東京 都 飲食 店 営業 時間。 緊急事態宣言で飲食店・居酒屋への休業要請は?東京都:営業は5~20時まで|協力金・大手チェーンの対応も解説

【新型コロナ】都内の飲食店、営業時間が22時まで延長。緊急事態宣言が全面解除

東京 都 飲食 店 営業 時間

緊急事態宣言が全面解除され、取材に応じる東京都の小池百合子知事=25日午後、都庁 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の全面解除を受け、東京都は25日、対策本部会議を開き、図書館などに対する休業要請の緩和を決定した。 第1段階として26日午前0時から適用。 営業時間の短縮を求めている飲食店については、閉店時間が午後8時から同10時となる。 都立学校は6月1日から分散登校で再開し、段階的に登校頻度を増やす。 小池百合子知事は会議で、緩和に向けた3段階のロードマップ(行程表)のうち、商業施設や映画館などを対象とした第2段階への移行時期に関し、29日に専門家の意見も踏まえ判断すると明らかにした。 また、「経営環境の厳しい事業者がたくさんいる」と語り、追加支援策を今後検討する考えを示した。 第1段階では飲食店の営業時間延長のほか、図書館や博物館、美術館を再開。 体育館や水泳場、ボウリング場といった屋内運動施設も観客席を除き使用可能となる。 経済社会活動と両立するため、都は事業者向けの感染防止ガイドラインを作成。 施設の再開に当たり、人との距離を2メートル確保するため座席の配置を工夫することや、感染者が発生した場合に備え、来場者の連絡先などの把握を求めた。 小池知事は「感染の危険性がなくなったわけではない。 引き続き社会的距離を確保した行動をお願いしたい」と述べた。 第2段階では、商業施設や映画館、劇場、学習塾など幅広い施設を緩和する。 ネットカフェやパチンコ店、ゲームセンター、遊園地など遊興・遊技施設の再開は第3段階で、飲食店の営業時間は午前0時まで延びる。 接待を伴う飲食店やライブハウス、カラオケ店などクラスター(感染者集団)が発生した施設は、政府の方針を踏まえ対応を決める。

次の

東京都ロードマップで飲食店の営業時間を指定する理由~小池都知事の意図は

東京 都 飲食 店 営業 時間

【目次】• 表にある通り、東京都ロードマップはステップ1~3まで存在し、イベントの人数制限や飲食店の営業時間まで細かく指定されています。 新規の感染者数が減少してもウイルス自体が死滅するわけではありません。 ですので、経済活動を段階的に再開していく必要はあります。 とはいえ、細かいと感じられた方もいらっしゃったのではないでしょうか? ここで、東京都ロードマップが細かく指定されている理由をみていきましょう。 これは、第1波が来た時、夜の繁華街で感染された方が多いという傾向がありました。 夜は仕事帰りで飲食店を利用する方が多いため、感染リスクが高いですよね。 よって、飲食店の客数は今後も非常に注意していく必要があります。 小池都知事はそこを注視し、飲食店の営業時間を細かく指定したのでしょう。 2週間単位でのステップ移行は妥当か また、小池都知事は東京都ロードマップにおいて、2週間単位をベースにして状況を評価し段階的に施設の休業要請を緩和すると発言しています。 なぜ、2週間単位なのか? 新規感染者数は、大体2週間前の数字が反映されているというというのはもはやかなり浸透していますよね。 1週間程度でステップを上げてしまうと、翌週に感染者が一気に増加してしまった場合、前段階でのステップが評価できなくなってしまいます。 ですので、2週間くらいでステップを上げて感染状態を評価した上で次のステップへ移行する必要があるのです。 5月26日、ついに東京都でも緊急事態宣言が解除されました。 これは喜ばしいことですね。 しかし、緊急事態宣言の解除はゴールではありません。 むしろ、ここからがスタートです。 緊急事態宣言解除後は決してアフターコロナではなくwithコロナ。 コロナと共存しながら生きていかなくてはなりません。 ですが、安倍首相の言っていた通り、今後は感染リスクがあるから実施しないのではなく、どうすれば実施できるかという発想が重要になっていくでしょう。 そのための東京都ロードマップでもあります。 2度目の緊急事態宣言にならないよう、新しい生活様式を意識して生活していきたいですね。

次の

【東京都の飲食店の方】注意!今日(4/16)から休業要請/時短営業要請を守らなければ50万円もらえません。<感染拡大防止協力金>

東京 都 飲食 店 営業 時間

画像素材:PIXTA 政府は5月25日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、継続中だった東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏4都県と北海道を対象から外し、全都道府県で解除することを発表。 4月7日の発令から約7週間での全面解除となった。 安倍首相は、「全国で新規感染者数は50人を下回り、一時は1万人近くいた入院患者も2000人を切った。 世界的にも極めて厳しいレベルで定めた解除基準を全国的にクリアしたと判断した」と解除の理由を説明。 「日本ならではのやり方で、わずか1か月半でほぼ収束させることができた。 首相はさらに、1次補正予算と合わせ200兆円超の事業規模になる第2次補正予算案を5月27日に閣議決定すると表明。 店舗の家賃負担を軽減するため、最大600万円の給付金を新たに創設するほか、最大200万円の持続化給付金の対象を拡充、地方創生臨時交付金も2兆円増額する。 また、医療従事者らには1人あたり最大20万円の慰労金を給付するという。 写真はイメージ。 画像素材:PIXTA 東京都は独自の緩和基準を設定。 感染拡大の兆候があれば休業を再要請 東京都の小池百合子知事は5月22日、感染症防止と経済社会活動の両立を図りながら、「新しい日常」が定着した社会を実現するための取り組みや手順を示したを発表した。 ポイントは以下の5つ。 1、緊急事態宣言下においては、外出自粛等の徹底を通じて、感染を最大限抑え込む 2、適切なモニタリング等を通じて、慎重にステップを踏み、都民生活や経済社会活動との両立を図る 3、状況の変化を的確に把握し、必要な場合には「東京アラート」を発動する 4、今後、発生が予想される「第2波」に対応するため、万全の医療・検査体制を整備する 5、ウイルスとの長い戦いを見据え、暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣=「新しい日常」が定着した社会を構築する モニタリング指標をもとに感染拡大の兆候を把握した場合には、「東京アラート」を発動。 都民に警戒を呼び掛け、それでも再要請の目安を上回った場合などは、必要な外出自粛・休業を再要請し、感染拡大防止を徹底する。 画像素材:PIXTA 東京都はステップを踏んで休業要請を緩和。 飲食店はどうなる? ロードマップでは、施設別に休業要請の緩和ステップが0〜3まで示されている。 居酒屋を含む飲食店、料理店、喫茶店などは以下のようなステップで休業要請の緩和が進められる。 飲食店は午後10時までの営業が可能となる。 新型コロナウイルスの新規感染者数は減少しているが、完全に終息したわけではない。 第2波、第3波が懸念されており、油断は許されない状態だ。 来店客に安心・安全を提供するためにも、しっかりと感染予防に努めながら営業をしていきたいものだ。 【お知らせ】 弊社シンクロ・フードでは新型コロナウイルスによる外食業界への影響を鑑み、飲食店の皆さまの店舗運営の一助となるべくキャンペーンの実施や様々な情報発信を行っております。 ・アルバイト求人(3か月掲載:通常料金59,400円)を無料でご掲載いただけます ・受付期間:2020年4月9日(木)~2020年6月30日(火) ・3月以降、求職者が急増中です。

次の