デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学。 デロイトトーマツコンサルティングの転職難易度・特徴・採用情報

デロイトトーマツコンサルティングの選考情報として知っておくべき学歴と採用人数

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

ただし、結果として大学院卒やMBAなどの学歴の方が、内定者の中には多いようです。 学歴:出身大学や専攻などによるデメリットはない 採用人数に対する区分はありませんので、あくまでも選考上の基準に達しないと、学歴があっても採用人数枠に入ることはありません。 ただし、デロイトトーマツコンサルティングでは外国語のコミュニケーションが優先されており、留学経験があると有利になります。 なお、デロイトトーマツコンサルティングはエンジニア職やクリエイター職は各3名程度で、学歴は不問となっていますが、即戦力が基準となりますので、希望者にとってはかなり狭き門となるでしょう。 コンサルティング業界の業界・企業研究を進めよう コンサルティング業界は、戦略系や人事系、IT系など、それぞれ専門分野や扱う範囲に違いがあるため、 タイプごとの特徴について知っておくとより理解を深められるでしょう。 そこで活用したいのが「」です。 この資料では、シンクタンク系はもちろん、他のビジネスタイプのビジネスモデルや主要企業について紹介しています。 無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。 採用人数:募集数が100名・内定者は50名から60名程度 選考情報には、募集数が100名と書いてありますが、その中から実際に内定をもらうのは50名から60名程度でしょう。 学歴が考慮されることはありません。 ただし、4大卒よりも院卒やMBA取得者が有利となるのは、あくまでも論理的思考をもつコンサル向きな頭脳の持ち主だからであり、学歴と採用が直結している訳ではありません。 採用後は希望職種である、コンサルを行うために必要な知識と経験を有すると、すぐにクライアントのために仕事をおこなうことになります。 ただし、この期間も必要なスキルアップのために教育制度を活用することになるようです。 デロイトトーマツコンサルティングの選考情報は出身大学や専攻による学歴のデメリットはなく採用人数は50~60名程度 デロイトトーマツコンサルティングは学歴による選考は行いません。 原則は、エントリーシートによる選考と試験と面接によるもので、学歴に影響されることはありません。 採用人数は募集時が100名で内定が50名ですから、採用人数を割っても求める人材しかデロイトトーマツコンサルティングには合格できないと言うことになるでしょう。

次の

デロイトトーマツコンサルティング

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

デロイト トーマツ グループは日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査、税務、法務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー等を提供しています。 専門の組織や会社がクライアントのさまざまな課題解決のため、最適なプロジェクトチームを組成。 各専門家と業種・セクター別の専門チームとがクロスビジネス・クロスサービスラインで連携を取り合い、高品質なサービスを提供しています。 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社の新卒採用は、昨年スタートしたばかりで、2022年入社の方々が新卒入社2期目となります。 新卒として会社の将来を担っていただけるアグレッシブな人材の活躍に期待しています。 1 エントリー 外資就活ドットコムにてプレエントリーいただいた方には、別途、専用のマイページをご案内いたします。。 2 会社説明会 会社説明会への参加が、以降の選考にお進みいただくための条件となります。 (会社説明会にご参加いただかなければ、以降の選考にお進みいただくことはできませんので、ご注意ください) 3 エントリーシート 会社説明会にご参加いただいた方々に、エントリーシートのご記入のご案内をいたします。 4 SPIのご受験(WEBテスト) エントリーシートを通過された方に、SPI(WEBテスト)のご案内をいたします。 5 1次選考(グループディスカッション) SPIに合格された方に1次選考となるグループディスカッションのご案内をいたします。 6 2次選考(個人面接) 1次選考に合格された方に2次選考となる個人面接のご案内をいたします。 7 最終選考(個人面接) 2次選考に合格された方に最終選考となる個人面接のご案内をいたします。 選考に関するご案内は、マイページを通じてお送りいたします。。

次の

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)の年収,評判,強み・弱み,特徴,転職採用情報について元社員に迫る!!

