ダウ 日経 チャート。 日経平均とNYダウを比較 衝撃の真実が!? アベノミクスとはなんだったのか…

NYダウー日経225サヤ取り用チャートの使い方

ダウ 日経 チャート

これから投資を始めようという方は、日本株に投資をした方がお得なのでしょうか? それとも米国株に投資をした方がお得なのでしょうか・・・はたまた新興国なのでしょうか・・・。 日本は今後、急速な少子高齢化が進み、経済が落ち込んでいくことは周知の事実です。 一方米国はというと、今後も人口が増え続け、優秀な企業、そして優秀な人材が米国に集結し、私は少なくとも20年間は世界経済の中心であり続けることは間違いないと思っています。 しかし日本経済もここ数年は、アベノミクス効果により好調に見えますが、米国と比べると果たしてどうなのでしょうか…。 日本株の代表である「日経平均」 VS 米国株の代表である「NYダウ」、果たしてどちらに投資をした方がお得なのでしょか。 両方の過去30年チャートを見てみると、思っている以上に衝撃的な事実が判明しましたのでご紹介します。 アベノミスクス アベノミクスについて簡単におさらいをしたいと思います。 アベノミクスとは、自民党の安倍総理が打ち出した経済政策のことです。 その経済政策の中身は 「3本の矢」の言われており、その3本とは、 大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略となっていました。 アベノミクス効果により、確かに日本の株価が上昇したことは事実です。 しかし実際のところ、株価が上昇した起因はアベノミクスの政策というよりも、日銀による異次元の金融緩和による効果が大きいといえます。 「3本の矢」は失敗だったのか・・・そんな声が聞こえる中、最近になって安倍総理は「新3本の矢」と称して、2020年に向けて新たな政策を打ち出しました。 新3本の矢の中身は、 「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の3つです。 新3本の矢は、ぱっと見るとどれもこれも無理難題に思えますが、果たして実現されるのでしょうか…。 日経平均とNYダウについて 衝撃的な事実をお伝えする前に、日経平均とNYダウについて簡単に説明します。 日経平均やNYダウという単語は、新聞や経済雑誌等そこら中で見かける単語だと思います。 でも実際に他の人から「日経平均って何? 分かりやすく教えてくれないかな」と言われた時に、すんなりと答えられる人は案外少ないんじゃないかなと思います。 日経平均とは、東証一部上場している日本を代表する企業225社を対象としている指数のことで、株価の平均値を算出したものになります。 要するに、日本を代表する 「日本企業225社」の株価の平均値ということです。 一方、NYダウも日経平均と似たようなもので、アメリカのダウ・ジョーンズ社が算出している株価指数になります。 NYダウは、日経平均よりも少ない 「アメリカ企業30社」を対象としている指数のことで、日経平均と同じく株価の平均値を算出したものになります。 ちなみに日経平均225社の銘柄の一部をご紹介すると、 トヨタ自動車、日産自動車、NTTドコモ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ソニーなどが名を連ねています。 NYダウはの30社の銘柄の一部には、 IBM、コカ・コーラ、Visa、マイクロソフト、スリーエム、マクドナルドなどが名を連ねています。 NYダウのアメリカ企業は、日本でも馴染みのある企業ばかりですよね。 アメリカ企業が、いかに世界に進出しているのかがよく分かります。 もはやアメリカ企業なくして世界経済は回らなくなっているのです。 日経平均 VS NYダウ それでは実際に、日経平均とNYダウの過去のチャートを比較してみると、どれくらい違うのでしょうか。 日経平均とNYダウのグラフを比べてみると、確かにNYダウの方が右肩上がりのトレンドを描いていますが、日経平均の方は、いまだにバブル期の高値を超えることができずにいることが分かります。 「グラフを見てみると、なんとなくNYダウの方が右肩上がりだから良さそうに思えるけど、近年は日経平均もアベノミクス効果で株価が上昇しているし、これを見ただけではどっちがいいのかよく分からない」。 ごもっともな意見だと思います。 html) 上のグラフは、1990年からの日経平均とNYダウの株価を比較したものになりますが、これを見てどう思うでしょうか。 日本株と米国株を同じ土俵で比べてみると、恐ろしいほど大きな差が生じているのです。 当サイトでも米国株を中心とした投資をおすすめしていますので、「日本株は米国株の相手にならない」ということは私自身もちろん周知のことでしたが、正直なところここまで差があるとは思いませんでした。 株の割高感、割安感を見るための指標としてPERという指標があります。 PERの目安としては、15~20倍を超えると割高で下回ると割安と言われています。 現在の日経平均のPERは13倍程度で、やや割安感があります。 一方NYダウはバブルのように見えますが、PERを見てみると17倍程度ですので、ほぼほぼ適正な値を示しているといえます。 上のチャートを見ると、バブル期にはPERの値が300近くまで上昇していることが分かります。 この時の日本の株価は完全にバブルだったということが、PERの数値から見ても分かります。 米国においては、S&P500も過去最高値をつけるなどして非常に景気は好調です。 米国も日本のバブル期のような感じがしますが、全くそんなことはありません。 ブログ村には役立つ情報がたくさんあります。 まとめ 今回のことからも、日本株に投資をすることがいかに無駄なことであるかが分かると思います。 投資を始めるのであれば、日本株ではなく米国株に投資をしましょう。 投資をするかしないかで、今後の人生の選択肢が大きく変わると思いますよ。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 関連記事.

