サラマン グレイト レシピ。 ストラクチャーデッキ「ソウルバーナー」3箱デッキレシピの紹介!「サラマングレイト」テーマが大幅強化!

ほぼストラクで作る「転生炎獣(サラマングレイト)」デッキ!!

サラマン グレイト レシピ

やりかたは至ってシンプルです。 ベイゴマックスやガゼル、デバッガー等を召喚、特殊召喚し盤面を整え、ヒートライオ、レイジ、ロアー等で相手の盤面に触って行き、アドバンテージ差を広げて自分に有利な状況にしていきます。 デバッガーは召喚成功時にレベル3以下のサイバース族モンスターをサーチ出来ます。 この効果でガゼル、ミーア、モルなど次の展開に繋げれるモンスターをサーチ出来ます。 更にミラージュスタリオというエクシーズモンスターが追加されたのでベイゴマックス始動でかなり展開できるようになります。 例:ベイゴマックスSS。 効果でタケトンボーグ。 タケトンボーグ効果でSS。 ベイゴマタケトンでミラージュスタリオSS。 ミラージュスタリオ効果でガゼルSS。 ガゼル効果でスピニー墓地。 スピニー効果で自身SS。 ガゼル素材にベイルリンクスSS。 ベイルリンクス効果で聖域サーチ。 ベイル、ミラージュ、スピニー素材にヒートライオ。 ヒートライオ効果で魔法罠デッキバウンス。 聖域発動。 ヒートライオ素材にヒートライオ。 ヒートライオ効果で魔法罠デッキバウンス。 転生リンク召喚の流れまで出来ます。 出来ることが増えた、転生炎獣。 うららのオマケじゃないこのテーマを是非使ってみよう!.

次の

転生炎獣「サラマングレイト」サンプルデッキレシピ紹介と考察と考察!転生リンク召喚を使いこなせ!

サラマン グレイト レシピ

《メルフィー・キャシー》でサーチする事も出来ます。 デッキ・墓地対応なので1枚まで無駄なく機能します。 初手に欲しいが枠の関係で絞らざるを得ませんでした。 ここを「壊獣」等にする手もあります。 「メルフィー」の持久力を支える重要なカードです。 自分のデッキ・墓地からレベル3以下の「素早い」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 デッキ・墓地に対応し、同名カードも特殊召喚できるのでかなり優秀なモンスターです。 ランク2展開が《レスキュー・キャット》と《魔獣の懐柔》に依存し過ぎていたので採用しました。 《灰流うらら》されてもレベル2モンスターが1体残るのが偉いです。 2 :このカードをリリースして「HERO」モンスターがアドバンス召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動する。 自分はデッキから1枚ドローする。 最初動に使える特殊召喚できるレベル2モンスターとして優秀なモンスターです。 1 :相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。 レベル10やレベル12シンクロのアクセスは《ホップ・イヤー飛行隊》への依存度がかなり高いです。 例1《神樹の守護獣-牙王》展開: 自分フィールドに《未界域のビッグフット》が存在する状態で相手ターンに《ホップ・イヤー飛行隊》の効果で展開。 例2《炎斬機ファイナルシグマ》展開: 自分フィールドに《神樹の守護獣-牙王》が存在する状態で相手ターンに《ホップ・イヤー飛行隊》の効果で展開。

次の

【素早いビーバー入りメルフィーデッキレシピ】未界域やイービルなフレンズもいるぞ!

