カナダ 留学 コンパス。 持ち物チェックリスト │ apps.axisphilly.org

カナダ留学コンパスの評判・口コミ

カナダ 留学 コンパス

カナダ留学のエージェントをどこにしようか迷っていませんか?アメリカに近く、きれいな英語を話すカナダは、留学の費用が安く治安も比較的いいため人気です。 カナダ留学のエージェントは、長い歴史と実績がある会社も多いのが特徴です。 ここでは、おすすめのカナダ留学のエージェントをピックアップして、その特徴を詳しくご紹介します。 特徴を知って、目的にあった留学エージェントを選びましょう。 カナダ留学おすすめエージェント カナダ留学のエージェントは現地型が多く、基本的には語学学校などの学校手配と基本的な現地サポートは無料のところが多いです。 他の地域に比べ、エージェントの質が全体的に高い印象です。 それぞれの、サービス内容や、強みなどを比べてみましょう。 カナダジャーナル(カナダ留学コンパス) 1981年からある老舗のカナダ留学エージェントです。 本社はバンクーバーにあります。 カナダ留学のポータルサイトを運営していて、年間900名以上の留学をサポートしています。 2017年には新しくカナダジャーナル日本支社、カナダ留学コンパスを東京にオープン! 何といっても、長年の実績があり、カナダの首相や、日本の総領事から推薦文をもらうほど信頼があるエージェントです。 様々な留学をサポートしていて、2カ国留学や、語学学校とボランティアの組み合わせなど、それぞれにあった細かいプラン作成をしてくれます。 学校手続き、現地サポート無料 (ほとんどの学校を紹介可能)• 厳選したプログラムのみをご紹介• 日本人によるきめ細かいサポート 現地では、インターンシップやボランティアの相談、ビザ相談、部屋探し、キャリアアップカウンセリングなど様々な相談が無料で受けられます。 希望者には銀行に同行して口座開設サポートも行ってくれます。 本社はバンクーバーにありますが、2017年に六本木にオフィスを構え、カナダ留学コンパスという新ブランドで留学対面でのカウンセリングも可能になりました。 BRAND NEW WAY カナダ最大の日系留学エージェントです。 日本には東京と大阪にオフィスがあり、カナダにもバンクーバー、ビクトリア、トロントなど8都市にオフィスがあります。 フィリピン留学との2カ国留学も取り扱っています。 学校紹介は無料で、現地サポートも基本無料です。 BRAND NEW WAYは特に、現地サポートが充実しています。 特にトロントでは、オフィスに漫画喫茶があり7000冊以上の漫画、3000冊以上の日本の書籍と、日本の本が充実しています。 短期ではあまり使うことがないかもしれませんが、大学や専門学校など長期留学になると、日本語に触れたくなることもあるので嬉しいサービスです。 大手の留学エージェントのため、語学学校だけでなく、専門学校、大学、インターンなど幅広い留学を取り扱っています。 それぞれ、専門のコーディネーターがいて、詳しい情報を聞くことができます。 また、求人やボランティアの紹介の他、現地での無料英語クラスも毎日開催しています。 Jpcanada留学センター バンクーバー最大手の日系留学エージェントです。 日本にも、東京と大阪にオフィスがあり、毎年500人以上の留学をサポートしています。 広告を出さずに低コストで運営していて、基本のサポートは無料です。 新規の顧客の半数以上が口コミによる紹介で、満足度が高いエージェントのひとつです。 語学学校意外にも、小学、中学、高校、大学、専門学校と幅広い留学を取り扱っています。 ホームステイやボランティアは専属のコーディネーターがいるのも特徴です。 また、ビザ仙人スタッフもいて、日本語で回答すれば、ビザ書類を英語で作成してくれるので英語初心者にも安心です。 オフィスは無料のパソコンが多く設置されていて、DVDも300本以上レンタル可能などオフィスの環境が整っています。 日本人スタッフが空港出迎えするサービスなども、低価格で行っています。 East-West カナダ留学センター トロントに本社がある現地型のエージェントです。 現地には他にバンクーバーに、日本には東京、大阪、福岡にオフィスがあります。 どちらも直営で、日本と現地、両方でサポートが受けられるのが特徴です。 入学手続きと現地サポートは無料です。 2ケ月以上滞在すると、ホームステイの手配料も無料になります(ホームステイ代は別途)。 銀行口座開設サポートや、荷物の預かり、英文履歴書の作成相談など無料のサポートが充実しています。 部屋探し、仕事やボランティア探しなども無料です。 この他に、現地でアクティビティーも不定期で開催しています。 BBQパーティーや、スポーツ観戦などが実費で参加できます。 ここまで無料のエージェントは少ないので、充実した現地サポートを望む人にはおすすめです。 マイルストーンカナダ留学センター 現地型の留学エージェントで、バンクーバーとトロントにオフィスがあります。 日本では基本的には出発までのカウンセリングはメールで対応しています。 