お教えいただけますでしょうか。 「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

「いただけますでしょうか」と「ませんでしょうか」の違い・例文

お教えいただけますでしょうか

例えば「資料の作成の仕方を、教えていただけないでしょうか」と言えば、職場の上司に教えてもらいたい内容を明らかにできます。 かなり目上の上司でも、このお願いの仕方で不快に感じる人は、ほとんどいないででしょう。 上司によっては普段から忙しくしてる人もいるため、「 もしよろしかったら、資料の作成の仕方を教えていただけないでしょうか」のように、相手を気遣うフレーズを入れた後に、丁寧な質問を用いることをおすすめします。 そうすれば、本当に忙しい上司はあなたの丁寧な言葉遣いによって、断り易く感じるでしょう。 また、丁寧な例文でお願いされていれば、「しょうがないな。 そこまで言うなら助けてあげよう」と進んで助け手を差し伸べてくれる上司もいます。 大前提として、上司や取引先の人に対して送信するビジネスメールの中でも、「教えていただけますでしょうか」を使うことはできます。 しかし、文章で意思を伝えるビジネスメールの中では、より丁寧な言い方をすることが大切です。 つまり、 「お教えいただきたく存じます」のような、「教えていただけますでしょうか」よりも丁寧で、深い敬意が込められている文章をビジネスメールで使えば、書き言葉に相応しい、かしこまった響きがあります。 後半部分の「存じます」では「思います」という意味を敬語の謙譲語に言い直しています。 基本的には、誰が受け取るのか特定することができないビジネスメールの文章を考えている時には、丁寧な言い回しの謙譲語を使用すると良いです。 メールの文章を作成する時におすすめの謙譲語とは、自分の身分を相手よりも低くみなして、相手に深い敬意を示せる敬語です。 つまり、会社の社長や上司、身分の高い取引先にビジネスメールをする時には、謙譲語を使うと相手の身分に合った敬意が表現できます。 例えば、「教えていただけますでしょうか」を「お教えいただきたく、お願いいたします」に言い換えてメールの中で使うこともできます。 そうすれば、「いたします」という謙譲語で深い敬意が示されています。 かなり目上の人が教えてくれるようにメールでお願いするためには、謙譲語で深い敬意を示して、相手が自分に教えてくれる機会を、貴重なものと見ている事を表現すると良いでしょう。

次の

みんなの日本語中級第一課 〜てもらえませんか/〜ていただけませんか/〜てもらえないでしょうか/〜ていただけないでしょうか の教え方(資料あり)|いろは日本語教室|note

お教えいただけますでしょうか

倒産、自己破産について詳しく知らないので教えていただけますでしょうか。 実家が不動産屋をやっていて不動産屋を始める前に借りたお金と父が知人の借金の連帯保証人(知人は逃げました)だったせいで借金が膨れ上がり、ずっと自転車操業でなんとかやってきたのですが、数年前に脳梗塞を患い仕事をこなす事ができなくなってしまいました。 連帯保証人には母、叔母、叔父もなっており、不動産屋を潰すなら自動的に自己破産せざるを得なく、皆んな自宅も差し押さえされてしまう予定です。 父の知り合いの司法書士に倒産させるのと自己破産とで800万円はかかると言われたようなのですが、自己破産するにもそんなにお金が必要なのかと疑問に思い…。 母も詳しくないのですが、聞いた話によると管財人をつけると倍の金額になると言われたと…。 管財人をつけずにやると大変?なのでつけざるを得ないようなのですがそういうものなのですか? 確実に自己破産するためには800万円ほど掛かることは仕方のない事なのでしょうか。 今すぐにでも自己破産したいのですが、その資金を集めるのに日々苦労しています。 無知でお恥ずかしいですが、教えていただけると幸いです。 費用は弁護士によって異なりますが、相場は以下のような内容かと思われます。 個人(管財人がつかない同時廃止事件の場合、一人あたり) 着手金25〜35万(税別) 報酬金無し 実費1〜2万 官報公告費約1万2000円 個人(管財人がつく管財事件の場合、一人あたり) 着手金30〜40万(税別) ただし、財産の中に相続財産があったり、あるいは個人事業者の場合は、プラス10〜20万 報酬金無し 実費2〜3万 管財予納金約20万 官報公告費約1万6000円 仮に、個人4名で、かつ、全員管財事件を想定したとしても、MAX300万くらいかなあといった印象です。 800万がもしも個人4名の自己破産の費用だとしたら、ぼったくられそうになっているか、もしくは、相談したご家族の方が重要な点を正しく聞き取れていないか(複数の弁護士から「その内容だったら800万もあり得ない数字ではないな」と言わせるような何か重要な点の理解・説明が抜け落ちている場合など)、どちらかのように思います。

