大人 の いらすと や。 大人の 「注意欠如・多動症(ADHD)」とは?特徴や治療を解説!

大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特性の理解が大切!

大人 の いらすと や

「自閉スペクトラム症(ASD)」は、 コミュニケーション・対人関係の困難とともに、 強いこだわり・限られた興味を持つという特徴がある発達障害です。 「スペクトラム」とは、「連続している」という意味で、ASDには、 自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群などが含まれます。 ASDは、注意欠如・多動症 ADHD と同じく、子どもの頃から症状が現れるものですが、大人になってから診断を受けるというケースが増えています。 子どもの頃から症状があっても、それが大きな不適応に至らず、知的能力も平均以上の場合は、社会人になってから社会生活や人間関係における困難に気づくことがあります。 近年、ASDの診断は子どもより大人になってから受けるケースが多くなっています。 「相手の立場に立って考えることが苦手」であるケースの例です。 大人のASDのある会社員・Aさんは、上司にパソコンの業務用ソフトの使い方に関する研修を受けたいと申し出ました。 上司が理由を聞くと、Aさんは「そのソフトが使えると、転職するときに有利だと聞きました」と答えました。 それを聞いた上司は腹を立ててしまいましたが、なぜ怒っているのか、Aさんにはよくわかりませんでした。 このように、相手の立場に立って考えることが苦手なため、悪気はなくても相手に不快な思いをさせることがあります。 さらに、ASDでは、 「言葉を文字通り解釈する」「想像力が乏しい」という特徴がみられます。 言葉のニュアンスや表情から状況を察することが難しく、社交辞令や冗談が通じないことがあります。 また、「適当に」や「もう少し」、「多めに」など、日常や仕事上でよく使われる、 幅のある表現を受けての判断や対応が難しい場合があります。 ASDの人に業務指示を出すときは、例えば「あと30分以内に」や「15部印刷してください」など、はっきりとした表現や数字で示したほうがよいでしょう。 ASDの人は、その特性から、周りに「配慮がない」「空気が読めない」と思われてしまうことがあります。 結果として、職場などで孤立してしまうことが多く、それが原因で二次的な症状を伴うこともあります。 伴いやすい症状として、人間関係で孤立する状況などから、 「引きこもり」や 「うつ病」につながることがあります。 また、ASDの人は不安や恐怖に敏感なため、強いストレスを受けやすく、 「パニック障害」や 「対人恐怖症」などを伴うことがあります。 そして、ASDとADHDを併せ持つというケースもよくあります。 ADHDの「注意欠如・多動」という特徴は、ASDとはかなり違うものに見えますが、実際の診療の場面においては、ADHDとASDの症状が似ていることがあります。 例えば、感情のコントロールが難しいことや衝動性などが、似ている特徴として挙げられます。 また、アメリカの研究では、成人のASDの59%がADHDの診断基準を満たすという結果もあります。 両者の区分が難しいケースもありますが、適切に対応するためには、慎重に区分し、見極めることが大切です。 ASDの治療に有効とされる薬は、現時点ではありません。 そのため、本人の思考や行動パターンを変え、行動を改善することが治療の中心になります。 特に、社会の中で生きていくための ソーシャルスキルの習得などが重要です。 そのため、これから就職を目指す人や、既に仕事をしている人のために、それぞれの目標に合った専門のグループケアなどを行っている医療機関などもあります。 また、全国のハローワークや、障害者職業センター、発達障害者支援センターなどでは、発達障害の特性に合った職業相談・就職支援を行っています。 自分の特性をよく理解し、不得手な場面での対処法を身につけることで、ASDの「こだわり」や「興味のあることに打ち込む」という面がプラスに働くこともあります。 ルールやマニュアルがしっかりしている職種 経理・法務など 、または数字は論理で対応できる職種 プログラマーなど は、ASDの特性にフィットする可能性が高い仕事です。 自分の得手・不得手なことを見極め、就きたい職業を具体的に検討してみてください。

