米軍天気予報。 ウェザーマップ気象情報

[大弦小弦]未来の天気予報

米軍天気予報

日本列島には、7月から9月頃にかけて台風がやってきます。 台風が近づくと、当然天気が荒れ模様になり野球や演劇などのイベントは中止となってしまいます。 楽しみにしていたイベントが開催できるのかは、やっぱり気になるところです。 普段の天気予報については、以前ご紹介したGPVとSCWを利用するのがおすすめです。 ですが、どちらも台風接近時はあまり役に立ちません。 台風の進路で大きく予報が変わってしまうからです。 なので、台風接近時は台風の進路予報と到達時間予報を知ることが重要です。 天気予報、台風の進路予報というと、やっぱり気象庁が思いつきます。 なんとなく、気象庁は世界でもトップクラスの予報技術を持っていそうな気がしますが、実は違います。 個人的な意見ですが、気象庁より、ヨーロッパやアメリカの予報技術のほうが進んでいると思います。 特に、ヨーロッパはすごいですね。 なので、台風の進路予報を確認するとき、気象庁の情報だけでななく、他の進路予報も確認するようにしてください。 台風の進路予報を確認する場合、おすすめのサイトは2つです。 1つはもちろん気象庁、もう一つはJTWC(米軍合同台風警報センター)いわゆる米軍の情報です。 なお、このページに書いてある内容は、それなりの経験に基づいてはいるものの、すべて個人的な感想であることをご承知ください。 台風情報:「台風経路(台風5日進路予報)」• 台風選択:「表示したい台風」• 経路図選択:「72時間拡大」 気象庁台風情報を利用するときの注意点 【1.表示されている意味を正確に把握する】 台風情報に表示されている情報の意味を正確に確認しましょう。 例えば、台風の予報進路図に表示されている円は「予報円」と呼ばれています。 【2.台風72時間進路予報は表示されない時間帯がある】 一番見やすくておすすめの「台風72時間進路予報」は、1日4回(04時頃、10時頃、16時頃、22時頃)発表されます。 また、更新にちょっと時間がかかる傾向があるので、「他の情報が発表されているのに台風72時間進路予報だけがまだ」ってことがあります。 時間が経つとちゃんと表示されるようになります。 MEMO気象庁の台風進路予報は、日本列島に近づいてきた時の台風進路や、台風の到達時間の予測が正確です。 JTWC(米軍合同台風警報センター)の台風情報の使い方 台風情報は、アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター JTWC が発表する台風情報でも確認できます。 個人的な感想ですが、米軍の方が気象庁の台風進路予報よりかなり正確な進路を予報してくれます。 もちろん外れる時もありますけどね。 ですが、特に日本列島から離れた地点からの進路予報は米軍の方が精度が高いです。 1.米軍合同台風警報センターのトップページにアクセスする。 JTWC(以下米軍)の台風予報の使い方はちょっとクセがありますが、慣れれば簡単です。 ですが、接続先のURLがよく変わりますので注意してください。 2018年6月時点ではこちらです。 赤枠で囲んでるところに、「JTWC Tropical Warnings」欄に、現在発生している台風が表示されます。 台風が発生していない場合は何も表示されません。 なお、米軍と気象庁では台風の定義が微妙に違うため、気象庁では表示されないのに米軍では表示されるってこともあります。 2.台風進路予報画が表示される 選択した台風の進路予報図が表示されます。 台風が発生した初期や日本列島から離れているときは、米軍の予報の方が精度が高い傾向があります。 米軍の台風進路予報を利用するときの注意点 米軍の台風進路予報を利用するときには、何点か注意点があります。 【1.表示されている時刻が世界時刻になっている】 米軍の台風進路予報に表示される時刻は協定世界時となっています。 