アンカー サウンド コア 2。 アンカー サウンドコア2をレビュー! 車での使用は? 【ワイヤレス、ポータブルスピーカー おすすめ】

アンカー サウンドコア2をレビュー! 車での使用は? 【ワイヤレス、ポータブルスピーカー おすすめ】

アンカー サウンド コア 2

見たい場所へジャンプ• このスピーカーにはAmazonをパトロールしててたまたま出会った 僕がこのスピーカーを購入したのは 今からおよそ2年半前の2016年9月9日です。 その時はAnkerという会社がスピーカーを発売していることは知りませんでしたが、(いつも通り)Amazonをパトロールしていてたまたまこのスピーカーを見つけました。 当時はAnkerのコトもよく知らないし、 後に3,600件もレビューが付くことになるような製品だとは思ってもみませんでした。 『Ankerってスピーカー作ってるの?買ってみてハズレだったとしても安いしまぁそれほど痛くないかな.. (ポチッ)』と思って試しに買ってみた感じだったんですが、こんなにヘビーユーズすることになるとはね。 大アタリでした。 自宅で… Bluetoothに対応しているスマホであればスピーカーの電源ONだけで簡単に自動接続(最初の設定は必要です)されるため、思い立ったときにパッとスマホ単体よりも良い音を気軽に楽しむことができます。 車内で… 私事ですが、僕の乗っている車はかなり前の年式で、いま搭載してるオーディオではカセットテープ(笑)とラジオしか聞くことができません。 外部入力端子も備えてないので物理的にコードで繋ぐこともできず、スマホの音楽を車のカーオーディオで聞こうと思ったら選択肢はFMトランスミッターくらいしかありません。 ただ、FMトランスミッターはFM電波で飛ばす際に音質がかなり悪くなりますよね。 そこで、車のオーディオは使わずにこのスピーカーで聞いちゃえばいいじゃん、という事です。 下手にカーオーディオで聞こうとするよりも良い音質で聞けています。 周りがガヤガヤ騒がしくてもそれに負けない大きな音が出ます。 見た目が分かるように写真を撮ってみました、こんな感じです。 Bluetoothで接続すると青LEDが点灯します。 充電ケーブルや外部入力端子などが刺さります。 チラッと見えてる背面にはAnkerのロゴ。 こんな風に車のドリンクホルダーに入れて使えるサイズ感。 まず高音質 低価格帯のスピーカーにありがちなスカスカな音ではなく、低音もシッカリ表現されます。 音質は合格点でしょう。 そして出力が大きい。 チープなスピーカーはMAXにすると音が割れることがありますが、このスピーカーはサイズからは想像できないような大きな音を出せます。 再生できる時間が長い。 公式サイトの製品情報では連続再生時間は約24時間と書かれていますね。 僕は24時間もぶっ通しで再生したことはありませんが、車で片道30分弱の通勤で使っていて2週間は余裕でもつ印象です。 この前いつ充電したっけ?というレベル• スピーカーの電源が入ったら自動で再接続してくれる 一度スマホ側でペアリング設定をしてしまえば、次からはスピーカーの電源が入ったら自動でスマホと接続してくれます。 使いたいと思ったときにパッと使えるのが嬉しいです。 周りがゴム製で地味に嬉しい 車に乗せているときの振動でもカタカタなりにくいのがGood• たくさんの人が高評価を付けている• 3,999円と安い 価格も製品を選ぶうえで重要なポイント。 このスペックがこの価格帯ってコスパ良すぎでしょう。 僕のように音楽をライトに楽しむ人向けには、このSoundCoreは超絶おすすめできると思っているので、引き続き読み進めてください。 SoundCoreには後継機とかいろんなバリエーションがあります 僕が購入したときはSoundCore(1世代目)だけでしたが、その後続々と発売されており、今や数多くのバリエーションが発売されています。 この動画の中で出力できる音量も確認できます。 おわりに 僕は大学生時代~社会人3年目くらいまでストリートダンスをやっていたこともあり、当時は外でも高出力で使えるポータブルスピーカーを探し求めて数多くのポータブルスピーカーを試してきました。 。oO(単1とか単2電池を入れるような大きなサイズのスピーカーも取り回しツラかったのが懐かしい。 それから比べると今のスピーカーはスペック上がって上がって充電コードを数時間繋げたらそれから数日間は充電しなくても出力落ちることなく使えるし、ワイヤレスでも音質良いし、コンパクトだし.. あの当時この製品欲しかったなと切に思いますね。 この価格帯のスピーカーではAnkerのSoundCore はベストバイではないでしょうか.