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

HARUKIです。 今回は、有名大学で能力があるにも関わらず、就活をなめていた+ベンチャーで働くことにも抵抗がなかった「J氏」の詳細について記載します。 J氏は誰もが知っている、某大手大学卒で非常に頭もよく、メンサ館員にもなろうと思えば慣れた学歴エリートです。 大学の友人はみんな優秀で無双状態だったが、関東特有の就活競争に嫌気が指した新卒就活時代 J氏は、中高は関西でしたが、大学から某有名大学に進みました、 サークルは、テニスやダンス等少し派手めの人が多いサークルに所属して(と言っても、高校からのハッチャケ組が多く存在しましたが)、男子高時代のストレスを発散していました。 もともと地頭が大変良いため、単位取得には一切苦労せずに、 ・大学は入ってしまえばこっちのもの。 入学後は、対して勉強もせず良い企業に入って、楽して稼ぐことができる という昭和な考えを持っていました。 ただ、2000年以降は如何に有名校卒と言っても大学のネームバリューだけではなんともならない時代。 大学生活で頑張ったことや、成果が問われることが普通であった新卒の就活では、全く対策もしないJ氏は、まさかの選考で落選続きでした。。 受けても受けても、面接で落ちるという人生で初めての挫折です。。。 また、関東の名門大学であったがゆえに、 ・大学ランキングと同じような、就活ランキングを気にする同級生や周囲 に嫌気が指してもいました。 結局対して有名でもないベンチャーの企画職として入社したものの、同僚のレベルの低さに辟易、また給与も高くないためげんなりしていました。 結局転職したのは、ベンチャーの企画職でした。 一応大手にも受かっていたのですが、営業配属になる可能性がある総合職であったため、新卒から必ず企画配属になるベンチャー企業に就職。 同僚は指して優秀でもなく、企画職は自分の特性が活かせる面白い職種でした。 ただし、同僚が3Cや4Pのような基本的なマーケティング用語すら知らず大変幻滅していました。 そんな中同僚の飲み会で久しぶりに知ったのが、DTCに勤めていた大学の友人。 その友人からの話を聞いていると、そこまで激務でない上に、面白い仕事ができDTCはまさに理想の職場。 某大手転職エージェントの力を借りて、TOEIC対策もした結果、見事合格。 転職後は、想像以上に楽しく満足されていました。 【転職成功事例】中卒20歳男性をDTCに転職支援し、21歳で史上最年少マネージャーになった西尾氏 こんにちは。 HARUKIです。 今日は、転職エージェントをうまく活用して転職を成功させた西尾氏の話です。 今回実名で記載しているのは、すでに色んなメディアに記事がのっているためですw また、この話は転職エージェントの中では有名なので、ひょっとすると知っている方も多いかもしれませんが、かなり面白い話なので 共有させていただきます。 ちなみに、西尾さんは上記でも記載しておりますが、DTCが求める「セキュリティ人材」のど真ん中なので、史上最年少マネジャーになっていらっしゃいます。 「20歳、中卒、経験社数4社」と転職ヒエラルキーの中で最下層に位置しているように見えた 西尾さんは、「20歳、中卒、経験社数4社」と転職エージェントから見ると通常、「紹介できる求人がない人」と見なされてしまいます。 そんな西尾さんを担当したのは、ムービンの近藤さん。 ムービンの近藤さんは、当時DTCを担当しており、「サイバーセキュリティ人材が欲しい」とずっと言われておりました。 そのため、「セキュリティ」や「サイバー」という言葉には敏感になっており、通常ですとほぼ100%お断りする西尾さんと面談。 *おそらく大手の転職エージェントでは、機械的にフィルタリングしているため上記のような方は、求人紹介対象者になっていなかったと思います。 harukiなら面談してましたw 面談すると、ヤフーのCISO(最高セキュリティ責任者)の補佐をしたり、セキュリティの知見は抜群にあるようでした。 そのため、DTCの人事とも相談をし、サイバーセキュリティの責任者とカジュアルな面談を遂行することにしました。 *ちなみに上記のようなカジュアルな面談を遂行できるのは、できるエージェントの証です。 西尾さんは、転職エージェントをうまく活用できていたと思います。 カジュアル面談で話を聞き、圧倒的なスキルの高さをDTCも認める カジュアル面談で話をきき、圧倒的なスキルの高さを認識したDTCの面接官(パートナー)。 当時は、DTCもデロイトエクスポネンシャルを創設したばかりだったので、セキュリティのスキルを把握できるパートナー自ら確認したところ、 ・西尾さんはすごいスキルを保有している と認定。 もちろん車内で一悶着も二悶着もあったが、最終的にはパートナーの意向を組んでシニアコンサルタントで採用。 