ご迷惑をおかけして申し訳ございません。。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんって英語でなんて言うの?

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

ビジネスやあらたまった場で謝意を述べる時は apologize (謝罪する)を使うと、sorry (ごめんなさい)よりフォーマルに聞こえます。 事前にことわっておく場合には、 I apologize for the inconvenience this may cause. 何かトラブルがあった後での謝罪を述べる場合には、 I apologize for the inconvenience this has caused you. を使うと時制が合います。 ご質問にある、 "Sorry for the trouble. "と"Sorry for bothering you. "の違いについては 後者は、聞き手に迷惑をかける動作主が話し手であることが前提の謝罪の表現であるのに対し、 前者はトラブル(やっかいなこと、面倒なこと)が起こったこと、あるいはこれから起こることに対しての話し手の感情を述べているにすぎません。 ただし、日常的には同じような場面で使われます。 Try to always be polite when communicating in a business setting. However, you do not need to explain a lot of detail as to why you are apologising as this may cause further upset. As long as the receiver knows that you are sorry for the trouble you have caused. "I want to start by apologising. ' is a great way to start the conversation when apologising and shows that you are addressing the problem straight away. "I apologise for any inconvenience I may have caused you. " is polite and not too specific perhaps if someone has gone out of their way to help you. "I hope that you accept my deepest apologies. " is more sincere if you have caused a large amount of trouble to someone. ビジネスシーンでは常に丁寧に表現することを心掛けてください。 ただここでは、細かい事情を説明する必要はありません(さらにややこしいことになる可能性があるので)。 相手に「迷惑をかけて申し訳ない」という気持ちが伝わればオッケーです。 "I want to start by apologising. " は(謝る時の)会話のスタートとしてすごくいいです。 問題にすぐに対処していることになります。 "I apologise for any inconvenience I may have caused you. " は「specific(具体的)」すぎず、丁寧です。 誰かがわざわざ何かをしてくれた時とかでしょうかね。 "I hope that you accept my deepest apologies. " は心のこもった言い方です。 誰かに大変な迷惑をかけてしまった時に使えます。 Apologize is another way of saying 'I'm sorry'. This is also a formal way of saying sorry. 'caused by my actions'. This would only be for something that went really really wrong! More informal expressions could be... -フォーマルな表現です。 これもまたフォーマルな言い方です。 (すみません。 2度としません。 (こんな事になるとは信じられません。 (この埋め合わせをしたいですが、私に出来る事はないですか?) In a business setting, you want to use formal speech when addressing anyone, in such a case you could use the above statement to express that you are sorry for the trouble that you caused that person. I apologise for the inconvenience that I have caused you. To apologize to someone means that you are expressing sorrow at some wrong that you have caused them In the first sentence, you have used the adverb 'sincerely' meaning 'truly, without pretense', the verb 'apologize' which means to 'express regret for something that one has done wrong', and, the noun 'inconvenience' which means 'something that causes trouble or difficulty and is annoying but not serious, or the condition of being in such an annoying situation'. You have also used the adverb 'thus' which in this context means 'as a result or consequence of this; therefore'. In the second sentence, you have started with the 'possessive determiner' 'my' which means 'belonging to or associated with the speaker' and carried on to use the noun 'apologies', the plural of the noun 'apology', which means 'regretful acknowledgement of an offence or failure'. In the third sentence, you have used the verb to 'wish', which in this context means 'want to do something'. また、副詞の 'thus' は、ある結果としてこの様な状態になるという意味です。 When you feel you caused trouble or an inconvenience toward someone. Here are good ways to express it. Being apologetic shows good character. Look at this: Fay - Hi Ann I am so sorry for not making the deadline. Ann - Thank you for apologizing and I hope this never happens again. That is how we would use it in a transcript 誰かに迷惑をかけたまたは不都合を起こしたと感じた時です。 これらはそれを表現するための良い方法です。 謝罪をすることは性格の良さを表します。 これを見てください: Fay フェイ - Hi Ann I am so sorry for not making the deadline. こんにちはアン、締め切りに間に合わずに申し訳ございません。 私が引き起こしたであろう全ての迷惑そして不都合にお詫びを申し上げます。 Ann アン - Thank you for apologizing and I hope this never happens again. 謝罪してくださりありがとうございます。 このようなことがまた起こらないと良いです。 これが会話での使用法です。

次の

「ご迷惑」の意味とお詫びでの使い方、類語「お手数・ご心配・ご面倒」との違いは?

