人事異動の挨拶メール。 【例文】好印象を与える!「異動」の挨拶・スピーチ・挨拶状のポイントを紹介

異動挨拶メール文例【社内・社外】書き方例文は?件名やタイミングは?

人事異動の挨拶メール

異動時のメールを社内の人に送る場合は、どんな内容にすればいいんだろう? 異動の内示を受け、「同じ社内だけど挨拶って必要なの!?」と思ったかもしれません。 異動時の挨拶をしっかり行うのが、マナーを踏まえた社会人! 直属の上司など特にお世話になった方には、 口頭で挨拶をした方がよいでしょう。 しかし、お世話になった方全員に直接会って挨拶をするのは、難しいかもしれません。 異動 の 挨拶 メール を 社内 の方に送る場合には、どのような内容にすればよいのでしょうか? 異動時は何も今までお世話になった場所だけではありません。 異動先にも挨拶をすることが、デキる社会人としてのマナー。 そこで今回お伝えするのが・・・• 上司宛の挨拶例文• 複数人に送る場合の挨拶例文• 山田です。 4月1日より営業部からマーケティング部へ異動することになりました。 本来であれば直接ご挨拶すべきところですが、メールでのご挨拶となりますことをご容赦ください。 今まで〇〇課長には、ビジネスマナーから仕事のノウハウまで様々ご指導いただきありがとうございました。 〇〇課長の下で学ばせていただいた事を糧に、より一層成長して参ります。 短い間ですが、大変お世話になりました。 部署は変わりますが、今後もお世話になることがあると思いますので、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 営業部 山田 一郎 何らかしらのことで、上司から指導やアドバイスをしてもらったことでしょう。 お世話になった旨のお礼を述べることが大切。 また、例文のように 上司との共通のエピソードを添えましょう。 長々と書く必要はありませんが、あるのとないのとでは、上司が受ける印象が変わります。 早いタイミングで送ると、「直接挨拶に来ないのかな…」と思われる可能性もあります。 ただし、業務上のやり取りで影響がある上司には、もう少し早く送るのがオススメ。 迷った場合には、直属の上司に相談するとよいですよ! さて、次は上司以外にお世話になった方への挨拶メールです。 何十人という単位で送る場合には、一人一人に送っていては、時間が足りなくなってしまいますよね・・。 複数人宛に送る場合には、どんな内容にすればよいのでしょうか? 次の見出しで見ていきましょう! 件名:異動のご挨拶と引き継ぎについて 営業部の皆様 お疲れ様です。 山田です。 私事ですが、この度9月1日より営業部から企画部へ異動することになりました。 本来であればお一人お一人にご挨拶すべきところですが、このようなメールでのご挨拶となりますことをご容赦ください。 社会人としてまだまだ未熟な私を寛大な心でご指導いただき、心より感謝申し上げます。 営業部で学んだことを企画部でも活かすことができるよう、精進して参ります。 これまでお世話になり、ありがとうございました。 今後何らかのお仕事でご一緒することもあると思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。 営業部 山田 一郎 本当は個別に挨拶することが望ましいけど、 まとめてとなって申し訳ないという文言を入れましょう。 例文の「本来であればお一人お一人ご挨拶すべきところですが~」のような内容ですね。 メールを送るタイミング メールを送るタイミングですが、業務でやり取りをしている人には、 人事異動の発令を受けた時点で連絡をしましょう。 引き継ぎなど今後の仕事にも影響が出てしまうので。 業務に影響がない人には、異動の 3日前あたりで問題ないでしょう。 少し余裕を持ったタイミングなので、今まであまり関わりがなかった方とも、お話をする機会ができるかもしれません。 これで異動前の方々への挨拶が一通り終わりますね。 でもこれで安心してはいけません! そう、 異動先の上司への挨拶が必要です。 直接挨拶する前に、メールでクッションを置いておくと、丁寧な印象を示すことができます。 次の見出しでは、異動先の上司へ送る例文を見ていきましょう! 件名:異動のご挨拶 総務部 〇〇 部長 突然のご連絡、失礼いたします。 このたび、4月1日付で総務部への異動を命ぜられた鈴木と申します。 入社以来3年間、人事部で労務管理の仕事に従事しておりました。 不慣れな事ばかりで、何かとお手間をおかけすると存じますが、一刻も早く総務部に貢献できるよう努力して参ります。 ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 本来ならば直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールにてご挨拶申し上げます。 着任いたしましたら、改めてご挨拶させていただきます。 よろしくお願いいたします。 jp あまりに早いタイミングで異動先の上司にメールを送ると、異動日にはあなたの事を忘れているかもしれません・・。 「えーーっと、今日異動してくるの誰だっけ?」というのはぜひ避けたいもの(汗) そのため、異動の事例が1ヶ月程度前に出たとしても、その時点で送るのは早すぎます。 そこで、タイミングについても考えておきましょう。 メールを送るタイミング メールを送るタイミングですが、 1週間前あたりが望ましいでしょう。 異動発令が早いタイミングの場合、すぐに送ると忘れられてしまう可能性があるので・・。 その際には、今までのお礼とともに 共通のエピソードを盛り込むと、上司から好印象を受けやすいです。 というのも、私が過去に実際に実践してみたんですね。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の

