第一級アミン。 アミン合成法のまとめ

光触媒による第一級アミンの新合成ルートを確立~アンモニア水を窒素源とする直接合成法の開発~

第一級アミン

エポキシ樹脂の三大硬化剤のうち、アミン系硬化剤を最後にご紹介します。 エポキシ樹脂の研究開発者にとっては、この硬化剤が最も身近にあり、最初に使ったのがアミン類という方が多いと思います。 私の場合もそうでした。 潜在性硬化剤として有名なジシアンジアミド DICY: Dicyandiamide とジアミノジフェニルメタン DDM: Diaminodiphenylmethane です。 DICYは脂肪族アミンで、DDMは芳香族アミンです。 これ以外に、プリント配線板の断面を観察すために、クロスセクション法という手法を使いましたが、その際には注型樹脂として、液状エポキシ樹脂とトリエチレンテトラミン TETA: Triethylenetetramine という液状の脂肪族アミンを使いました。 これは粘度も低く、室温で硬化し始めるので、注型試料を作製するのに便利でした。 これらを使い始めた時の印象は、DICYとDDMはあまり臭いもなくさらさらの粉で扱いやすかったですが、エポキシ樹脂と混合させるのに苦労した覚えがあります。 これらの硬化剤は固形エポキシ樹脂とともに溶媒に溶かして、積層板用のワニスを作りました。 一方、TETAは低粘度の液体で、液状エポキシ樹脂にも簡単に混じりました。 しかし、アミン臭が強烈でマスクをしていても、夏場にはむせるほどでした。 硬化させるのも簡単で、10分間ほど真空デシケーターか真空乾燥機で脱泡したあと、室温で放っておくと硬化し始めます。 自己発熱して硬化が速まりますが、あまり早いと発泡したり黄変したりしますので、金属の板の上に置くなどして放熱します。 アミン類には窒素原子に結合した活性水素の数によって、第一級 primary 、第二級 secondary 、第三級 tertiary に分けられます。 第一級は活性水素が2個、第二級が1個、第三級が0個です。 さらに、ベンゼン環に直接アミノ基がついた芳香族アミン、それ以外の脂肪族アミンという分け方もあります。 脂肪族アミンは環状構造を含む場合には脂環式アミンとして分けられることが多いです。 あまり例を挙げると、分かりにくくなるので、ここではひとつの分類につき、ひとつの代表的なアミンを挙げてみます。

