新型 肺炎 感染 者 数。 新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)|厚生労働省

新型肺炎の感染者数、死者数を発表しているサイトを教えていただけません...

新型 肺炎 感染 者 数

武漢からの政府チャーター便帰国者、空港検疫、および神奈川県に停泊したクルーズ船の乗客・乗員は除く。 長崎県に停泊したクルーズ船は全国の状況には含むが長崎県のデータには含まない。 移動平均は後方7日移動平均値。 5月8日以降は都道府県の発表ベース、それ以前は厚生労働省が把握した個票を積み上げたもの。 データに更新がなかった場合は前日の数値を使用。 基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えている。 「検査陽性者」は原則として「入院治療等を要する者」「退院・療養解除」「死亡者」の合計と一致するが、確認中が含まれるため一致しない場合もある。 厚生労働省が訂正を発表したケース、発表がなくても誤記を訂正したと思われるケースは遡及修正した。 データソース:都道府県別の数字も含めて原則としてより。 ただし東京都のみから訴求修正することがある。 チャート描画:。 マップ描画:。 アイコン:。 更新履歴・ソースコード: よくあるご質問 Q. 途中からグラフの色が変わっているのはなぜですか? A. データソースが変わったためです。 5月7日までは、都道府県から感染症法第12条に基づいて報告された感染状況を厚生労働省が精査した上で公式発表としていました。 5月8日からは都道府県が独自に発表した数字を積み上げる形で公式発表としています。 この基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えています。 また、検査陽性者数、死亡者数、退院者数、PCR検査人数に関してはこの他にも途中で集計範囲が変わったため同様の処理をしています。 具体的な変更内容や日付はグラフの注記をご覧ください。 PCR検査数などが日によって大きく変動しているのはなぜですか? A. 実際に数字が変動しているケースと、報告の遅れが原因であるケースがあります。 後者の場合だと、休日は都道府県や厚生労働省への報告が行われず数字が少なめに出る傾向があります。 休日分は後から訂正される場合と、直近の平日にまとめて報告される場合があります。 こうした曜日による変動要因をならすためにグラフには移動平均(後方7日間=その日を含む直近7日間の平均)を表示できるようにしています。 マイナスになるはずのない項目がマイナスになっていますが? A. 過去分のデータに訂正があった場合に起こります。 厚生労働省からは原則として最新分の累計数字のみが発表されるため、過去の数字に訂正が判明した場合、遡っての修正ではなく最新日のみ修正が行われます。 実効再生産数とは何ですか? A. 「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を示す指標です。 この数字が高いほど感染が急速に拡大していることを意味し、逆に1未満の期間が続けば「感染が収束しつつある」といえます。 平均世代時間は5日、報告間隔は7日と仮定しています。 リアルタイム性を重視して流行動態を把握するため、報告日ベースによる簡易的な計算式を用いています。 精密な計算ではないこと、報告の遅れに影響を受けること、陽性者が少ない都道府県では数人の差で大きく実効再生産数が変動する場合があることにご注意ください。 北海道大学大学院医学研究院・西浦博教授のモデルと監修を基にしています。 計算式の詳細はをご覧ください。 ただし、たとえば直近7日間の新規陽性者が1人でも1万人でも同じ「実効再生産数1」となる場合があります。 現在の感染状況を把握するには、陽性者数など他の指標もあわせてご確認ください。 重症の定義は何ですか? A. 発表数字が厚生労働省ベースだった5月7日以前は人工呼吸器装着または集中治療室(ICU)を重症と表記していました。 それ以降は都道府県の発表ベースであるため定義が異なる場合があります。 データが他社の報道と異なるのは何故ですか? A. 個別のケースによりますが、データソースの違い(厚生労働省か都道府県発表か)、集計締め切り時間の違い、または集計範囲の違い(クルーズ船や空港検疫を含めるか)などが考えられます。 データソースにはどうやってアクセスできますか? A. たとえば5月20日発表のデータはこちらを参照しています。 データやソースコードを自分のSNSやブログで使ってもよいですか? A. 商用・非商用を問わずご自由にお使いください。 著作権表示は「東洋経済オンライン」または「TOYO KEIZAI ONLINE」とします。 その他の具体的な基準はMITライセンスに準拠します。

