デイヴィッド プロダクション。 TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズなどで知られるデイヴィッドプロダクションがクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」を導入|株式会社MUGENUPのプレスリリース

デイヴィッドプロダクション

デイヴィッド プロダクション

株式会社MUGENUPは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズや『あんさんぶるスターズ! 』『炎炎ノ消防隊』『はたらく細胞』など大ヒットアニメの制作で知られる株式会社デイヴィッドプロダクションにおいて、ゲームやアニメにおける業務効率化を支援するクラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」が導入されたことを発表します。 デイヴィッドプロダクションでは新作アニメのプリプロに「Save Point」を活用し、2021年以降の公開を目指します。 Save Point サムネビュー デイヴィッドプロダクション様 ロゴ 「Save Point」はMUGENUPがサービスを展開するクラウド型プロジェクト管理ツールです。 イラストや3DCGなどクリエイティブの納品や監修、スケジュールやタスクの管理など、アートディレクションにまつわる様々な業務をブラウザ上で一元管理し、効率的な制作環境を実現します。 これまで190社以上に採用、1000件以上のプロジェクトに導入されてきた他、2019年にはアニメ作品の制作効率化にフォーカスした「Save Point for アニメ」の機能検証を開始しました。 デイヴィッドプロダクションは、「Save Point」の導入によって、シリーズ構成や脚本、各種デザイン、絵コンテなど、アニメ制作の準備段階であるプリプロの業務効率化を目指します。 このプリプロにおいてアニメ作品のおもしろさの根幹が決まる他、ビジネスの方向性も話し合われます。 プリプロに関わるプロデューサーやクリエイターは、企業に所属していたりフリーランスだったりなど働き方も立場も様々なため、打ち合わせのスケジュール調整や、進捗状況の管理、素材のやり取り、情報の共有など、コミュニケーションに多大なコストが必要となっていました。 そのため「設定制作」と呼ばれる担当者が全体を繋ぎとめる結び目となり、各関係者とやり取りを行っていました。 一方、アニメ作品をとりまくビジネス環境の複雑化や、3DCGなどクリエイティブ技術の多様化にともなって関係者も増加、プリプロが長期化すると同時に重要さも増し、設定制作にかかる負担がますます高まっています。 そこでデイヴィッドプロダクションでは、クラウド型プロジェクト管理ツール「Save Point」を導入し、新作アニメにおけるプリプロの効率化をはかります。 これによってプリプロ段階における作品設計の精度を高め、より魅力的なアニメ作品の創造と、設定制作をはじめ関係者のコミュニケーション活性化を図ります。 MUGENUPは「創ることで生きる人を増やす」を経営理念とし、システムを活用した「新しい働き方」をクリエイターに提案しています。 これまでに厚生労働省より「輝くテレワーク賞」の受賞や、総務省「テレワーク先駆者百選」に選定されるなど、積極的なテレワークの推進を評価されてきました。 今後もMUGENUPは効率的なクリエイティブの制作環境を提供し、クリエイターの「新しい働き方」の実現を目指してまいります。 下図 「Save Point」の導入によりクラウド上で素材や情報、コミュニケーションの記録などが共有されることで、設定制作の業務負担が軽減されると共に業務効率が格段に向上します。 パイプライン、素材などがアナログからデジタルへ置き換えられるにつれ、スタッフは「成果物」や「進捗管理」などの情報を、各工程で利用されている複数のツールを利用したり、管理者に直接問い合わせなければならず、スタッフ間で情報を一元化して管理するシステムが求められてきました。 Save Pointは、ひとつのシステム上で関わるスタッフが、必要な情報をいつでもどこでも入手できる様に開発されているので、デイヴィッドプロダクションは次回作でその有効性の検証をする事に決めました。 将来の開発・制作を効率的かつストレスレスに行える管理ツールとして活躍する事を期待しています。 昨年末の「Save Point for アニメ」の発表以来、アニメ業界の方々から多数のお問い合わせをいただいており、このたび実際の作品制作への導入を発表できることは大変光栄です。 「Save Point」は、これまでゲーム業界を中心に開発と活用の実績を重ねてきました。 そこで培った知見やノウハウを活かし、アニメ業界の業務効率化に貢献できることを大変うれしく思っております。 弊社は「創ることで生きる人を増やす」という経営理念のもと、クリエイターの効率的な働き方を目指し、アニメ制作に「Save Point」を活用していただけるよう業界に寄り添った開発に尽力してまいります。 2007年設立。 代表作はTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ '12~ 、『モンスターハンターストーリーズ RIDE ON』 '16~'18 、『はたらく細胞』 '18 、など。 さらにクリエイティブの制作環境も創るべく制作管理ツール「Save Point」の開発・提供を行っている他、次代のクリエイターの育成サポートやオリジナルコンテンツの企画・製作にも取り組んでいます。 Save Point スレッドビュー <ガントチャートで進捗を確認> プロジェクト全体の進捗状況を俯瞰して確認できる機能です。 詳細を閲覧する時には該当のスレッドにこの画面からワンクリックで遷移できます。 Save Point ガントチャート <お気に入り登録した画像を一覧するサムネビュー> お気に入り登録した画像だけをピックアップし、サムネイルで表示いたします。 ラベル機能と組み合わせて重要な素材を図鑑や資料集のように使ったり、過去素材をリファレンスとして制作中のクリエイティブと見比べたりすることが可能です。 Save Point サムネビュー <ブラウザ上でフィードバック> 「Save Point」に投稿した素材に、テキストなどフィードバックを追記できる機能です。 納品された素材プレビューや簡単なフィードバックを「Save Point」内で完結できるため、より効率的に制作を進められます。 C MUGENUP Inc. All Rights Reserved.

