無期 雇用 派遣 やめ とけ。 無期雇用派遣社員と正社員の違いはかなり大きい!! 待遇の違いを把握しましょう!!

無期雇用派遣だと派遣先が選べないの?断ると解雇、クビ?

無期 雇用 派遣 やめ とけ

Contents• 無期雇用派遣を辞める方法や退職金の有無をケース別に紹介! 無期雇用派遣を辞めることを検討する場合、どういう形で退職したいのか改めて自分自身の意思を確認しましょう。 あらかじめ決められていた契約終了日に退職するのか、それとも今すぐ退職したいのか、派遣先のみ辞めたいのか、派遣先と派遣元両方を辞めたいのか。 それぞれのケースによって手続きの進め方が異なります。 また退職金の有無など確認すべき点もあります。 どのような契約を交わしているのか契約書を見直してみてください。 派遣先の契約終了日に派遣先と派遣元を両方退職したい場合 最初に派遣元の営業担当者に退職の意思を伝えます。 契約終了日の3か月前であれば問題ありません。 退職届を派遣元に提出し、その後の手続きを進めてもらいます。 必要な方は社会保険関連の書類など、退職後に使用するものを受け取ります。 また、派遣先で使用している備品類を返却します。 このケースでは比較的スムーズに退職することができる場合が多いです。 契約終了を待たず今すぐ派遣先も派遣元も退職したい場合 このケースも同様に、まず派遣元の営業担当者にすぐ退職しなければならないという意思を伝えます。 無期雇用派遣でも労働基準法では退職日の2週間前までに退職届を提出すれば退職が可能です。 社会保険や退職金などの手続きも行われます。 派遣先には急なことで迷惑がかかる可能性もあり、お詫びの意思を伝えられることが理想なのですが、退職の経緯次第では話がこじれることもあるのでご注意を…。 充分に派遣元とのコミュニケーションをとりながら円滑に退職手続きを進めてもらうとよいでしょう。 契約終了を待たず今すぐ派遣先を辞めるが派遣元との契約を続けたい場合 派遣先はやめたいけど派遣元との契約は続けたい…このようなパターンは非常に難しいケースといえます。 原則として契約終了日までは派遣先で仕事を続けるという条件で無期雇用派遣契約をしているわけですから、その指示に従えない場合は派遣元との良好な関係を続けることも難しくなると予想されます。 どうしても派遣先を変えてほしいという理由を、論理だてて派遣元に理解してもらえるような準備が必要となります。 しかし派遣元を説得することは、かなり難しいという心づもりで臨むべきでしょう。 この場合派遣元を退職するわけではないので退職金は発生しません。 無期雇用派遣を退職する際の注意点 本来は退職の意思を固める前に、仕事内容や残業時間など、改善してほしい点を派遣先と派遣元に相談して、仕事を続けていくことが望ましいということは言うまでもありません。 それでも辞めたい場合は、強く慰留される可能性が高いです。 揉めることがないように、きちんと退職金の有無など含め、ご自身の契約内容を理解した上で、どうしても仕事を継続できない理由を整理して伝えるようにしてください。 円滑に無期雇用派遣を辞めるためには、充分な検討と準備をすることが大切です。

