源氏 物語 映画。 源氏物語映画の相関図は?あらすじ(キャスト)やアニメもチェック!

新源氏物語

源氏 物語 映画

源氏物語 浮舟 作品情報 げんじものがたりうきふね• 作品情報• 上映終了• 動画配信 源氏物語「宇治十帖」に登場する浮舟をヒロインにした北条秀司の同名戯曲の映画化 きらびやかな平安の都に東国から二人の母娘、常陸の介の妻中将と、中将がいまは亡き都の貴族八の宮との間に生んだ少女浮舟がやって来た。 --浮舟にとっては異母姉にあたる八の宮の姫大君の葬いにきたのだ。 丘の上の墓所で、母娘は大君を愛していた薫の君に出遭った。 薫の君は浮舟の野性美もさることながら、その顔立ちがあまりにも生前の大君と瓜二つなので驚くが、いつしかそれは彼女への深い思慕に変った。 浮舟母娘は大君の妹の中の君が嫁いでいる匂宮の館に滞在しているが、匂宮は清純な愛を信じる薫の君とは反対に次から次へと女を愛する快楽主義者であった。 ある日、薫の君の案内で洛中の名所をめぐりまわった浮舟は、朱雀門の池の端で薫の君から想いを打ち明けられたが、彼女は踵をかえして走り去った。 「源氏物語 浮舟」の解説 「朱雀門」の八尋不二が脚色、「月形半平太(1956)」の衣笠貞之助が監督した。 撮影は「母白雪」の竹村康和。 主演は「鼠小僧忍び込み控 子の刻参上」の長谷川一夫、「朱雀門」の山本富士子、市川雷蔵、「女優(1956)」の乙羽信子、「大阪物語」の中村鴈治郎、中村玉緒、三益愛子。 ほかに夏目俊二、柳永二郎、浪花千栄子、浜世津子、橘公子など。 色彩は大映カラー。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋) 公開日・キャスト、その他基本情報 キャスト 監督: 出演: 制作国 日本(1957) ユーザーレビュー.

次の

映画「源氏物語 千年の謎」|映画|TBS CS[TBSチャンネル]

源氏 物語 映画

主演・沢田研二、脚本・向田邦子、演出・久世光彦で贈る名作時代劇「源氏物語」。 プロデューサーも兼ねる久世光彦は、プレイボーイの美男子として知られる主人公・光源氏に、男の艶を感じさせる沢田研二を抜擢。 光源氏と恋物語を繰り広げる8人の女たちには、八千草薫、十朱幸代、いしだあゆみ、倍賞美津子、藤真利子、風吹ジュン、叶和貴子、渡辺美佐子ら華やかな女優陣が名を連ねる。 そして脚本家・向田邦子は、豪華絢爛な平安絵巻という以外に、愛の喜び、はかなさ、また運命の不思議さなど光源氏と彼をめぐる様々な女性の生涯を生き生きと描き出した。 物語は、藤壺、紫の上、女三の宮とつながる、いわゆる「紫の物語」を中心に展開される。 【ストーリー】 光源氏(沢田研二)は、桐壺帝(芦田伸介)の二番目の皇子として生まれた。 母は桐壺更衣(八千草薫)と呼ばれ、帝の寵愛を独り占めしていたが、三歳の源氏を残して他界。 嘆き悲しんでいた帝は、やがて桐壺に生き写しの藤壺(八千草薫・二役)を女御として迎える。 初めは藤壺を母と慕っていた源氏の気持ちは、いつの間にか恋にまで深まった。 源氏にはその妻に左大臣(金田龍之介)の娘・葵の上(十朱幸代)が定められていた。 葵の上は美しいが権高な女性だったこともあって、藤壺に心を寄せる源氏とは睦まじく打ち解ける仲にはなれない。 ある日、源氏は藤壺に抑えきれぬ胸の内を明かした。 藤壺を激しく抱きしめるが、彼女は「もうこれ以上罪を犯すことは出来ない。 二度と会うことはない」と告げた。 その後、源氏は夫のいる空蝉(朝加真由美)との一夜限りの契り、夕顔(いしだあゆみ)とのはかない愛、美人ではないが心優しい女・末摘花(風吹ジュン)、幼い頃から手塩に掛けた若紫(叶和貴子)との結婚という愛の遍歴を重ねていく。

次の

武智鉄二「源氏物語」 : 昔の映画を見ています

源氏 物語 映画

せっかく呼んでいただきましたので参上致しました。 初めに『源氏物語』について回答し、次に個人的な事を述べます。 長いので、『源氏物語』の方は読まれなくても構いません。 『源氏物語』のエロいシーン 他の皆様もご指摘されていますが、そもそも『源氏物語』は、肝心な所は書いていません。 大抵、いつの間にか夜が明けています。 そもそも当時、女性の顔は夫になってからではないとのぞきをしない限り見れませんでしたから。 あの行為は、読者が想像するしかない部分ばかりです。 が、露出は見つけられます。 「空蝉 うつせみ 」の巻で、空蝉と軒端荻 のきばのおぎ という二人の女性が碁を打っている場面があります。 主人公の光源氏は、人妻の空蝉を犯しにやってきました。 それで、彼女たちが碁を打っているのをのぞきながら夜を待ちます。 すると、軒端荻 のきばのおぎ は、乳を出しながら碁を楽しんでいました。 はしたなくも着物を無造作に着て胸をあらわにしてます。 派手な顔立ち、髪の毛がふわふわ豊かで、色白、豊満な肉体をしております。 ------------- いま一人は東向きにて、残るところなく見ゆ。 白き羅 うすもの の単襲 ひとえがさね 、二藍 ふたあい の、こうちきだつもの、ないがしろに着なして、紅の腰ひき結へる際まで胸あらはに、ばうぞくなるもてなしなり p120 ------------- 夜になり光源氏は、人妻の空蝉を犯そうと部屋に入りましたが、空蝉は気付いて薄衣を脱いで逃げてしまいました。 代わりにさっきの軒端荻が寝ています。 以下省略。 エロいシーンは本当に少ないのですが、ロマンティックな描写は多いです。 光源氏と朧月夜 おぼろづきよ が、月夜だけの薄暗い闇の中で初めて出会い、交わるシーン。 別れるとき、名前が分からないので光源氏は扇をもらっていく。 匂宮 におうのみや、男 が、薫 かおる、男 の恋人である浮舟 うきふね、女 を奪う。 だきかかえる。 一緒に舟にゆらゆら、と。 以下省略。 小学館の『源氏物語』は全六冊。 ------------- 2. 印象に残っている彼女の言葉だけ記しておきます。 ・「好き、大好き」 ・「だって、気持ちいいんだもんっ!」 ・「もう……好きにして」 ・「恥ずかしい…」 では、失礼します。

次の