次の

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

お教えいただけますでしょうか

仕訳方法を教えていただけないでしょうか? 私はサイトを運営しています。 収益はサイトに掲載する広告から得ています。 サイトの運営費用もこの収益から捻出しています。 サイトのサーバは以下の業者を利用しています。 amazon. 教えていただきたい仕訳の対象を説明いたします。 月々のサーバ利用料を節約するために以下のサイトのサービスを利用しています。 amazon. このサービスを購入すると購入日からサーバの利用料が1年間割引価格が適用されます。 サービスの適用範囲は1購入に対してサーバ1台です。 このサービスを借りているサーバ15台全てに適用するにはサービスを15個購入する必要があります。 私はサーバを増やすたびに、このサービスを購入しています。 そのため各々のサービス開始時期はバラバラです。 なお、このサービスは自動更新されないのでサービスの利用期限が切れたら再度買う必要があります。 支払いはクレジットカードで決済して銀行口座からの引き落としです。 この経費は通信費で一括計上できますでしょうか? 一括計上が無理である場合、その仕訳方法をお教えくださいませんでしょうか? 仕訳方法を教えていただけないでしょうか? 私はサイトを運営しています。 はサイトに掲載する広告から得ています。 サイトの運営もこのから捻出しています。 サイトのサーバは以下の業者を利用しています。 利用しているサーバは15台程です。 教えていただきたい仕訳の対象を説明いたします。 月々のサーバ利用料を節約するために以下のサイトのサービスを利用しています。 以上のサービスはサーバ自体を借りるのでなく、月々のサーバ代を割引してくれるサービスです。 このサービスを購入すると購入日からサーバの利用料が1年間割引価格が適用されます。 サービスの適用範囲は1購入に対してサーバ1台です。 このサービスを借りているサーバ15台全てに適用するにはサービスを15個購入する必要があります。 私はサーバを増やすたびに、このサービスを購入しています。 そのため各々のサービス開始時期はバラバラです。 なお、このサービスは自動更新されないのでサービスの利用期限が切れたら再度買う必要があります。 支払いはクレジットカードでして銀行口座からの引き落としです。 1年分が払ったときにになります。 の都度、仕訳を起こした方が良いでしょう。 ユキンコクラブ 様、教えていただきありがとうございます。 すみません「1台ごとが違っていて、」でなく、「1台ごと時期が違っていて、」でした。 は全て1年単位です。 1年単位の場合、一括計上でなく月割り計上で行なうのでしょうか? 短期前払いで一括計上する場合、次年度もが切れる時期に再が必要なのでしょうか? サーバの何台かが不要になる可能性があり、不要な分のサーバ代金は再したくないと思っています。 1台目は1月に、、から1年間・・次回更新1月 2台目は3月に、、、から1年間・・・次回更新3月 3台目も3月に、、、、2台目と一緒にし、、、 などと、すべてがちがうと思われます。。 もっと複雑かもしれませんが、、、 一括計上すると、いつしたものがいつ終了していつ更新していくのかがわからなくなっていきますし、振替仕分けも必要です。 し忘れると、又はが残っている。 が増えている、、ということにもなりません。 1台1台管理していくことが必要だと思いますので、ごと、支払ごと仕訳をきっていくことが一番わかりやすいと思います。。 再が必要かどうかは、会社と相談してください。 更新が不要なまでする必要はないと思いいますが。。。 更新の有無の確認も届くと思いますけど、、なお、更新しない場合はその旨を伝えないと自動更新するというものもあります。 内容をしっかりご確認ください。 1年で支払いも1年分を払う場合は月割り計算は必要ありません。 例えば、が12月で、、6月にして支払があったとした場合、6月から翌年の5月までのに対して支払があると思いますが、翌年の5か月分を前払い金にする必要はありません。 それが長期間(2年以上)になる場合は、月割り計上又は年割りで振り替えなければいけませんが。。。

次の