次の

正社員が目的なら派遣社員はやめとけ!長い「いばらの道」が待ってるぞ

無期 雇用 派遣 やめ とけ

2018年問題で派遣社員と企業が抱える現状 2018年問題は、法改正により従業員を雇いたくても人件費の関係で継続できないなど、企業も労働者も頭を悩ませる問題となっています。 この項目では、企業が抱える現状についてご紹介します。 3年ルールによって継続雇用が難しい 2015年に改定された労働派遣法によって、派遣労働者が同じ会社 事業所 で働くことのできる期間は 3年になりました。 また、3年目以降については企業が以下の雇用安定措置をとることになります。 派遣先企業「長く働いてもらいたいけど、直接雇用するのは制度や人件費の関係で難しい。 派遣元企業「自社での無期雇用契約は制度整備をしないとできない。 」 この法律が実施されるのは 2018年9月30日以降なので、この時期までに 雇い止めが発生してしまうこともあります。 5年以上継続雇用する場合無期雇用契約しなければならない 労働契約法改正で、派遣・契約社員などの有期雇用契約を結ぶ労働者は、5年以上同一業務を行った場合 無期雇用契約に転換することが可能になりました。 企業は労働者から無期転換への申し出があった場合、拒否することはできません。 第十八条 同一の使用者との間で締結された二以上の有期労働契約 契約期間の始期の到来前のものを除く。 以下この条において同じ。 の契約期間を通算した期間(次項において「通算契約期間」という。 )が五年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。 この場合において、当該申込みに係る期間の定めのない労働契約の内容である労働条件は、現に締結している有期労働契約の内容である労働条件 契約期間を除く。 と同一の労働条件 当該労働条件 契約期間を除く。 について別段の定めがある部分を除く。 とする。 引用元: 無期雇用契約を導入するには就業規則の改正などが必要になりますし、企業は期間の定めがあることによって人事評価や人員整理を行ってきたため、無期雇用転換は避けたいものです。 無期転換が実施されるのは 2018年4月1日以降ですが、実施に向けてすでに雇い止めが発生している企業もあります。 2018年問題で派遣社員が注目すべき法改正は『 労働派遣法』と『 労働契約法』の2つです。 下の表では、それぞれの法律のポイントについてまとめました。 労働者派遣法 労働契約法 同一事業所で 3年以上継続雇用されていた場合の選択肢• 派遣先企業と直接雇用契約を結ぶ• 別の派遣先で働く• 派遣元企業と無期雇用契約を結ぶ• 派遣元企業がその他雇用安定措置を講じる 有期雇用で 5年以上継続雇用されていた場合の選択肢• 無期雇用契約を結ぶ• 新たな社員枠を設ける この項目では、法改正のポイントと注意点についてご紹介します。 3年以上継続雇用で「直接雇用」または「無期転換」 労働者派遣法の改正によって、派遣労働者を3年以上雇用した場合、以下の雇用安定措置を取らなければなりません。 派遣先企業と直接雇用契約を結ぶ• 別の派遣先で働く• 派遣元企業と無期雇用契約を結ぶ• 派遣元企業がその他雇用安定措置を講じる このような期間制限は2015年10月1日に施行され、同日以降に開始された派遣就労に適用があります。 すなわち、2018年10月1日以降、有期雇用派遣労働者に対して、派遣可能期間に抵触することを理由に労働者派遣の終了の措置が取られる可能性があります。 5年以上継続雇用すると無期転換の「申し出」が可能 派遣社員・契約社員など有期雇用契約を結んでいる労働者は、労働契約法により5年以上継続して雇用されると無期雇用契約への転換を申し出ることができます。 引用元: クーリングに注意する 労働者派遣法に基づく派遣可能期間にも、労働者契約法に基づく無期雇用転換ルールにも、例外として クーリング期間というものが存在します。 無期転換の申し込みは、雇い入れから5年移行から可能になりますが、一時的に雇用契約を解除された場合は契約年数の数え方が変わるクーリングが適応されます。 ただし、無期転換を避けるためにクーリング制度を利用することは違法になる可能性があります。 引用元: 派遣可能期間のクーリング期間ですが、有期派遣労働者は前回の派遣就労から3ヶ月を超えた期間を開けて同一組織体に派遣されたという場合は、派遣期間は通算しません。 そのため、このようなクーリング期間が空いているのであれば、3年以上同一組織体に派遣されていたとしても、派遣先に直接雇用を求めることはできないことになります。 無期転換ルールのクーリング期間 無期雇用契約の転換は、有期雇用契約の契約期間が通算5年以上となることが必要です。 