東京でカウンセリング対応が可能ですが、出張オフィスで集合オフィス内にあり予約制です。 東京以外でも大阪、福岡、名古屋などでも不定期でカウンセリングを行っているので、地方に住んでいる人で、実際に会って話したい人にはおすすめです。 カウンセリングから、現地手続き、現地サポートまで基本無料です。 無料のサポートで、オリエンテーション、ビザサポート、銀行口座開設サポート、手荷物預かり、履歴書や仕事探しアドバイスなど幅広く対応してくれます。 ウエストコースト バンクーバーに本社がある現地型のカナダ留学専門のエージェントです。 日本には東京の南青山にオフィスがあります。 日本とカナダ両方にオフィスがあるため、日本で対面カウンセリングが可能です。 カウンセリングは3年以上カナダに滞在経験がある経験豊富な人が行ってくれます。 カナダの州立教育機関の正式な日本窓口をしているため、州立大学進学のノウハウを持っている会社です。 もちろん、語学学校や、ワーキングホリデー、インターンなどにもち王しています。 入学手続きや、現地サポートが基本無料です。 銀行口座開設サポートや、郵便物の預かり、現地オフィスのインターネットやパソコン使用などが現地サポートについています。 また、海外旅行保険の代わりに入れる、現地の保険も案内しています。 この保険は、国内で入るものより安いので、費用を安く抑えたい人におすすめです。 クラブハウス・日加センター 1998年からある現地型エージェントで、バンクーバーにオフィスがあります。 カウンセリングや手続きは無料なのはもちろんのこと、語学学校の学費の割引制度があるのが特徴です。 学校によって割引率が違いますが、最大20%引きになります。 また、100校以上の学校に、元メンバーがスタッフなどとして働いているため学校とのパイプが太いエージェントです。 オフィスでは、英語講座だけでなく、カナダ人向けの日本語講座も行っています。 希望すればボランティアで講師もできるため、カナダ人と友達になりやすいのもこのエージェントの特徴です。 ただし、現地サポートは滞在パックに申し込む必要があります。 ホームステイの1ヶ月のパックで148,000円と少し高めです。 これには、毎日1回の英会話レッスンと、空港出迎え、オリエンテーションや、サポートなどが含まれています。 アブロードカナダ バンクーバーに本社がある現地型のエージェントです。 トロントとビクトリアにもオフィスがあります。 カナダ留学を17年以上サポートしていて、2万人以上の手続きをサポートしてきた実績があります。 日本にはオフィスがありませんが、定期的に留学とワーキングホリデーの説明会を行っています。 説明会は、東京だけでなく、大阪、福岡、札幌でも開催していて、地方の人にはおすすめです。 入学手続き代行は無料で、さらに授業料割引のキャンペーンがあれば適用されます。 このため、個人で手配するよりは安くなることが多いようです。 学生ビザの費用以外は現地で費用清算が可能で、エージェントに大きなお金を預けるのが不安と言う人にもおすすめです。 現地の無料サポートも充実していて、銀行口座の開設方法や公共交通機関の乗り方など、現地生活に必要なオリエンテーションを開催してくれます。 TOEIC模擬テストが無料で受けられたり、DVDレンタル、漫画や女性誌の閲覧、日本語の通じる医療機関の案内、カナダや日本の固定電話への電話を無制限で使えるなど様々なサービスがあります。 FSS-Osaka カナダ専門の留学エージェントとしては、一番歴史が古く30年の実績があります。 バンクーバーと日本の東京、大阪にオフィスがあり、両方でサポートを受けることができます。 カナダの中でも1300校以上に手配が可能で、幅広い選択肢があるのも特徴です。 語学学校、ワーキングホリデー、専門留学は手配が無料です。 ビザ代行は21,600円の費用がかかります。 大学付属の英語学校は32,400円、大学やカレッジは97,000円と費用がかかりますが、良心的な価格です。 中学留学や、高校留学、親子留学などのサポートも可能で、幅広い留学のサポートが可能なエージェントです。 特にコミュニケーションを大切にしていて、「親身に相談に乗ってくれた」という声も多く顧客満足度が高い会社です。 まとめ カナダ留学のエージェントは現地でのサポートが特に充実している会社が多いです。 オフィスがラウンジや漫画喫茶になって憩いの場として解放されているところも多くあります。 長期の留学となると、ホームシックは多くの人が一度は経験します。 そのような時に、気軽に立ちよれる場所があるのは心強いです。 基本的には無料の会社が多いので、あとは希望している地域にオフィスがあるか、日本のオフィスがあるかなど、ご自身の希望にあわせて選びましょう。 会社ごとの対応は、実際に連絡してみないとわからない部分も多いので、いくつかの会社を選んで連絡してみるとよいでしょう。 語学学校の学費も、「正規料金」といっても、業者ごとに価格が多少違うこともあるので、比較することがおすすめです。

