ペンペン草 桜。 小句会・・・・ぺんぺん草(ナズナの花?)

小句会・・・・ぺんぺん草(ナズナの花?)

ペンペン草 桜

背割堤とは? 正式名は、淀川河川公園背割堤地区という場所。 宇治川と木津川に挟まれた堤防約1. 4kmにわたるソメイヨシノの約250本の桜並木が広がります。 河川敷からの絶景は見事。 背割堤地区の桜は2017年のある情報誌で、 関西で行ってみたい桜の名所1位にあがるなど 注目の桜スポットです。 1970年代では、松が植えられていましたが、 約40年前に ソメイヨシノに植え替えられ、現在のような桜並木ができました。 上から見ると天橋立の景色に似ていると言われています。 上から見るには、『さくらであい館』の高さ25m展望塔へ。 背割堤さくらまつり(2019年は3月30日~4月7日まで)では、お花見舟『さくらであいクルーズ』が運行され、唐揚げやポテトなどの露天もでます。 『さくらであいクルーズ』 乗船料金:大人1,500円・ 小学生500円 幼児、大人1名につき1名まで無料、2名以上は子供料金が必要 運行時間:10:00~16:00まで10分~30分間隔 運航期間:2019年3月23日~4月21日 『お花見船Eボート』・・ゴムボートで川下り 乗船料金:大人800円・ 小学生以下500円 運行時間:10:00~16:00まで 運航期間:2019年3月25日~4月14日 背割堤の桜の見頃と混雑 背割堤の桜の見頃は、 3月下旬~4月上旬。 京都市内の桜の満開時期と変わりません。 人気がありすぎて 満開が近づくにつれ、大混雑です。 2018年は少し早めの3月27日頃から満開。 2019年は少し遅めの 4月7日頃から満開。 桜並木は、1. 4kmありますが、橋から近いところが特に混雑。 奥にすすめばすすむほど人が減りますので、朝早く(6時半頃)行って、まず奥にすすめば、人をなるべく入れずに写真を撮ることができます。 注意したいのは、トイレ。 早朝ならすいていますが、朝10時にもなると、駅、市営駐車場、桜並木の入り口の簡易トイレに行列ができてしまいます。 八幡市へ着く前に行っておきましょう。 簡易トイレなら、桜並木途中にもあります。 入り口より途中の方がすいています。 こちらで随時桜の見頃が確認できます• 2018年夏の台風被害で、枝がかなり折れましたが2019年も元気に咲いています。 背割堤の桜撮影スポット1:橋の上からの桜 京阪八幡駅からくる橋の上から撮影。 パステルカラーのほわほわの桜が並んでいます。 行きに見て、帰りに撮ろうと思うと、橋の上は一方通行になっていて帰りは撮影できません。 ぜひ行きに! 背割堤の桜撮影スポット2:長く続く桜並木 京都らしくないといえば、らしくない桜の名所。 緑とピンクのコントラストがかわいい。 京都でこれほど長い桜並木はありません。 背割堤の桜撮影スポット3:せり出した長い枝 植樹後、約40年の桜はどれも立派で、枝が見事にせり出しています。 せり出した枝は、地面につきそうなぐらい低いものもあり、迫力があります。 背割堤の桜撮影スポット4:土手の上の桜のトンネル 土手に登ってみると、上は桜のトンネルになっています。 入り口付近は混雑していますが、奥へ奥へすすむと人が少なくなってきます。 桜のトンネルは幻想的。 背割堤の桜撮影スポット5:さくらであいクルーズと桜 すぐ横の川を走るさくらであいクルーズ。 菜の花と桜の間のフォトジェニックな空間をすすみます。 他にも・・・ ほわほわのちょうちんのような桜。 京都ではめずらしい。 青空が似合う桜の名所。 桜はソメイヨシノです。 芝生の部分には、菜の花やたんぽぽ、ペンペン草などのかわいい野草が咲いていてかわいい桜の撮影スポットです。

次の

背割堤

ペンペン草 桜

きいろやむらさきいろの花に気をとられていて、気づくのが遅れましたが、ぺんぺん草の花も咲いていました。 ぺんぺん草というと「ぺんぺん草も生えない」なんていって荒れた大地のことをいったりしますが・・・。 でもぺんぺん草と春の七草の一つ「ナズナ」っていっしょなんですよね。 そんな意味があったとは…。 白い小さな花が咲くことで春の訪れを感じることのできる私の住むまち「韮崎」は素敵だと思う。 この鳴き声、お嫁さん探しのために鳴くそうですよ。 ということでoberisukuも「ホーホケキョ、ケキョケキョケキョ・・・」。 ウグイスは撮影できなかったので、ウグイス粉のおはぎです。 季節モノですので・・・。 さて、本日は早起きするつもりが・・・、反省です。 ということで、昨日のわに塚のサクラの日の出お届けしておきます。

次の

小句会・・・・ぺんぺん草(ナズナの花?)

