妊娠 症状 チェック 診断。 もしかしたら想像妊娠?代表的な症状と一発で見分ける3つの方法

妊娠超初期症状から妊娠の可能性を無料で診断【結果編】

妊娠 症状 チェック 診断

妊娠初期とは 赤ちゃんが成長するにつれ、沢山のことが起こります。 なにが起こるか、妊娠初期のやるべきことチェックリストなどをまとめました。 あなたはまだ妊婦には見えないかもしれませんーでも妊娠していると感じることはあるでしょう。 これは妊娠ホルモンの増加によって身体がこれからの9ヶ月間赤ちゃんを迎える準備をしているからですーこれにより次々と疲労や倦怠感による頭痛や痛みがくるでしょう。 これらの症状に興奮することはないかもしれませんが、これらの一時的な不快感は身体の中で起こっている信じられない過程の一部なのです:赤ちゃんを育てているのです! 妊娠初期の期間 妊娠初期は一週目から妊娠13週目まで続きます。 その週に妊娠したかわからない場合もあるでしょう。 そうしたら出産予定日を計算しましょう。 また予定日は変わり得る(特に生理不順がある場合)ことを頭にとめておきましょう。 妊娠初期の赤ちゃんの成長 妊娠初期の間だけで、あかちゃんは受精卵から、子宮壁に自らを植えつける胚となり、腕や体の組織をつくる桃の大きさの塊となります。 内蔵も形ができ、赤ちゃんは動き始めます。 この期間に起きる大きな出来事のハイライトです。 ・赤ちゃんの骨:6週目までに腕、脚、手、足が生え始めますー10週目までには指とつま先も生え始めます。 ・髪の毛と爪:5週目から8週目の間に肌が形成され始めます。 8週目あたりで髪卵胞と爪床が形成されます。 ・消化器官:8週目までに、赤ちゃんの腸が形成され始めます。 またこの頃には2つの腎臓が出来上がっています。 (3つ目にして最後のセットを形成途中です。 ) ・感触:8週目あたりで赤ちゃんは顔に感触受容器(主に唇と鼻)ができています。 12週目までに、生殖器、手のひら、足の裏にも感触を感じることができるようになっています。 ・視界:視神経(目から脳へ渡り、また戻ってくる)とレンズは4週目から形成され始めます。 網膜は8週目あたりから形成され始めます。 ・心臓:5週目までに赤ちゃんの心臓となる管は自発的に鼓動し始めます。 そして強く、定期的になっていきますーそして9から10週目あたりで音を聞けるようにまでなるのです!(子宮の赤ちゃんの一によります。 ) ・脳:妊娠8週目あたりから、赤ちゃんの脳によって成長している四肢を動かすようになります。 ・味覚:8週目あたりまでに脳と繋がった味蕾が発達していますーしかしあかちゃんは周りの羊水を味わう前に毛穴を味わう必要があります(羊水はあなたが一番最近とった食事のような味がします)。 他の主な妊娠初期の画期的な事件としては、筋肉の形成、細菌と闘うための白血球の形成、声帯の形成などがあります。 身体の変化 妊娠初期はあなた自身にも多くの変化があらわれます。 よく言われる妊娠初期の症状として以下のことがあげられます。 ・朝気分が悪い:残念ながら、これは朝にただ気分が悪くなるだけではありませんーこれは妊娠5週目あたりまで続きます。 生姜の紅茶やドロップや、頻繁に少量の食事をとることがきくでしょう。 もし辛いようであれば、医者に妊娠に関連したむかつき・吐き気を治す治療について相談することができます。 ・胸が張る:胸がとても張って、ひりひりし、大きくなるでしょう!6週目ぐらいには、以前の自分の胸とは別物になってしまっているかもしれません。 ・気分の上下が激しい:7週目までに、気分が上がって、そして下がって、またあがったりするかもしれません。 もし鬱になったことがあったり、深刻だと考える場合には、医者に相談して出生前うつ病の検査を受けましょう。 妊娠初期には他にも多くの妊娠症状がでるでしょうー胸焼け、便秘、金属の味がする、食事への嫌悪感、頭痛。 我慢してください:妊娠中期にはもっとリラックスすることができます!また全ての女性が違うということを念頭においておいてください。 なので母親や姉妹が痙攣や頻尿を起こしたからといって自分自身にも同じ症状がでるとは限りません。 