次の

カナダ留学コンパスの提供するサービスについて

カナダ 留学 コンパス

「カナダ留学に行くけれど、保険って必要かな……」 と悩んでいる方。 に保険は欠かせません。 カナダの医療費は日本の数倍と高額で、自己負担は難しいからです。 保険へ加入すると、1カ月あたり約2万円の保険料で、治療費を全額負担してもらうことができます。 とはいえ、どの保険を選べばいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。 そこで今回は、• ・カナダ留学に保険が必要な理由• ・カナダの医療事情• ・クレジットカード付帯保険• ・カナダ留学におすすめの保険• ・契約前のチェックポイント を紹介します。 カナダ留学に保険加入は必要! 保険が必要な理由として、• ・治療費が免除になる• ・通訳が利用できる• ・キャッシュレス対応がある• ・24時間体制のサポートを受けられる• ・学校が保険の加入を義務付けている の5つを紹介します。 理由1. 海外旅行保険に入っていると治療費が免除になる 海外旅行保険に加入することで、 現地での治療費や入院代を負担してもらうことができます。 留学中は生活環境が変わるため、病院を受診することが少なくありません。 しかしカナダは、医療費が高額です。 日本の2〜3倍の医療費が必要であり、その金額は何百万円にのぼります。 海外旅行保険は、現地で使用できる保険証のような存在です。 いくらかの保険料は必要ですが、医療費を全額負担するよりは安いです。 特に、以下の項目は欠かせません。 ・傷害治療(ケガ) ・疫病治療(病気や風邪) ・携行品損害(貴重品の盗難や紛失) ・留学生賠償責任(留学先で他人にケガをさせた、物を壊した) ・航空機遅延(飛行機が遅れた、トラブルで乗り継ぎができなかった) これらは日常生活の中でも遭いやすいトラブルです。 これらを含む保険に加入しておくことで、高額な医療費や賠償金の支払いを避けることができます。 理由2. 日本語による通訳サポートが利用できる 海外旅行保険では、通訳サポートも実施しています。 現地の病院を利用する場合、 症状の説明などはすべて英語です。 医療用語などを使うため、英語初心者にとって簡単に理解できません。 通訳サポートを活用することで、英語による診察や治療でも安心です。 理由3. キャッシュレス診療で医療費の建て替えを避けることができる 海外旅行保険の中には、キャッシュレス診療にも対応しているプランもあります。 キャッシュレス診療とは、現地の医療費を保険会社が立て替えてくれることです。 これにより、病院の診察代などを自分で支払う必要がありません。 金額の心配をすることなく、治療を受けることができます。 理由4. 24時間体制でサポートを受けることができる 先ほど紹介した通訳やキャッシュレス対応は、海外旅行保険では24時間体制でサポートを受けることができます。 急なトラブルでも、安心して治療できます。 理由5. そもそも保険加入を義務付けている学校もある カナダの学校では、留学生に保険への加入を義務付けているところも多いです。 なぜなら「高額な医療費の請求によって退学する生徒を減らすため」。 保険に加入しておくことで、医療費の請求によって留学を中断する必要がありません。 保険会社が全額負担することで、留学を継続できます。 カナダの医療事情 続いてはカナダの医療事情として、• ・医療システム• ・医療費の目安• ・現地の保険の活用 を紹介します。 カナダの医療システム カナダではまず、ファミリドクターの診察を受けてから専門医の診察を受けます。 ファミリードクターとは、 かかりつけ医のこと。 これらの診察には、予約が欠かせません。 ただしかかりつけ医がない留学生は、予約なしで診察できる病院「 ウォークインクリニック」を利用します。 またカナダには、日本人医師が駐在する病院や日本語が通じる病院もあります。 カナダの医療費の目安 カナダの医療費の目安は、以下の通りです。 ・風邪の診察: 50〜100カナダドル(約4,100〜8,200円) ・救急車による搬送: 50カナダドル(約4,100円)〜 ・盲腸などによる手術と入院: 2,000〜5,000カナダドル(約16万4,000円〜41万円) 日本の数倍にものぼり、自己負担は難しい金額です。 現地の保険も活用できる カナダ留学では、以下のような現地の保険も活用できます。 