今日のドルウォン。 〔マーケットアイ〕外為:韓国ウォンも急落、悪材料山積で追加利下げ観測

韓国 ウォン に対する 米 ドル の為替レートのグラフ: 過去の為替レート (180 日グラフ)

今日のドルウォン

239325 1205. 530000 1371. 772587 226. 110361 841. 339387 172. 452614 1514. 025127 788. 657726 865. 792876 37. 969449 40. 920910 71. 981824 887. 789970 175. 771670 155. 480035 1274. 748863 282. 259424 53. 736739 24. 322694 16. 033116 0. 082009 16. 807012 132. 693091 129. 487648 184. 258552 328. 169321 1. 526934 0. 005386 3915. 965568 321. 414669 283. 114535 0. 173908 75. 345625 0. 330567 1697. 929577 343. 710441 0. 793895 107. 230000 122. 017017 20. 112161 74. 835817 15. 339389 134. 670157 0. 088943 70. 149866 77. 010916 3. 377323 3. 639851 6. 402670 78. 967523 15. 634614 13. 829705 113. 386909 25. 106532 4. 779799 2. 163465 1. 426120 0. 007295 1. 494957 11. 802842 11. 517723 16. 389509 29. 190146 0. 135818 0. 000479 348. 318987 28. 589330 25. 182593 0. 015469 6. 701875 0. 029403 151. 028169 30. 572504 0. 070616 情報提供元:.

次の

韓国ウォン続落の記事が拡散ー【ドル円 今日の予想・ターゲット】

今日のドルウォン

[東京 5日 ロイター] - <13:47> 韓国ウォンも急落、悪材料山積で追加利下げ観測 韓国ウォンが大幅安。 対円相場は現在1ウォン=11.5円付近と、トランプ米大統領が中国への追加関税を表明した1日から3営業日続落。 対ドル相場とともに、16年6月以来3年2カ月ぶり安値を更新した。 多くのアジア通貨の対ドル相場が数カ月ぶりの安値圏にとどまる中、ウォン安が突出しているのは、悪材料の多さに懸念が広がっているため。 米中対立はもちろんのこと、北朝鮮のミサイル発射に加え、日本が輸出優遇措置の適用除外としたことも、景気減速への警戒感につながっているという。 韓国銀行(中央銀行)は今月18日の会合で、据え置き予想に反して3年ぶりの利下げに踏み切った。 それでも市場では「近いうち再び利下げに追い込まれる」(外銀)との観測が絶えない。 ドルは105.98円付近で下げが一服。 <12:57> ドル105. 78円、中国が国営企業に米国産農産物の輸入停止要請との報道 ブルームバーグ通信は5日、中国政府が国有企業に対し、米国産の農産物の輸入を停止するよう要請したと伝えた。 ドルは正午過ぎに105.78円まで下げ幅を広げた。 <12:14> 正午のドルは106円付近、7カ月ぶり安値 元急落で円全面高 正午のドルは前週末NY市場終盤の水準から大幅安の106円付近。 一時105.80円まで売られ、今年1月3日以来7カ月ぶり安値を更新した。 円高が勢いづいたのは午前10時過ぎ。 中国市場で取引が始まった人民元が2008年以来11年ぶりに1ドル=7元を超える下げとなったことで、景気減速や資本流出への懸念からアジア株が軒並み安となり、円高が加速した。 円はドル以外の通貨に対しても大きく上昇。 ユーロや豪ドル、NZドルなどに対して、1月に急騰した際に付けた高値を上抜けた。 トレイダーズ証券市場部長の井口喜雄氏によると、同社顧客の8割超はこの円高局面で、ドルを買い向かっているという。 「プロの売り対個人の買いという構図。 今後夏休みで取引量が少なくなると、個人のストップロスを狙った売りが出やすくなる。 早朝の薄商い時などは円急伸に警戒が必要」と話している。 <10:44> ドル105円台へ下落、人民元急落 円全面高 中国人民銀行が設定したきょうの対ドル基準値は、1ドル=6.9225元と市場予想より元安となった。 当局が元安を容認したとの見方から、人民元は一段安。 オフショア、オンショアともに1ドル=7元台へ下落した。 元急落を受けてアジア株は総崩れで、ドルは105.80円までさらに下落。 1月3日以来の安値を更新した。 「個人のストップロスが巻き込まれている」(FX関係者)といい、円が全面高となっている。 <09:42> 1ドル=7元突破目前、なるか3度目の正直 円高圧力の一因 アジア市場朝方の取引で、中国のオフショア人民元が1米ドル=6.98元付近まで下落。 2017年1月以来の安値をつけた。 人民元は16年12月、18年10月の2度にわたり7元台乗せが目前に迫ったものの、08年以来の7元台には至っていなかった。 市場では、通貨安による資本流出を警戒する中国当局が7元台乗せの阻止に動いているとの見方が一般的で、今回も「3度目の正直」が実現するかは不透明との見方が多かった。 しかし、トランプ米大統領が対中追加関税を表明したことで「いよいよ7元を超える可能性が出てきた」(外銀)との声が出始めた。 人民元の下げはドルの上昇要因となるが、元安が中国景気への懸念を強めるため、円にはリスクオフ的な上昇圧力がかかりやすくなるとされる。 JPモルガン証券は5日、人民元が年末に7.10元まで下落すると予想を変更した。 従来は6.80元だった。 きょうもアジア株安を背景に円が堅調。 ドルは外外安値を下回る106.28円まで売られ、1月3日以来の安値を更新した。 <08:02> ドル106. CMEグループのFEDウォッチによると、米金利先物市場が織り込む9月連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ確率は99.6%。 1週間前の56.2%から大きく上昇した。 米10年債利回りも前週の下げ幅は7年ぶりの大きさで、2年9カ月ぶり低水準となる1.83%台まで低下した。 前週の米株式市場の下げ幅も、S&Pとナスダックがともに年初来最大の下げ幅を記録。 金利低下がドル安に、株安が円高に作用する展開で「ドル/円は上値が重くなりやすい」(トレーダー)という。 全スポットレート(ロイターデータ) アジアスポットレート(同) 欧州スポットレート(同) 通貨オプション スポットレート(ロイター・ディーリング約定値) スポットレート(日銀公表) 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