体重の増加 赤ちゃんはまだ小さいですーつまり、妊娠初期には1. もし食欲がわかないときは、体重が減っているかもしれません。 これも大丈夫ですー妊娠中期、末期に妊娠による体重の増加が起きればいいのです。 今は、食べれるときに頻繁に少量の高密度の栄養価の高い食事(アボカド、ヨーグルト、バナナ、全粒粉のパンやクラッカー)をとることを意識しましょう。 食欲がありあまっていると感じたら、妊娠中の摂取カロリーをチェックするようにしてください:妊娠初期では余分のカロリーは必要ありません(妊娠中期、末期には摂取カロリーはあがっていきます)。 もし勧められている以上に体重が増加してしまったら、体重を減らさないようにすることです。 これからの妊娠期間中に徐々に戻していくよう意識しましょう。 チェックすべき症状 身体の中で妊娠による変化が起き、何が普通で、何がそうでないのかわからないでしょう。 多くの場合、奇妙な痛みなどは心配する必要はありません。 しかし妊娠初が期にもっとも流産の可能性が高いということを理解することが重要です。 以下の症状が出た場合は医者に電話しましょう。 ・膣からの大量出血 ・激しい腹痛 ・急なのどの渇き ・放尿に伴う痛み ・38度以上の熱、寒気、背中の痛み ・手や顔の激しいかゆみ ・視覚障害 もし上の症状が一つでもでたら、医者にすぐに電話しましょう。 もし数分以内に誰か呼べないようであれば、近くの緊急病院へ行きましょう。 妊娠初期にやるべきこと ・妊娠用ビタミン剤をはじめましょう。 まだの場合は、すぐに服用し始めましょうー妊娠初期にこれを行うことで神経菅の欠陥(二分脊椎など)のリスクを大いに減らすことができます。 ・医者を選びましょう。 産婦人科から助産師まで多くの病院や選択肢があり、選ぶことができます。 時間をかけて考え、あなたにあった医者を選びましょう。 ・初回の産婦人科の診察を予約しましょう。 医者に病歴を見てもらい、全体の身体検査、感染症にかかっていないか検査を行います。 血液型とRh状態を決定し、感染症にかかっていないかみるための、Papスメア、尿検査、血液検査など一連の検査を受けるでしょう。 また鼓動、出産予定日、物事が上手くすすんでいるかを確認するための超音波検査も受けるでしょう。 また生殖器に病気がないか、糖尿病でないか、家族の病歴をふまえて検査されるでしょう。 医者に多くの質問をされると思いますが、あなた自身も十分な質問を用意しておきましょう。 最近服用している薬の安全性、禁煙など頭に浮かんだものを質問してみましょう。 ・遺伝子検査を考えましょう。 ・健康保険をよく考えましょう。 妊娠の費用は多くの状況によって変わってきます。 この機会に保健プランに加入したり、ポリシーの規約を見直したり、保険料や共同保健に商店をあてて費用をできるだけ低く抑えましょう。 ・予算をつくりましょう。 家族が増えるということは、月ごとの出費を見直す素晴らしいーそして必要なー時期です。 赤ちゃんを育てるための費用を調べ、月ごとの予算をたてましょう。 ・適切に食事しましょう。 カフェインを控え、どの食事を避けるべきか、妊娠中何を主に食べるべきか調べ、キッチンにそれらを準備しておきましょう。 ・フィットネスの時間をつくりましょう。 妊娠期間中にエクササイズをすることは、あなたにとっても赤ちゃんにとって利益がありますーこれは平日のほとんどに30分身体を動かすアクティビティを取り入れるいいモチベーションになります。 ・したいと思ったら、セックスしましょう。 することは楽しいし赤ちゃんにとっても安全ですーさらに、両者に利益があります。 ・赤ちゃんの名前を考え始めましょう。 もしまだ赤ちゃんの名前を考え付いていないようであれば、今から考え始めても早すぎることはありません。 ・妊娠の報告を準備しましょう。 いつどのように友人や家族に妊娠の報告をするか、またはソーシャルメディアで発表するか考えましょう。 多くの女性は流産の可能性が低くなる妊娠初期の終わりまで待ちます。 もし働いている場合は、いつどのように上司に妊娠について伝えるかも考え始めましょう;事前に会社の出産休暇について調べておきましょう。 , , , ,• コメント:•