通常デロイトは、早慶以上の優秀層のみが入社し、シニアコンサルタントになるには28歳くらいでなるのが多いので、20歳でシニアコンサルタントになるのは異例のスピード。 転職後も圧倒的な成果をだし、転職後1年で最年少マネジャーになりました。 ここからは記事に記載がある通りですが、転職後も圧倒的な成果をだし、なんと21歳で最年少マネジャーに。。 これは、もちろん西尾さんも凄いのですが、転職エージェントもDTCの人事もあっぱれな素晴らしい事例ですね。 転職事例 転職活動に疲れたあなたに!! トリバゴで旅行にでも行ってリフレッシュしましょう!! 30代・40代・50代のコンサルティングファームへの転職〜中年になってもコンサルへの転職はできる〜 こんにちは、HARUKIです。 今回は、30代、40代、50代のコンサルティングファームへの転職について記載します。 一方、HARUKIは上記のような30代後半以上の方から最近よく相談をいただきます。 確かに、難易度は高い転職多いのですが、皆さんの人生は一度きりです。 ・年齢が高いから転職できない・・ と、転職したく転職もできるのに、上記のような固定観念だけで転職しない人を少しでも少なくするために、今回は年代別のコンサルティングファーム転職実現への対策や注意点を記載します。 そして、30代前半であれば、全く問題がないです。 できれば30代後半の方は、管理職以上の経験が欲しいのは事実ですが、BCGで日本代表までなった御立尚資も36歳で転職して、日本を代表するコンサルタントになっています。 これが事実です。 しかもコンサルティングファームの場合、アクセンチュアを除き新卒以外の中途採用者も役員になっているケースも多いです。 これは、 ・コンサルティングファームの上位者には、営業要素が求められるため、頭が良いだけでは出世できない ・事業会社の経験がある方が、クライアントに対して実行可能性を考慮した良い戦略立案支援や業務支援コンサル を遂行しやすい と言う特徴があります。 30代の方は、本当にコンサルティングファームに行きたいのであれば、気にしないでください。 転職した後の、ポジションにマネージャーやシニアマネージャーを想定しているため、管理職経験や高度な専門性を求められることがほとんとです。 また、40代の方は年収もそれなりに高く、家庭もあり年収を下げることができないため、より拍車をかけてコンサルタントという職位での転職が難しいです ただし、BCGやマッキンゼーであれば、コンサルタントでも1000万円を超えるオファーがあるため、年収ネックは、外資系のトップファームであれば解消されます。 40代で転職する際は、新卒の賢いコンサルと地頭で勝負してもダメなので、「クライアントから信頼できるような受け答え」・「ゆっくりでもいいので、的確な答えをだす能力」・「業界や財務等の職種等の深い知識」が必要です。 上記をアピールできれば、十分に可能性はあると思います。 また、転職エージェントによっては、40代の転職に積極的出ないアホな転職エージェントがいるので、転職エージェントで断られたからといって、あまり気にせず良いエージェントを見つけて、適切な対策をしてコンサルティングファームへの転職を実現してください。 50代は、普通のキャリアを形成していると、コンサルティングファームへの転職はほぼ無理です。 ただし、下記のような転職事例はあります。 ・国家公務員で、それなりの役職まで登り、コンサルティングファームへ転職した後も、国とのパイプを持つことができる人 ・業界で非常に有名であり、その人がコンサルティングファームに転職すれば、クライアントも一緒に獲得できる場合 ・事業会社で役員レベルであり、コンサルティングファームに転職しても、その業界ネットワークの深さから、クライアントを数多く獲得できる人 可能性は0ではもちろんないですが、50代での転職は上記のような実績が必要です。 *50代になると、コンサルに限らずステップアップ転職は上記のような実績が必要です。 DTCではBIG4の強みであるグローバルネットワークを活用して、上記のSCM系に強みを持っている。 ただし、自動車は別であるが「大手総合商社」や「大手製造業」の大口案件の受注を少し他社に取られてしまっているのが実情*SCM案件は大量にあるので、それでも受注量としてはBIG4で最も多い。 特に最近は製造業のM&A案件が多いため、M&AのPMI時に関連する調達統合等の案件も増えている。 代表的なものでいくと、現地の実態を把握するために、一部のコンサルタントを現地に常駐させて情報収集と実行をさせて、その内容を反映させて一部の戦略を作り直していたりする。 SCMは足が長い案件(数年単位の案件もある)も多いため、比較的クライアントとは長期の付き合いになる。 ただし、他のBIG4と比較して、社内に「ロビイスト」みたいな人もいるため、自治体や国家部隊の主要人物とはうまくつながっており、比較的上流案件の獲得はしやすい。 