韓国 料理。 韓国料理が美味しいワンランク上のお店選び

韓国料理

韓国 料理

こんにちは!ソウルナビです。 時々ナビで行っている読者プレゼントで、応募いただいた方にお答えいただいているアンケート。 先日のこのアンケートの質問内容は「今まで(できれば韓国で)食べたことのある韓国料理で、一番美味しかったもの、好きなもの、逆にこれはいただけない、二度目は無いな、と思った料理を各一つずつ教えてください!」というものでした。 真っ赤っかな見た目のとおり、お味もかなりピリ辛なスンドゥブチゲが第2位に!!有名で知名度も高い韓国料理、チヂミやビビンバを押しのけての2位獲得、ちょっと意外!? <みんなのコメント> ・韓国旅行に行ったら、必ず食べます。 ・たくさんありますが一番おいしい韓国料理は値段もお手ごろスンドウブチゲです。 ・ツアーに組み込まれていた「純豆腐」 団体客専門のようなどこかの会館のようなところでしたが、食べてびっくりおいしかった。 嫌いな食べ物第1位は、ずばりポンテギ!!蚕のさなぎ(正確にはサナギの抜け殻)を煮た、あれですね。 道端の露店で時々売られていますが、食べたことはないけれど独特のあの匂いをかいだことのある方、その姿だけ見たことのある方、またはウワサには聞いたことがあるって方はたくさんいらっしゃるはず。 見た目やニオイだけで、もうダメ!というコメントが多数寄せられています。 ちなみに食いしん坊のナビもコレは食べられません。 見たり聞いたりしたところ、周りの韓国人の中でも、好きな人、食べられる人合わせて5割程度、無理、嫌いって人が5割程度でしょうか。 昔は美味しかった、との意見も!? <みんなのコメント> ・見た目ノックアウト ・まずあの臭いにノックアウトされ見た目でダウンしました。 ・最初からポンテギなどは手を出しません。 ・日本にもありますがホント無理です ・露店の虫?? ・だめなものはやはり露店で売っている蚕のサナギでしょう。 ・2度と食べられません。 ・無理です(><)食べたことはないですが・・・ ・2度目はないなって思ったものは。。。。 ポンテギ様でした。 土の味がしてダメでした。 実際はそんなに独特の香りやクセもなく意外とあっさりしている料理なんですが・・・。 食べてみたけどやっぱりイマイチって声も。 黒くないスンデ、スープになったスンデグッ、野菜や春雨なんかとと一緒に甘辛く炒めたスンデポックンなどもありますョ! <みんなのコメント> ・これはどうみてもビジュアル的に無理です。 ・グロクて食べれません。 ・二度とないなとは思わなかったけれど、スンデは少し苦手かも? ・見た目も味もいまいち。。。 ・まだマズイ料理には出会っていませんが、スンデは挑戦してみたいと思っています。 辛すぎた、期待が大きすぎた、などの意見が~。 ナビもその昔、初めて韓国の屋台でトッポッキを食べた時は火を吹きました。 その時は「期待外れ!!」と思ったものですが、その後そんなに辛くないもの、お鍋のものなどいろいろ食べるうち、その美味しさを発見^^ <みんなのコメント> ・辛すぎました。 ・期待していただけに、期待の味にめぐりあわず、それから食べていません。 ・屋台のトッポギが美味しいけれど辛すぎて残してしまったので、申し訳ないのでそれからは屋台ではなくレストランでたべています。

次の

韓国料理店に負けない韓国家庭料理レシピ「眞味」

韓国 料理