ただし、一つの雇用契約と次の雇用契約の空白期間が一定期間 最大6ヶ月 以上存在する場合、2つの雇用契約期間を通算することができないこととされています。 無期雇用は正社員ではない 無期雇用契約はあくまでも 期間の定めがない雇用ですので、無期雇用契約転換をすれば正社員登用となるという意味ではありません。 無期雇用契約は、あくまで契約期間の定めが撤廃されることを意味するものであり、それ以外の条件は有期雇用時の条件と変わりません。 そのため、期間の定めはないのですが、社会規程の内容によっては無期雇用転換後の条件・待遇が、正社員の条件・待遇よりも低いということはあり得ます。 引用元: 派遣社員が雇い止めにあった際の対処法 不当な雇い止めや労働条件の引き下げは違法になる可能性があるため、会社に処分の無効や撤回を主張することもできます。 この項目では、派遣社員が雇い止めにあった際の対処方法についてご紹介します。 労働組合などを通して会社と交渉する 2018年問題では集団の雇い止めトラブルや労働条件の引き下げなどが発生する恐れがあります。 同じような理由で悩んでいる方同士で労働組合を結成したり、すでに社内や民間に設置されている労働組合に加入したりして集団交渉を行うのも一つの手です。 労働基準監督署に相談する 会社への交渉で解決できない場合は、労働基準監督署に相談しましょう。 労働基準監督署では、労働者と会社の歩み寄りによる解決をするために、会社や労働者に助言や指導を行います。 関連リンク: 労働審判を申し立てる 労働基準監督署での解決が難しい場合は、地方裁判所で労働審判を申し立てることができます。 労働審判は裁判よりも少額の手数料で手続きができ、短期間で問題解決を図れる紛争解決制度です。 労働審判では、労働問題を専門とした審判官と審判員が 原則3回以内の期日で問題解決のための判断が下されます。 おすすめ記事: 労働裁判を起こす 労働審判での結果に納得がいかない場合は裁判 通常訴訟 に移行します。 2018年問題による雇い止めトラブルでの裁判は、主に以下の点を争います。 会社に雇い止め処分の無効や撤回を求める• 不当な労働条件の無効や撤回を求める• 処分を受けたことによる損害賠償を請求する 裁判の際は、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。 おすすめ記事:• 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• 派遣社員のための相談先 この項目では、派遣社員の方が2018年問題でトラブルになった際の相談先についてご紹介します。 有期契約労働者の無期転換ポータルサイト 厚生労働省では、多発している雇い止めトラブルを受けて有期雇用労働者のためのポータルサイトを解説しました。 2月13日からは電話相談窓口も解説されているため、「とにかく話を聞いてほしい!」という場合におすすめです。 無期転換ルール緊急相談ダイヤル• 受付時間 月曜日〜金曜日 8:30〜17:15• 電話番号 参考: 労働組合・ユニオン 2018年の雇い止めトラブルは数十人、数百人単位で発生することが予想されます。 大規模な雇い止めトラブルは、労働組合やユニオンを結成したり参加したりすることで会社との集団交渉も可能です。 そのため、社内の労働組合や民間のユニオンや労働組合で相談してみるのもひとつです。 【関連リンク】• 法テラス 「雇い止めや労働条件の引き下げなどのトラブルをどこに相談したらいいか分からない…。 」という場合は法テラスを利用してみましょう。 法テラスでは、法律制度の紹介や相談先の案内などを行っています。 関連リンク: 弁護士 2018年問題で無期雇用転換を避けるために、雇い止めを行うことは違法になる可能性があります。 違法な雇い止めトラブルは無効や撤回などを交渉することも可能なので、弁護士に相談することもひとつの手です。 弁護士は雇い止めトラブルなどの労働問題において、会社との交渉人や労働審判・裁判の弁護人として心強い味方となってくれます。 【北海道・東北】• 【関東】• 【北陸・甲信越】• 【東海】• 【関西】• 【中国・四国】• 【九州・沖縄】• まとめ 2018年問題は派遣社員の方にとって、深刻なものですよね。 無期転換を避けるための雇い止めや労働条件の引き下げは違法になる可能性があるため、トラブルになった際は早い段階で弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。 この記事が派遣社員の方にとって問題解決のヒントとなれば幸いです。 出典元一覧• 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