ただし、「国家重要戦略補助」*例:クールジャパン戦略等は、外資系戦略ファームやシンクタンクがk図多くやっている。 国が採用したコンサルティングファームのレポートはインターネットでも見れるため、是非見てほしい。 財務省がマッキンゼーを採用していたり、経産省がA. カーニーを採用していたりしていることがわかり面白い。 *ただし、国防や国家機密に関わる案件は基本的に、日経シンクタンクやコンサルティングファームに依頼が行くケースが未だに多い。 最近は、サイバーセキュリティ関係の案件も、デロイトのグループ会社であるDTRSと一緒にやったりと、比較的テクノロジーに関係するコンサルの引き合いが増えてきている。 *マイナンバー案件も同様。 *仕方ないと思うが。 ただし、デロイトのグローバルは公共で非常に強く、面白い人も多いため、欧米の公共政策を参考にしないといけなく、デロイトグローバルで対応をしないと行けない時は 非常に面白い経験ができる。 *オリンピック関連案件等はそう。 *官僚が学歴主義なので、PSも少し同じような雰囲気。 基本的に早慶以上が多く、ITの系の人が多い。 *官公庁に強いベンダー出身者がいる。 ただし、政策提案に優れいている人は、海外の公共政策を学んだ人や東大の政策研究をやっていた人等もいるため、非常に面白い。 前述したとおり内部で「テクノロジー部隊」と「それ以外」で分かれているため、自分の専門性を深くすることが可能。 *ただし、案件によってはIT系の案件にアサインされたり、その逆も勿論ある。 基本的に早慶以上が多く、大手事業会社や他のファームで人事コンサルティングをやっていた人もいる。 尚、戦略ファーム出身者で比較的働き方が緩い、人事コンサルティングに移っている人も数名いる。 面白いのが「POOL」という組織に所属させてから、各インダストリーやコンピテンシーの案件アサインに従事される。 優秀な人であれば、「戦略立案」のような戦略系案件から通常実施している「業務改善」や「IT案件」のコンサル案件アサインになる。 最も人数が多いBIG4だけあり、受注している案件の幅広さはすごい。 また、前述した通り、パートナーの縦割りが強く、パートナーに気に入られるかが非常に大事。 なお、若手だけの組織であるため活気は非常によい。 基本的に早慶以上で英語ができる人しかいない。 それに伴い、パートナーに気に入られるかどうかで昇進できるかどうかが決まる。 *ビジネスアナリストやコンサルレベルはマネジャーやシニアマネジャークラスの影響が大きい。 また、自動車業界はグローバル戦略をコンサル会社に依頼しているケースが多く、DTCのプレゼンスは非常に高く英語を使用する頻度は高い。 また、過去からコンサルティング業界NO1の案件遂行をしているので、知見が非常に深い。 自動車領域は所属していた人なら知っていると思うが、製造現場の知見が驚くほど細かく、経営陣も現場によく行くため、より細かい実態を把握した上での戦略策定がいかにできるかが重要。 また、最近多いのがやはり「自動運転に関する実用化に向けての戦略策定」や「Iotを活用した製造工程の改善」や「センサーを活用したより安全な自動車運転技術の確率」等がある。 また、本領域は完成車メーカーだけでなく、Tier1と言われる大手自動車部品メーカ向けの戦略も多い。 尚、海外に関連するプロジェクトは、実際に海外に駐在したりする。 自動車領域は売上が大きくパートナーも非常に多く、人間的に癖が強い人もどうしても一定数いる。 基本的に早慶以上が多く、大手自動車メーカーの技術畑の人も一定数いる。 もちろんコンペで外資系戦略ファームに勝つこともある。 AUTOもパートナーがややこしいので、outも一定数でてきてします。 ただし、最近の圧倒的な人不足もあり、少し延命率も上がっている事実もある。 デロイトデジタルと違い、より戦略に近い支援や最先端のテクノロジー(RPA等)を活用したコンサルティングを実施している。 具体的には、「デジタルトランスフォーメーション」・「アナリティクス」・「サイバーセキュリティ」・「フィンテック」・「RPA」・「ソーシャルインパクト」・「3Dプリンタ」関連サービスを主に実施している。 また、戦略の上流系のみに特化している案件遂行が多い。 最近は、デジタル系の案件遂行も多いが、様々な会社と連携する案件も多く、ソーシャルインパクトを追求している案件遂行もできる。 デジタル部門からきた人は、かなり自由だが、戦略出身者は相当厳しく、すこし違和感を感じる組織と社風。 BIG4の中でもより上流のコンサルができる戦略部隊と総合系ファームの魅力である「デジタル」の両方を経験できる非常に面白い部門。 また、デジタルでもフィンテック経験やRPA経験者等のより専門性が高い人材が多い。 そのため、少しデジタルマーケティングをやっていたような微妙な人材少ない。 また、デロイトデジタルとパートナーの中が悪く分裂したので、社内調整に時間がかかることもある。 その他DTCの部門の詳細.

次の