次の

日経平均株価、NYダウ、ドル円全期間の月足チャートを作成した上でそれぞれの相関性を確認してみた

ダウ 日経 チャート

連日の史上最高値更新に沸いていたNasdaq総合指数。 強烈な売りシグナルとされる高値圏です「陰の包み足」出現です。 前日のロウソク足を抱きかかえるように包み込む大きな陰線が出ること。 前日よりも強く始まり、高値を更新するも引けにかけて 強烈な売りがでて前日よりも安く終わったということで これまでの買い勢力を一掃するような強力な売り逃げがあったということ。 22日(水)に発表される四半期決算が黒字になると S&P総合500種銘柄に採用されるとの思惑で 過去10日間で56%もの急騰を見せてい「テスラ」株もNasdaq銘柄。 ブルームバーグが伝えたところによると 13日月曜は、わずか4時間に4万人ものロビンフッドユーザーが テスラ株を購入していた模様。 窓を開けて上昇し、一時は16%もの上昇をみせていましたが 引値では... 自分のブームウォルフ波動考察です。 昨日のポンドは強かった。 しかし諸行無常とはこのことで、常に移ろいゆきます。 きっと。 ユロポンで多少の動きアリマスね。 先ほどサインツール15分足でBUY飛んできましたので、もしかするともしかします。 まだ考察段階ですので、エントリーはしませんが、サインツール15分飛んで来たら第一種戦闘配備です。 第一種=臨戦態勢 第二種=戦闘準備 第三種=戦闘警戒 戦況はTWITTERにて! DON'T FORGET YOUR STOP LIMIT. Trader love Surf, fashion, philosophy, quantum physics, Mindset must come first. Get your financial freedom Please follow my... 日経225先物は23000円台が近くて遠いという感じです。 昨日のナイトセッションでも22930円まで上昇しましたが、その後下落して22700円台に戻っています。 60分足のトレンドを見ると 高値の推移は 22770-22930 と切り上げ 安値の推移は 22600-22550 と切り下げ 高値切り上げ安値切り下げのトレンドレスということになります。 しかし、22550円からの上昇では2つ前の高値22830円(赤線)を超えていますので、実質上昇トレンドということになります。 実質上昇トレンドということは上有利なのですね。 上有利なのですけれど強さを感じないチャートなのです。 その理由は22550円からの上昇では3つ前の高値23010円および、心理的節目である23000円にチャレンジしに行く手前で下落したこと... ウォルフブームなのでご容赦ください。 金ドル上げまくってますが、すこし過熱しすぎでしょうか? ストキャスもなんだかエンジン回転数上げ過ぎて悲鳴上げてる気がするんです。 なんとなくウォルフなのでどうか分かりません。 師匠曰く金ドルの下げ方はえげつないと… まあ、どうなるかわかりませんのでサイン待ちです。 1時間か4時間のサインほすいです。 DON'T FORGET YOUR STOP LIMIT. ストップリミット忘れないでね Trader who loves Surfing, Fashion, Philosophy, Quantum physics, サーフィンとファッション、哲学と量子物理学を愛するトレーダーです Mindset must come first. Get your financial... 昨日投稿した、シナリオ(1)が即日で示現となりました。 再度上昇トレンドの継続が確認された形になります。 ニューヨーク株式市場オープンまで様子を見ていましたが、 オープン後の動きが良かったので、買っています。 (これはスイングトレード用のポジション) その後大幅に上昇。 まずは前回の高値を超えて史上最高値を更新することが先ですが、 11300〜11700へ向かっていくのかに引き続き注目しています。 長期的な投資の観点から。。。 コロナショック相場の大底付近で買ったポジションは、途中で1部を利益確定しましたが、保有を継続しています。 非常に強い上昇相場が続いていますので、これが続いている間はポジションを保有し続けます。 それだけで楽に利益を伸ばしていくことができます。 