次の

もしかしたら想像妊娠?代表的な症状と一発で見分ける3つの方法

妊娠 症状 チェック 診断

出典: 妊娠していると錯覚してしまう、想像妊娠。 言葉自体は聞いたことがあっても、どんなものなのか実態を知らない人も多いのではないでしょうか。 妊娠や出産はとてもデリケートなことであり、なかなか友達や知人に話せませんよね。 しかし、見分けるのは簡単です。 そこで今回は「想像妊娠」の症状や見分け方について、ご紹介していきましょう。 想像妊娠とは? 想像妊娠とは、実際は妊娠している事実はないにも関わらず、妊娠していると勘違いをすること。 もしくは、その症状が体に出てくることをいいます。 妊娠を強く望む女性に現れる精神的疾患の1つです。 症状は、実際に妊娠している女性が感じる妊娠初期症状と酷似しているために、妊娠していると勘違いしてしまいます。 想像妊娠はなぜ起こるのか 想像妊娠は、あまりにも妊娠を強く望んでしまい、検査薬が反応しない早い段階から「妊娠の症状だ!」「生理が来てないから妊娠だ!」と、思い込みから現れてしまう女性特有の精神的疾患です。 妊娠を強く望む女性だけではなく、妊娠することに強い不安を持っている女性に現れることも。 昔から「病は気から」という言葉があるように、身体的な病気ではありませんが心の病であります。 想像妊娠しやすい人は、妊娠に強い思い入れがある女性。 すなわち妊娠したい人、または、妊娠を避けたい女性がなりやすいと言われています。 特に妊娠を心待ちにしている女性は、身体に現れる症状一つに一喜一憂してしまうもの。 生理が来るまでは、「妊娠している」「今度こそは、妊娠している」と、思い込んでしまうほどに妊娠を願うものなのです。 不妊治療を行なっている人にとっては、妊娠こそ待望していることですからね。 そのため、何か月も何年も妊娠を心待ちにしている場合、「妊娠したかも?」と思ったら、検査薬を使うか病院に行くことをおすすめします。 また、周りからのプレッシャーも影響します。 「子供はまだできないの?」「早く子供の顔をみたい」と親や兄弟から急かされることで、子供を作ることに義務感を感じてしまうのです。 さらに、ストレスが増えて精神的に追い込まれてしまい、想像妊娠をしてしまうケースもあります。 想像妊娠と妊娠初期の症状 通常の妊娠の場合、生理がいつもより遅れることがそのサインです。 ただそれだけではなく、様々な症状があります。 いつもは感じない胸の痛みや、子宮の痛み、突然つわりの症状に襲われることで、妊娠したのかもと気づく人もいます。 実は想像妊娠もこれらと同じ症状が出るのです。 では、妊娠と勘違いしてしまうほどに、症状が似ているという想像妊娠と妊娠初期症状をチェックしていきましょう。 想像妊娠の主な症状• 生理が来ない• つわりのような吐き気• 胃痛やムカつき• 食欲の減少• 胸の張りや痛み• おりものが増える• 子宮の違和感• お腹が大きくなる 以上が、想像妊娠の主な症状となります。 妊娠と勘違いしてしまう症状がいくつもあり、妊娠したと勘違いしてしまう要因が大いにあると言えるでしょう。 特に驚くのは、妊娠していないのに、お腹が大きくなる女性がまれに実在するということです。 また、次の2つに分けることができます。 旦那さんや、彼氏、好きな人との間で子供を想像妊娠するパターン• 実際は実在しない、実在しても手の届かないアイドルや俳優、アニメのキャラクターとのパターン 2つ目は彼氏もいなく、セックスもしていないのに想像妊娠するパターンです。 では、妊娠初期の症状と比べてみましょう。 妊娠初期の主な症状• 生理が来ない• つわりのような吐き気• 胃痛やムカつき• 食欲の減少• 胸の張りや痛み• おりものが増える• 子宮の違和感• お腹が大きくなる• 風邪気味に似た症状• 尿意が近くなる こちらが妊娠初期の症状。 想像妊娠と同じような症状も含まれており、見分けるのも簡単ではありませんよね。 区別する判断材料 上記のように、酷似している症状が数多くありましたが、決定的な違いは、「赤ちゃんがお腹の中にいる」か「いない」かということです。 これからご紹介する方法で、本当に妊娠しているかほぼ判定することができます。 病院にわざわざ出向かなくても自宅でも簡単にできますよ。 基礎体温 妊娠を待ちわびている人は、基本的には基礎体温をつけているのではないでしょうか。 基礎体温とは、朝起きた瞬間の体温のこと。 排卵日などを確認するために毎日測定している人も多いでしょう。 その基礎体温が、高温期と呼ばれる高い体温を維持し、生理予定日を過ぎてもキープし続けているならば、妊娠の可能性も高いと言えます。 ですが、想像妊娠の場合は生理予定日を過ぎたあたりから、体温が日を追うごとに下がっていきます。 ごくまれに、妊娠していないのに高温期が続く人もいるようですが、妊娠とは違う要因が隠されているかもしれないので、注意が必要です。 妊娠検査薬 薬局や大型ディスカウントショップなどで販売している妊娠検査薬を使うことで、妊娠しているか、妊娠していないか判明します。 妊娠検査薬は、妊娠している時にだけ分泌するホルモンを尿から採取することで、妊娠しているか、していないかを判定するので、想像妊娠の場合は陰性と判定されます。 最近のものは精度も良いため、あまりはずれることはありません。 妊娠検査薬の検査に適した時期 妊娠しているか早く知りたくて、妊娠検査薬を何度も試してしまう方もいるようですが、一般的な検査薬を使用するのに適した時期は、生理予定日より1週間後と言われています。 早く結果が知りたいという気持ちが先走り、生理予定日前から妊娠検査薬を試してしまう人もいますが、設けられた期間に検査をしなければ正確な判定はできません。 妊娠検査薬を何本も無駄にしてしまうので、設けられた期間に検査を行なってください。 想像妊娠の治療と予防 想像妊娠してしまった女性は、自分が妊娠していないことを理解し受け止めなければなりません。 妊娠していないことを理解した途端に、妊娠だと思っていた症状は、徐々に現れなくなっていきます。 さらに、メンタル面にも影響します。 妊娠していなかったというショックと、それを勘違いしていた自分に対するショックが押し寄せてくるのです。 ですが、医師の診断を受けるまでは「自分が妊娠していないわけがない」「次の生理が来るまでは妊娠してないなんてわからない」と、認められない人もいるのが現実。 実際に、「妊娠したい」と強く願っているうちは妊娠できなかったけど、「なるようになる」と少し力を抜いて妊活をするようになった途端に妊娠した人も多くいます。 もし想像妊娠という症状がでてしまったとしても、落ち込まずに穏やかな気持ちでいることが大切です。 まとめ 以上、想像妊娠についてご紹介してきました。 想像妊娠はとてもデリケートな悩みから症状が現れてしまう、精神的なものなのです。 そして、だれしもが想像妊娠をしてしまう可能性を秘めています。 本来ならば妊娠することのない男性までもが、妊娠に悩まされているパートナーの姿に影響されて、メンタルが不安定になってしまうということも増えています。 症状が現れても、落ち着いて状況を受け入れていきましょう。

