感、イガイガ、ヒリヒリ感、時に刺激物がしみるなどの症状があります。 微熱や全身倦怠感を訴えることも多いです。 【耳鼻科で臭い玉(膿栓)を取らない理由】• 臭い玉(膿栓)があっても、軽度の場合は健康に大きな問題がないから。 扁桃炎が治癒しないことには、臭い玉(膿栓)を除去しても根本的な解決にはならないから。 (膿栓を除去する)処置は急性扁桃炎や慢性扁桃炎急性増悪時などの急性炎症を起こして扁桃が腫れているときや痛みがあるときには、かえって症状を悪化させることがありますから、無理をして行うものではありません。 引用: もし、「口臭が治らない!」とか、「臭い玉が治らない。 」とお困りでしたら、口臭予防歯磨き粉「美息美人(びいきびじん)」のアルカリイオン水のうがいをおすすめします。 膿栓(臭い玉)の薬 臭い玉(膿栓)の治療薬というのはありません。 臭い玉(膿栓)の原因となる扁桃炎による様々な症状を抑える薬を処方されることがあります。 軽度の扁桃炎はうがい薬やトローチで治りますが、高熱がある場合には、抗生物質、消炎鎮痛剤、解熱剤を服用します。 1年に4度以上扁桃炎を繰り返したり、腎炎など重大な病気の原因になっている場合は、扁桃の摘出手術を行うことがあります。 扁桃炎の原因菌となりやすい溶血性連鎖球菌(溶連菌)という細菌は、腎炎やリウマチ熱、心内膜炎、皮膚科的疾患などを引き起こすことで有名です。 扁桃がもとでこれらの病気が起きている場合、扁桃を摘出しないと病気は治りません。 引用: 耳鼻科での膿栓(臭い玉)の取り方 臭い玉(膿栓)が何度もでき健康に害を及ぼす影響があるとか、口臭がひどく困っている場合には、臭い玉(膿栓)を除去することがあるようなので、一度ご相談されてはいかがでしょう。 【耳鼻科の臭い玉(膿栓)の取り方】 ケースによって専用の器具を使い分けて取ります。 扁桃の穴に埋まっている…圧迫して押し出す、吸引する• 見えている場合は、ピンセットでつまんで取り除く 扁桃の摘出手術 膿栓を根本的にできないようにするには、膿栓がたまる扁桃を取り除いてしまうことで解決します。 しかし、たいていは、手術することまで必要ないようです。 ご心配な場合は、耳鼻科のお医者さんにご相談されてはいかがでしょう。 膿栓は、穴の外に出てきて扁桃の粘膜にくっつきますが、膿栓がこの状態になると食事や咳などによって容易に取れます。 ところが、取れるまでの間、口臭が気になる。 そのため、自分で取ろうとする人がいますが、かえって臭い玉(膿栓)ができやすくなるのでやめてくださいね。 うがいで取る 臭い玉(膿栓)は扁桃腺の腺かという小さな穴の中に出来、成長すると穴の外に出て扁桃腺にくっ付きますが、その状態であれば、 食事や咳などによって自然と取れてしまうものです。 しかし、臭い玉(膿栓)が成長した後も穴の中から出てこない場合には、自然と取れないかもしれません。 その場合におすすめなのが、「うがい」で臭い玉(膿栓)を取る方法です。 うがいのコツは、扁桃に水が当たるようにガラガラと強くうがいを行うと良いでしょう。 また、吐き出す時にも喉から絞り出すようにすると臭い玉(膿栓)が取れやすくなります。 また、うがいの良い所は、膿栓ができないように予防できることです。 おすすめなのは、扁桃の汚れを良く落とすアルカリイオン水です。 1、 アルカリの力で、口臭原因となる歯垢を溶かすから。 (研磨剤を使わなくてもいい) 2、 うがいと歯磨きの両方に使えるから。 3、 アルカリイオン水のうがいによって、膿栓や舌苔が予防できる。 引用: 【参照リンク・参考文献】 日本口臭学会 口臭への対応と口臭治療の指針2014.

次の

臭い玉が毎日大量によく出る!…できやすい体質をなんとかしたい!

