川越 市 給付 金。 【川越市】川越市の公式サイトで特別定額給付金(1人10万円)の情報が公開されています

特別定額給付金(1人10万円)について 所沢市

川越 市 給付 金

小規模企業者であること(常時使用する従業員が20人(卸売・小売・サービス業は5人)以下)• 法人:事業所を市内に有し、同一の業種の事業を1年以上継続して営んでいること。 個人:住所及び事業所を市内に有し、同一の業種の事業を1年以上継続して営んでいること。 納期限が到来した市税に未納がないこと。 許認可等を必要とする事業を行っている場合は、当該許認可等を受けていること。 詳しい内容につきましては、下記のホームページを御覧ください。 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」及び「特別利子補給制度」を併せて活用することで、フリーランスを含む個人事業主や売上が減少した中小企業・小規模事業者について、実質的な無利子・無担保融資を実施します。 (1)「新型コロナウイルス感染症特別貸付」 日本政策金融公庫等では、影響を受け業況が悪化した事業者(フリーランス含む)向け融資制度を新設しました。 本貸付制度は、信用力や担保に依らず一律金利として、融資後の3年間まで0. 9パーセントの金利引き下げを実施します。 「特別利子補給制度」と併用することで、実質無利子化を実現します。 対象要件は、売上高5パーセント以上減少等。 (2)「生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付」 日本政策金融公庫等が、新型コロナウイルス感染症による影響を受け業況が悪化した生活衛生関係営業を営む方に対し、融資枠別枠の制度を新設しました。 担保の有無に依らず一律金利とし、融資後の3年間まで0. 9パーセントの金利引き下げを実施します。 「特別利子補給制度」と併用することで、実質無利子化を実現します。 (3)「特別利子補給制度」 「新型コロナウイルス感染症特別貸付」、「生活衛生新型コロナウイルス感染症特別貸付」を利用した事業者を対象に利子補給します。 注:持続化給付金(個人事業主及び中小企業者向け給付金)ではございません 経済産業省では、中小企業生産性革命推進事業として実施している「小規模事業者持続化補助金」において、新型コロナウイルス感染拡大の影響を乗り越えるため、生産性向上に取り組む事業者向けに補助上限等を引き上げた「コロナ特別対応型」を新たに設けました。 申請には市の認定書が必要になりますので、下記の書類をそろえて申請ください。 ・申請書(下記よりダウンロード):2部 ・登記簿謄本(個人の方は開業届または確定申告書の表紙) ・売上のわかる書類(売上台帳、確定申告書の月別売上表、試算表、通帳の写し等) ・許認可が必要な事業の場合は許認可証の写し(例:営業許可書、宅地建物取引業許可) 申請は郵送でも可能です。 郵送の場合は連絡先を必ずご記載の上、切手の貼った返信用封筒を同封の上、郵送ください。 (提出いただいた書類は返却いたしませんので、ご了承ください。 ) <郵送先> 〒350-8601 川越市元町1丁目3番地1 川越市役所 産業振興課 商業振興担当 宛て.

次の

特別定額給付金について

川越 市 給付 金

支給対象者 今回の緊急支援金の対象となるのは、以下の要件をすべて満たす中小事業者です。 川越市内に事業所を有する 中小企業・ 個人事業主• 支援金申請日までに 3ヵ月以上市内で事業を営み、 今後も事業を継続する意思がある• 新型コロナウイルスの影響により、 令和2年2月~5月のいずれか1月における 売上高が前年同月比で「15%以上50%未満」減少している• 支給金額 支給金額は一律 10万円です。 川越市内に複数の事業所がある場合でも上乗せはありません。 申請方法 申請方法は「電子申請」もしくは「郵送」となります。 電子申請の場合は、以下のページから申し込みます。 郵送の場合は、より申請書類をダウンロードできます。 なお、いずれの場合も 売上減少等を証明する所定の添付書類が必要となります。 詳細は市のホームページもしくは以下のパンフレットにてご確認ください。 申請期限 申請受付は既に2020年5月16日よりスタートしており、 申請期限は2020年6月30日(火)となっております。 ただし、予算内での支給となっており、 予算に達した段階で受付が終了となる可能性もありますので、対象となる方は早めに申請しましょう。 持続化給付金との併給は可能? さて、今回の川越市の緊急支援金はあくまで、国の持続化給付金の対象から外れた事業者の支援を目的としています。 とはっきり書かれています。 ですが、支給対象者の要件をあらためて読んでみると、 川越市の緊急支援金を受け取ったうえで、さらに国の持続化給付金を受け取ることができるケースもあるものと思われます。 たとえば、6月中に申請する場合、• 2020年2月~5月までのいずれかの月のうち、売上高が前年同月比で「15%以上50%未満」減少した月がある• この点、川越市の緊急支援金担当窓口に問い合わせてみたところ、「両方とも対象となる可能性はありますが、7月以降に持続化給付金の対象となりそうな方については、川越市の緊急支援金の申請は控えてほしい」というなんとも微妙な回答…(このご時世、半年先の売上なんて予測できないと思うのですが)。 というわけで、川越市の緊急支援金を受け取った事業者でも、その後の状況次第で国の持続化給付金の申請を行うこと自体は問題ないと思われますが、まさか「だったら川越市の緊急支援金10万円は返金してくださいね」なんてことにはならないですよね…!? 当事務所のサービスメニュー・料金について.

次の

【川越市】川越市の公式サイトで特別定額給付金(1人10万円)の情報が公開されています

川越 市 給付 金

新型コロナウイルスが私たちの暮らしに深刻な影響を与えています。 それを受けて、2020年4月20日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、家計への支援を行うために特別定額給付金事業が実施されることになりました。 その情報は総務省のに掲載されています。 概要は次の通りです。 ・給付対象者は基準日(2020年4月27日)に住民基本台帳に記録されている者 ・受給権者はその者の属する世帯の世帯主 ・受給額は給付対象者1人につき10万円 こちらの実施主体は市区町村なので、私たち川越市民は川越市に対して手続きをするということになります。 2020年5月4日現在、すでに川越市の公式サイトにはが公開されています。 そちらによると、申請方式は「オンライン申請方式」と「郵送申請方式」の二つがあり、「オンライン申請方式」にはマイナンバーカードが必要になるとのことです。 写真はイメージです 「オンライン申請方式」は、5月1日に申請がはじまり、給付は5月下旬頃の開始だそうです。 一方、「郵送申請方式」は、申請に必要な書類の発送が5月下旬頃に始まるということです。 なお、現状は緊急事態宣言下にありますが、この機に応じて詐欺も発生しているようです。 例えば厚生労働省のでは「新型コロナウイルス感染症に関して厚生労働省を装った詐欺にご注意ください」という情報も公開されています。 振り込み詐欺にも要注意です。 特別定額給付金は受け取るもので、こちらから払うことはありません。 繰り返しになりますが、実施主体は市区町村なので、川越市民は川越市に対して手続きを行うことになります。 こちらでも情報が更新され次第、お知らせする予定ですが、正しい情報は川越市の公式サイトにて確認をお願いいたします。

次の