海洋 恐怖 症。 海洋恐怖症の人が怖い画像まとめ!症状や原因、克服方法は?

恐怖症の一覧

海洋 恐怖 症

日本ではマイナーな恐怖症で、悩む人の数は少ないとされていますが、海外ではThalassophobiaと呼ばれ、比較的メジャーな恐怖症として知られています。 その理由として、日本では幼少期から水泳を学びますが、韓国やヨーロッパ、その他の海に面していない国では水泳が授業で取り入られていない事が多く、海の怖さというより海の事が分からないという理由で恐怖の対象となる事が多く見られます。 海を避けて生活する事は可能ですが、船や飛行機で海を渡る事は困難なので旅行に行けない例もあり、症状によっては治療をする必要があるでしょう。 完全克服の成功例は症状や原因によってまちまちで、短期間で治る事もあれば長期化する事もあるようです。 海洋恐怖症の原因と症状 海が限局性恐怖症の対象となる原因は様々で、過去に溺れた経験がある人はもちろん、そういった経験がない例も多くあります。 海から何か出てくるかも知れないと思うやに似た例や、海の塩分の刺激が恐怖となる例、足が付かない事や息ができない事を恐れる例、他にはこれといった原因がないのにも関わらず症状が出る例も報告されており、 予期不安と強い関わりがある事が分かっています。 症状としては硬直や動悸、心拍の乱れ、吐き気などがあり、重症時には嘔吐やパニック発作に至るケースもあります。 実際にどうしても海に入らなければならない場合、 この症状自体が溺れる事に直結する危険性が指摘されており、警戒すべき危険な恐怖症とされています。 恐怖症への対処、克服法や注意点 症状が重く 不安障害と診断されるほどになると、海を想像しただけでも症状が表れる場合もあり、薬物治療が優先される事もあります。 そうでない場合は基本的には認知行動療法が選択され、曝露療法が主な治療法となります。 まずは足の付く場所から始め、海の浮力を体感したり、人が自力で行ける範囲の海中を覗いてみる事で安心感を高める方法が有効です。 しかし長期間の間海から離れているとまた同じ症状が出るケースもあり、根本からの治療法が研究者によって模索されています。 また独自の曝露療法は危険で症状の悪化を招く事もある事から、治療は必ず医師やカウンセラーの下で取り組む事が前提となります。

次の

海洋恐怖症の症状と心理は?海洋恐怖症になる原因と克服する方法も

海洋 恐怖 症

魚の群れが怖いケース 水族館のイワシの群れなどに恐怖を感じる例では、との合併が疑われます。 魚の集合体だけが怖い例では判断が分かれますが、どちらの要素が強いかで治療も変わるので、 正確な診断が求められます。 死んだ魚が怖いケース 死んだ魚のみが恐怖の対象となる例では、 魚の目が怖いというケースと 死んだ魚の姿が怖いケースに分かれます。 姿煮や焼き魚などの料理に対しても症状が表れる事がほとんどで、 家族や周囲を巻き込んでしまう可能性もあり、食卓や栄養バランスにも影響してしまいます。 大きな魚が怖いケース この例はと関連するとも言われていましたが、現在は否定されています。 水族館の大きな魚やエイなどにも恐怖を示し、 イルカショーをも怖がるのが特徴的です。 巨大生物よりはとの関連が新たに指摘されており、原因が不明な例が多いのも特徴です。 全ての魚が怖いケース 種類や大きさを問わず全ての魚類が恐怖の対象となる場合、 貝類にも波及する場合があります。 魚だけでなく海や磯の香りに対しても恐怖を感じ始める事でを合併してしまう事が多く報告されています。 このケースでも魚料理を極端に避ける傾向にあり、 重症例では海に入る事や船に乗る事にも症状を表します。 その他のケース 魚のウロコや魚体の質感に対する恐怖ではが原因となっているケースがあり、に似た特徴を持ちます。 他にも魚が陸でピチピチと跳ねる姿が怖い例や、特定の種類の魚のみが怖いケースなど、 恐怖の対象は様々です。 魚恐怖症の症状 恐怖の対象に関わらず 限局性恐怖症特有の症状が表れる事が多く、心拍の乱れや硬直、多量の発汗、吐き気などが挙げられます。 重症時では嘔吐やパニック発作に至る例も確認されています。

次の

海洋恐怖症って知ってる?海に恐怖を感じる理由と水中の怖い画像10選

海洋 恐怖 症

精神的な症状としては、恐怖のあまりストレスを強く感じてしまうことです。 海に関しての恐怖からストレスをを感じるだけではなく、海と関わらないようにや症状が出ないようにと意識しすぎるあまり気疲れしてしまうこともあります。 その結果ストレスを強く感じてしまい不眠症になってしまうこともあります。 また、海洋恐怖症の中でも重症な人は皿を洗う時の水やお風呂の水など少量の水であってもそこから海を想像してしまい恐怖に駆られてしまうようです。 そのため、海洋恐怖症の人は日常生活で強いストレスを感じたり、海に関して想像が広がりすぎてしまったりすることが非常に多く、ストレスを常に感じています。 その結果、海洋恐怖症の人は寝られなくなってしまうなど生活に支障を来たすようになります。 海洋恐怖症であっても、現在日常生活になんの問題もない場合は無理矢理克服しようとする必要は全くありません。 その場合はできるだけ、海や水などを遠ざけて過ごすようにしましょう。 人間は海に行かなくても生活をしていくことが十分可能です。 恐怖を感じるものに無理に関わる必要はありません。 また、夏になると海水浴や浜辺でバーベキューなど、さまざまなイベントに誘われることもあるでしょう。 その場合はきちんと海洋恐怖症だから行く事ができないということをしっかりと伝えましょう。 適当な理由で誘いを断ってしまった場合、後日また誘われてしまうこともあります。 毎回誘いを断ってしまうと相手への印象もあまりよくありません。 そのため、初めから海洋恐怖症ということを相手に伝え、次回からも海が近い場所でのイベントには参加することができないという意思を伝えましょう。

次の