コロナショックで急落、反騰で始まったこの大きな上昇... トレンド分析( りかトレンド)、ボリンジャーバンド、RSI 各種指標を交えたチャート分析はYoutubeでも解説しています。 It has remained flat since the drop after the opening. In the Bollinger band, the temperature rose to the upper limit of the band, and the feeling of overheating led to... Hello everyone, today I'd like to share a script, which enables you to use external logic to plot levels on your chart. How does it work? The concept is based on two scripts. One script, which uses an external input as a trigger to print a new level and one script that calculates an output, which will be fetched. Sounds complicated? It really is not! Let's... This is combo strategies for get a cumulative signal. First strategy This System was created from the Book "How I Tripled My Money In The Futures Market" by Ulf Jensen, Page 183. This is reverse type of strategies. The strategy buys at market, if close price is higher than the previous close during 2 days and the meaning of 9-days Stochastic Slow... It can be used in the graphics of stock and money markets, especially the bitcoin market. The intersection times of 5-day and 22-day exponential moving averages allow us to decide the direction of the trend. (399001) 深圳総合指数 日足 香港の国家安全法が施行されてからでも、中国市場は堅調推移が続いています。 むしろ、加速しているような動きです。 上昇のスピードが早くなっていますので、逆Cカーブ(上昇の角度が鋭くなる動き)での推移になっています。 この上昇がどこまで続くかは分かりませんが、チャネルラインを引くことでヒントがあるかもしれません。 チャネルラインとは何かというと、まずは主な安値と安値を結んだ線を引きます。 それをトレンドラインといいます。 次に、そのトレンドラインに平行な線を引くと平行四辺形の形ができます。 この平行な線をチャネルラインといいます。 これで見ると、現状はチャネルラインの上限に絡んできています。 このチャネルラインをあっさりと超えていけば、更なる上昇の可能性が出てきます。 まず、昨日の投稿の続きについてですが、 今や最強株価指数になっているナスダック100。 昨日は米国株式市場オープン前でしたがまずは雇用統計後の動きが良かったのでそこから再度乗っています。 金は保有継続。 豪ドルは雇用統計後に半分利益確定。 日経225は動き出し待ちです。 --------- トレードで楽に利益を出すには? ・強い相場を買う。 ・弱い相場を売る。 これが一番です! そうすると、トレードで利益が出しやすいです。 現在ナスダック100は非常に強い相場なので利益が出しやすいです。 私のトレード方法は大きく分類すると以下の4つになります。 1 トレンドの出ている相場で、トレンド方向に乗っていく。 2 レンジをブレイクした相場で、ブレイクした方向に乗っていく。 (サポートやレジスタンスをブレイクし...

