ゴールデン カムイ 217。 ゴールデンカムイ 最新 217話 ネタバレ感想 四つ巴の争奪戦

ゴールデンカムイ218話最新話のネタバレと感想|第二のゴールドラッシュに期待が高まる杉本たち|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ゴールデン カムイ 217

【ゴールデンカムイ】218話ネタバレ感想|平太の正体は人食い人間!?【最新話考察】 『ゴールデンカムイ』218話の内容と感想を紹介します。 前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。 平太は味方?敵?【ゴールデンカムイ218話】 前回、杉元がおでこにケガをしている 平太を助けたところで終わりました。 杉元は、平太の額の傷を心配して 「キズ出来てるけど大丈夫か?」と訊きました。 その時、平太は杉元を 「やさしい」と思いますが、ど~も辺見和雄さん(股間が輝く人)っぽい匂いがしますねww -『ゴールデンカムイ』218話より めっちゃ怪しい!絶対囚人!!笑 お金の匂いがする平太【ゴールデンカムイ218話】 白石は、平太が履いている高級な長靴を見て、砂金堀り師であることに気づきました。 杉元は自分たちも砂金を採りに来たことを明かすと、平太からは 「探せばまだある」という情報を得ます。 平太の仲間の一人(尾形似)は、杉元たちを怪しんでいますが、もう一人(土方似)は、平太を助けてくれた人が強盗なワケがないと言いました。 -『ゴールデンカムイ』218話より 美人だけど怪しいww これで全く悪い人ではなかったら本当にごめんなさいだけど、超怪しい!笑 命の恩人ビジネス?【ゴールデンカムイ218話】 杉元たちは、ここぞとばかりに、我こそが命の恩人だと言わんばかりに、平太に砂金がよく獲れる場所を訊きました。 教えてもらった場所でさっそく砂金を採りを開始しますが、手が「しばれた」(寒い・冷えるを意味する北海道弁)白石はすぐに退陣します。 そして、アシリパが用意する命の水(お湯)に手を入れて 「ヘブン」と呟きました。 (可愛い) -『ゴールデンカムイ』218話より 砂金には獲り方がいくつかあるようで、どうやら杉元たちの方法は一番効率が悪いと言います。 それを聞いた平太は、それは自分のことだと言いました。 -『ゴールデンカムイ』218話より そこで、平太から砂金にまつわる 「アカ」と 「ハク」の話を聞きます。 砂金の中には「アカ」と呼ばれる黄金(こがね)があり、アカを取った後に「ハク」と呼ばれる砂白金(さはっきん)が出てくるそうです。 ハクは北海道でしか採れませんが、あまりにも硬くて加工しづらいため、嫌われていたと言います。 杉元「え?ダメじゃん」 しかし、最近になってハクを高値で買い取る人が現れ、3. 75gで三円の価値があるようです。 これは、杉元いわく普通の砂金とほぼ同じ値です。 第二のゴールドラッシュ!?【ゴールデンカムイ218話】 なぜ、そんなにハクの価値が上がったのか? それは、日露戦争後に軍需工場が暇になって国産の万年筆を作ろうとした人がおり、万年筆の先についている金属がハクであることに気づいたからです。 そして、その万年筆はバカ売れし、今まで利用価値がないと思われていたハクの需要が一気に上がったというワケです。 -『ゴールデンカムイ』218話より ハクは今まで全て北海道中の川に捨てられていたと言いました。 そして、次のように続けます これは、まさに 「第二のゴールドラッシュ」だと。 この話を聞いて、胸を射止められた杉元と白石は手を繋ぎました。 笑 熊出没!?【ゴールデンカムイ218話】 そんな話をしている時に、平太は ヒグマが出たと言います。 -『ゴールデンカムイ』218話より 平太は皆にヒグマがいる位置を指さしますが、見つける前に隠れてしまいました。 (怪しい) その後、杉元とアシリパはヒグマがいた場所まで行きますが、足跡が見つかりませんでした。 杉元は、上手く笹の上を歩いて逃げたと解釈しましたが、アシリパはどこか腑に落ちない顔をしています。 そして、最後のシーンでは平太の仲間である土方似のおじいちゃんが熊に食べられてしまっていました。 ヒグマは本当にいるの?• 平太は何で生き返っているの? ヒグマは本当にいるの? 今回、ヒグマを見たのは平太だけでした。 なので、本当はヒグマがいなかったのではないかと予想できます。 もし、ヒグマがいないとすると、平太の幻覚もしくはヒグマがいると嘘をついているのどちらかになります。 アシリパも、平太のヒグマがいたという発言は怪しんでいましたね。 では、なぜ、平太は嘘をついたのか? 平太が人を殺している(食べている)説 それは、自分が人を殺していることを隠すためではないでしょうか。 熊は、一度人間を殺すと罰として人間しか食べられなくなります。 そして、それは平太にも当てはまっていると考えています。 怖ろしい話ですが、平太は一度人を食べることで、人の味が忘れられなくなって殺人を繰り返しているのではないでしょうか。 平太は何で生き返っているの? では、なぜ熊に食べられたはずの平太は生きているのか? 前回は 双子説を提唱しましたが、今回は 妄想説を提唱します。 つまり、平太は熊に食べられるところを妄想していただけではないかということです。 辺見和雄も、杉元に殺されるところを妄想していましたが、それと同じ類だと考えています。 殺されたのは瓜2つの 平太の父親説も考えましたが、今のところは妄想説の方が有力ではないかと思っています。 『ゴールデンカムイ』には動物と交尾する人もいたので、人を食べる人が登場しても何も不思議ではありませんね。 笑 続きはこちら 『ゴールデンカムイ』関連記事 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたい! 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたいという方は、がオススメです。 の 特徴は次のとおりです。

