ロード オブ ウォー。 ロード・オブ・ウォーとは

超映画批評『ロード・オブ・ウォー 史上最大の武器商人と呼ばれた男』85点(100点満点中)

ロード オブ ウォー

概要 [ ] それぞれ「クラッシャー・フォン・ヘイグ」「ザ・ロード・ウォリアー」のでデビューしていた と が、に地区(主宰の)のレスラー兼ブッカーだったのブッキングでタッグを結成。 にはプロレスラーを引退した が就く。 当初はエラリングが率いていた、、、、ら軍団「 リージョン・オブ・ドゥーム」の一員としてデビューした。 タッグ結成を機に、ヘグストランドは ロード・ウォリアー・ホーク、ロウリネイティスは ロード・ウォリアー・アニマルとリングネームを改め、タッグのチーム名はに公開された映画『』の世界観から ザ・ロード・ウォリアーズと名付けられ、外見のイメージも同映画に登場する荒くれ者を踏襲。 初来日時には「でをしていた」「貧困の時代にはを食べていた」などと宣伝された。 結成当初のコスチュームはサングラスにレザーのベストや制帽を身に付けた暴走族スタイルだったが、後に両者とも顔にペイントを施し、頭髪をアニマルは「」、ホークはそれと対を成すように「逆モヒカン刈り」にした。 これはホークの顔が優しすぎるのをカバーするためだったという。 入場時は巨大な棘の付いたのプロテクターをコスチュームに、サードロープの下から滑り込むようにリングインし、コールも受けずにそのまま暴れ回る試合が多かった。 しかし、ファイトスタイル自体はあまり凶器攻撃などは行わない正統なもので、ヒールのポジションにありながら、次第にファンの支持を獲得。 今までにない、ヒールとを融合させた新しいスタイルの確立に成功する。 試合は常に秒殺勝利であり(彼らの試合時間は(3を180のように)秒単位で実況されていた)、そのインパクトと存在感から圧倒的な人気を獲得するようになった。 1983年にジョージア地区でデビュー後、NWAナショナル・タッグ王座を通算3回獲得。 からはに移籍、当初はジョージア時代と同様にヒールのポジションだったが、人気が高まりベビーフェイスに転向。 その後はを経てのリングにも上がり、日本には、、に来日。 (現:WWE)に参戦した際は、NWAジョージア時代のユニット名であるリージョン・オブ・ドゥームを名乗った(当時、WWFには同じく「ウォリアー」をリングネームとするが大スターとして活躍していたため、がチーム名の変更を要請したという)。 その後のアメリカプロレス界の激変を受け、NWA、AWA、WWFの三大メジャー団体の世界タッグ王座を制覇した史上唯一のタッグチームとなった。 アニマルの途中欠場や解散・再結成の紆余曲折を経て、いずれのリングでも大活躍したがにホークが急死したため、事実上の解散となった。 その後アニマルは、にをパートナーに新生リージョン・オブ・ドゥーム(LOD2005)を結成、を獲得している。 、ホークとアニマルのオリジナル・ロード・ウォリアーズで初代マネージャーのポール・エラリングと共にに迎えられた。 日本での活躍 [ ] 『』にて活躍が知れ渡ったことから 、以前から来日が待望されていた。 、における『激闘! エキサイティング・ウォーズ』にて日本デビュー、とのタッグチームに3分39秒という短時間で勝利し衝撃的なデビューを飾る。 初来日時のギャラは、『』『』『』によれば、マネージャーのと合わせて1週間で3万ドルだったとされる(の移籍は、彼らの厚遇に対する不満によるものともされる)。 以降、「 暴走戦士」「 超怪力暴走族」などの異名でマネージャーのエラリングを伴って全日本プロレスを主戦場とし、、、らを相手に激闘を展開。 「秒殺」といえる程の短時間で勝負を決めたり、勝敗を度外視して暴走し、やりたい放題でリングを後にしたりすることも珍しくなかった(作品『』では、現実以上の怪物的なタッグチームとして描かれた)。 アメリカでのスケジュールが多忙だったため、への出場は実現しなかったものの、全日本プロレスへの来日は3月まで続いた。 7月には新日本プロレスに初参戦。 以降、参戦を経てホークは11月より新日本プロレスを主戦場とし、欠場中だったアニマルに代わりを新パートナーに「 」を結成。 その後、ホーク、パワー、復帰したアニマルの3人で「 トリプル・ウォリアーズ」を名乗った。 5月には全日本プロレスに復帰して、の追悼興行となった大会に出場。 アニマルの実弟を加えての6人タッグマッチにおいて、、、のトリオを破った。 年表 [ ]• 、 ロード・ウォリアーズとしてでデビュー。 1983年6月10日、架空の王座決定トーナメントに優勝したとしてNWAナショナル・タッグ王者となる(同王座は前王者チームのが1983年1月にジョージアを離れて以来、空位となっていた)。 1983年8月30日、主宰のMSWAに参戦。 7月、地元のを本拠地とする主宰のに移籍。 3月、に初来日。 3月9日、にて&が保持するに挑戦。 この試合を機に本格的にに転向。 以降、AWAとNWAを股にかけて活動。 2月14日、NWAフロリダ地区のイベント "Battle of The Belts II" にてとトリオを組み、、、と6人タッグマッチで対戦。 翌月いっぱい欠場を余儀なくされ、3月からの復帰後しばらくは、アイスホッケーのマスクを被って試合に出場していた。 7月、に初参戦。 その後、 リージョン・オブ・ドゥーム名義でに移籍。 9月、ホークが薬物問題によりWWFを離脱。 アニマルも脊椎を負傷して長期欠場を余儀なくされ、事実上解散状態となる。 1992年11月、新日本プロレスにてホークとによる 結成。 1月、アニマルが復帰。 WCWにてロード・ウォリアーズを再結成。 1996年4月、新日本プロレスに参戦。 2月、WWFに復帰。 やなどのユニットと抗争。 3月29日、 LOD2000(リージョン・オブ・ドゥーム2000)を名乗り『』に登場。 タッグチーム・バトルロイヤルを征する。 1998年5月25日、LOD2000にドロズ()が加入。 以降、ホークの欠場中にアニマルのパートナーを務めるが、ホークの復帰に伴い両者の対立が組まれる。 4月、WWFを離脱。 以降はなどのインディー団体を転戦。 1月、WCWに復帰するが3月にWCWが崩壊しWWFに吸収合併される。 以降はセミリタイアし、インディー団体に単発出場。 12月18日、に登場。 5月12日、WWE『』に最後の登場。 2003年10月19日、ホーク死去。 