次の

新型コロナが無症状者から感染するケースはまれ WHOの疫学者が発表

新型 肺炎 感染 者 数

武漢からの政府チャーター便帰国者、空港検疫、および神奈川県に停泊したクルーズ船の乗客・乗員は除く。 長崎県に停泊したクルーズ船は全国の状況には含むが長崎県のデータには含まない。 移動平均は後方7日移動平均値。 5月8日以降は都道府県の発表ベース、それ以前は厚生労働省が把握した個票を積み上げたもの。 データに更新がなかった場合は前日の数値を使用。 基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えている。 「検査陽性者」は原則として「入院治療等を要する者」「退院・療養解除」「死亡者」の合計と一致するが、確認中が含まれるため一致しない場合もある。 厚生労働省が訂正を発表したケース、発表がなくても誤記を訂正したと思われるケースは遡及修正した。 データソース:都道府県別の数字も含めて原則としてより。 ただし東京都のみから訴求修正することがある。 チャート描画:。 マップ描画:。 アイコン:。 更新履歴・ソースコード: よくあるご質問 Q. 途中からグラフの色が変わっているのはなぜですか? A. データソースが変わったためです。 5月7日までは、都道府県から感染症法第12条に基づいて報告された感染状況を厚生労働省が精査した上で公式発表としていました。 5月8日からは都道府県が独自に発表した数字を積み上げる形で公式発表としています。 この基準変更によって前日との継続性がない日は新規増減を0と見なし、グラフの色を変えています。 また、検査陽性者数、死亡者数、退院者数、PCR検査人数に関してはこの他にも途中で集計範囲が変わったため同様の処理をしています。 具体的な変更内容や日付はグラフの注記をご覧ください。 PCR検査数などが日によって大きく変動しているのはなぜですか? A. 実際に数字が変動しているケースと、報告の遅れが原因であるケースがあります。 後者の場合だと、休日は都道府県や厚生労働省への報告が行われず数字が少なめに出る傾向があります。 休日分は後から訂正される場合と、直近の平日にまとめて報告される場合があります。 こうした曜日による変動要因をならすためにグラフには移動平均(後方7日間=その日を含む直近7日間の平均)を表示できるようにしています。 マイナスになるはずのない項目がマイナスになっていますが? A. 過去分のデータに訂正があった場合に起こります。 厚生労働省からは原則として最新分の累計数字のみが発表されるため、過去の数字に訂正が判明した場合、遡っての修正ではなく最新日のみ修正が行われます。 実効再生産数とは何ですか? A. 「1人の感染者が平均して何人に感染させるか」を示す指標です。 この数字が高いほど感染が急速に拡大していることを意味し、逆に1未満の期間が続けば「感染が収束しつつある」といえます。 平均世代時間は5日、報告間隔は7日と仮定しています。 リアルタイム性を重視して流行動態を把握するため、報告日ベースによる簡易的な計算式を用いています。 精密な計算ではないこと、報告の遅れに影響を受けること、陽性者が少ない都道府県では数人の差で大きく実効再生産数が変動する場合があることにご注意ください。 北海道大学大学院医学研究院・西浦博教授のモデルと監修を基にしています。 計算式の詳細はをご覧ください。 ただし、たとえば直近7日間の新規陽性者が1人でも1万人でも同じ「実効再生産数1」となる場合があります。 現在の感染状況を把握するには、陽性者数など他の指標もあわせてご確認ください。 重症の定義は何ですか? A. 発表数字が厚生労働省ベースだった5月7日以前は人工呼吸器装着または集中治療室(ICU)を重症と表記していました。 それ以降は都道府県の発表ベースであるため定義が異なる場合があります。 データが他社の報道と異なるのは何故ですか? A. 個別のケースによりますが、データソースの違い(厚生労働省か都道府県発表か)、集計締め切り時間の違い、または集計範囲の違い(クルーズ船や空港検疫を含めるか)などが考えられます。 データソースにはどうやってアクセスできますか? A. たとえば5月20日発表のデータはこちらを参照しています。 データやソースコードを自分のSNSやブログで使ってもよいですか? A. 商用・非商用を問わずご自由にお使いください。 著作権表示は「東洋経済オンライン」または「TOYO KEIZAI ONLINE」とします。 その他の具体的な基準はMITライセンスに準拠します。