【公的医療保険】 カナダのブリティッシュ・コロンビア州では、公的医療保険「」が用意されています。 これはキャッシュレスで受診できる保険で、保険料は1カ月6,000円と安いです。 加入の条件は、以下の通りです。 ・学生ビザ、就労ビザを持っていること• ・6カ月以上その州に滞在すること• ・保険の適用は申請から3カ月後 ブリティッシュ・コロンビア州に6カ月以上滞在する場合は、公的医療保険も検討してみてください。 【カナダ留学生医療保険】 カナダに留学している学生だけが活用できる保険です。 補償対象は、• ・病気• ・ケガ• ・歯科治療• ・検査費• ・妊娠に関する診察費 などです。 ただし加入対象は、学校に通っている現役の学生のみ。 そのためワーキングホリデーの場合、学校を卒業した後は、保険が適用できません。 保険料は1日あたり、1. 62カナダドル(約133円)ほど。 1カ月加入すると、50カナダドル(約4,100円)です。 【民間会社の保険】 カナダでは、いくつかの保険会社が留学生向けの保険を提供しています。 補償対象は、 ・病気による診察や治療 ・ケガの診察や治療 などです。 盗難や賠償責任などは対象ではありません。 補償対象が限られますが、費用は1カ月あたり約6,000円。 日本の保険会社よりも安く、インターネットから手続きできます。 英語力がある人にはおすすめの方法です。 ここまでカナダの医療事情について、解説しました。 このように医療費が高額なため、カナダ留学では保険への加入が欠かせません。 しかし保険にはいくつか種類があります。 そこで続いては、クレジットカード付帯保険について解説します。 カナダ留学ではクレジットカード付帯保険を活用できる? 続いては、クレジットカード付帯保険の• ・海外旅行保険との違い• ・自動付帯と利用付帯• ・カナダ留学におけるクレジットカード付帯保険 を紹介します。 海外留学保険とクレジットカード付帯保険の違い 海外旅行保険とクレジットカード付帯保険の違いは、以下の通りです。 【海外旅行保険】• ・期間は何日でも利用できる• ・費用は数万円から数十万円• ・補償金額が大きいため、高額な医療費もカバーできる• 【クレジットカード付帯保険】• ・期間は90日まで• ・自動付帯と利用付帯がある• ・基本的に無料だが、高額な医療費はカバーできない 自動付帯と利用付帯の違い 続いて、クレジットカードの付帯保険は2種類あります。 ・ 自動付帯:カードを持っているだけで保険が適用される。 ・ 利用付帯:カードで旅費の一部を支払うことで、保険が適用される。 利用付帯の保険を活用する場合、カードを以下の支払いに使うことが欠かせません。 ・航空券 ・空港までの移動費 ・旅行のツアーパッケージ代金 など 自動付帯の場合は、カードを持っているだけで保険を活用できます。 カナダ留学の保険にクレジットカードは不向き 基本的に、90日未満の海外滞在であればクレジットカード付帯保険でもカバーできます。 ただしカナダ留学では、クレジットカード付帯保険の利用はおすすめできません。 カナダの医療費は日本の数倍で、200万円以上かかることもあります。 そのため最低限の補償額であるクレジットカード付帯保険では、医療費の全額カバーはなかなかできません。 高額な医療費の請求を受けないためにも、日本の留学保険や現地の保険への加入がおすすめです。 とはいえ、具体的にどの保険会社に申し込めばいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。 そこで続いては、カナダ留学におすすめの保険を紹介します。 カナダ留学時におすすめの保険5つ おすすめの保険として、 ・T@biho ・東京海上日動 ・AIG損保 ・Guard me ・Johnson Fu を紹介します。 おすすめの保険1. 【低価格】T@biho Photo by : T bihoは、旅行から留学まで低価格で利用できる保険です。 ポイント ・年齢別のよくあるトラブルをもとに保険料を計算 ・ホームページで保険料の試算が可能 ・インターネットによる手続きで手間とコストを削減 費用 1カ月:1万2,690円〜 1年:19万9,870円〜 こんな人におすすめ ・初めて留学する人 ・保険料をおさえたい人 ・学生など病気の可能性が低い人 おすすめの保険2. 【長期滞在向け】東京海上日動 Photo by : 東京海上日動は、長期滞在者向けにいくつかのプランを用意している保険です。 