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

「ご迷惑を~」という言葉は、迷惑に「ご」という丁寧語を加えた言葉です。 迷惑とは、他の人の気分を不快にさせたり、不利益となることをすることを意味します。 丁寧語である「ご迷惑を~」はビジネスシーンやフォーマルなシーンで謝罪する際に使われる言葉です。 では「ご迷惑を~」をどのように使うか具体的に見ていきましょう。 「ご迷惑」を使うシーン 「ご迷惑」を使うシーンは2つあります。 1つ目は、起こってしまった不利益な事実に対して謝罪するときに使用します。 2つ目は、前もって迷惑をかけることを伝える際に使用します。 いずれの場合もビジネスシーンではよく使われる言葉です。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と謝罪を伝えたり、「ご迷惑おかけいたします」というフレーズで使用します。 「ご迷惑」の謝罪例文9コ 例文1:ご迷惑をおかけして申し訳ございません 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」はビジネスシーンで頻繁に使われるフレーズの1つです。 自分の会社や担当者が相手に対して不利益なことをしてしまった場合に使用します。 意図せずとも、相手先に不利益などを与えてしまった場合、丁寧に謝罪の気持ちを伝えましょう。 例 この度は弊社の商品に不具合が生じ、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 例文2:ご迷惑をおかけしました 「ご迷惑をおかけしました」という言葉は、自分側の過失を認めた上で使用するフレーズです。 ビジネスシーンでは大きな過失ではなかったとしても、先方に丁寧に謝罪するのがルールです。 「おかけしました」というのは過去形ですのですでに起きたことへの謝罪文となります。 例 色々とご迷惑をおかけいたしました。 返信が遅くなりご迷惑おかけいたしました。 例文3:ご迷惑をおかけします 「ご迷惑をおかけします」は、これから起きるであろうでき事に対してあらかじめ断りを伝える場合に使用します。 たとえば、自分の会社の担当者が先方の工場で教育訓練を行う際「お世話になります」という言葉も含めて「ご迷惑をおかけします」と使用する場合もあります。 例 弊社スタッフがご迷惑をおかけします。 ホテルの予約手配など、色々な面でご迷惑をおかけします。 例文4:大変ご迷惑をおかけして 「大変ご迷惑をおかけして」という言葉は、謝罪の中でも深く謝罪の気持ちを伝えたい場合に使用します。 「大変」という言葉には、とても、特に、並々ならぬ際に使用する言葉です。 「大変」という言葉の代わりに「誠に」という言葉を使用する場合もあります。 例 急な変こうにより大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。 昨日より弊社スタッフが大変ご迷惑をおかけしております。 例文5:このたびはご迷惑をおかけしまして 「このたびはご迷惑おかけして」と使用する場合は、メールや手紙などでよく使われるフレーズです。 仕事の取引で何かトラブルが発生した場合や事故や事件などが起きた場合などに使用します。 例 このたびはご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。 このたびはご迷惑をおかけしまして深くお詫び申し上げます。 例文6:ご迷惑をおかけしますが 「ご迷惑をおかけしますが」は、謝罪の気持ちがやや弱い表現方法になります。 このフレーズで気をつけたい部分は「します」という部分です。 「します」をさらに丁寧な表現にすると謙譲語で「いたします」となります。 相手に対して「お手間をかけます」という意味を込めて使用されることが多く、文章の最後などによく使用される言葉です。 例 ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。 例文7:ご迷惑をおかけしてしまい 「ご迷惑をおかけしてしまい」は「ご迷惑をおかけして」とどちらを選ぶか悩む方も多いフレーズの1つです。 「おかけしてしまい」という表現は、自分側の過失を認め謝罪する気持ちを伝えるフレーズです。 1つ気をつけたいことは、文章があまり長くならないよう前後の文章のバランスを考えながら表現方法を選ぶことをおすすめします。 例 私の不行き届きでご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。 例文8:ご迷惑をおかけしてすみません 「ご迷惑をおかけしてすみません」は、同僚や同じ立場の方に謝罪をする際に使用するフレーズです。 目上の人や取引先などに対しては「すみません」ではなく「申し訳ございません」というフレーズを使用しましょう。 このフレーズは社内において業務上でしてしまった小さなミスを相手に謝る際などに使用しましょう。 例 送付先を間違えました。 ご迷惑をおかけしてすみません。 例文9:ご迷惑をおかけしまして 「ご迷惑をおかけしまして」という言葉は、自分の会社に属する誰かが相手に対して何かしてしまった場合に使用する言葉です。 たとえば、自分の部下が取引先に対してミスをしてしまった場合などに使用します。 例 この度は弊社スタッフがご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。 ビジネスシーンでは丁寧な言葉で表現しなければならないことが多くあります。 相手に対して失礼のないよう事前に学習することをおすすめします。 敬語を学びたい方におすすめなのが「大人なた知っておきたいモノの言い方ノート」です。 頻繁に使用するフレーズを覚えて、社会人として恥ずかしくない対応を心がけましょう。