派遣はマジで底辺だから絶対にやめた方がいい

無期 雇用 派遣 やめ とけ

派遣社員が途中でやめても直接的なペナルティはないです。 でも契約途中でやめると派遣会社に迷惑をかけるため、会社にもよりますが次から仕事を紹介してもらいにくくなります。 派遣会社ごとに派遣社員のデータのリストがあり、そこに契約途中で辞めた人としてブラックリストみたいな感じで載ってしまいます。 ただ個人情報保護の観点でこのリストが派遣会社間で回されることは基本的にありません。 田舎じゃない限り派遣会社はたくさんあるので、もう一度派遣社員をやりたければ別の派遣会社に登録すれば済みます。 今後も同じ派遣会社で働きたいなど、今の派遣会社との関係を悪くしたくない理由がある場合は契約途中での退職はお勧めしませんが、そうでない場合は契約途中で辞めて別の派遣会社に乗り換えるという選択もありです。 派遣会社を乗り換える場合は大手5社の中から選ぶことをおすすめします。 契約途中でやめても損害賠償請求されることはない! また契約途中でやめるということは契約を破ることになるので何か請求されるんじゃないかと心配になる人もいるでしょう。 でも安心してください。 労働基準法第16条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。 契約途中でやめたら損害賠償=損害賠償額を予定する契約となるので労働基準法に違反することになります。 なので損害賠償請求されることはありません。 されたとしても労基に訴えれば済みます。 派遣社員は法律に守られているんですね。 とはいえ、悪質な派遣会社だと賠償金が発生しますとと脅してくるケースもあります。 その場合は法律上賠償金が請求できないはずだと言うことを伝え引っ込んでもらいましょう。 スポンサーリンク では実際に派遣社員の契約途中に辞めるにはどうしたらいいのか、具体的な方法を見ていきましょう。 派遣元の会社の営業担当者に辞めたい旨を伝える 派遣社員が契約途中で退職したい場合、まずは派遣元の会社に相談します。 このとき絶対に自分から派遣先企業の人に先に言ってはいけません。 トラブルの原因になります。 たとえあなたがやめたとしても派遣会社としては派遣先企業に代わりの社員を入れれば何も変わらず派遣先の会社から報酬をもらえます。 こうなれば派遣会社にとって損害はありません。 対してあなたが勝手にやめてしまう、あるいは単に派遣先の上司にやめる意思を伝えただけの場合でも、派遣会社と派遣先企業の関係にヒビが入り、契約打ち切りになってしまう可能性があります。 こうなると派遣会社は派遣社員を1人派遣した時にもらえるはずの報酬がもらえなくなり、多大な損害を被ります。 なぜなら契約更新で契約がずっと続けば派遣会社にはその間ずっと収入が入ります。 それが途中で途絶えるということは、派遣会社にとって長い目で見たときに、かなりの損失になるんです。 携帯の2年契約と似たようなものですね。 だから派遣会社は派遣社員がやめた場合は血眼になって代わりの人間を探し、埋め合わせとして別の派遣社員を送ろうとします。 それがもし、あなたが先に派遣先企業にやめる意思を伝えてしまうと派遣会社は代わりの人材を準備する時間がなくなります。 すぐに代わりの人材を用意できないとなると派遣先企業はあなたの派遣会社ではなく別の派遣会社に募集をかけてしまうことも考えられます。 そうなればあなたの派遣会社は損失を被ります。 そのため、派遣会社に迷惑をかけないためにも、 まず最初に派遣会社にやめる意思を伝えて代わりの人材を確保するのに十分な時間を与えてあげることが大切なんです。 だから伝える相手の順番は絶対に 派遣会社に連絡するのが先! 派遣先に言うのは後! 必ずこの流れにしてください。 派遣会社の営業担当者が社内にいるなら直接連絡すればいいですし、いないなら電話で相談でも構いません。 ただ電話だけだと切実に辞めたいという状況が伝わりにくいのでできれば直接会ってくれるよう頼んだ方がいいでしょう。 ただし、派遣会社の営業担当者も代わりの人材を探すのは楽じゃないので、簡単に話が進むことは少ないと思います。 多少なりとも派遣先企業に迷惑をかけることにもなりますし。 だから派遣会社は相当正当な理由がない限り契約途中でやめることをなかなか認めてくれないと思っておいた方がいいです。 