挨拶の文例 ~人事異動の挨拶~(社交メール)

人事異動の挨拶メール

人事異動の挨拶メールが届いたら、返信には必ずお礼を記載する• 在任中にお世話になったことに対するお礼も記載する• 新天地での活躍を祈念する言葉を添える 人事異動の挨拶メールには必ず返信しよう! 人事異動の挨拶メールは、一括送信されることもあるでしょう。 そのため、「たくさんの人に送っているだろうから、返信しないほうがいいのかな……」と悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。 たとえたくさんの人に送っていそうであっても、人事異動の挨拶を受けたならば、 返信をするのが礼儀です。 特にお世話になった人の場合には、これからの関係性を良好にするためにも、必ず返信するようにしましょう。 人事異動の挨拶メールに対する返信をするときの5つのポイント 人事異動の挨拶に返信をする際には、「何を書いたらいいのかわからない」という方も多いでしょう。 簡潔すぎる返信をするのも味気ないですが、長すぎるのも問題です。 そこで次に、人事異動の挨拶メールに返信する際に気をつけておきたい5つのポイントを紹介します。 ポイント1.できるだけ24時間以内に返信する 人事異動の挨拶メールに対する返信は、できるだけメールを受け取ってから 24時間以内に返信しましょう。 あまりにも遅すぎる返信は、後回しにしていたように感じられるため、あまり印象がよくありません。 出張や有給取得などで遅れてしまった場合には、「出張中だったため、返信が遅くなってしまい申し訳ございません」などと一言添えるとよいでしょう。 ポイント2.タイトルは変更せずに返信する 人事異動の挨拶メールに返信する際には、 受信したメールのタイトルは変更せずに返信するようにしましょう。 人事異動時には、異動する人が多くの方へ挨拶や、引き継ぎの連絡をしていることが考えられます。 挨拶メールの返信だと一目でわかるように、「Re:」とついたままで返信することが好ましいです。 ポイント3.挨拶メールをいただいたことに対するお礼を述べる 人事異動の挨拶メールが届いたら、その返信には必ず「 挨拶のメールをいただいたことに対するお礼」を述べることを心がけましょう。 社内・社外を問わず、人事異動は引き継ぎを要します。 人事異動が行われる旨を伝えるメールは、受け取り側に取っても、社内外の様子を把握するために非常に重要です。 人事異動の挨拶メールが届いたら、返信には知らせてくれたことに関するお礼を記載しましょう。 ポイント4.在任中にお世話になったことに対するお礼 人事異動に関する挨拶メールへのお礼を述べたら、次は「 在任中にお世話になったことに対するお礼」を記載しましょう。 人事異動に関する挨拶メールをいただいたことに関するお礼のみでは、どうしても返信メールの内容が簡素になってしまいます。 受領の旨だけでなく在任中にお世話になったことに関してのお礼を述べれば、人事異動をする相手も気持ちよく引き継ぎを行なうことができるでしょう。 特にお世話になった人の場合は、思い出のメッセージを添えると好印象を与えられます。 ポイント5.新天地での活躍を祈念する言葉を添える 人事異動に関する挨拶メールへのお礼、在任中にお世話になったことに対するお礼を記載したら、次は「新天地での活躍を祈念する言葉」を記載しましょう。 ここまで記載すれば、人事異動の挨拶メールに対する返信としては十分な文量になります。 人事異動の挨拶メールが届いたら、返信には必ずお礼を記載する• 在任中にお世話になったことに対するお礼も記載する• 新天地での活躍を祈念する言葉を添える 人事異動の挨拶に対する返信文例 これまで紹介したポイントを元に、人事異動の挨拶メールに対する返信の文面をどのように作成したらいいのか、確認してみましょう。 紹介する例文を元に、オリジナリティのあるメッセージを追加して、返信の文面を作ってみてはいかがでしょうか。 人事異動の挨拶がメールで届いた場合の返信文例 まずは、人事異動の挨拶がメールで届いた場合の返信の文例を確認してみましょう。 ご丁寧に異動のご連絡いただきまして、 誠にありがとうございました。 貴職が弊社を担当していただきまして、こちらも 大変スムーズにお仕事をさせていただきました。 改めて感謝申し上げます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご多忙のところ、異動のご連絡をいただきまして 誠にありがとうございます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 また、書面の場合は、メールよりも格式高い文面で返信することが必要なことに注意しましょう。 【文例】書面での挨拶メールに対する返信の書き方 拝啓 このたびはご丁寧なご挨拶状を頂きまして、ありがとうございます。 その節は誠にありがとうございました。 本来ならば、異動前にお目にかかってお礼を申し上げるべきところですが、 書面にて失礼させていただきます。 新任地におかれましても、お元気でますますご活躍されますよう、 心よりお祈り申し上げます。 特に親しい上司や先輩の場合は、思い出話やエピソードを添えて、感謝の気持ちを示すことがポイントです。 仕事に行き詰まっている際に、 ご多忙にも関わらず助言をいただいたこと感謝しております。 新しい部署に行かれましても、益々のご活躍をお祈りいたします。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 良好な関係を築くためにも心のこもった返信を.