次の

山梨まったり大人のキャンプ場

大人 の いらすと や

「自閉スペクトラム症(ASD)」は、 コミュニケーション・対人関係の困難とともに、 強いこだわり・限られた興味を持つという特徴がある発達障害です。 「スペクトラム」とは、「連続している」という意味で、ASDには、 自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群などが含まれます。 ASDは、注意欠如・多動症 ADHD と同じく、子どもの頃から症状が現れるものですが、大人になってから診断を受けるというケースが増えています。 子どもの頃から症状があっても、それが大きな不適応に至らず、知的能力も平均以上の場合は、社会人になってから社会生活や人間関係における困難に気づくことがあります。 近年、ASDの診断は子どもより大人になってから受けるケースが多くなっています。 「相手の立場に立って考えることが苦手」であるケースの例です。 大人のASDのある会社員・Aさんは、上司にパソコンの業務用ソフトの使い方に関する研修を受けたいと申し出ました。 上司が理由を聞くと、Aさんは「そのソフトが使えると、転職するときに有利だと聞きました」と答えました。 それを聞いた上司は腹を立ててしまいましたが、なぜ怒っているのか、Aさんにはよくわかりませんでした。 このように、相手の立場に立って考えることが苦手なため、悪気はなくても相手に不快な思いをさせることがあります。 さらに、ASDでは、 「言葉を文字通り解釈する」「想像力が乏しい」という特徴がみられます。 言葉のニュアンスや表情から状況を察することが難しく、社交辞令や冗談が通じないことがあります。 また、「適当に」や「もう少し」、「多めに」など、日常や仕事上でよく使われる、 幅のある表現を受けての判断や対応が難しい場合があります。 ASDの人に業務指示を出すときは、例えば「あと30分以内に」や「15部印刷してください」など、はっきりとした表現や数字で示したほうがよいでしょう。 ASDの人は、その特性から、周りに「配慮がない」「空気が読めない」と思われてしまうことがあります。 結果として、職場などで孤立してしまうことが多く、それが原因で二次的な症状を伴うこともあります。 伴いやすい症状として、人間関係で孤立する状況などから、 「引きこもり」や 「うつ病」につながることがあります。 また、ASDの人は不安や恐怖に敏感なため、強いストレスを受けやすく、 「パニック障害」や 「対人恐怖症」などを伴うことがあります。 そして、ASDとADHDを併せ持つというケースもよくあります。 ADHDの「注意欠如・多動」という特徴は、ASDとはかなり違うものに見えますが、実際の診療の場面においては、ADHDとASDの症状が似ていることがあります。 例えば、感情のコントロールが難しいことや衝動性などが、似ている特徴として挙げられます。 また、アメリカの研究では、成人のASDの59%がADHDの診断基準を満たすという結果もあります。 両者の区分が難しいケースもありますが、適切に対応するためには、慎重に区分し、見極めることが大切です。 ASDの治療に有効とされる薬は、現時点ではありません。 そのため、本人の思考や行動パターンを変え、行動を改善することが治療の中心になります。 特に、社会の中で生きていくための ソーシャルスキルの習得などが重要です。 そのため、これから就職を目指す人や、既に仕事をしている人のために、それぞれの目標に合った専門のグループケアなどを行っている医療機関などもあります。 また、全国のハローワークや、障害者職業センター、発達障害者支援センターなどでは、発達障害の特性に合った職業相談・就職支援を行っています。 自分の特性をよく理解し、不得手な場面での対処法を身につけることで、ASDの「こだわり」や「興味のあることに打ち込む」という面がプラスに働くこともあります。 ルールやマニュアルがしっかりしている職種 経理・法務など 、または数字は論理で対応できる職種 プログラマーなど は、ASDの特性にフィットする可能性が高い仕事です。 自分の得手・不得手なことを見極め、就きたい職業を具体的に検討してみてください。