たいていは契約期間までは我慢してくださいと言われるのがオチです。 ただ、相談内容によっては派遣先に話して今の状況を改善するよう対応してくれる可能性もあります。 しかし辞めるとなるとかなり難しく、契約内容が違うとか、法律的に正当な理由がない限りなかなか取り合ってもらえない かもしれません。 または家庭の事情で辞めざるを得ない状況にいるとか。 でもそれでも辞めたいんですよね。 不満が溜まって辞めたいのに仕方なく働くのは気持ちのいいことではありません。 どうしても即日でやめたい人はこちらの記事を参考にしてください。 派遣元の会社の指示にしたがい、派遣先の上司にも伝える 派遣元の営業担当者に連絡したあとは、次に派遣先の上司にもやめることを伝えます。 派遣元の会社によって派遣先にいつ伝えるかは指示がある、もしくは向こうが伝えてくれます。 それまではこっちで勝手に伝えないようにしましょう。 で、タイミングが来たら上司にもマナーとしてやめる旨を伝えます。 その後は社員証など預かったものを全て返却して退職します。 派遣社員が契約途中にやめる場合のタイミングについて 次に派遣社員が契約途中でやめるときに言い出すタイミングについてお話しします。 一般的に、派遣会社は「1ヶ月前に辞める旨を伝えてください」というような内容を雇用契約書に記載していることが多いです。 そのため、契約途中でやめる場合の理想は1ヶ月前です。 でも1ヶ月前って結構長いですよね? 1ヶ月我慢するんだったら契約期間の3ヶ月我慢するのとそんなに差がないため、3ヶ月我慢する人もいます。 でも実際入社してすぐに違和感に気づいて即日でやめたいってケースも多いと思います。 たとえば会社での派遣社員の扱いが悪くて毎日怒鳴られまくりでストレスで胃に穴が空きそうとか。 簡単な仕事だと思ってたらマルチタスクすぎて絶対無理! って感じの仕事内容だったとか。 思っていたのと条件が違う、という場合、契約違反に当たるから1ヶ月待たずにやめれないでしょうか? 即日で今すぐやめるときに使える退職理由を考えてみたので、こちらの記事を参考にしてください。 スポンサーリンク 関連ページ 派遣社員の方、有給は使っていますか? この記事を読んでいるということはまだ使ったことがないのでしょうか? 有給がもらえているなら積極的に使うべきですよ。 この記事では派遣社員の有給の取り方、またまだ有給がないときに休む方法を解説します。 派遣社員は基本的には社会人がなるもの。 学生がなるものではありません。 でも実際、大学生でも派遣社員になれるのでしょうか? 今回は大学生が派遣社員になれるのかどうか、また大学生に派遣社員をおすすめしない理由について解説します。 昼間派遣社員としてフルタイムの仕事をしながら夜は居酒屋でバイト。 こういう働き方ってできるの? できたらめっちゃ稼げるけど...。 というわけで今回は派遣社員とバイトの掛け持ちについて解説します。 派遣社員が契約期間満了で辞めた場合、会社都合と自己都合どちらに当たるのでしょうか? また失業保険がいつからもらえるか。 派遣社員が契約期間満了で辞めた場合の失業保険事情について解説したいと思います。 派遣社員は契約期間が決まっているため、基本的に辞めるときは契約期間満了まで働いてやめるのが常識です。 しかしどうしても契約期間の途中で辞めたい状況になってしまうこともあります。 そこで今回は派遣社員が契約途中に即日で辞める時に使える理由、言い訳を考えました。 派遣社員は契約期間の定められた雇用契約を結んでいるため、契約期間が満了したらいつでもやめれるメリットがあります。 でもいざ更新しないと決めたとき、更新を断るのに理由は必要なんでしょうか? またどのタイミングで更新しないことを伝えるべきでしょうか? 今回は派遣社員がどうやって更新を断ればいいのかについて解説します。 朝起きたらすでに出勤10分前! やばい!完全に遅刻だ! こんなとき、あなたならどうしますか? 普段遅刻なんてしない真面目な人ほどこういう状況に慣れてないので困りますよね。 今回は派遣社員の遅刻のいろはについてお伝えします。 派遣社員として働いていて急に当日休まなきゃいけない状況になったとき、どう連絡すればいいのか? 休むときの連絡先は派遣先と派遣元、どっちなのか? 