次の

新型コロナが無症状者から感染するケースはまれ WHOの疫学者が発表

新型 肺炎 感染 者 数

毎日、メディアを通して発表される新型コロナウイルスの感染者数。 4月18日についに1万人を超えましたが、これが感染者の実数と思っている人はほとんどいないでしょう。 感染者が20万人を超えたスペインでも、政府は「実際の感染者はこの10倍はいる」と言っています。 また、ノーベル賞受賞者の 本庶佑 ほんじょたすく 先生も、日本の感染者数に関して「(発表されている数の)10倍はいるでしょう」とテレビのインタビューで述べていました。 死者数は発表通りか では、いま発表されている死者数はどうなのでしょうか。 韓国を抜き、日々増加している状況です。 先日、全国の警察が3月中旬から4月中旬までの約1か月間に変死などとして扱った遺体のうち、埼玉、東京、神奈川、三重、兵庫5都県の計11人が、新型コロナウイルスに感染していたという報道がありました。 11人のうち6人がいた東京では、路上で倒れていた60歳代男性が救急車で病院に運ばれた後死亡。 死後検査で陽性が判明しました。 このような例からわかるのは、検査が行われなかったら、新型コロナによる死者数にカウントされないということです。 新型コロナ感染が原因の肺炎死であっても、ほかの肺炎死として処理されているのではないかということです。 私も医師として、これまで数百通の死亡診断書を書いてきましたが、死因というものは合併症を持っている方の場合、厳格に特定できるものではありません。 そのため、診断書には、「直接死因」と「原死因」を書くことになっています。 直接死因が「肺炎」、それに関連する持病などとして、原死因には「COPD(慢性 閉塞 へいそく 性肺疾患)」などと書きます。 肺炎の場合、原因となる菌やウイルスがわかっていれば、「マイコプラズマ肺炎」などと書くことになっています。 日本では年間約140万人の方が亡くなっています。 つまり、140万枚の死亡診断書が書かれるわけですが、直接の死因も厳密には、死体を解剖やCT撮影で調べてみないとわかりません。 がんの末期の人が心筋梗塞で亡くなることもありますから。 結果として死亡診断書の1割は不正確か、あるいは事情によって、虚偽の可能性があるというのが、医師の常識です。 肺炎の死亡者は増えている 国立感染症研究所が3月31日に発表した「21大都市インフルエンザ・肺炎死亡報告」によると、東京都では2月下旬の2週間で死亡者が急増しています。 このことで、「このなかに新型コロナによる肺炎での死亡者が含まれているのでは?」という疑問の声が上がりました。 NHKは、「おはよう日本」で葬儀業者を取材し、「グレーゾーン遺体」の存在を取り上げました。 これは、「PCR検査を受ける前に肺炎で死亡し、感染が疑われる中で運ばれる遺体」のことです。 いま、都内の葬儀業者はこうした遺体の取り扱いに困っています。 もし、陽性なら死後でも感染リスクがあるとされているからです。 火葬場は満杯の状態 東京23区には九つの火葬場がありますが、老人施設の関係者に聞くと、どの火葬場もいまは満杯の状況だといいます。 新型コロナの影響は出ていないでしょうか。 現在、都内で新型コロナ死亡者の遺体を受け入れているのは2か所だけです。 感染リスクがあるので、職員は完全防御の体制で臨まなければいけません。 イタリアでは防護服を着けずに、死後の儀礼をした神父が感染し、死亡した例が報告されています。 世界一感染者が多いニューヨークでは、市当局が14日に、検査で陽性とは診断されていないが新型コロナウイルスの感染で亡くなったとみられる市民が3778人に上ると発表しました。 また、英国でも高齢者施設などの死亡が加えられていないので、実際のコロナ死亡者数は公式発表よりはるかに多いと公表されました。 すでに多くの病院で院内感染が起き、救急車がたらい回しになっている東京は、ニューヨークと同じになりつつあります。 必要なのはPCR検査 政府や自治体がもっと積極的にPCR検査ができる体制を整え、死後の検査も行っていけば、感染実態を把握できるので、外出や飲食店などの営業自粛の要請にさらに説得力が出てくるでしょう。 (富家孝 医師) 仰られる通りで、陽動作戦ではないですが、旧来のコロナウイルスの持つ風邪や肺炎のイメージに専門家も引きずられている可能性があります。 糖尿病など合... 仰られる通りで、陽動作戦ではないですが、旧来のコロナウイルスの持つ風邪や肺炎のイメージに専門家も引きずられている可能性があります。 糖尿病など合併症をもった高齢者が重症になりやすいということは、慢性の全身血管病の悪化やそれにともなう各臓器不全を誘発して別の死因としてカウントされている可能性もあり得ます。 (追い切れるわけもないですが、主たる死因に影響を与えた因子の項目に記載ができるはず) 一方で、いきなり呼吸器の急性症状の強い人以外まで検査の対象とすると、医療現場の混乱を悪化させる可能性があります。 PCRだけでなく、各臓器の体制も含めて整備して行ってほしいですね。 あるいは、死亡時画像診断Aiも大事なのかもしれません。 コメントを書く 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の