ポイント ・最長2年まで保険を利用可能 ・補償内容を4つから選択 費用 1カ月:見積もりが必要なため、問い合わせてみてください。 1年:14万9,560円〜 こんな人におすすめ ・ワーキングホリデーや大学留学をする人 ・補償内容を選びたい人 ・日本語のサポートを受けたい人 おすすめの保険3. 【サポートが手厚い】AIG損保 Photo by : AIGは、サポートが手厚い保険です。 ポイント ・24時間日本語対応のサポートセンターを用意 ・32日以上の留学には一時帰国費用をカバー 費用 1カ月:2万1,440円〜 1年:24万6,560円〜 こんな人におすすめ ・初めて留学する人 ・英語力に自信がない人 ・トラブル対応を重視する人 おすすめの保険4. 【現地の保険】Guard me Photo by : Guard meは、カナダ最大手の留学生向け保険で、大学やカレッジでも推奨されています。 ポイント ・補償限度額が最大2億円と高い ・歯科治療も保険が適用できる 費用 1カ月:約6,000円〜 1年:約6万6,000円〜 こんな人におすすめ ・滞在中に学校に通う予定がある人 ・長期滞在する予定のある人 ・保険料をおさえたい人 おすすめの保険5. 【現地の保険】Johnson Fu Photo by : Johnson Fuも、カナダで留学生など外国人向けに提供されている保険です。 ポイント ・補償限度額が最大5億円と高い ・学校に通う前後2〜3週間も保険が適用される 費用 1カ月:約5,000円〜 1年:約5万円〜 こんな人におすすめ ・長期滞在する人 ・学校に通う前から早めにカナダに滞在する人 ・補償額の高い保険を探している人 ここまでおすすめの保険を紹介しました。 最後に、契約前のチェックポイントを紹介します。 保険を契約する前にチェックしたいポイント 契約前の確認として、• ・歯科治療への適用• ・保険料が適用外になるケース• ・国民健康保険の活用 を紹介します。 歯科治療 「歯科治療」に保険が適用できる国は、世界的に見ても少ないです。 日本のように、1万円以内で治療してもらうことはほとんどできません。 カナダの場合、虫歯治療に、10万円かかることもあります。 そのため歯科治療に関しては、留学前に日本で治療を終わらせておくことをおすすめします。 特に親知らずや虫歯など、事前に治療できるものをチェックしてもらいましょう。 もしくは歯科治療が補償対象である保険を選んでください。 保険料を支払われないケースがある 海外旅行保険では、ケガや病気の理由によっては「適用外」となるケースもあります。 例えば、以下の理由です。 ・歯科治療 ・糖尿病など持病の悪化 ・妊娠に関する体調不良 ・登山用具を使用する山岳登はん ・スカイダイビングなど危険がともなう運動 ・ケンカ ・契約者の故意や過失 契約者が自らトラブルや危険に加担した場合、保険料の支払いはほとんどされません。 これらによる治療は、すべて自己負担となる可能性が高いです。 国民健康保険の活用も検討する 国民健康保険に活用することもできます。 というのも、留学中は国民健康保険への加入が欠かせません。 特に社会人は企業の社会保険が適用できないため、退職と同時に手続きが必要です。 長期留学では、保険料の支払いを免除もできます。 しかし国民健康保険を活用して、留学中の現地での医療費を請求することも可能です。 請求できる医療費は、支払った医療費を日本の医療費に換算したうちの7割分。 例えばカナダでの医療費を、全額負担で10万円支払ったとします。 そしてこの金額を日本の医療費に換算します。 日本の保険では3割負担となるため、私たちの支払いは3万円です。 国民健康保険を活用することで、このうちの7割を負担。 計算すると、2万1,000円を負担してもらうことができるのです。 結果として、私たちが負担する金額は7万9,000円に。 医療費の負担を軽減できます。 国民健康保険を加入し続ける場合は、これらの活用も検討してみてくださいね。 まとめ 今回はカナダ留学の保険の必要性について、解説しました。 おさらいすると、カナダの医療費は高額なため、保険の加入が欠かせません。 おすすめの保険として、以下の5つを紹介しました。 ・T@biho• ・東京海上日動• ・AIG損保• ・Guard me• ・Johnson Fu これらの参考に、留学で利用する保険を検討してみてくださいね。