次の

ゴールデンカムイ217話「北海道にて」の感想: ごーるでんかむいぶろぐ

ゴールデン カムイ 217

【ゴールデンカムイ】217話ネタバレ感想|尾形がニヤリ【最新話考察】 『ゴールデンカムイ』217話の内容と感想を紹介します。 前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。 いきなり尾形!【ゴールデンカムイ217話】 はい、いきなり尾形が登場!!笑 ビックリ+テンション上がりますね! 尾形が旅館の女将にアシリパの行方を知るための聞き込み調査をしていました。 その女将は、海軍がアシリパの乗る船を砲撃し、アシリパが船から流氷へと降りて逃げたことを知っていました。 こんなに具体的なところまで知っているとは! そして、アシリパが生きていることを知った尾形は 「ニヤリ」と不気味な笑みを浮かべます。 そこには、 日露戦争で樺太作戦で負傷し最近まで寝たきりになっていた兵士がいました。 その兵士は、年老いた両親が待つ北海道に帰りたいけどお金がないそうです。 そして、船賃の代わりとして 「棒鱈」を差し出してきました。 ・・・って尾形やないかーい!笑 -『ゴールデンカムイ』217話より 演技に磨きがかかっていますねww あの尾形がここまでオーラを消すことができるとは! そして、その話を聞いて涙ぐむ船長の優しさたるや! 怪しい男、クマに食べられる【ゴールデンカムイ217話】 場面は北海道へと移ります。 そこには逃げ惑う一人の男がおり、背後にはクマの姿がありました。 まるで抜け忍のようです。 が、ついにクマに追いつかれてしまい、クマは「ボリボリ」音を立てながらその男を召し上がりました。 -『ゴールデンカムイ』217話より その男の腰には、金色に輝くアクセサリー(クマが鮭(?)を背負って二足歩行する柄)がありました。 その頃、杉元たちは・・・【ゴールデンカムイ217話】 杉元たちは既に北海道へと到着し、アイヌの人たちと共に生活していました。 杉元たちは猟に出てクマを一匹仕留めたところで家へと戻ります。 そこで白石は、読者が最も知りたいであろう今後のことを話題に出しました。 (最近の白石良い仕事し過ぎ) アシリパは、 「土方陣営と鶴見陣営の刺青人皮を奪うしかないのでは?」と杉元に訊きます。 -『ゴールデンカムイ』217話より 杉元の作戦は、両陣営をぶつけてかすめ取る、つまり 「漁夫の利」を狙っているようです。 ・・・そんなことできるの?笑 白石も言っていますが、言うのは簡単ですが行うのは難しいですよね。 世にも奇妙な光景【ゴールデンカムイ217話】 床に寝っ転がる白石は、 世にも奇妙な光景を目の当たりにしました。 なんと、子熊が女性(人間)の乳を飲んでいるのです。 -『ゴールデンカムイ』217話より え!?!? 一瞬、姉畑支遁が、、、ウコチャヌプコロが頭に浮かびました。 笑 どうやらその女性の性癖ではなく、アイヌには乳の出る女性が穴熊猟で捕まえた子熊にお。 ぱいを飲ませて育てるという風習があるようです。 お金儲けの話【ゴールデンカムイ217話】 白石は、ニシパ(旦那)に何かお金儲けの話はないかと訊きました。 実は、今いるところより南のコタンの者からヒグマ退治の依頼があるそうです。 ニシパは、去年からすでに5人も殺されているにもかかわらず、いくら探してもクマを捕まえることができていないと言います。 殺されたの人たちは、川で砂金を採っていたという共通点があります。 