事実上の解散。 9月1日にアニマルが久々に来日し自主興行に出場。 かつてホークとチームを組んでいたパワー・ウォリアーと「 ヘル・ウォリアーズ」を結成し、で勝利を収めた。 2008年5月11日にメキシコシティでを獲得し、元UWA役員から王座を認定されているが、正式なUWA王座とされず防衛戦もしなかった。 3月、ホークとアニマルおよび初代マネージャーのが入り。 サポートメンバー [ ]• (初代マネージャー)• (LOD2000のマネージャー)• NWAナショナル・タッグ王座:3回• :1回• :1回• :1回• :2回• インディー• i-ジェネレーション・タッグ王座:2回• IPWハードコア・タッグ王座:1回• :1回 入場テーマ [ ]• (アイアン・マン) -• What A Rush 影響下のタッグチーム [ ] その活躍にあやかり、中盤から後半にかけて、ロード・ウォリアーズの影響を受けたのタッグチームが各地で誕生した。 デモリッション・アックス(マスクド・スーパースターとして知られる)とデモリッション・スマッシュ(クラッシャー・クルスチェフ、リポマンなどで知られる)のコンビ。 ウォリアーズとの契約に難航していたWWFがに独自にプロデュースした、WWFオリジナルのタッグユニットである。 後にアックスに替わりデモリッション・クラッシュ()が加入。 当初はとしてWWFに登場したが、のと仲間割れしてからはに転向し、下記のパワーズ・オブ・ペインなどと抗争を展開。 しかしウォリアーズがWWFに移籍してくると、再びフジと結託してし、ウォリアーズのライバルとして抗争を繰り広げた。 もともと実力者同士のギミックチェンジによって誕生したチームだけに、単なるコピー版に止まらない実績を残した。 詳細は「」を参照• パワーズ・オブ・ペイン (出身のコンガ・ザ・バーバリアン)とのコンビ。 元々はNWAでウォリアーズのフェイク版として本家と抗争を展開していた。 上記のデモリッションのライバルとしてWWFに引き抜かれたが、本家ウォリアーズもWWFに移籍してくるとチームを解散してシングルに転向。 バーバリアンはをマネージャーに毛皮のコスチュームをまとった野人ギミックに、ウォーロードはをマネージャーに鎧を身に付けたギミックに変身したが、徐々にフェイドアウト。 アメリカン・スターシップ コヨーテ()とイーグル()のコンビ。 10月にで結成され、のにも出場した。 顔面ペイントは施さず髪型もロングであるなどビジュアル面では従来のタッグチームと変わらなかったものの、リングネームを含めチームコンセプトはウォリアーズの影響下にあった。 とのなどのチームとも対戦したが、大きな活躍を果たすことなく解散。 その後、ホールはAWA、スパイビーはWWFへ転出した。 チーム解散後、ヘルウィッグは主宰のWCWAを経てWWF、ボーデンはUWF残留を経てNWA(WCW)に転戦し、それぞれシングルの世界王座を獲得することになる。 参考文献 [ ]• アニマル・ウォリアー、アンドリュー・ウィリアム・ライト『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、2011年。 脚注 [ ] []• 、P290-291。 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 2』P74-P76(2014年、、)• 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol. 27』P14(2016年、、)• Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Cagematch. net. 2019年12月2日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2007年12月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年6月15日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2019年12月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2015年3月31日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Online World of Wrestling. 2015年3月31日閲覧。 Shichiji• Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P165-168。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P187-188。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 411mania. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 、P256-259。 Wrestling-Titles. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 Cagematch. net. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2015年3月31日閲覧。 、P330-332。 The History of WWE. 2015年3月31日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Cagematch. net. 2015年4月10日閲覧。 WWE. com. 2011年6月15日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Wrestling-Titles. com. 2016年1月5日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 Wrestlingdata. com. 2020年4月11日閲覧。 Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