次の

妊娠うつとは?原因や症状、診断方法、予防法、対策まとめ

妊娠 症状 チェック 診断

スポンサードリンク もしかして妊娠? 最近なんとなく体の調子が悪いなあ。 「もしかして・・・」と思い妊娠検査薬を試したら陽性反応が出た! こんな話ってよく聞きますよね。 予期せぬ妊娠というのもあります。 子供を作る予定ではないのにできてしまった可能性がある場合です。 そんな方はドキドキしながらこの記事を読んでいるかもしれません。 今回ご紹介するのは 初期症状から妊娠を判別するチェックテストです。 私もこのチェックテストを使って実際に妊娠が判明した1人です。 そのときの体験を少し書いてみます。 私の場合、赤ちゃんが欲しかったので何度も妊娠検査薬を試しました。 陰性反応をみてはガッカリするのを繰り返していた時期があります。 そんな私の妊娠が判明したのは意外なきっかけでした。 妊娠に向けたタイミング法を試みて数日後に妊娠検査薬でチェック。 その結果は「陰性」反応でここまではいつもと同じ展開でした。 「ああ、今回もダメだったか」 そう思って落ち込んでいた私。 でもどこか体の調子が違います。 そこでこのあとにご紹介する妊娠判別チェックテストをやりました。 結果は 「妊娠の可能性特大」で慌ててもう一度検査薬を試しました。 そこで出たのはなんと 「陽性」! 1度目は陰性だったのに数日後に試した2度目に結果が変わりました。 なぜこんなことが起こったのかはのちほど詳しく解説しますね。 ここからはいよいよそのチェックテストをご紹介していきます。 妊娠判別チェックテスト 次の15個の項目に当てはまるものをチェックしてください。 1、胸に張りを感じる 2、頭痛がある。 3、吐き気や胸やけがする 4、熱があるもしくは微熱が続いている。 5、おなかに張りがある。 6、生理とは違う出血があった。 7、トイレに行く回数が増えた。 8、食べ物の臭いが気になる 9、頻繁にのどが渇く 10、手足がむくんだり痛んだりする 11、よだれや鼻水がよく出る 12、おりものの色や量に変化があった 13、日中によく眠くなる 14、便秘気味である 15、最近よくイライラする チェックできましたでしょうか? チェックの合計数であなたが妊娠しているかどうかの判別ができます。 では早速結果をみていきましょう。 ページ 1.

次の