ソウルの精進料理店の膳 では、現在が盛んなため、食を中心にしてきたように考えられることが多いが、半島の北半分はに属し、伝統的に稲作が行われていた地域は南の地域の中でも南西部の一部に限られており 、食文化的にはや、、、、同様にになってから導入されたといったで得られるを主食素材としてきた地域も多い、雑穀飯を食べていた。 東部全域を見渡すと、南方の稲作文化圏と北方の畑作・文化圏の境界部・接点に位置すると言える。 又、栽培されたおよび、、、(トラジ)といったの消費量が世界的に見ても高く、それらを用いたメニューが多い。 また海に囲まれた地理ゆえ、類や魚介類の消費量も多く、魚介類の生食も行われるようになった。 韓国では以前は一般家庭では肉よりも魚や野菜を主とした食卓が普通であった。 の影響を受け、一部で寺刹料理、を食べる人もいる。 周辺のやと比べ、類(湯:タン、クㇰ)が多く、唐辛子を用いた料理が多い。 唐辛子は元々原産だが、に日本を経由して朝鮮半島に入り(このため当初「倭芥子」と呼ばれた )、現在の韓国・朝鮮料理に彩りと辛みを添える上で欠かせない食材の一つとなっている。 のの思想にのっとり、 五味(甘・辛・酸・苦・塩)、 五色(赤・緑・黄・白・黒)、 五法(焼く・煮る・蒸す・炒める・生)をバランスよく献立に取り入れることを良しとする。 一食の構成は、メインメニュー(多くはスープ類)に御飯(白米、や、その他の穀物を炊き合わせた雑穀米など)と、、等のおかず(ミッパンチャン)が数種類という組み合わせであり、の飯床(パンサン)のルール(「韓定食の献立」で後述)にある程度従っている。 食堂ではキムチなどのミッパンチャンは無料で供され、お代わりも自由である。 や等は(軽食)とみなされ、おかずの種類が少なめの小膳が組まれることが多い。 一般におかず類の味付けには、、、、、等による合わせ調味料「(薬念)」を用いる。 肉は、、、、又そのも使う。 野菜や山菜からなるは各家庭で常備してあり、毎回の食事で多種類のおかずが食卓に並ぶように配慮するのが一般的である。 朝鮮半島にはという食用が存在し、韓国ではもよく食べられる。 2006年、韓国の国務調整室が行った調査結果によると、今も年間200万頭の犬が食べられている。 の開催を境に違法となったが、ソウル市内だけで今も530店舗ほどの犬肉料理店が営業を行っている。 寒冷な気候から保存食であるが発達した。 や、といった類や、の内臓を発酵させた等を、各家庭ごとに作る。 保存食としては、他に魚のや(塩辛)、に似た、乾燥させた山菜や海草類も作られている。 様式・マナー [ ] チョッカラッ 食事には、製の(スッカラッ)と(チョッカラッ)を用いる。 食器は、現在、白いプラスティック製やステンレス製が一般的である。 毒物による暗殺を恐れた王族や両班が、化学変化しやすいやの食器を使用することもあった。 匙と箸は、日本と同じく横向きに置いていたが、現在では食卓の右側に縦向きに並べる。 匙と箸を併せてスジョ( 、匙箸)といい、匙と箸を置く日本ののようなものはスジョパッチム( 수저받침)という。 箸を器の上に置くのは日本同様マナー違反であるが、食事中、匙を器の中に入れておいたり、器の端にかけておいたりすることもある。 食器を持ち上げるのは原則マナー違反であり、食器は持ち上げずに置いたまま、ご飯や汁物は匙で、汁のないおかずは箸を使って口に運ぶ。 ただし、スンニュン(に湯を加えてお茶のようにしたもの)を飲む時や、冷麺を食べる時、汁物を食べ終わって最後に飲み干す時などは、器を持ち上げても構わないとする見解もある。 床に座って食事をする場合、片膝立座で座るのが朝鮮の正式である。 の影響で、目上の人より先に箸を付けず、目上の人と酒を酌み交わす際には左手をひじや胸に添える。 また目上の人の前で飲酒をする場合、目下の者は目上の人から顔を背け、手で口元を隠して飲まなければならない。 また女性は、酌をしてはいけない。 食事中の喫煙は目上の人の前では許されず、たとえ街角の屋台であっても、年長者に先立って煙を吹かすのは不快感を与える場合があり、言付け程度の許可は必要である。 客人として招かれたときは、完食せずに残して「十分な量が振舞われた」ことを示すことが美徳とされてきた。 ただし現在は、完食して「ごちそうさまでした」でも問題ない。 [ ] 飯床 [ ] 伝統的なご飯膳の組み方を飯床(パンサン)という。 「床」とは食べ物をのせる膳のことであり、飯床とは朝夕の献立で、主食のご飯と副食で成り立っている(昼食は(チョムシム)と呼ばれ、「心に点をつけるように」お粥や麺類で軽く済ませることが多い)。 飯床では、ご飯、スープまたは、キムチはすべての場合についてくる。 その他におかずの数によって、三楪飯床(サンチョプパンサン)、五楪飯床(オーチョプパンサン)、七楪飯床(チㇽチョプパンサン)、九楪飯床(クーチョプパンサン)、十二楪飯床(シビチョプパンサン)とおかずの数が増える(楪(チョプ)とは蓋付きの器の意)。 一般家庭では三楪か五楪の膳が組まれ、七楪、九楪となるとかなり豪華な膳である。 十二楪はかつての宮廷だけの献立であった。 飯床は、日本の本膳の立て方とも共通点が多い。 飯床を基に食堂のメニューとして発達したのが韓定食(ハンジョンシク)であるが、韓定食の名は古い文献には出てこない。 各地のの御膳が商品化されたという説が有力。 三楪飯床(一汁三菜) ご飯、スープ、一品、(ジャン)類(調味料)一品、チョリム(煮付け)または(焼き物)一品、または生菜(センチェ)一品、常備菜(チャンアチ、、(干物))一品 五楪飯床(二汁五菜) ご飯、スープ、チゲとチム(煮物)とジョンゴル(鍋物)との中から一品、キムチ二品、醤類二品、チョリム一品、クイ一品、ナムルまたは生菜(センチェ)一品、(煎)一品、常備菜(チャンアチ、塩辛、チャーバン)一品 七楪飯床(二汁七菜) ご飯、スープ、チゲ、チムまたはジョンゴル、キムチ二品、醤類二品(または三品)、ジョン一品、片肉(、茹で肉)または(刺身)一品、チョリム一品、クイ一品、ナムル一品、生菜一品、常備菜(チャンアチ、塩辛、チャーバン)一品 九楪飯床(二汁九菜) ご飯、スープ、チゲ二品、チム一品、ジョンゴル一品、キムチ三品、醤類三品(または二品)、ジョン一品、片肉またはフェ一品、チョリム一品、クイ一品、ナムル一品、生菜一品、チャンアチ一品、塩辛一品、チャーバン(干物)一品 十二楪飯床(二汁十二菜) ご飯二品、スープ二品、チゲ二品、チム一品、ジョンゴル一品、キムチ三品、醤類三品、片肉一品、ジョン一品、フェ一品、チョリム一品、クイ二品、ナムル一品、生菜一品、チャンアチ一品、塩辛一品、チャーバン(干物)一品、卵一品 節日の料理 [ ] の供え物 によって行事を行い、毎に家庭で食材を仕込む習慣がある朝鮮半島では、行事に合わせて チョルシク(節食)と呼ばれる特別料理を食べる伝統もまだ生きている。 中国や日本の習慣とも関連がある。 、旧暦1月1日。 に当たるセージョンサン(歳饌床)。 トックク(の雑煮)、 ()(ユグァ、揚げ菓子)、肉類、などを用意する。 () 、旧暦1月14日から15日。 ナムルとともに(五穀飯)を9回食べる他、(ヤクシク)を食べる。 () 、旧暦3月3日。 野に出て遊ぶファジョンノリ(화전놀이)を行う。 が咲く地方では、とを入れた汁にゆでたツツジの花を入れたチンダルレファチェ(の ())を飲む。 春の花を乗せて焼いた丸いお焼き、ファジョン( ())を食べる。 燈夕(トゥンソク) 4月8日の。 寺に参ったり、でもてなす。 (タノ) 旧暦5月5日。 やを練り込んで車輪の型で押したトック(車輪餅 チャリュンビョン)やのファチェをいただく。 (チュソク) 旧暦8月15日の仲秋節。 先祖に供えるための供え物を用意する。 などのを詰め、松葉と共に蒸したソンピョン(송편、松편)というトックを食べる。 (トンジ) にパッチュク()を食べる。 地方料理 [ ] 韓国には、人は生まれ育った土地のものを食べていれば健康が保てるという意味の「(シンドブリ)」という言葉が日本から渡り、好まれて使われている。 ここでは、朝鮮半島およびその他の朝鮮民族居住地域の地方料理を紹介する。 