次の

異動での社内向け挨拶メール|例文を活用して異動前・異動先の部署まで万全に

人事異動の挨拶メール

目 次• 異動が決まったら引き継ぎ準備をスタート 異動の内示が出たら、 自分にできる範囲で引き継ぎの準備を始めます。 必要な資料があれば整えておき、顧客に関する情報もまとめておきましょう。 後任者への具体的な引き継ぎができるようになるのは、異動の情報を周囲と共有できるようになってから。 しかし、その前に準備を進めておくことで、スムーズに仕事を引き継げるようになります。 また、どのようなタイミングで何を誰に引き継ぐのかは、 上司の指示に従うのが基本です。 内示が出た段階で派手に動き過ぎると、トラブルのもととなる可能性もありますから、慎重に行動してください。 上司の指示のもとで実際に異動するまでのスケジュールを組み、心の準備を整えておきましょう。 スポンサーサイト 異動の挨拶は丁寧に 異動をすることが決まり、周囲に知らせても良い時期が来たら、 関係各所にきちんと挨拶をしておきましょう。 引き継ぎがスムーズになると共に、周囲の不安を和らげる効果も期待できます。 どのような相手にどんな挨拶をするべきか、詳しく紹介していきます。 取引先への挨拶 異動の挨拶をするときに、 最も注意する必要があるのが取引先への挨拶です。 自分が担当していた会社があれば、その会社にとっては「担当者が変わる」ということになります。 丁寧な挨拶を心掛けることで、取引先の不安を和らげることができるでしょう。 まずはメール、もしくは電話で異動が決まった旨を連絡します。 このときに伝えるべきポイントは、以下の4つです。 異動の時期 異動先・配属先 後任者に関する情報 相手への感謝 また、取引先との関係によっては、メールや電話で連絡を入れた後に取引先企業を訪問し、あらためて挨拶する場合もあります。 この場合は、 「後任者を連れて挨拶に出向きたい」旨も記載しておきましょう。 きちんと挨拶をして、後任者を紹介しておけば、それ自体も引き継ぎの一つとなります。 取引先・後任者ともにスムーズに仕事をスタートできるよう、配慮してください。 異動先への挨拶 後任者が気持ちよく仕事ができるよう配慮すると共に、自分自身が新たな環境で気持ちよく仕事ができるよう、工夫することも大切です。 異動先・転任先への挨拶も忘れないようにしましょう。 顔合わせの意味も込め、直接挨拶に出向くのがベストですが、タイミングや場所によっては難しいケースもあるでしょう。 このような場合には、電話で挨拶の言葉を伝えます。 「これから、どうぞよろしくお願い致します」という気持ちを込めてください。 電話も難しい場合、また上司から「メールで構わない」と指示があった場合には、メールで挨拶を済ませるようにします。 お世話になった人への挨拶 今はあまり関わりがないように思えても、 過去の仕事でお世話になった人がいれば、挨拶をしておくと今後の関係性もより円滑になるでしょう。 直接挨拶に出向くほか、近年では、より手軽にメールを使って挨拶を済ませるケースも増えてきました。 とはいえ「一斉送信で手軽に」というのは、相手に対しても失礼にあたります。 できれば一人一人異なる文面を採用して、心を込めて送信すると良いでしょう。 お世話になった時の思い出話なども入れると、より印象深い挨拶文に仕上がります。 異動前には、一緒に働いた人たちに挨拶を 異動の日が近づいてきたら、これまで一緒に働いてきた人たちに挨拶をすると共に、 これまでの感謝の気持ちを伝えます。 送別会などで「全員を前にして挨拶をする」というケースもありますが、一人一人個別に挨拶をすることで、より印象も良くなります。 感謝の気持ちを込めて、2,000円から3,000円程度の贈り物を用意するケースも多く、状況に合わせて判断しましょう。 異動先の社内で着任の挨拶 異動先で引き継ぎした、取引先への挨拶 これらの挨拶は、新しい環境でうまくやっていくために欠かせない挨拶です。 新しい肩書できちんとした挨拶ができるよう、 シミュレーションしておくのがオススメです。 このほかにも、移動に際して 個別に贈り物を頂いた場合には、お返しを送付するようにしましょう。 またメールや挨拶状で、近況や今後の抱負を知らせるのも丁寧な印象になります。 ビジネスの世界は意外と狭いものだからこそ 転勤や異動では、これまでに縁があった人との関係性が「切れる」ように思えるかもしれません。 しかし、異動がきっかけで疎遠になったとしても、ビジネスの世界は意外と狭いもの。 また違った形で、相手と関わる機会があるかもしれません。 一度作った縁を大切にすることで、より豊かな人脈が広がっていくことでしょう。 異動をするときにもきちんとした挨拶を心掛けることで、自身の印象もアップできます。 自分のためにも、そして自分の仕事を引き継ぐ後任者のためにも、挨拶はしっかりと済ませておきましょう。

次の