次の

アミン合成法のまとめ

第一級アミン

アルキルアミン市場の展望、主要なセグメントと予測、2020年から2026年までの包括的な分析 アルキルアミンは、アミンの窒素原子に結合したアルキル基を持つ化合物です。 アンモニアの3つの水素原子の1つがアルキルで置き換えられると、アルキルアミンが発生します。 これらのアミンは、アンモニアの1つ、2つ、または3つすべての水素原子を置き換えることにより、その中に存在するアルキル基の数に基づいて分類されます。 このようなアルキルアミンは、第一級アルキルアミン、第二級アルキルアミン、および第三級アルキルアミンと呼ばれます。 環状アミンは、2級または3級アミンで構成されています (最大30%割引) サンプルのリクエスト: グローバルアルキルアミン市場は2020年に5億80万USドルと評価され、2026年末までに6億9440万USドルに達すると予想され、2021年から2026年の間にCAGR 0. 7%で成長します。 レポートには、大手企業BASF、イーストマン、山東省Hualu-Hengsheng Chemical、DowDuPont、浙江江山化学、Akzo Nobel、浙江新華化学、Solvay、Huntsman、Zhejiang Jianye Chemical、P&G Chemicals、Global Amines、Kao Chemical、Sandong Kunda Biotechnology、Tosohが含まれます、三菱ガス化学、アルケマ、エボニック、コーエーケミカル、アルキルアミンケミカルズ タイプによる全体的なアルキルアミン市場 モノアミン ジアミン ポリアミン 用途別の世界のアルキルアミン市場 農業 化学薬品 界面活性剤 医薬品 その他 現在、アルキルアミンの主要な製造元は、BASF、イーストマン、山東省Hualu-Hengshengケミカル、ダウ、浙江江山化学、アクゾノーベル、浙江新華化学、ソルベイ、ハンツマン、浙江省建化学、P&Gケミカル、グローバルアミン、花王ケミカルに集中しています。 、山東クンダバイオテクノロジー、東ソー、三菱ガスケミカル、アルケマ、エボニック、コーエーケミカル、アルキルアミンケミカルズ。 イーストマンは世界のリーダーであり、2016年に10. 58%の生産市場シェアを保持しています。 地域による全体的なアルキルアミンの市場細分化: 北米、米国、カナダ、メキシコ、アジア太平洋、中国、インド、日本、韓国、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ヨーロッパ、ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、ロシア、その他のヨーロッパ、中南米 目次: レポートの概要:アルキルアミンの市場調査の範囲、対象となる市場、主要市場セグメント、アプリケーション別の市場分析、種類別の市場分析、および調査の概要を説明するその他の章が含まれます。 エグゼクティブサマリー:レポートのこのセクションでは、アルキルアミンの市場動向に関する情報を提供し、地域ごとの株式市場規模の分析とグローバル市場規模の分析を提供します。 地域別の市場規模分析では、地域別の市場シェアと成長率の分析が提供されます。 国際的なプレーヤーのプロファイル:ここでは、アルキルアミン市場の主要なプレーヤーが粗利益、価格、収益、企業売上、生産に基づいて調査されています。 このセクションでは、プレーヤーのビジネスの概要を示し、重要な会社の詳細を共有します。 地域調査:アルキルアミンの市場レポートで分析されたすべての地域と国は、アプリケーション別の市場規模、製品別の市場規模、主要企業、および市場予測に基づいて調査されています。 主要企業:アルキルアミン市場レポートのこの部分では、企業の拡大計画、主要な合併と買収、資金調達と投資の分析、企業の設立日、製造業者の収益、サービス提供地域と製造拠点について説明します。 このレポートを閲覧: レポートのカスタマイズ レポートは、クライアントの特定の調査要件に従ってカスタマイズできます。 限られた追加の研究に支払うために追加の費用は必要ありません。 Marketinsightsreportsは、巨大なマーケットインテリジェンスリポジトリでビジネスインサイトを提供することにより、クライアントの成長を支援することを目的としています。 これを行っている間、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。 営業チームに確認してください.

次の

アミンとは

第一級アミン

エポキシ樹脂の三大硬化剤のうち、アミン系硬化剤を最後にご紹介します。 エポキシ樹脂の研究開発者にとっては、この硬化剤が最も身近にあり、最初に使ったのがアミン類という方が多いと思います。 私の場合もそうでした。 潜在性硬化剤として有名なジシアンジアミド DICY: Dicyandiamide とジアミノジフェニルメタン DDM: Diaminodiphenylmethane です。 DICYは脂肪族アミンで、DDMは芳香族アミンです。 これ以外に、プリント配線板の断面を観察すために、クロスセクション法という手法を使いましたが、その際には注型樹脂として、液状エポキシ樹脂とトリエチレンテトラミン TETA: Triethylenetetramine という液状の脂肪族アミンを使いました。 これは粘度も低く、室温で硬化し始めるので、注型試料を作製するのに便利でした。 これらを使い始めた時の印象は、DICYとDDMはあまり臭いもなくさらさらの粉で扱いやすかったですが、エポキシ樹脂と混合させるのに苦労した覚えがあります。 これらの硬化剤は固形エポキシ樹脂とともに溶媒に溶かして、積層板用のワニスを作りました。 一方、TETAは低粘度の液体で、液状エポキシ樹脂にも簡単に混じりました。 しかし、アミン臭が強烈でマスクをしていても、夏場にはむせるほどでした。 硬化させるのも簡単で、10分間ほど真空デシケーターか真空乾燥機で脱泡したあと、室温で放っておくと硬化し始めます。 自己発熱して硬化が速まりますが、あまり早いと発泡したり黄変したりしますので、金属の板の上に置くなどして放熱します。 アミン類には窒素原子に結合した活性水素の数によって、第一級 primary 、第二級 secondary 、第三級 tertiary に分けられます。 第一級は活性水素が2個、第二級が1個、第三級が0個です。 さらに、ベンゼン環に直接アミノ基がついた芳香族アミン、それ以外の脂肪族アミンという分け方もあります。 脂肪族アミンは環状構造を含む場合には脂環式アミンとして分けられることが多いです。 あまり例を挙げると、分かりにくくなるので、ここではひとつの分類につき、ひとつの代表的なアミンを挙げてみます。

次の