麺類では、小麦の生産がさかんな南部でが発展したのに対し、ソバやジャガイモの生産がさかんな北部ではが発展した。 ソバの実を使った麺を冷麺といい、ソバの殻を使った麺を という。 北部の冷麺にも地方ごとにさまざまな特色があるが、とりわけ有名なものが 冷麺である。 この平壌冷麺と そして の3つが、李氏朝鮮時代の三大料理とされる。 冷麺のスープにはの水が使われ、その水のおいしさが冷麺の味の秘訣とされる。 冬に食べる冷麺の味が最高とされ、「以冷治冷(イネンチネン)」すなわち冷たさで寒さを治める食べ物とされた。 1920年代にはすでに内に冷麺を売る店があり、麺だけ買って家でスープをかけて食べられることも多かった。 韓国には、によって北側から南側に移り住んだ人々が冷麺店を次々に始めたため、急速に広まった。 現在でも、韓国の冷麺店では郷土を懐かしむ北部訛りの人々が集まるという。 平壌で最も有名な冷麺店は「」であり、料理人三百人、一日一万食を売るという大店舗である。 によると「玉流館」で食事をするのは軍や党の幹部以外の一般庶民にとって容易ではなく、職場で食券の配給を受ける必要があったという。 食券のない者は朝から当日券のために並ぶ必要があり、そのためのダフ屋もいた。 、「玉流館」がソウルに支店を出店して話題となったものの現在は閉店している。 北朝鮮の味付けは淡白、薄味が好まれるとされ、この平壌冷麺も拍子抜けするほどあっさりしたスープの味が本物に近いという。 玉流館で修行経験がある料理人が2000年に脱北し、現在、ソウルで玉流館レシピで作る平壌冷麺の店を経営している。 そのほか、クッパも北朝鮮が本場であり、北からの移住民によって韓国に広まった料理である。 また、温飯(オンバン)も平壌で発達したクッパの一種である。 咸鏡道で多く取れるジャガイモのでんぷんから作った麺に、辛いコチュジャンだれをからめた ビビン冷麺(ノンマグクス)は、平壌冷麺と並んでよく知られている。 韓国では 冷麺と呼ぶが、これは咸鏡道出身者によって平壌冷麺と差別化のために名づけられた呼称である。 平壌冷麺と比べて麺が容易に噛み切れないが、咸鏡道出身者にとっては噛み切ることで冷麺の味が分かるという。 黄海道は穀倉地帯で、北朝鮮のほかの地域に比べて食文化が豊かとされる。 北朝鮮で有名な ビビンバはで炒めた飯を使うのが特徴。 また生のナムルではなく干したものを使うことも特徴である。 また、北朝鮮では淡白な味を好むためか、ビビンバはコチュジャンではなくカンジャン(醤油)で食べるという。 1970年代ので、工場"クァンシン製麺"で間違って太く作られた冷麺の麺に、甘辛いたれをからめた チョル麺が生まれた。 また仁川のが発祥といわれる も有名である。 朝鮮半島の中西部に位置し、米や麦などの穀物類を中心にククス(汁麺)・トック(餅類)などの種類も多い。 カルグクスの前身ともいわれる ジェムルクッスが有名。 味付けは比較的薄味で量は大目に供される。 の都があった全羅道は肥沃な平野に属し、穏やかな気候ゆえ古来から農耕文化の中心であった。 また海産物や山菜が豊富であったゆえ食文化が発達し、現在味といえば全羅道として韓国人に認識されているほど食文化の本場とされている。 それは、グルメ番組で店主が全羅道出身であることが強調されるほどだという。 全州文化院のソ・スン院長によれば、全羅道で食文化が発達した背景には、宮廷料理、両班の料理、庶民の料理が分けられていた王朝時代において、食材豊かだった全羅道は他の地域に比べて庶民が両班の料理をまねしやすく、両班の料理が郷土料理として定着したことにあるという。 ビビンバで最も有名なものが全州ビビンバである。 韓国でビビンバといえば、全州式であることが多い。 南北東西と中心を表す「青・赤・黄・白・黒」で具がまとめられているのが特徴である。 またの北にある黄登面には、日本統治時代が発祥の 黄登ビビンバがある。 