サラマン グレイト レシピ

サラマングレイトとは サラマングレイトは遊戯王VRAINSで登場したテーマです。 主人公の相方、ソウルバーナーが愛用しています。 ストラクチャーデッキーソウルバーナーーの登場で大幅に強化されました。 自身をリンク素材にして、同じモンスターをリンク召喚する「転生リンク召喚」で展開するデッキになります。 サラマングレイトが環境入りしている理由 サラマングレイトが環境入りしている理由を紹介します。 手札一枚から展開可能 《転生炎獣ガゼル》1枚あれば転生リンク召喚状態の《転生炎獣ヒートライオ》、《転生炎獣の聖域》をフィールドの揃えることができます。 さらに展開の途中で相手モンスターをバウンス、魔法・罠をデッキバウンスできます。 盤面の再展開が簡単 手札から特殊召喚、墓地から自己蘇生する効果を持っているモンスターがほとんどなので、盤面を崩されても簡単に再展開できます。 さらに《転生炎獣モル》が墓地効果で《貪欲な壺》のような効果をもっていますので後半の持久力も高いです。 除去能力が高い モンスターをバウンスする《転生炎獣ミラージュスタリオ》、魔法・罠をデッキバウンスする《転生炎獣ヒートライオ》、ほぼノーコストで神の宣告が撃てる《サラマングレイト・ロアー》など除去・パーミッション要素が高いです。 サラマングレイトデッキで採用したいカード サラマングレイトデッキで採用したいカードを紹介します。 そのカードを持ち主のデッキに戻す。 2 :このカードが「転生炎獣ヒートライオ」を素材としてリンク召喚されている場合、1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体と、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 対象のフィールドのモンスターの攻撃力は、ターン終了時まで対象の墓地のモンスターの攻撃力と同じになる。 リンク召喚成功時に魔法・罠をバウンスできる効果と、転生リンク召喚した際には相手モンスターの攻撃力を変更できる効果を持っています。 ソウルバーナーのエースカードですが正直単体で強くはありません。 攻撃力も低く、耐性もないのでフィールドに残りづらいのですが、転生リンク召喚されたこのモンスターがいることで他のカードの効果が適用できます。 なるべく転生リンク召喚した状態でフィールドに残したいモンスターです。 デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。 転生炎獣のリンクモンスターです。 リンク召喚成功時に転生リンク召喚に必須のフィールド魔法《転生炎獣の聖域》をサーチすることができ、このカードを墓地から除外することサラマングレイトモンスターに破壊耐性をつけることができます。 このカードの非常に強力なところはリンク素材が非常に緩いところです。 どのモンスターを召喚してもこのモンスターをリンク召喚できます。 《転生炎獣の聖域》をサーチできるのでサラマングレイトの初動に必要な1枚です。 1 :このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。 自分の墓地から炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。 このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できない。 2 :このカードが「転生炎獣サンライトウルフ」を素材としてリンク召喚されている場合に発動できる。 自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。 サラマングレイトのリンクモンスターです。 リンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された時に墓地から炎属性モンスターを回収できる効果、転生リンク召喚されている場合に墓地からサラマングレイト魔法罠を回収できる効果を持っています。 展開の中でこのカードを絡めることで手札消費を抑えることができます。 また、転生リンク召喚するだけで手札を1枚増やすことができ、魔法・罠をそのまま発動できるのは強力です。 デッキから「サラマングレイト」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性以外のモンスターの効果を発動できない。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 サラマングレイトのエクシーズモンスターです。 X素材を取り除いてデッキからサラマングレイトモンスターを特殊召喚する効果、このカードを素材にしてリンク召喚した際に相手のモンスターをバウンスする効果を持っています。 このカード1枚で《転生炎獣サンライトウルフ》をリンク召喚できます。 もう1枚あれば《転生炎獣ヒートライオ》をリンク召喚できます。 さらに相手モンスターをバウンスできるので破壊耐性があるモンスターを除去することもできます。 素材も非常に緩く、サラマングレイトにはレベル3モンスターが多いので展開しやすいです。 このカードを手札から特殊召喚する。 デッキから「転生炎獣ガゼル」以外の「サラマングレイト」カード1枚を墓地へ送る。 墓地にサラマングレイトモンスターが送られた時に手札から特殊召喚できる効果、召喚・特殊召喚成功時にデッキからサラマングレイトモンスターを墓地に落とす効果を持っています。 サラマングレイトモンスターはリンク素材やコスト・効果で墓地に送られることが多いので特殊召喚するタイミングは非常に多いです。 また、サラマングレイトモンスターは墓地にいることで展開に繋げられることが多いので非常に強力な効果となっています。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 手札から捨てることでサラマングレイトモンスターの攻撃力を上げる効果、墓地から自己蘇生する効果を持っています。 能動的に墓地に送ることができ、さらにそのまま自己蘇生できるのでリンク・エクシーズ召喚に繋げやすいです。 自分のデッキの上からカードを3枚めくる。 その中から「サラマングレイト」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードはデッキに戻す。 このカードを特殊召喚する。 その後、フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を選んで破壊できる。 