当日欠勤の場合に有給は使えるのか? 今回は派遣社員が当日休む場合に使える理由や連絡方法、有給は使えるのかについてお伝えします。 転職したくて就活しても思ったよりスムーズに仕事が決まらない。 仕事が決まるまでの間とりあえず派遣社員として働くのはありなの?? 今回は転職活動中のつなぎに派遣社員として働くことの是非について考えていきたいと思います。 正社員になりたいけど、なかなか就職が決まらない。 このままだと生活やばいからとりあえず派遣社員になって働きながら就職活動をする。 こんな選択肢を取る人は結構います。 しかしこれは現実的に可能なんでしょうか? 今回は入社後半年は有給がない派遣社員がどうやって転職活動すればいいのかについてまとめたいと思います。 派遣社員の仕事にはいろいろあります。 が、事務系のオフィスワークは女性の職場で男だと採用されにくいイメージがありますよね。 実際どうなんでしょうか? 今回は男性でも採用されやすい派遣事務の求人案件の選び方について紹介します。 派遣社員の仕事の中で圧倒的に人気があるので事務の仕事です。 どうせ派遣社員として働くならオフィスワークがしたい人が多いですからね。 しかし派遣会社の営業担当から未経験で事務は難しいよと言われてしまった人もいるのではないでしょうか? 実際未経験で事務は難しいのか、どういう求人なら未経験でも受かりやすいのかを解説していきたいと思います。 派遣で人気の仕事、「データ入力」 データ入力に必要なスキルは特になしという場合が多いですが、一つだけあった方がいいのがタイピングスピード。 応募者が多い場合はタイピングスピードが遅い人から落とされてしまいます。 実際、データ入力の仕事に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなのか、練習する方法も合わせて紹介します。 派遣の登録会に行くと必ずあるのがスキルチェック。 このスキルチェックで行われるのがタイピングスピードの測定です。 派遣の仕事の中でも人気の職種である「一般事務」はパソコンを使うのでタイピングスピードはある程度見られます。 実際一般事務に応募するのに必要なタイピングスピードはどれくらいなんでしょうか? 派遣の仕事には当たり外れがあります。 外れの職場に当たっちゃって上司が怖くてもう耐えられない!1日でも早く辞めたい! そんなときどうすればいいのでしょうか? 今回は派遣先が合わなくて変えたくなったときの対処法を3つ紹介します。 登録した派遣会社から電話がかかってきた。 でも今は仕事探してるわけじゃないし無視でいいかな。 でも無視したらブラックリストに載りそうで怖い・・・。 今回はそんな悩みにお答えします。 派遣社員の職場には当たりはずれがあります。 外れの職場に当たった時、契約期間満了まで働くのが嫌でバックレたくなることもあります。 そんなときバックレるとその後どうなるのか、経験者10人に聞いてみました。 派遣社員は3年以上同じ派遣先の職場で働いてはいけない。 この3年ルールは派遣社員を守るためにできた法律らしいですが、派遣社員からしたら「ふざけんな!余計なお世話だ!」って話なんですよね。 この記事では派遣3年ルールについてや、3年以降も働き続けたい人が抵触日を迎えても延長する方法を解説します。 派遣社員は契約により、仕事内容が決まってます。 そして契約外の仕事はしてはいけない決まりになってます。 でもそんな契約を無視して担当業務以外の仕事を頼まれることはよくあること。 今回は派遣社員が契約外の業務を頼まれた場合、断るべきなのか、引き受ける場合はどこまで引き受けるべきなのか解説します。 派遣先から正社員に誘われる、というのはないようで実は意外とあります。 ある会社が行ったアンケート調査では、実に40%以上もの派遣社員が正社員への誘いを受けたことがあるとか。 でも受けるべきなのかは慎重に考える必要があります。 この記事では派遣先から正社員に誘われた時に受けるかどうかのポイントをお伝えします。 私が派遣社員として2年間働いてるときは差別は一切ありませんでした。 しかし実際ネットで検索すると少なからず差別を受けてる人はいるようです。 そこで派遣社員の差別の実態を知るためにインターネットのアンケートサイトで調査してみました。

次の