を韓国伝統の手法で発酵させた は、全羅道を代表する料理。 平壌冷麺や咸興冷麺よりも知名度は低いが、昔から平壌冷麺と並び有名だったものに 冷麺がある。 1994年の北朝鮮の文献『朝鮮の民族伝統』でも、この二つを冷麺の一番として紹介している。 晋州冷麺の他の冷麺と大きく異なる特徴は、海産物を使った独特のスープである。 晋州ではかつて「北の平壌、南の晋州」といわれるほど文化が発達しており、この料理は料亭で富裕層の朝鮮人や日本人、妓生たちによって食べられていた。 また 晋州ビビンバは、彩の美しさから「花飯(ファパン)」とも呼ばれる。 起源には諸説あるが、最もよく言われるのはのとき、軍人たちが簡単に食べられるように作られたとするものである。 の代表的料理は ミルミョンである。 伽倻2洞の店から広まったため 伽倻ミルミョンと呼ばれることが多い。 「ミル」とは朝鮮語でのことであり、その名の通りで作られた黄色い麺の料理である。 北部からの移住者が創始者で、米軍が配給した小麦に目を付けて小麦の麺で冷麺を作ったところ、すぐ噛み切れるために気性のせっかちな釜山の人々に好まれたのだという。 また、北朝鮮が本場のスンデクッパが釜山に伝わった際、釜山の人々は内臓食を好まず、戦後に比較的入手しやすかった豚肉をのせ、すぐに用意できる テジクッパが生まれたといわれる。 は、東莱とで採れるを入れることによって生まれた独特なパジョンである。 酢入りの、チョコチュジャンを付けて食べる。 江原道の料理は、を擁する山深い地形と不可分の関係にある。 を溶いて薄くのように焼いた、 メミルジョンピョン(チョントック)という料理が知られている。 温暖であるが火山島のために肥えた土壌が少なく、また、がの住民への妨害のために消化の悪いの種を伝えたため、朝鮮で初めてソバの実が伝わったのが済州道である。 チョントックとよく似た ピントックという料理がある。 周囲は、、などの漁や、、、などの漁が盛んな海のため、これらを使った料理が多い。 刺身と、などの薬味を唐辛子や酢で味を付けた氷入りの汁で食べる ムルフェ、、干物の、アワビ粥(チョンボクチュク)、ウニワカメスープ、海産物スープの トゥッペギなどが有名。 また、伝統的には家庭ので飼っていた(フクテジ)を使った オギョプサルやなどの焼き肉料理も有名。 味付けは、唐辛子の辛みが少ない。 のなどのに多く居住する朝鮮族の料理は、中華料理の地方料理であるに影響を与え、近年は中国の各地にも店が増えつつある。 また、犬肉文化が盛んである。 内には多くの犬肉料理店があり、市内を走る海蘭路は「狗肉路」と呼ばれている。 韓国における外食産業 [ ] の食堂で出された朝食。 定食には大根などが決まってついてくる。 庶民の生活に定着しているものにがある。 屋台にはノジョム(露店)とポジャンマチャ(「布張馬車」=幌馬車)がある。 ノジョムは、(韓国式海苔巻き)、(のこと)などの軽食や、、(に似た「フナ焼き」)などのおやつ類を販売し、立ち食いが主となる。 いっぽう、ポジャンマチャは可動式ので、椅子を置き、周囲をビニール幕などで覆うことが多い。 リヤカーを改造した程度の小規模なものが主流だが、周辺にテーブルセットをいくつか配して大型の店舗形態を成すものもある。 厳寒の冬季にはを入れて営業する。 メニューはとなるや魚介の炒め物、などから、スープや麺類まで幅広い。 日本の居酒屋的存在といえるのがHOF(ホープ)である。 ぱっと見た限りではバーのような外観のところも多いが、多人数で気軽に飲食できるので若年層に人気がある。 学生街や繁華街などに多い店舗形態である。 多くのHOFでは客が長居をするほどなどをサービスで提供する。 これはサービス品の単価よりも客回転を下げてでも飲み物(酒類)による利益が高いためである。 その他の庶民料理としてプンシク(粉食)があり、代表として(ラーメン)がある。 