三浦 レストラン。 三浦海岸沿いのフレンチレストランカフェ&フードショップ BEACHEND CAFE(ビーチエンドカフェ)

和洋レストランみうら:青森県三戸郡三戸町にある和食、洋食の本格的レストランです。

三浦 レストラン

オーシャンビューを横目に非日常を... 新鮮な地場食材に拘った、海辺のレストラン HPをご覧頂き、誠にありがとうございます。 横須賀市の津久井浜海岸沿いにあるRestaurant Waoです。 三浦半島の恵み、三浦・横須賀の地場野菜など、 この地域ならではの新鮮な食材を活かしたメニューが、大変ご好評頂いております。 海の目の前の好立地という事もあり、誕生日や結婚記念日、出産のお祝いなど、特別な日のご予約も多く、Waoでは毎日1件以上のお祝いのお手伝いをさせていただいております。 地域最大級の店内は、歓送迎会や同窓会、ウェディングパーティーなど貸切のご利用も多く、幅広いシーンでご利用いただけます。 また、店内キッズスペースの隣には、お子様連れ専用の小上がり席もございます。 子育て中のご家族でも安心して食事が楽しめると好評です。 そんな実績のあるWaoでは、他にも様々なサービスをご用意しております お祝いの機会がございましたら、まずお気軽にご相談下さいませ。 木を基調とした温かみのある店内、東京湾のオーシャンビューを横目にゆっくりと非日常を感じてお過ごし下さい。 皆様のご来店、心よりお待ちしております。

次の

MARINE&FARM(マリンアンドファーム)|湘南で海を見ながらランチ

三浦 レストラン

湘南をはじめ、神奈川県産の食材をメインに使用し、地域の旬をご提供いたします。 海に面した絶好のロケーションのテラス席で、湘南の風を感じながらのお食事はいかがでしょうか。 おすすめメニューはナポリピッツァで、自家製生地を使用し、MARINE & FARMの名前の通り、シーフードとお野菜をふんだんに使用した窯焼きオリジナルピッツァです。 海越しに富士山を望むこともできる絶景ポイント!佐島は海がきれい!海の底まで見える綺麗な海です。 おいしい料理と最高のロケーションをお楽しみください。 (横須賀インターより9km12分) まだカーナビではMARINE & FARMは検索で出てこないと思いますので、カーナビを使用の場合は『佐島マリーナホテル』で検索していただきますとその手前がMARINE & FARMですのでわかりやすいと思います。 ・35-minutes by bus for Sajima Marina entrance from JR Zushi Station East Exit No. 2 bus stop ・35-minutes by bus for Sajima Marina entrance from Keikyu ShinZushi Station South Exit No. 20:00) Weekend&Holiday 9:00 - 21:00(L. 【営業時間】 モーニング 9:00-11:00(L. O10:45 ランチ 11:00-14:00(L. O14:00 カフェ 14:00-16:00 L. O15:00 ディナー 17:00-21:00 L.

次の

三浦保記念館

三浦 レストラン

関サバに並び劣らずのブランド鯖が、東京から50kmの地で食べられることをご存じだろうか? それは三浦半島で水揚げされる「松輪サバ」。 冬が旬の逸品目当てにツーリングへ繰り出しませんか? そんな至近距離にブランドサバがあるなんて! 冬ツーリング、その目標に旬のうまいもんを据えるとなれば、ルーティングはちょっと入れ込み気味になってしまうもの。 特に、撮影で全国のうまいものを食い散らかし、さらにはロングツーリングをこよなく愛する編集オノデラとしては、当然、東京から半径500㎞圏内はターゲットに入っていなかったのだが、あるブランド物が頭に浮かんだのだった。 関サバと言えば全国でも名だたるブランド品であるが、関サバに負けない逸品が超至近距離の三浦半島にあった。 それが「松輪サバ」である。 そもそも、松輪サバの存在を知ったのは、かのグルメ漫画の一シーン。 ちょろっと調べると、夏のゴマサバに変わって旬となるのがマサバで、秋以降に脂が乗って実に旨くなるとか。 ということで、片道500㎞のロケに備えて用意したBMW S1000XRで片道50㎞の三浦半島へ向かったのだった。 横浜横須賀道路を使い佐原ICで降りる。 あとは海岸線をひた走り、松輪サバの水揚げが行われる間口漁港を目指した。 BMW S1000XRで訪れる三浦半島は、近くのコンビニで出かけるがごとく至近距離な気がした……。 久々に海岸線を流したが、シーサイドツーリングってオツですな 三浦半島・剱埼灯台にほど近い間口漁港 午後1時、松輪サバの水揚げが始まる。 この松輪サバは、東京湾の横浜沖あたりで水揚げされたもので、丸々としたシルエットは確かに脂が乗っていそうでいかにも旨そう。 そしてうっすらと浮かぶ黄金色の魚体が、ブランドサバたる貫録を醸し出していた。 漁協の方にお聞きすると、この松輪サバ、漁獲量の予測がまったくつかない魚らしく、獲れない時はさっぱりらしい……。 水揚げ直後に、サイズを選定され、氷漬けにされる松輪サバ。 ここで水揚げされたサバが「松輪サバ」となる。 地元のスーパーには出回らないらしく、ほとんどは築地へ出荷される。 漁協直営店の他、松輪近隣の飲食店にも卸されているようだ。 神奈川県三浦市南下浦町松輪 漁港直送の新鮮な松輪サバはここで食す!食事処・松輪 本日は大漁のようで、実に満足。 その反面、お腹は思いっきり減っているので、早速、漁協直営の食事処・松輪へバイクを向けることにした。 ようやく、というほど苦労したワケではないが、遂に松輪サバの刺身とご対面と相成った。 注文したのは〆サバと冷やし炙りの二種盛り合わせ。 まずは〆サバを口に放り込んでみると、うむ、旨い。 確かに近所のスーパーで売っているものとは別物。 炙りも香ばしさと脂のジューシーさが絶妙だ。 まさに灯台下暗し。 片道50㎞のうまいもんツーリングは、心と身体に、とても満足度が高かった。

次の