このため、日本時間に直すには時差の9時間を加える必要があります。 【2.台風進路予報図の見方が微妙に違う】 台風の進路予報図に表示される内容が微妙に違います。 たとえば、台風の進路予報と共に表示される円の意味が気象庁と米軍で違います。 気象庁:予報円と呼ばれ、その時刻に台風がその円の中に入る確率が70%と予報されるエリアです。 米軍:ある一定の風速以上の暴風が予報されるエリアです。 また、速度の表示も米軍はknots(ノット)で表示されます。 時速〇キロメートルに変換したい場合は、1knots=1. 【3.気象庁と米軍では台風の番号が違う場合がある】 日本では、よく「台風〇号」という表現が利用されます。 米軍でも台風に番号が振られますが、気象庁で使用する番号と違う場合があります。 これは、気象庁と米軍では、「台風の定義」が微妙に違うためで、「気象庁では台風としてカウントされないのに米軍ではカウントされる台風」が発生すると、どんどんずれてきます。 MEMO台風が西側を通過するときは雨、風が強くなるので要注意です。 まとめ:台風の進路予報は気象庁と米軍JTWCを併用しよう!違いと使い方。 台風の進路予報はいろいろな機関が発表しますが、おすすめは気象庁と米軍の台風情報です。 ウェザーニューズは無料ならともかく、有料会員になってまで見なくてもいいと思います。 アプリの使い方や情報画面などはきれいで見やすいのですが、肝心の予報精度についてはいまいちです。 傾向的に気象庁と米軍の中間の予報を出すことが多く、「ウェザーニューズ」すごい!と思ったことはほとんどありません。 あくまで、個人的な感想ですよ。 ですが、アプリの出来も良く、気象庁、米軍、ウェザーニューズの台風進路予報を重ねて一度に比較できたりと、使い勝手は断トツです。 気象庁の台風予報は、日本列島に近づいた時は一番正確だと思います。 日本列島に近づくと情報の更新頻度も高くなりますし、特に予報到達時刻の正確性は一番です。 ですが、数日先の予報や日本列島から離れた地点の台風については、正直米軍やヨーロッパの予報にかなり劣ります。 米軍の台風予報は、個人的に一番信用しています。 特に、台風発生初期や日本列島から離れた地点、数日先の予報は、米軍が一番です。 ただし、表示時刻に9時間足す必要があったり、予報円の意味が違ったり、頻繁にサイトのURLが変わったりと使いにくいところもあります。 ですが、米軍の予報を使えるかどうかは、特に台風予報では大きな差になるので、ぜひ試してみてください。 7月から9月にかけて台風の接近が多い日本列島。 予定がある場合は特に台風進路が気になりますよね。 特に、野球や演劇などの観戦予定がある時は、台風進路に一喜一憂することもあります。 台風の進路予報といえば、普通は気象庁の予報だけを見てしまいますが、ぜひ米軍の予報も見るようにしてください。 米軍の予報は、最初の見方が難しいですが、慣れれば簡単です。 もちろん野球観戦やお出かけの予定がある時だけではなく、普段の生活でとっても便利になりますよ! (実はヨーロッパの予報が「かくれ予報精度一番」なのですが、ちょっと使い方が難しいのでこれは要望があれば) Comment• に ひろ より• に ひろ より• に 通称だいちゃん より• に とし316 より• に La Mesa より• に MaiPapa より• に とし316 より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に とし 316 より• に にゃあ より• に MaiPapa より• に 通称だいちゃん より• に ビニ より• に くるみっこ より• に くるみっこ より• に あわ より• に ステップ より• に ステップ より• に くるみっこ より• に あわ より• に ハマボーイ より.