砂金と聞くと『ゴールデンカムイ』の第1話を思い出しますね。 今でも「雨竜川」で砂金を掘って大儲けしている人がいると訊き、杉元と白石の目が光りました。 -『ゴールデンカムイ』217話より 「ごじゅうえんも!?」の時、一瞬ヴァシリが登場しましたね。 217話でのヴァシリの仕事はこれでお終いです。 笑 死んだはずじゃ・・・【ゴールデンカムイ217話】 場面は、雪山を歩いている一人の男へと移ります。 その男は、薪を抱えて歩いているところで、足元の雪が崩れてしまいました。 なんとか木に捕まりましたが、今にも崖から落ちるという状況で大きな声を出して助けを求めます。 仲間の一人がその声に気づき、 「平太離すなよ!! 」と声をかけました。 もうダメだ、と思ったところで、杉元とアシリパが助けてくれました。 -『ゴールデンカムイ』217話より ・・・ってお前、クマに襲われて死んだはずの男やないかーい!笑• 忍者説• 双子説• 6つ子説 忍者説 まずは、忍者説から! 男は、額に「一」の傷があるので抜け忍だと分かります。 なので、クマに襲われたのは影分身だったと考えることができます、、、笑 もう一つは、双子ということです。 双子説 額に全く同じ傷があり、また、恐らく採った砂金で作ったであろう全く同じアクセサリーを持っているというのはあまりにも話ができ過ぎていると感じた方もいるかと思います。 しかし、影分身よりは可能性が高くはないでしょうか?笑 もしかすると、6つ子という可能性も考えられます。 6つ子説 ニシパいわく、去年、砂金取りをしていた男が5人クマに殺されていると言っていました。 そして、その5人というのが平太の6つ子の兄弟ということです。 笑 なので、平太は6つ子最後の生き残りとなります。 影分身や6つ子というワードを聞くと、たまたま額に同じ傷があって、全く同じアクセサリーを持っていたことがそんなに珍しいことではないと思えたはずですww 人を殺しているのはクマだけじゃない説 真面目な話、砂金を採っている男が殺されているようですが、それは本当にクマがやったことでしょうか? 砂金を奪うために人が人を殺しているという可能性も十分考えられます。 そして、その犯人が平太ではないかと疑っています。 クマが描かれたアクセサリーも、奪った砂金で作ったのではないでしょうか? また、平太が 刺青囚人なんてこともあるはずです。 が、谷垣はまだ出てきていません。 恐らく、鯉登少尉たちと同じ船に乗っていたと考えられますが、谷垣の安否が気になりますね。 次回、そろそろ谷垣が登場することを期待しています。 続きはこちら 『ゴールデンカムイ』関連記事 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたい! 『ゴールデンカムイ』の最新話を無料で読みたいという方は、がオススメです。 の 特徴は次のとおりです。 無料登録で31日間無料で動画見放題!• 無料登録で600円分のポイントゲット!• 月額1990円で使い放題! を無料登録すると 600円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『ゴールデンカムイ』の最新話が掲載されている 『ヤングジャンプ』を1冊無料で読むことができます。 あまり大きい声では言えませんが、『ヤングジャンプ』を読んだ後で 解約すればお金はかかりません。 なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。