米ドル(USD) へ 韓国ウォン(KRW) 為替 通貨 今日

今日のドルウォン

[東京 5日 ロイター] - <13:47> 韓国ウォンも急落、悪材料山積で追加利下げ観測 韓国ウォンが大幅安。 対円相場は現在1ウォン=11.5円付近と、トランプ米大統領が中国への追加関税を表明した1日から3営業日続落。 対ドル相場とともに、16年6月以来3年2カ月ぶり安値を更新した。 多くのアジア通貨の対ドル相場が数カ月ぶりの安値圏にとどまる中、ウォン安が突出しているのは、悪材料の多さに懸念が広がっているため。 米中対立はもちろんのこと、北朝鮮のミサイル発射に加え、日本が輸出優遇措置の適用除外としたことも、景気減速への警戒感につながっているという。 韓国銀行(中央銀行)は今月18日の会合で、据え置き予想に反して3年ぶりの利下げに踏み切った。 それでも市場では「近いうち再び利下げに追い込まれる」(外銀)との観測が絶えない。 ドルは105.98円付近で下げが一服。 <12:57> ドル105. 78円、中国が国営企業に米国産農産物の輸入停止要請との報道 ブルームバーグ通信は5日、中国政府が国有企業に対し、米国産の農産物の輸入を停止するよう要請したと伝えた。 ドルは正午過ぎに105.78円まで下げ幅を広げた。 <12:14> 正午のドルは106円付近、7カ月ぶり安値 元急落で円全面高 正午のドルは前週末NY市場終盤の水準から大幅安の106円付近。 一時105.80円まで売られ、今年1月3日以来7カ月ぶり安値を更新した。 円高が勢いづいたのは午前10時過ぎ。 中国市場で取引が始まった人民元が2008年以来11年ぶりに1ドル=7元を超える下げとなったことで、景気減速や資本流出への懸念からアジア株が軒並み安となり、円高が加速した。 円はドル以外の通貨に対しても大きく上昇。 ユーロや豪ドル、NZドルなどに対して、1月に急騰した際に付けた高値を上抜けた。 トレイダーズ証券市場部長の井口喜雄氏によると、同社顧客の8割超はこの円高局面で、ドルを買い向かっているという。 「プロの売り対個人の買いという構図。 今後夏休みで取引量が少なくなると、個人のストップロスを狙った売りが出やすくなる。 早朝の薄商い時などは円急伸に警戒が必要」と話している。 <10:44> ドル105円台へ下落、人民元急落 円全面高 中国人民銀行が設定したきょうの対ドル基準値は、1ドル=6.9225元と市場予想より元安となった。 当局が元安を容認したとの見方から、人民元は一段安。 オフショア、オンショアともに1ドル=7元台へ下落した。 元急落を受けてアジア株は総崩れで、ドルは105.80円までさらに下落。 1月3日以来の安値を更新した。 「個人のストップロスが巻き込まれている」(FX関係者)といい、円が全面高となっている。 <09:42> 1ドル=7元突破目前、なるか3度目の正直 円高圧力の一因 アジア市場朝方の取引で、中国のオフショア人民元が1米ドル=6.98元付近まで下落。 2017年1月以来の安値をつけた。 人民元は16年12月、18年10月の2度にわたり7元台乗せが目前に迫ったものの、08年以来の7元台には至っていなかった。 市場では、通貨安による資本流出を警戒する中国当局が7元台乗せの阻止に動いているとの見方が一般的で、今回も「3度目の正直」が実現するかは不透明との見方が多かった。 しかし、トランプ米大統領が対中追加関税を表明したことで「いよいよ7元を超える可能性が出てきた」(外銀)との声が出始めた。 人民元の下げはドルの上昇要因となるが、元安が中国景気への懸念を強めるため、円にはリスクオフ的な上昇圧力がかかりやすくなるとされる。 JPモルガン証券は5日、人民元が年末に7.10元まで下落すると予想を変更した。 従来は6.80元だった。 きょうもアジア株安を背景に円が堅調。 ドルは外外安値を下回る106.28円まで売られ、1月3日以来の安値を更新した。 <08:02> ドル106. CMEグループのFEDウォッチによると、米金利先物市場が織り込む9月連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ確率は99.6%。 1週間前の56.2%から大きく上昇した。 米10年債利回りも前週の下げ幅は7年ぶりの大きさで、2年9カ月ぶり低水準となる1.83%台まで低下した。 前週の米株式市場の下げ幅も、S&Pとナスダックがともに年初来最大の下げ幅を記録。 金利低下がドル安に、株安が円高に作用する展開で「ドル/円は上値が重くなりやすい」(トレーダー)という。 全スポットレート(ロイターデータ) アジアスポットレート(同) 欧州スポットレート(同) 通貨オプション スポットレート(ロイター・ディーリング約定値) スポットレート(日銀公表) 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の