次の

Bluetoothスピーカー アンカーサウンドコア2のレビュー

アンカー サウンド コア 2

ワイヤレスステレオペアリング設定方法 Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。 そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。 ワイヤレスステレオペアリング設定方法 1. Anker SoundCore 2を2台用意する 2. 2台のAnker SoundCore 2の電源ボタンを長押しし、電源を入れ、LEDライトが青色に点滅していることを確認する 消灯している、青色に点灯している、いずれかの場合はBluetoothボタンを1回短く押し、青色点滅の状態にする 3. 2台のAnker SoundCore 2のBluetoothボタンを3秒長押しし、約5秒ほどでペアリングされます。 (片方のBluetoothボタンの右のLEDライトが青く点灯、もう一方のBluetoothボタンの右のライトが青く点滅、している状態になります) 4. スマートフォン等のBluetooth設定画面から「SoundCore 2」を選択し接続する 両方のBluetoothボタンの右のLEDライトが青色に点灯していればTWS接続が完了 ・一度2つのAnker SoundCore 2をTWS接続すると、2回目以降は両方の電源を入れると自動でTWS接続をします。 ・2回目以降に自動でTWS接続されない場合は、2つのAnker SoundCore 2の間に障害物がない且つ距離が3m以内であることを確認し、どちらか一方のBTボタンを3秒間長押しし、青色点滅させてから10秒間待機してください。 それでもTWS接続されない場合は、上記2~4を再度実施してください。 ・TWS接続を解除したい場合は、どちらか一方のBluetoothボタンを3秒間長押ししてください。

次の

Soundcore Mini 2|Bluetoothスピーカーの製品情報

アンカー サウンド コア 2

ワイヤレス、ポータブルスピーカー購入の目的は 今回なぜこのようなワイヤレス、ポータブルスピーカーを購入したかといいますと、仕事での車内 トラック等 で使用したいという事が理由のひとつでした。 いままではipodをFMトランスミッターでカーオーディオに接続し音楽を聴いていましたが、音質に満足がいかないということと、FMの電波を使用しているということでラジオの電波が入ってしまったりして音楽が途切れてしまったりと煩わしさを感じていました。 Bluetooth(ブルートゥース)のワイヤレス、ポータブルスピーカーであればこういった事をクリアできると思ったので購入を決めました。 あとは仕事で出張してホテルに泊まる際にも活用したいという思いもありました。 Anker SoundCore2 アンカー サウンドコア2 を購入 価格も手頃、そもそもはモバイルバッテリーが得意のメーカーということでバッテリーの強い Anker アンカー の SoundCore2 サウンドコア2 を購入することにしました。 こちらの製品はコンパクトでありながらも強い低音が特徴です。 そしてフル充電であれば24時間の連続再生 が可能ということでバッテリーの持ちということでは問題無いでしょう。 バッテリーの寿命を長く保つために45日に1度は満充電したほうがいいようです。 付属品はUSB-マイクロUSBのケーブルのみです。 防水性能はIPX5という規格等級で、いかなる方向からの水の噴射を耐えるものとなっています。 なのでお風呂で入浴しながら音楽を聴くのにも適していますし、アウトドアでも雨などを気にすることなく使用することができるでしょう。 アンカー サウンドコア2の使い方 本体上部にあるボタンは左から電源スイッチ、音量下げ、再生と停止、音量上げ、Bluetooth(ブルートゥース)接続と切断となっています。 文字が飛び出したものとなっているので、運転中にでも触った感覚でどのボタンか分かるので操作しやすいです。 残念なのは曲の進む、戻るボタンがないことです。 ipodと接続するとipodのほうにバッテリー残量が表示されます。 AUX IN端子がついているのでAUXケーブルで接続することも可能です。 アンカー サウンドコア2はマイクを内蔵していて、携帯電話と接続すればハンズフリーのスピーカーとしても使用できます。 実際に携帯電話 使用機種はAQUOS SH-03J と接続して通話してみましたが、スピーカーから出力される音は申し分ありませんでしたが、こちらの声が聞こえにくい時があるということだったので積極的に使用することはないと思います。 車内での使用は 早速トラックの車内で使用してみましたが、ボリュームが半分ぐらいで充分な音量でした。 トラックの車内は決して静かではありませんが、それを物ともせず低音の効いた音楽を楽しむ事ができ、満足しています。 ドリンクホルダーにぴったり収まりました。 何よりこの価格でこの性能であるならば文句は無いという感じです。 コストパフォーマンスの面では素晴らしいです。 シガーソケットから充電することができます。 なかなかしっかりした作りで価格の割に質の良さを感じます。 ぴったりとスピーカーが収まっています。 USBケーブルを収納する部分もあり、付属しているカラビナは外側につけることができます。 こちらのケースにも非常に満足しており、おすすめです。 Anker Soundcore Sportとの比較 同僚の所有するAnker Soundcore Sportと比較してみました。 写真中の上のスピーカーがAnker Soundcore Sportです。 トラックで走行して使用してみました。 コンパクトなスピーカーですが、こちらも半分ほどのボリュームで充分な音量でした。 ただサウンドコア2に比べて低音が弱く、ベースなどの音が聴き取れませんでした。 それほど音にこだわりがないのならコンパクトで軽量なこちらのスピーカーでも満足できるのではないかと思います。

次の