次の

日経・ダウ・ゴールド・原油のチャート分析 2020.4.5week

ダウ 日経 チャート

これから投資を始めようという方は、日本株に投資をした方がお得なのでしょうか? それとも米国株に投資をした方がお得なのでしょうか・・・はたまた新興国なのでしょうか・・・。 日本は今後、急速な少子高齢化が進み、経済が落ち込んでいくことは周知の事実です。 一方米国はというと、今後も人口が増え続け、優秀な企業、そして優秀な人材が米国に集結し、私は少なくとも20年間は世界経済の中心であり続けることは間違いないと思っています。 しかし日本経済もここ数年は、アベノミクス効果により好調に見えますが、米国と比べると果たしてどうなのでしょうか…。 日本株の代表である「日経平均」 VS 米国株の代表である「NYダウ」、果たしてどちらに投資をした方がお得なのでしょか。 両方の過去30年チャートを見てみると、思っている以上に衝撃的な事実が判明しましたのでご紹介します。 アベノミスクス アベノミクスについて簡単におさらいをしたいと思います。 アベノミクスとは、自民党の安倍総理が打ち出した経済政策のことです。 その経済政策の中身は 「3本の矢」の言われており、その3本とは、 大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略となっていました。 アベノミクス効果により、確かに日本の株価が上昇したことは事実です。 しかし実際のところ、株価が上昇した起因はアベノミクスの政策というよりも、日銀による異次元の金融緩和による効果が大きいといえます。 「3本の矢」は失敗だったのか・・・そんな声が聞こえる中、最近になって安倍総理は「新3本の矢」と称して、2020年に向けて新たな政策を打ち出しました。 新3本の矢の中身は、 「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」の3つです。 新3本の矢は、ぱっと見るとどれもこれも無理難題に思えますが、果たして実現されるのでしょうか…。 日経平均とNYダウについて 衝撃的な事実をお伝えする前に、日経平均とNYダウについて簡単に説明します。 日経平均やNYダウという単語は、新聞や経済雑誌等そこら中で見かける単語だと思います。 でも実際に他の人から「日経平均って何? 分かりやすく教えてくれないかな」と言われた時に、すんなりと答えられる人は案外少ないんじゃないかなと思います。 日経平均とは、東証一部上場している日本を代表する企業225社を対象としている指数のことで、株価の平均値を算出したものになります。 要するに、日本を代表する 「日本企業225社」の株価の平均値ということです。 一方、NYダウも日経平均と似たようなもので、アメリカのダウ・ジョーンズ社が算出している株価指数になります。 NYダウは、日経平均よりも少ない 「アメリカ企業30社」を対象としている指数のことで、日経平均と同じく株価の平均値を算出したものになります。 ちなみに日経平均225社の銘柄の一部をご紹介すると、 トヨタ自動車、日産自動車、NTTドコモ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、ソニーなどが名を連ねています。 NYダウはの30社の銘柄の一部には、 IBM、コカ・コーラ、Visa、マイクロソフト、スリーエム、マクドナルドなどが名を連ねています。 NYダウのアメリカ企業は、日本でも馴染みのある企業ばかりですよね。 アメリカ企業が、いかに世界に進出しているのかがよく分かります。 もはやアメリカ企業なくして世界経済は回らなくなっているのです。 日経平均 VS NYダウ それでは実際に、日経平均とNYダウの過去のチャートを比較してみると、どれくらい違うのでしょうか。 日経平均とNYダウのグラフを比べてみると、確かにNYダウの方が右肩上がりのトレンドを描いていますが、日経平均の方は、いまだにバブル期の高値を超えることができずにいることが分かります。 「グラフを見てみると、なんとなくNYダウの方が右肩上がりだから良さそうに思えるけど、近年は日経平均もアベノミクス効果で株価が上昇しているし、これを見ただけではどっちがいいのかよく分からない」。 ごもっともな意見だと思います。 html) 上のグラフは、1990年からの日経平均とNYダウの株価を比較したものになりますが、これを見てどう思うでしょうか。 日本株と米国株を同じ土俵で比べてみると、恐ろしいほど大きな差が生じているのです。 当サイトでも米国株を中心とした投資をおすすめしていますので、「日本株は米国株の相手にならない」ということは私自身もちろん周知のことでしたが、正直なところここまで差があるとは思いませんでした。 株の割高感、割安感を見るための指標としてPERという指標があります。 PERの目安としては、15~20倍を超えると割高で下回ると割安と言われています。 現在の日経平均のPERは13倍程度で、やや割安感があります。 一方NYダウはバブルのように見えますが、PERを見てみると17倍程度ですので、ほぼほぼ適正な値を示しているといえます。 上のチャートを見ると、バブル期にはPERの値が300近くまで上昇していることが分かります。 この時の日本の株価は完全にバブルだったということが、PERの数値から見ても分かります。 米国においては、S&P500も過去最高値をつけるなどして非常に景気は好調です。 米国も日本のバブル期のような感じがしますが、全くそんなことはありません。 ブログ村には役立つ情報がたくさんあります。 まとめ 今回のことからも、日本株に投資をすることがいかに無駄なことであるかが分かると思います。 投資を始めるのであれば、日本株ではなく米国株に投資をしましょう。 投資をするかしないかで、今後の人生の選択肢が大きく変わると思いますよ。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 関連記事.

次の