ペンペン草 桜

背割堤とは? 正式名は、淀川河川公園背割堤地区という場所。 宇治川と木津川に挟まれた堤防約1. 4kmにわたるソメイヨシノの約250本の桜並木が広がります。 河川敷からの絶景は見事。 背割堤地区の桜は2017年のある情報誌で、 関西で行ってみたい桜の名所1位にあがるなど 注目の桜スポットです。 1970年代では、松が植えられていましたが、 約40年前に ソメイヨシノに植え替えられ、現在のような桜並木ができました。 上から見ると天橋立の景色に似ていると言われています。 上から見るには、『さくらであい館』の高さ25m展望塔へ。 背割堤さくらまつり(2019年は3月30日~4月7日まで)では、お花見舟『さくらであいクルーズ』が運行され、唐揚げやポテトなどの露天もでます。 『さくらであいクルーズ』 乗船料金:大人1,500円・ 小学生500円 幼児、大人1名につき1名まで無料、2名以上は子供料金が必要 運行時間:10:00~16:00まで10分~30分間隔 運航期間:2019年3月23日~4月21日 『お花見船Eボート』・・ゴムボートで川下り 乗船料金:大人800円・ 小学生以下500円 運行時間:10:00~16:00まで 運航期間:2019年3月25日~4月14日 背割堤の桜の見頃と混雑 背割堤の桜の見頃は、 3月下旬~4月上旬。 京都市内の桜の満開時期と変わりません。 人気がありすぎて 満開が近づくにつれ、大混雑です。 2018年は少し早めの3月27日頃から満開。 2019年は少し遅めの 4月7日頃から満開。 桜並木は、1. 4kmありますが、橋から近いところが特に混雑。 奥にすすめばすすむほど人が減りますので、朝早く(6時半頃)行って、まず奥にすすめば、人をなるべく入れずに写真を撮ることができます。 注意したいのは、トイレ。 早朝ならすいていますが、朝10時にもなると、駅、市営駐車場、桜並木の入り口の簡易トイレに行列ができてしまいます。 八幡市へ着く前に行っておきましょう。 簡易トイレなら、桜並木途中にもあります。 入り口より途中の方がすいています。 こちらで随時桜の見頃が確認できます• 2018年夏の台風被害で、枝がかなり折れましたが2019年も元気に咲いています。 背割堤の桜撮影スポット1:橋の上からの桜 京阪八幡駅からくる橋の上から撮影。 パステルカラーのほわほわの桜が並んでいます。 行きに見て、帰りに撮ろうと思うと、橋の上は一方通行になっていて帰りは撮影できません。 ぜひ行きに! 背割堤の桜撮影スポット2:長く続く桜並木 京都らしくないといえば、らしくない桜の名所。 緑とピンクのコントラストがかわいい。 京都でこれほど長い桜並木はありません。 背割堤の桜撮影スポット3:せり出した長い枝 植樹後、約40年の桜はどれも立派で、枝が見事にせり出しています。 せり出した枝は、地面につきそうなぐらい低いものもあり、迫力があります。 背割堤の桜撮影スポット4:土手の上の桜のトンネル 土手に登ってみると、上は桜のトンネルになっています。 入り口付近は混雑していますが、奥へ奥へすすむと人が少なくなってきます。 桜のトンネルは幻想的。 背割堤の桜撮影スポット5:さくらであいクルーズと桜 すぐ横の川を走るさくらであいクルーズ。 菜の花と桜の間のフォトジェニックな空間をすすみます。 他にも・・・ ほわほわのちょうちんのような桜。 京都ではめずらしい。 青空が似合う桜の名所。 桜はソメイヨシノです。 芝生の部分には、菜の花やたんぽぽ、ペンペン草などのかわいい野草が咲いていてかわいい桜の撮影スポットです。

次の