臭い玉 場所

臭い玉の正体とは 1-1 臭い玉の正体 臭い玉は「膿栓(のうせん)」と呼ばれるものです。 正体は、歯周病菌や大腸菌などさまざまな細菌や剥がれ落ちた粘膜、白血球の死骸、食べカスなどが混じり合ったものです。 臭い玉は「扁桃(へんとう=扁桃腺と呼ばれていた器官)」のくぼみに付着しており、飲み物や食べ物と一緒に飲み込んだり、咳をしたときに取れたりすることが多いですが、時間が経つと石灰化することもあります。 大きさは1ミリ程度の小さなものもあれば、数センチの豆粒程度になるものもあります。 1-2 どのような臭いなのか 「ニラやニンニクの臭い」「下水道の臭い」などと言われており、潰すとさらに悪臭を放ちます。 歯磨き直後に口臭がひどい場合は要注意であり、扁桃の周辺に臭い玉が付着している合図かもしれません。 臭い玉、すげー臭い。 それにしてもくさい。 ただし、中には臭い玉ができにくく、今まで見たことがないという方もいます。 また、下記のように悩んでいる方もいます。 歯磨きをしてもうがいをしてもブレスケアなどを使っても、なくならない喉の奥からくるこの異臭にもう心底参っています。 yahoo. 皆に臭いと思われてるんじゃないかって思う だけで落ち込んできます…。 yahoo. ・喉の奥にはさまっている違和感がある ・歯磨き後も口臭が気になる ・口を開けると乳白色の物が見える 2. 臭い玉が出来る原因とは 扁桃の表面には「陰窩(いんか)」または「腺窩(せんか)」と呼ばれる小さな穴がいくつもあります。 その穴から免疫物質を出し、喉に付着する細菌を退治してくれています。 死骸が陰窩に溜まるのが原因のひとつです。 特に、扁桃炎にかかると扁桃の周辺で菌が生死を繰り返すので、細菌や白血球の死骸が塊となって臭い玉ができやすくなります。 ただし、このように免疫機能が働いているからこそできるものなので、臭い玉自体は特に病気の心配はありません。 また、口呼吸をすると空気中のホコリやウイルス、細菌などを直接取り込んでしまい、扁桃に付着することが増えるため、膿栓ができる可能性が高くなります。 上記の図のように、扁桃の周辺に臭い玉ができます。 風邪をひいたときによく腫れる場所にあたります。 扁桃の表面には陰窩がいくつもありますので、そこに溜まるのです。 口を大きく開けたときに見えることもありますが、大きさや陰窩の奥の方に付着している場合などは、見えないこともあります。 確認したい方は、耳鼻いんこう科の内視鏡で検査することができます。 臭い玉を取る2つの方法 3-1 水で臭い玉を流し出す 臭い玉を取る方法として、水圧で取るという方法があります。 綿棒やピンセットで取る方法などもありますが、扁桃は非常に敏感ですので、傷つけてしまうおそれがあります。 また、うがいやシャワーなどの方法もありますが、ここでは、ノズルのある丸型洗浄ビンを使って口内奥に水を押し当てる方法を紹介します。 丸型洗浄ビンは、ノズルが曲がっていて口内の奥深くまで入りやすく、臭い玉に水を当てることができます。 自然に咳をして取れることもありますが、水を押し当てる方が効率的に取れるでしょう。 シリンジという注射器のような形をした水を出す製品もありますが、真っ直ぐ向いているので、水を押し当てるのが難しいです。 喉を傷つける恐れもあるので注意が必要です。 臭い玉の処置は耳鼻いんこう科が専門であり、主な治療方法は洗浄と吸引になります。 治療自体の費用は、保険診療の3割負担で120円程度になります。 その他の初診料などは別になり、一度除去しても自然にできるものなので、自分で簡単に取れる方法のほうが効率的です。 臭い玉を作らないようにする予防法 臭い玉ができないように予防する方法は主に5つあります。 4-1 鼻うがいをする 鼻うがいはホコリやウイルスを取り除く方法として、有効です。 鼻うがいで鼻から口に流すことにより、普段取れない臭い玉が取れることもあります。 また、鼻うがいだけでなく、定期的うがいをすることにより、臭い玉の原因にもなる食べカスやホコリなどを洗い流せます。 4-2 口内環境を清潔に保つ 口の中の細菌や汚れは、臭い玉の原因になります。 毎日の歯磨きを丁寧におこなうなどして、口内環境を清潔に保ちましょう。 4-3 鼻呼吸を意識する 口の中が乾燥すると、細菌が増殖しやすくなります。 また、空気中の細菌やウイルスなどを直接取り込みやすくなります。 できるだけ鼻呼吸を意識しましょう。 4-4 免疫力の低下を防ぐ 睡眠不足や不規則な生活などで免疫力が落ちると、細菌が増殖しやすくなります。 規則正しい生活を心がけ、免疫力の低下を防ぎましょう。 4-5 扁桃を切除してしまう 扁桃を切除すると、膿栓ができなくなります。 ただし、膿栓の予防だけが目的で扁桃の切除をおこなうケースはほとんどないようです。 扁桃はリンパ組織のひとつで、免疫機能にもかかわるため、安易な切除はおすすめできません。 まとめ 臭い玉は細菌や白血球の死骸です。 自然にできてしまうものであり、口臭の原因にもなります。 この記事で紹介した方法を試す際は、無理に取ろうとしたり粘膜を傷つけたりしないよう、注意しながらおこなってください。 また、定期的にうがいをすることは、臭い玉の予防になります。 QAサイトで、臭い玉の取り方について歯医者さんに質問している方がいますので、そちらも参考にしてください。 臭い玉を取り除いても、まだ口臭が気になる場合は、下記の口臭対策について書いた記事をご覧ください。

次の