次の

コンパスカードとは?

カナダ 留学 コンパス

「カナダで学校を探す」とひとことで言っても、目的によってどの学校を選ぶべきかは違ってきます。 まずはこちらの3つの学校の違いを簡単に紹介しますね。 語学学校(ESL) カナダ留学といえばまず思い浮かぶのが語学学校(ESL)への留学です。 ひと口に語学学校と言っても、規模や受講できる内容に、学校ごとの特色があります。 私立カレッジ 私立カレッジでは専門知識や技能を英語で学びます。 学べる分野は接客業からITまで、とても幅広いです。 働きながら勉強するCo-opプログラムを提供している学校もたくさんあります。 公立カレッジ、大学 公立カレッジ、大学の特徴は、卒業後に最大3年間の就労ビザが取れることです。 しかし、私立カレッジと比べて、入学時の英語条件が厳しく、学費が高いことが多いです。 そもそも「カナダの学校ってどういう種類があるの? 」という方はもご確認ください。 カテゴリ• 【2020年度版】カナダ学校おすすめランキング 学校はたくさんあるんので、「どこがいいんだろう? 」と悩むかもしれません。 そこで、弊社が カナダの学校を 留学生目線で取材しておすすめランキングをつけました。 すべての方にとって合っているとは言えませんが、どこに行こうかなと思ったときの参考にしてください。

次の