【クリア後レビュー】division2ウォーロードオブニューヨークをクリアしたのでいろいろ書いてみる

ロード オブ ウォー

ウォーロード オブ ニューヨークの追加要素• プレイヤーのレベルキャップが、これまでの30から「40」に上昇• 新たなマップ「ロウアー・マンハッタン」の追加• マップの探索を行う戦雲システムの追加• オープンワールドでの様々なアクティビティ、新たな秘密、収集アイテムの追加• プレイヤーに合わせた敵のレベル調整• 5つのメインミッションの追加• 8つのサイドミッションの追加• ボス戦システムの改善• 固有スキルMOD報酬• ユニークな報酬が入手可能なシーズンの追加• 新たな無限の進行システムの追加• 難易度レジェンダリーの追加• グローバル難易度やディレクティブの追加 ウォーロード オブ ニューヨークの違い ちなみにExtensionsを除くエディションは、下記2つの「 先行販売特典」が同梱されています。 プレイにはDivision 2のゲーム本編が必要であり、 Division 2を所持しているプレーヤー向けです。 ニューヨーク エディション 正式には「ウォーロード オブ ニューヨーク エディション」と呼ばれる、上位版のことです。 前述したWarlords of New York Extensionsと違い、 ゲーム本編が含まれているため安心です。 アルティメットエディション ゲーム本編と拡張パックに加え、YEAR 1コンテンツとアルティメットパック同梱の「 完全版」です。 下記の追加コンテンツに興味があるなら、きっとお買い得なエディションだと言えるでしょう。