次の

米軍台風情報と気象庁の違いと使い分け方。良く当たるのはどちら?life info

米軍天気予報

気象情報(特別警報・警報・注意報) 最新情報 最新の気象情報(特別警報・警報・注意報)等は、気象庁防災情報XMLに基づく情報をで提供しています。 警報・注意報 気象警報や注意報は、大雨や強風などの気象現象によって、重大な災害や災害が発生するおそれがあるときに発表します。 一方、気象情報は、警報・注意報に先立って注意を呼びかけたり、大雨や強風、雷などに関する気象情報として警報・注意報を補完する役割を担います。 これらの情報については気象庁が発表する情報を参考にして下さい。 特別警報 しかし、警報や注意報は発表される頻度が高いため、これだけでは特別に重大な災害の危険性を伝えることが難しいという問題が指摘されてきました。 そこで気象庁は2013年8月30日から、警報をはるかに超える高い基準を設定したを発表し、生命を守るための行動を呼びかけることにしました。 台風に関しても特別警報が定められましたが、その基準は以下の通りです。 現代でははなどを用いて常時監視していますので、台風に関する特別警報は事前に発表されることを期待してよさそうです。 しかしすべての気象災害に関する特別警報が、事前に余裕をもって発表できるわけではありません。 例えば大雨に関する特別警報は、数十年に一度の大雨(これまでに経験したことのないような大雨)が予想される場合に発表されますが、場合によっては特別警報の発表されるタイミングが「既にその大雨が降ってしまってから」になり、事前に警告を発するという理想的な形にはならないこともあります。 もし特別警報が手遅れになってしまった場合は、どこか別の場所に避難するよりは、自分の周囲の可能な限り安全な場所にとどまる方が正しい判断になるかもしれません(参考:)。 また、台風(温帯低気圧)に関する特別警報は確かに上記の基準となってはいますが、指標を満たさない勢力の弱い台風であっても、雨量としては特別警報に相当する大雨を降らせることもあります。 したがって台風に関しても、特別警報が出ないからといって安心はせず、様々な情報に注意を払うことが必要です。 特別警報に相当する台風の検索 と比較すると、おおむね「猛烈な台風」が接近してくる場合には特別警報が出ることになります。 また沖縄、奄美、小笠原では、猛烈な台風の中でも強いクラスの台風が対象となります。 以下の検索機能を使うと、このような基準を満たす台風を検索できます。 ただしこれら検索機能は台風の発生から消滅までを対象としているため、ある特定の場所における特別警報相当の台風を検索する目的には使えません。 その場合はを使います。 このページから、ある場所の周辺を通過した台風を検索し、その検索結果から「最接近中心気圧分布を表示」を選ぶと、その場所の周辺を通過した時点での中心気圧を基準として台風を検索できます。 特別警報の指標を満たす事例 気象庁のという資料には、特別警報の指標を満たすいくつかの事例が具体的に示されています。 例えば台風に関しては、特別警報の指標を満たす事例として以下の台風が取り上げられています。 中でも特に重要なのが伊勢湾台風で、これはの原因となった台風として、現在の防災対策の原点ともなっています。 また大雨に関する事例の一部は台風を要因とするものですが、その中から本サイトのブログで取り上げたものを以下にリストアップしました。 中でも特に重要なのが台風201112号で、これはと並んで、特別警報を制定するきっかけとなった大災害を起こしています。 大雨と高潮に関する特別警報 特別警報の指標を満たす大雨は、おおむね50年に1度程度の大雨とされており、がまとめられています。 デジタル台風でもにおいてという順位情報を算出し、これを基にで数年に1度の大雨を自動検出して表示しています。 ここで観測史上1位を大きく上回るような雨量が出現すれば、それは特別警報に相当する大雨となっている可能性が高いです。 以下のページも参考にして下さい。 高潮に関しては、「伊勢湾台風」級の台風が接近し、かつ条件が整うと、特別警報の指標を満たす高潮が発生する可能性があります。 以下のページも参考にして下さい。 特別警報に関するウェブログ記事 では、特別警報とはどうあるべきかに関する記事をいくつか書いています。 天気予報/台風予報 当サイトでは以下のページにおいて気象庁発表の台風予報円を表示しています。 それ以外の天気予報や台風予報につきましては、気象庁等のサイトから最新情報を入手してください。 なお、天気予報や台風予報の読み方については、気象庁が提供する以下のページが参考になります。 また気象予測に関する一般的な情報については、にも簡単にまとめています。