次の

炎炎ノ消防隊 作画崩壊の噂について・神作画だけどストーリーの評価は微妙

デイヴィッド プロダクション

フジテレビジョンは2014年8月1日付で、東京・田無市に本拠を持つアニメ制作会社のデイヴィッドプロダクションを子会社化した。 デイヴィッドプロダクションは、2007年9月にGDH(現ゴンゾ)出身の沖浦泰斗氏、梶田浩司氏らが設立した。 元請制作の作品として、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』やその続編『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』、『戦う司書』、『リストランテ・パラディーソ』などヒット作や話題作がある。 フジテレビの持株比率や株式の譲渡価格は明らかにされていない。 一方で、フジテレビの総合開発局長の清水賢治氏がデイヴィッドプロダクションの非常勤の取締役副社長に、コンテンツ事業局コンテンツ事業部長の宮道治朗氏とアニメ開発部部長の松崎容子氏がそれぞれ非常勤の取締役に就任している。 今後、両社が協力して事業を進めていくことが窺われる。 フジテレビは2013年1月にアニメ開発部を設置、アニメの多角的な事業開発を目指している。 今回のデイヴィッドプロダクションの子会社化はこの一環だとしている。 優れた企画・制作力を持った同社と共に、アニメ事業の基盤整備を進め、海外も視野に入れた展開を推進するという。 テレビ局によるアニメ制作会社の子会社化は、これまでにも日本テレビ放送網やテレビ朝日が実施している。 日本テレビ放送網は2011年にマッドハウス、2014年1月にタツノコプロを子会社化した。 テレビ朝日は、2009年にシンエイ動画を子会社化している。 フジテレビションは2000年代半ばにGDHに出資をしたことはあるが、アニメ制作会社を子会社とするのは初めてである。 アニメビジネス開発に積極的に取り組むことが判る。 一方で、これまでの日本テレビやテレビ朝日のアニメ制作会社の買収は、歴史の長い会社ばかりとなっている。 アニメ制作の現場と同時に、そうした企業が長年保有するキャラクターや作品ライブラリーに投資している面も強い。 しかし今回のデイヴィッドプロダクションは設立して7年と歴史は決して長くなく、同社自身が権利を持つ作品はあまりないとみられる。 そうした点では、まさにデイヴィッドプロダクションが持つ企画力に投資したかたちだ。 テレビ局とアニメ制作会社の新たな取り組みとして注目される。 フジテレビション デイヴィッドプロダクション.

次の

株式会社デイヴィッドプロダクション

デイヴィッド プロダクション

質の違う背景上にシンプルなデティールのキャラ・エフェクトが映えてかつエフェクトが空間表現の役割を担う。 エグすぎカッコよすぎ.... — 0RaNge117🍊 senpanorange 特にバトルシーンでの 炎の演出はとても高評価です! 水や炎といった自然物は、制作会社の評価が大きくわかれます。 特に、バトルシーンでは炎が多く登場し、その迫力や臨場感が求められます。 難しい「炎」の演出がふんだんに使用される今作で、ここまで評価が高いのは素晴らしいことです。 アニメ制作は「david production」(デイヴィッドプロダクション) 製作の 「david production」(デイヴィッドプロダクション)は、 「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」「レベルE」「あんさんぶるスターズ!」などを手掛けています。 【あんさんぶるスターズ!テレビアニメ応援ラストスパート!】アニメ振り返り企画!月曜は様々なアイドルたちの表情をお届けいたします。 片山さんも作画監督とアクションディレクター両方やったりと、現場的にも総力戦でした。 一旦、お疲れ様でした! — 石本 峻一 shunishimoto 代表作をみても、作画のきれいさには期待できる制作会社のようです。 1期の評判からも、2期への期待が高まります! 楽曲もかっこいい! 作画への評価も高いのですが、楽曲とくにOPは映像・曲ともに評判です。 その理由のひとつは、作者である大久保篤さんの代表作、「ソウルイーター」との比較かもしれません。 「ソウルイーター」は、原作マンガは全世界累計発行部数1600万部を超える大ヒット作です。 アニメ化もされ、続編である「ソウルイーターノット!」もアニメ化されています。 今年は小林さんいっぱい聞けて幸せ。 2期放送が決まって、最近みてハマったという声もありました。 ・食戟のソーマ豪ノ皿 土曜日 ・アルテ ・イエスタデイをうたって ・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった ・ギャルと恐竜 ・メジャーセカンド第2シリーズ ・ ・SAOアリシゼーションWoU2ndクール 日曜日 ・デジモンアドベンチャー: ・アイドリッシュセブンSecond BEAT! ・キングダム3期 ・グレイプニル ・継つぐもも ・ミュークルドリーミー ・ポケットモンスター ・社長、バトルの時間です!.

次の