次の

【クリア後レビュー】division2ウォーロードオブニューヨークをクリアしたのでいろいろ書いてみる

ロード オブ ウォー

ロード・オブ・ウォーのネタバレあらすじ:武器商人への道 家族と共にアメリカへ移住したウクライナ系アメリカ人のユーリ・オルロフは、ある日、ニューヨークのブライトンビーチにあるレストランで、ロシアンマフィアの抗争に出くわした。 銃が乱射され、人が死んだ。 決して上手くいっていない家族経営の食堂で働いていたユーリは、そこにビジネスチャンスを見いだした。 人間社会で武器の需要は、食料消費と同じく、常にあるものなのだ。 早速、父が信仰するユダヤ教のツテで、イスラエル人からMP-2を買い付け、取引を開始した。 初めての取引が完了した後、ユーリと同じく、流行らない食堂での仕事に嫌気がさしていた弟のヴィタリーをパートナーにして、本格的に武器商取引に参入したのだった。 ロード・オブ・ウォーのネタバレあらすじ:成功と代償 やがて、彼らにビッグチャンスが訪れた。 1982年のレバノン内戦で、凄惨な光景を目撃しながらも、内戦と呼ぶには規模が大きいこの戦争で、敵味方の区別なく、全ての部隊に武器を売りつけることができたのだ。 しかし、成功者となったユーリに、インターポールのジャック・ヴァレンタイン捜査官の注意が向けられることにもなった。 正義の理想に燃えるヴァレンタイン捜査官は、政府関係者や他のインターポール捜査官とは違い、賄賂が効かない。 しかし、兄弟の商売は続く。 ある時、コロンビアの麻薬王との取引で、支払いがキャッシュではなく、6kgのコカインで支払われた。 兄弟は自分たちでも試してみたが、それをきっかけに、ヴィタリーは重度の麻薬中毒になり、二人が得たコカイン全てを持ち逃げしてしまった。 逃げ隠れていたヴィタリーを見つけ出したユーリは、弟をリハビリ施設に入れ、商売を一人で続けるのだった。 仕事の一方、ユーリは、憧れのモデル、エヴァを口説き、結婚にこぎつけた。 しかし、武器商人であることは、伏せたまま。 そしてやがて、息子にも恵まれた。 ロード・オブ・ウォーの結末:天職 そんなユーリに、二度目のビッグチャンスが訪れる。 ソビエト連邦の瓦解後、ユーリは故郷のウクライナへ飛び、ソ連軍の将軍だった叔父のツテで、旧ソ連の戦車や銃器を買い付けた。 そして、リベリアで終わりなき内戦を続ける独裁者アンドレ・バプティストへ展開することになった。 しかし、荷を載せた輸送機がアフリカへ入る時、インターポールのバレンタイン捜査官が指揮する戦闘機により、強制着陸させられたのだ。 荷と飛行機は捨てざるを得なかったが、なんとか逮捕からは逃れられた。 しかし、ヴァレンタイン捜査官はアメリカのユーリの家に捜査の手を伸ばし、妻エヴァにユーリの本当の仕事を話し、商売から手を引くように夫を説得するよう言った。 ユーリは妻の言を聞き、一度は武器取引を止めることを承諾するが、アンドレ・バプティストからの執拗な要請と高額なオファーに、結局取引をするのだった。 訪れたリベリアでは、独裁者と市民軍は同盟を組み、難民キャンプを破壊しようとしていた。 麻薬中毒から回復し、ユーリとの商売に復帰したヴィタリーは、民兵が女性と子供を斬り殺しているのを見て、自分たちが持ち込んだ武器で、さらに多くの罪もない難民が殺されることに耐えかね、ユーリに取引を止めて引き上げるよう促す。 しかし、約束を反故にすれば、難民と共にユーリとヴィタリーも殺されると、ユーリは断った。 良心の呵責に耐えられなくなったヴィタリーは、ロケット弾を取り、兵器を積んだ輸送トラック一台と、さらにアンドレ・バプティストの息子を撃った。 しかし、そこで兵士に狙撃され、倒れてしまう。 それでも、最期の力を振り絞り、他の武器も破壊しようと、ロケット弾に手をのばすが、ユーリに防がれてしまい、ヴィタリーは息絶えた。 ユーリは兵に投降の姿勢を示し、命は助かった。 だが、今回の取引での支払額は半分となった。 その後、エヴァと息子は家を出て行き、ヴィタリーの死の状況を知った両親からは絶縁され、そして、ついにヴァレンタイン捜査官により逮捕されてしまった。 しかし、力と表の顔を持つ者たちにとって、ユーリは便利な人間だった。 ヴァレンタイン捜査官の及ばない力が働き、ユーリは釈放され、死の商人へと戻った。 需要があり、ユーリには商才がある。 ただそれだけのことだった。 好きと嫌いとに関わらず。

次の