次の

大人のための粉ミルク「ミルク生活」|森永乳業

大人 の いらすと や

「発達障害」は、子ども特有のものではありません。 成長した後も症状が持続したり、大人になってから気づく人も増えています。 中でも、「注意力に問題が生じる・落ち着きがない」などの特徴がある 「注意欠如・多動症 ADHD 」は、成人の3~4%が持っていると言われており、診断を受ける大人が増えています。 発達障害は、子どもの頃から症状が現れ、大人になってから発症するものではありません。 しかし症状が軽い場合、または周囲の環境によっては見過ごされることもあります。 大人になると、就職や結婚などによって行動の範囲や人間関係が複雑になります。 それに対処しきれなくなったときに問題が表面化し、症状に気づくことがあります。 不注意による特徴として、「注意を持続するのが難しい」「ケアレスミスが多い」「片づけが苦手・忘れ物が多い」などがあります。 大人になると許容されないことの範囲が広くなり、本人が負う責任も大きくなります。 不注意による症状は、特に社会に出てから仕事などに支障を来し、問題につながることが増えます。 ADHDの特性から社会生活がうまくいかず、それが本人の自己否定感を強める原因にもなります。 そういったストレスから、 二次的にうつ病やパニック障害、対人恐怖症などを伴うことがあります。 しかし、こういった症状をうまくコントロールしている人もいます。 大人では、自分の特性を理解し十分なスキルを獲得すれば、不得手な状況に対処して、個性を強みに変えることもできます。 例えば、「1つのことに考えが集中できない」ということは、アイデアが豊富で好奇心があるとも言えます。 また、地道な作業などは苦手でも、フットワークの軽さや瞬発力が求められる場所では、もっと個性をいかすことができます。 大人のADHDの治療薬として認可されているものには、「メチルフェニデート徐放錠」と「アトモキセチン」、「グアンファシン」があります。 中でも「グアンファシン」は、2019年6月にADHDの大人への使用が新しく認可されました。 これらの薬は、いずれも「多動・衝動性」、「不注意」といったADHDの症状に広く有効だとされています。 比較的早めに効果を得たいときは「メチルフェニデート徐放錠」を選択します。 のんだ直後から効果がみられ、12時間程度続きます。 また、「アトモキセチン」や「グアンファシン」は効果が持続することが特徴ですが、効果が現れるまでに時間がかかるという面もあります。 症状や人によって、違う薬が効いたりします。 またどちらかだけでは不十分なときは、複数用いることもあります。 これらの薬の副作用としては 頭痛・食欲不振・吐き気などが挙げられます。 「メチルフェニデート徐放錠」には、不眠や動悸 き がみられることもありますが、いずれも軽微なものだと言われています。 様子を見て容量を徐々に増やしていきます。 しかし、薬はADHDそのものを根本的に治療するものではありません。 薬は一時的に自己コントロールの困難を改善しますが、薬だけで生活全般が改善するわけではないため、行動の改善を図ることも必要です。 まずは、教育を通して、ADHDの特性をよく理解することが大切です。 自分を理解することで、自己肯定感を高めることにもつながります。 そして、実生活における具体的な場面の対処方法を身につけ、習慣化していくことが重要です。 その方法の1つとして、医療機関で行っている「グループ・プログラム」があります。 自分の特性に関して、または日常の忘れものや時間・金銭の管理、対人関係などについて、グループで話し合います。 知識やスキルの習得だけでなく、同じ悩みをかかえる仲間と出会い、悩みを共有し共感することで、自己理解が深まることが期待できます。 このようなグループ・プログラムに参加できる場所は、かなり少ないのが現状です。 今後、対応できる医療機関を充実させることが大きな課題になっています。 参加したい場合は、主治医や医療機関に相談、または地域の精神保健福祉センターに問い合わせてください。

次の