次の

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんって英語でなんて言うの?

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

現代の会話や、ビジネスシーンでのやり取りのなかで、「申し訳ございませんでした」という表現はごく普通に使用されています。 「申し訳」という名詞は辞書にも載っている表現ですから、「申し訳」と「ない」に分けます。 「申し訳」があるかないかを伝えるために、「申し訳ある」「申し訳ない」、さらには、「申し訳がない」といった表現の使い方も、文法の法則の中で成立させることが可能です。 また、 「申し訳ございませんでした」をすでに定着した慣用的な表現として受け止めることもできるでしょう。 謝罪の言葉を丁寧に言い現わして、ビジネスの相手のかたが、誤る気持ちを受け止めることができるように感じるなら、この言葉を使ったメールや会話は目的を達成できる大成功の正しい表現ができたといえます。 「申し訳ございませんでした」の使い方・タイミングとは? 「申し訳ございませんでした」という謝罪の表現は、ミスなどを起こして、相手に迷惑をかけてしまったときによく使われるビジネス敬語の言葉です。 上司などの目上の立場の方に対しても使えますが、社内や社外での目下の人に対して丁寧に謝る言葉を伝えたいというシチュエーションのほうがよりマッチしているでしょう。 数多くあるビジネスの謝罪の表現のなかでは、とても頻度が高く、ややフランクな聞こえ方をされてしまうことがありえます。 かしこまった雰囲気で謝罪をしなければならないというシーンでは、より丁寧さを増した慎重な表現を用いることになるでしょう。 「申し訳ございませんでした」と「申し訳ありませんでした」の違いとは? 「申し訳ありませんでした」は、ちょっとしたミスを謝るといったシチュエーションで使うことが多いでしょう。 例えば、社内の会議の開始時間に遅れてしまうという事態のときに、前もって連絡をいれておき了解を取ったうえで、会議室に到着したというケースがあるでしょう。 遅れてしまうということを伝えるメールなどの第一報の中でも謝罪の言葉を入れており、相手サイドの了解が取れている状態なので、あまりにもかしこまった表現で謝ると度が過ぎた感じになります。 また、すでに会議が始まっていますから、スマートに謝りながらスムーズに会議に参加するようなスタンスがよいでしょう。 I'm sorry(申し訳ございませんでした)• We hope you understand. (申し訳ございませんでした)• Please excuse my lateness. (遅れてしまい、申し訳ございませんでした)• I can't apologize enough. (申し訳ございませんでした)• I am terribly sorry for making a sudden request. (急なお願いをしてしまい、申し訳ございませんでした)• I am terribly sorry that I troubled you. (たいへんご迷惑をおかけして、申し訳ございませんでした).

次の