召喚時にデッキトップから3枚みてサラマングレイトがあれば加えれる効果、表側表示の魔法・罠があれば墓地から蘇生できる効果し、魔法・罠を破壊でいる効果を持っています。 サラマングレイトを多めに採用していればほとんどの確率で手札に加えることができます。 また、蘇生条件が非常に緩く、コストでサラマングレイトを墓地に送ることができます。 相手フィールドに魔法・罠があるだけでも蘇生できるのでPカードなどがあれば蘇生でき、さらに破壊することができます。 そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを自分の「サラマングレイト」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。 貫通と墓地のサラマングレイトモンスターをデッキに戻して自己蘇生する効果を持っています。 【サラマングレイト】は墓地が溜まりやすく、転生リンク召喚のために1枚めの《転生炎獣ヒートライオ》がいることが多いです。 それらをエクストラデッキに戻しながら自己蘇生するので再展開しやすくなります。 そのカードを自分フィールドにセットする。 そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを墓地から特殊召喚する。 墓地の魔法・罠を再利用する効果、サラマングレイトモンスターをバウンスして自己蘇生する効果を持っています。 フィールド魔法の《転生炎獣の聖域》がないと転生リンク召喚がし辛いので破壊されてしまった際はこのカードを使って墓地から再利用しましょう。 また、万能サーチ魔法の《転生炎獣の炎陣》を使いまわしても良いでしょう。 手札のこのカードをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。 そのカードをデッキに加えてシャッフルする。 その後、自分はデッキから2枚ドローする。 リンク先に手札から特殊召喚する効果、墓地のサラマングレイトを5枚戻して2枚ドローする効果を持っています。 墓地に5枚揃えるのは簡単なので墓地にあるだけで再展開しやすくなります。 対象の墓地のモンスターをEXデッキに戻し、対象のフィールドのカードを破壊する。 このカードを守備表示で特殊召喚する。 墓地のサラマングレイトリンクモンスターを戻して相手の魔法・罠を割る効果、相手の魔法罠を破壊した時に自己蘇生する効果を持っています。 どちらかの効果しか使えないので1枚で完結できないのがもどかしいですね。 このカードの攻撃力はターン終了時まで、素材としたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。 このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ倍になる。 サラマングレイトの融合モンスターです。 素材が非常に緩いです。 《超融合》や《フュージョン・オブ・ファイア》を使えば相手モンスターを素材にすることができます。 そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。 転生リンク召喚する効果、ライフを回復する効果を持っています。 転生リンク召喚しているサラマングレイトモンスターがいると効果が使えるカードが多いのでこのフィールド魔法をまず発動して展開する必要があります。 1ターン目に発動できるように動きましょう。 サラマングレイト・レイジ 通常罠 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 そのカードを破壊する。 そのモンスターのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。 サラマングレイトモンスター1枚をコストに顔戸を破壊する効果、転生リンク召喚したサラマングレイトモンスターのリンクマーカーの数まで相手のカードを破壊する効果を持っています。 前半の効果は手札のサラマングレイトモンスターを墓地に送ることができるので破壊しつつ墓地を肥やせるという面で強力です。 後半の効果は実質ノーコストで対象を取らずに相手カードを破壊できるので超強力です。 《転生炎獣ヒートライオ》がいれば3枚破壊できます。 その発動を無効にし破壊する。 このカードを自分フィールドにセットする。 この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。 サラマングレイト版《神の宣告》のような効果と、墓地から再セットする効果を持っています。 サラマングレイトデッキで他に採用したいカード サラマングレイトデッキで活躍しているカードを紹介します。 デッキから「SRベイゴマックス」以外の「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。 手札から特殊召喚できる効果、召喚・特殊召喚時にデッキからスピードロイドモンスターをサーチできる効果を持っています。 サーチ先はチューナーである《SR赤目のダイス》、エクシーズや召喚権を使わずに展開するなら《SRタケトンボーグ》が候補としてあげられます。 レベル3なので《転生炎獣ミラージュスタリオ》に繋げることができます。 増殖するG 自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。 自分フィールドのカードの数と同じになるように、相手は自身のフィールドのカードを選んで裏側表示で除外しなければならない。 使うデッキを選ばずに採用できる万能除去トラップカード。 大量展開してくるデッキに対して非常に有効です。 サラマングレイトの弱点 サラマングレイトデッキの弱点を紹介します。 除外 墓地から蘇生するモンスターが多いので除外に弱いです。 早めに除去しましょう。 マクロコスモスや《M・HEROダークロウ》には注意が必要です。 自分のEXデッキのカード1枚を選んでお互いに確認する。 その後、相手のEXデッキを確認し、選んだカードの同名カードがある場合、その相手の同名カードを全て除外する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 リンクモンスターに依存しているデッキなのでこのカードが非常に刺さります。 《転生炎獣ヒートライオ》を除外されると厳しい戦いになるので《墓穴の指名者》を握っておきたいです。 最後に ついにソウルバーナーのデッキが最強クラスまできましたね! 僕は嬉しいです! だからこそ《転生炎獣サンライトウルフ》が安くなってほしいです!.

次の