次の

ゴールデンカムイ217話「北海道にて」の感想: ごーるでんかむいぶろぐ

ゴールデン カムイ 217

ゴールデンカムイ【第217話】のネタバレ 情報収集をする尾形 尾形は宿にアシリパに関する聞き込みを行っていた。 女将によると海軍が追いかけて連絡船を砲撃したことによって噂になっていたらしい。 尾形は女の子は捕まった?と問う。 北海道の近くの船から流氷に降りて逃げたという女将の話を聞いて笑みを浮かべるのであった。 例の船の前で騒ぎが起きている。 なんと尾形が日露戦争で負傷した兵士の振りをして北海道へ向かうべく船員に交渉しているのであった。 年老いた両親のいる北海道へ帰りたいが船賃が無いという同情を買う作戦の様だ。 船賃の代わりに棒鱈を指しだす尾形。 船員は尾形の演技を信じ込みいたたまれなくなり船上を許可する。 尾形は多少強引ではあったが乗船に成功したのであった。 熊に追われる謎の男 全力で雪山を走る男。 何故なら熊に追いかけられているのだ。 逃げるのに夢中になり木で額を切り裂いてしまいおでこの一本線の傷からは血が流れている。 ほどなくして男は熊に捕まり食べられてしまうのであった。 杉元たちの熊の狩猟 杉元、アシリパ、アイヌの男性(ニシパ)の3人で熊の狩猟に来ていた。 ワンワン! 「犬たちなにか見つけた?」杉元が問う。 アイヌの男性(ニシパ)は小さくて黄色いシミがヒグマの家の目印だと杉元に教えた。 犬たちはこのシミを探すのが上手いらしい。 シミの目印を元に木の柵を入り口を塞いだ。 熊は巻き込む動きをしてしまうものだとアシリパは語る。 犬に吠えられて出てきた熊は柵を掴んで自分の巣穴の入り口のすぐそばで閉じ込められる仕掛けらしい。 ドオォォン! 静寂が包む雪山に重い銃声が響く。 無事熊を狩ったが頭のついた生皮だけでも7貫(26キロ)以上あるらしく明日皆で肉を取りに来る流れらしい。 熊は山奥の神様とされている為熊を獲ったらとても丁寧に扱う。 そうすることによって熊の毛皮を着たカムイがどっさり肉を持って遊びに来てくれるとアシリパは告げた。 狩猟を終えた3人はアイヌのチセ(家)へ帰還する。 チセをみてアシリパと杉元は北海道に戻ってきたことを改めて実感するのであった。 ~チセにて作戦会議~ シライシが俺たちだけで金塊を見つける策はあるのかと問う。 アシリパが土方陣営と鶴見陣営の刺青人皮を奪うのではと告げる。 それを聞いた杉元はそいつらをぶつけてかすめ取る案を出すのだったがすかさずシライシが言うのは簡単だぜと突っ込みを入れる。 路銀は必要だが路銀を稼ぐのが目的の毎日ではよくないと思ったシライシはニシパに金儲けの話しはないかと尋ねた所予想外の返答が返ってきた。 ニシパ「 ウェンカムイの退治を頼まれている」 ウェンカムイとは人を殺したヒグマの事である。 砂金を探しに川にいた所を襲われる者が多いようだ。 砂金を取れる川がまだある事に驚いた杉元は俺は全然採れなかったと続けた。 そこでニシパは更に衝撃的な事実を告げるのであった。 「雨竜川で砂金で大儲けしている人がいるそうだ。 そいつは1日で 50円稼いだとかなんとか…」 流石にこの話にはシライシも杉元も驚きを隠すことができない。 山で起きた謎の出来事 謎の男が山道を歩いている。 しかし明日を滑らせ滑落寸前に。 謎の男「誰か!助けてくれッ!」 その声に反応した別の男が「平太!!離すなよ!!今行くぞ頑張れ」と救出へ向かう。 どうやら謎の男は平太という名前らしい しかし平太とう言う男は必死にロープを握りしめているが既に限界だ。 平太「ダメだ!!落ちるッもうダメだ…」 「間に合った…」 そう言って駆け付けたのはシライシ、杉元、アシリパの3人であった。 平太は安堵の表情を浮かべている。 男のおでこには一本線の傷。 そう平太とは 熊に食べられたはずの男だったのだ。 ヤングジャンプのネタバレ記事.

次の