を入れる鍋料理「(部隊チゲ)」があるほどポピュラーなラーメンだが、日本のような専門店は一般的ではなく、プンシク店でもインスタントが主流である。 このほかやキムパブ、トッポッキなどをプンシク店では安価に供する。 一方、ラーメンと同様に中国にルーツを持ちつつ、韓国風にアレンジされた(炸醤麺)等が中華料理店などの主力メニューになっている。 近年、宮廷料理や家庭料理等を取り入れたコース料理の韓定食が多くの韓国料理店で出されている。 (九節板/九折坂)と呼ばれるに基づいた色とりどりの食材を小麦粉と卵を用いて作られた皮に包んで食べる料理等が有名である。 また、出前文化も発達しており、やなどはもちろんのこと、上記のプンシクやチャジャンミョン、その他さまざまな出前が利用されており、家庭や職場などでも出前を頼むことが可能である。 一般的な韓国料理屋の場合、ナムルやキムチなどの一部惣菜を注文とは別に提供する事が多い。 その惣菜は食べきれない場合残すことがマナーとされている。 一方、多数の店で客の残した惣菜や料理の食べられない部分を盛り直して提供、あるいは他の料理に再利用することがあり、衛生上の問題や客からの苦情が多い。 2009年6月の改正食品衛生法で禁止されるものの、依然そのような行為が横行している。 代表的なメニュー [ ] スープ類(タン/湯、クク) [ ] マンドゥクッ 基本的に具が少なく一人ずつ供されるを指すのだが、実際にはやの様相となるものも多い。 スープ(クク)に飯(パプ)を入れて食べるとクッパとなる。 :名は「汁」だが実際は豚の背骨にしゃぶりつく鍋料理。 :骨付きカルビ肉で作るスープ。 澄んだものと白濁したものがある。 :ソルロンタンと似た白濁スープ。 牛の尾で作るとコリコムタンと呼ばれる。 (参鶏湯):若鶏にもち米と、などを詰めて煮た薬膳料理。 :牛の肉・骨で作る代表的な白濁スープ。 食前に各自で味付けする。 :鶏肉とジャガイモなど野菜を辛味で煮込む家庭料理。 :をすり潰して入れるスープ。 丸のまま入れるものもある。 :牛のとその付近の肉を煮込んで作るスープ。 (内臓湯):と野菜を煮込んだスープ。 (補身湯):の鍋料理。 盛夏などに栄養をつけるとして食べる料理。 :のアラなどでダシを取って作る、その名も「辛いスープ」。 :の切り身が入った辛味のスープ。 アルタン:を具として辛味に煮込む料理。 酔い覚ましに良いと言われる。 シレギタン:などの青菜を辛く煮た汁物。 家庭料理。 :酔い覚まし用スープの総称。 ソンジ(牛の血を固めたもの)を入れたものなどが有名。 :スープ。 冷たいまま、もしくは凍らせて食べる。 鍋類(チゲ、チョンゴル) [ ] 類の方がスープ類より汁が少なく、具沢山とされるが、区別は曖昧である。 (煎骨)は数人で1つの鍋をつつくスタイル。 :醗酵が進んだキムチと肉・野菜で作る代表的家庭料理。 コプチャンジョンゴル:牛の()を使った辛味のホルモン鍋。 スンドゥブチゲ:(おぼろ豆腐)を入れた辛いチゲ。 チャムチチゲ:缶を使ったキムチチゲ。 :肉・野菜を味噌(テンジャン)味で煮込んだチゲ。 トゥブチゲ(豆腐チゲ)• トンテチゲ:冷凍を使った辛いチゲ。 (部隊チゲ):やラーメンを辛いスープで煮込んだチゲ。 チョングッチャンチゲ(清麹醤チゲ):肉・野菜をチョングッチャンで煮込んだチゲ。 肉類 [ ] タッカンマリ• :あばら肉。 牛カルビはソカルビ。 その焼肉がカルビグイ。 味付けしないで焼くこともある。 :豚を使う非常にポピュラーな焼肉。 コチュジャンなどを付け、サンチュ、の葉などで巻いて食べる。 :カルビとあるが実際は鶏肉ぶつ切りを野菜と辛味で炒める鉄板料理。 :文字通り「鶏一羽」を水炊きし食卓で取り分け、好みのタレで食べる。 :をカルビの形にして焼いた料理。 :鶏肉の小片とタマネギを串に刺して焼いた料理。 :葉野菜等で具を包んで食べる料理。 :茹でて薄切りにした豚肉のサム。 ウォルナムサム :ライスペーパーを使用したサム、ウォルナムは南越の事。 :を絡めたフライドチキン。 :生ののヤンニョム漬け。 唐辛子味と醤油味がある。 - 醤油の味付け ヤンニョムケジャン - 唐辛子の味付け• :生きたテナガダコをぶつ切りにした「踊り食い」。 :、などと野菜の辛い煮付け。 :ポックムは。 タコの辛味炒め。 イカで作るとオジンオボックム。 (鱠):生の魚介の韓国風、あるいは野菜などとの和えもの。 白身魚が主流。 貝類、ヤリイカ類、なども用いる。 :魚・貝などヘムル(海のもの)を豪華に入れた海鮮鍋。 (洪魚鱠):の刺身。 珍味として発酵させ、臭があるものが有名。 野菜類 [ ] ナムル• :白菜・大根などの野菜を漬け込んで発酵させた代表的食品。 朝鮮半島では毎年秋に越冬用として大量のキムチを漬ける。 これを「 キムジャン」といい、2013年のに登録された。 (雑菜):と野菜の炒め物。 家庭から宴席までの定番。 :モヤシ等の野菜、ゼンマイなどの山菜を味付けして和えたもの。 お焼き類(チョン/煎) [ ]• :標準語では「プチムゲ」。 はネギのお焼き。 :魚、肉、野菜などに衣をつけて焼いた料理。 :のチヂミ。 蒸し物類(チム) [ ] チムには蒸し物と蒸し煮という意味があり、両者の代表的なものを挙げる。 :日本で言うに似ているが、具材は多様で丼程度の量が多い。 :の蒸し物。 大量のモヤシとともに辛めに蒸し煮にする。 ご飯類(パ プ/飯) [ ] 石焼ビビンバ• :韓国版海苔巻き。 酢飯ではない。 「三角キムパブ」といえば「おにぎり」のこと。 (ク クパ プ)• :ご飯にサムジャンをつけサンチュなどの葉菜で巻いて食べる。 チュ ク():朝食などのほか、宴席の前菜としても供される。 日本の粥と異なり米の粒が残らない程度につぶしてある。 パッチュ ク:白玉団子の入った。 :米を穀類や豆とトルソッ(石釜)で炊いた釜飯。 おかずと供する。 (ピビ ムバ プ)。 石釜のものはトルソッピビンパ。 ポック ムパ プ():キムチポックムパブなど。 麺類(ミョン、ククス) [ ]• :小麦粉で作った細い様の麺。 麺類全体をさす言葉でもある。 :ククスをスープに入れた温麺。 :をスープにした冷製の麺料理。 夏の風物詩。 :ククスを薬念で和えた辛い冷麺。 (ネンミョン):ムル(スープ)冷麺とピビム(混ぜ)冷麺がある。 :中式(中華風)の国民食。 韓国風にアレンジされた。 :唐麺(タンミョン)と呼ばれるを野菜などと炒めた料理。 :中式。 スープに粉唐辛子が入っている。 粉食(プンシク)類 [ ] シンソルロ• クジョルパン():小さなクレープ様のチヂミで野菜などを巻いて食べる。 シンソルロ(神仙爐):独特な形状の一人用鍋で供する宮廷鍋料理。 その他(食材など) [ ]• :お土産でおなじみ。 ごま油と塩で味付けされたものが主流。 :韓国風。 豚の血を使うため黒い。 そのまま、あるいは調理して食べる。 :塩辛、。 の、小エビのセウジョッなどがある。 チョッパル:茹でた。 酒肴の定番。 「豚を溶かす」と言われるセウジョッ(アミの塩辛)をつけて食べる。 :のを煮た伝統的な間食。 :蒸したり煎ったりしたを混ぜ合わせたもの。 :、緑豆、などの粉で作る寄せもの。 野菜と和えるか、薬念のタレをつけて食べる。 (肉水):肉の茹で汁。 として利用する。 菓子類 [ ] 韓国では、甘さ控えめの味付けが好まれる傾向がある。 :の総称。 搗き餅、蒸し餅など種類が豊富。 :を細い糸状に伸ばしてなどを包む。 別名ヨンスヨム(竜髭)。 :に似ているが、中に鶏卵が入っている。 ヤックァ():小麦粉に蜂蜜や胡麻油を練り込んで成形し、揚げた菓子。 ヤクシク():蒸したと小豆、、、、醤油、ごま油、、を混ぜ合わせて蒸した菓子。 :小豆と果物などをトッピングした。 :小麦粉を溶いた生地で、蜂蜜、などを包んで鉄板で焼いた菓子。 :韓国版。 「プンオ」とはの意。 ホミルホドゥ(ホドゥグァジャ):ライムギと小麦粉と砂糖を混ぜ合わせた生地のクルミ入り饅頭。 「ホミル」とはの意。 「ホドゥグァジャ」とは胡桃菓子の意で、胡桃の香ばしいにおいがする。 飲み物 [ ]• 実際にはにより 한궁뇨리、ハングンニョリと発音される。 リンク切れ• 李信徳『韓国料理 伝統の味・四季の味』(、2001年) 29頁• 『芝峯類説』、1613年• 李信徳 2001 , 韓国料理 伝統の味・四季の味, , p. 171• 朝日新聞 コリアうめーや!! 2007年7月24日• 李、p. 171-172• 朝日新聞社『週刊朝日百科 世界の食べ物 朝鮮半島2』(第8巻80号、1983年)pp8-253-256• 鄭銀淑『韓国の美味しい町』(光文社、2006年)• コリアワールドタイムズ. 2020年2月22日. 2020年6月25日閲覧。 李信徳『韓国料理 伝統の味・四季の味』(、2001年) 257頁• 朝倉敏夫『世界の食文化 1 韓国』 農山漁村文化協会、2005年) 25頁 参考文献 [ ]• 黄慧性・石毛直道『平凡社ライブラリー 韓国の食(新版)』(、2005年)• 李信徳『韓国料理 伝統の味・四季の味』(、2001年)• 朝倉敏夫『世界の食文化 1 韓国』 農山漁村文化協会、2005年) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

旅行前に必見!韓国料理人気ランキング

韓国 料理

不動の人気、第1位はサムギョプサル!お店によって熟成させたり厚みを調整したりとこだわりアリ。 行者にんにくの葉で包む、餅を巻く、など様々な食べ方を楽しめる、差別化された店舗が増えています。 常に2TOPに入っていたカンジャンケジャンを押しのけてチキンが2位にランクイン!チキン&ビールの組み合わせ「」の魅力にハマる人が続出しています。 韓国チキンの魅力はなんといってもバラエティ豊かなメニュー!などのサイドメニューも充実していて、新商品が出るたびに話題になります。 また、旬なK-POPアイドルがモデルを務めることも多く、シーズンごとに注目を集めます。 3位のカンジャンケジャンは、とろけるような口当たりと甘みが特徴の人気グルメ。 春は産卵期を前にしたメス、秋は栄養分をたっぷりと蓄えたオスが美味しいと言われています。 韓国風中華料理の代表格「ジャージャー麺」は4位!黒いソースは日本では珍しいですが、韓国ドラマや韓国映画のワンシーンに良く登場するので、気になって食べてみる人も多いのだとか。 ジャージャー麺風のインスタントラーメン「チャパゲティ」は、「」で登場した料理「」に、使う材料としても注目を浴びました。 6位にランクインしたのは、ちょっとした朝ごはんにもぴったりの韓国海苔巻き「キムパッ」。 最近は、チェーン店のみでなく、おしゃれな専門店でも提供されるようになり、ユニークなキムパッを楽しめるようになりました。 こだわり厳選食材を使用した健康志向キムパッや、海苔でくるまれていない「」のような変り種キムパッなど、キムパッと言っても味や形は様々!キムパッの深みにハマっていく人多し。 10位以下には人気上昇中のメニューがランクインしています。 「カンジャンセウ」は1人前のワンプレートでいただける店舗も多く、その気軽さから女子から好評。 「」で紹介された鍋料理「」にも入っている、テナガダコの「ナッチ」は、プリプリの食感と辛めの味付けが美味しく、虜になったリピーターも! 「ガイド」で紹介されている専門店もある「ユッケ」。 日本でなかなか楽しむことが出来なくなったので、韓国に来たタイミングで食べよう、という人も多いようです。

次の