次の

米軍台風情報と気象庁の違いと使い分け方。良く当たるのはどちら?life info

米軍天気予報

アメリカ・ハワイにある、アメリカ海軍の合同台風警報センター( JTWC )というところが 台風情報などの気象情報を発表しています。 JTWC は、 Joint Typhoon Warning Center の頭文字で、アメリカ海軍とアメリカ空軍がハワイ州真珠湾海軍基地に、共同で設置したアメリカ国防総省の機関のことです。 昔、アメリカ軍が台風によって大きな被害を受けたことをきっかけに、気象と台風の観測をするセンターを作りました。 主に、海軍と空軍が太平洋地域の熱帯低気圧を観測していました。 次第に、組織や名称や役割が広がり、 現在の JTWC へと変化してきました。 観測する範囲も、太平洋地域から、国際日付変更線からアフリカ沿岸まで拡大され、台風や津波などの観測を行っています。 衛星やレーダーを用いて熱帯低気圧の観測をし、世界中の熱帯低気圧のほとんどのデータを収集しています。 JTWC は観測地域が広い事が特徴といえるでしょう。 このデータはインターネットからアクセスが可能ですが、アンドロイド用のアプリをダウンロードして 世界での台風の動きがチェック出来るようです。 アプリは、風速域によってカラーで表示されるようになります。 最大風速のピンの色によって最大風速の目安がわかるので、とてもわかりやすく作られています。 13 時間、日本の方が早いです。 JTWC のアプリを使うと時差が発生してしまうかと心配になりますよね。 リアルタイムで届く台風情報は、使用する人の現地時刻で警告を表示してくれるので大変便利です。 現在地は GPS で取得してくれます、もし取得ができなければ手動で位置設定が可能です。 現在地を設定していなくても、アプリの使用は出来ますが、警告表示が正常に表示されないので 設定をしておきましょう。 自分の現在地が台風の進路コースと予想されると、風速域によって警告表示がでますので、避難準備や台風の備え等がいち早く行えるでしょう。 海外からの気象データも収集します。 そのデータ量は膨大で、とても人間では集計などが行えません。 そこで、スパーコンピュータやアデスという気象情報伝送処理システムというコンピューターで観測データを収集・整理・編集をして、必要なところに送り出します。 これらのデータは国内の気象官署に送られ、予報官が予報の作成を行います。 そして、予想天気図や 天気予報、台風予報、警報、注意報などを発表していきます。 気象庁は、気象台や観測所を、すべての都道府県に設置し、それぞれ役割を持たせています。 管区気象台・・・日本を 5 つの地域に分けて、気象観測や予報の業務を統括しています。 札幌、仙台、東京、大阪、福岡にあります。 地方気象台・海洋気象台・・・管区気象台がない府県には、地方気象台または、海洋気象台が設置されています。 北海道と沖縄には複数の地方気象台があります。 これは、観測を行うほかに、地域ごとの予報を作成したり、防災気象情報を発表したりしています。 海洋気象台は、日本周辺の海域を 4 海域に分け、船舶などによる海洋観測を行ったり、海上警報の発表をしています。 気象台以外にも、測候所と特別地域期初観測所が全国にそれぞれ数十カ所設置されています。 このほかに、アメダスの無人観測設備が全国に約 1300 カ所あります。 自分は学生時代の頃、気象に興味があって勉強していた時期がありましたが、とても難しくて挫折をしています。 天気は日々変わるもので、同じように見えて同じ日はないのでその予測をだすのは本当に大変です。 ですが、 いままで台風や豪雨などでたくさんに被害を受けてきましたので、少しでもその被害が少なくなるように、天気予報を上手に利用していきたいですね。

次の