感情 移入 し すぎる。 他人に感情移入しすぎて苦しい人の対策!予防と対処

感情移入しやすくて困るときがある。簡単な5つの改善方法

感情 移入 し すぎる

本や映画などでよく物語に感情移入するという言葉が使われますよね。 同じように、共感するという言葉も登場人物の気持を同じようなときに使ったりします。 なんとなくだけれど知っている言葉の意味や文脈から読み取れる言葉の意味。 はっきりは分からないけど、ぼんやりと意味を知っている言葉がけっこう多い場合があります。 国語辞典でしらべないといけないほど意味がわからないわけでもないから、なんとなくの意味で理解してしまっているのではないでしょうか。 では「感情移入」と「共感」、この言葉の意味の違いは知っていますか。 同じようシチュエーションで使う機会があるこの2つの言葉。 実はちょっとした違いがあるのです。 そこで今回は、「感情移入」と「共感」の違いについてお伝えします。 人だけでなく「もの」も対象となるのが感情移入 自分の感情を相手が「こう思っているんだろうな」と自分と重ね合わせて、勝手に相手に移し入れることを感情移入といい、辞典には「自分の感情などを他の人や自然、芸術作品になどに投射し、それらと自分の融合を感じる意識作用」となっている。 つまり、 感情移入は人の感情だけでなく音楽や芸術作品、自然などに対してもできるということなのです。 例えば、音楽を聴いて「自分の恋の応援をしてくれている歌だ!」「失恋した気持ちを歌っている」と心酔して聞き入ったり、悲しくなったりすることがあるでしょう。 他にも小鳥のさえずりが楽しくお話をしているように聞こえたり、冬空の星がキラキラと切なく感じたりすることがありますが、それは自分の一方的な決めつけに過ぎず、自分が勝手に悲しくなったり、切なくなっているだけなのです。 ポイントは自分が勝手に投射すること。 これが感情移入なのです。 共感は「人」以外は対象にならない 「同感」と同じような意味になり、 他人と同じ感情を持つことを共感といいます。 つまり「人が楽しんでるのを見ると相手が楽しそうなことがわかり、自分も楽しくなる」ということです。 ポイントは「人が」というところで、 人と人との関わりの中で発生する感情のため、人間関係を築く鍵ともいえます。 そのため相手がなんの感情を持っていないのに「悲しそうだ」と推測して勝手に自分も悲しむのは共感とは言えません。 また、相手が悲しんでいても、自分が悲しんでいなければ共感とは言えません。 他人の考えや行動、感情を自分のもののように感じ取ることが共感なのです。 相手を理解し同じ感情になれたら、それは共感と呼べるでしょう。 感情移入は能動的 「こういう気持ちなんだろうな」と想像して勝手に自分に投射することなので、意識的に感情移入しようとしないとできないものなのです。 これは1人1人考え方や感じ方が違うために能動的になってしまうということ。 つまり、 自分が体験したことではないけれども、自分に起きたように想像して感情が生まれているのです。 人は、「自分」は「自分」、「人」は「人」という考えを持っています。 ですが、それでは人間関係もうまくいかない、ものに対しても感情がわかなくなってしまうので感情移入という能力が備わっているのかもしれません。 共感は本能的 思い出してみてください。 あなたが悲しんでいる友人から相談を受けていて、友人が悲しそうにしているのがわかると、自然と自分も悲しくなってきたということはありませんか。 悲しんでいる友人を前に、大笑いするなんてこと滅多にありません。 そう、その経験こそが「共感」です。 自然と悲しくなってくる・・というのは、もう生まれ持った本能なのです。 人との関係を良好にするために、人を理解して、人を思い、人と同じ気持ちになる。 これは喜怒哀楽どんな時も同じ。 相手から自分を認めてもらうために脳に作られた仕組みが共感なのです。 同じように、自分がしたことで相手が喜んでいる姿を見たら、自分も嬉しくなってもっともっと喜ばせてあげたいと思う気持ちが出てきますよね。 共感というのは本能であり、人を思いやる優しい気持ちなのです。 感情移入すると疲れやすくストレスがたまりやすい 感情移入は、体験していないけれども、体験したかのように想像して感情を生み出すことなので、度が過ぎると感情に巻き込まれる可能性があります。 例えば、友人から恋の相談を受けて、友人の様々な感情に感情移入し、相談が終わった頃には友人はスッキリしているのに、自分だけ悶々として気分が晴れないとき、それは感情に巻き込まれているのです。 ドラマや映画を見て、疑似体験した気持ちになり、ネガティブな場合だとそのまま引きずってしまう場合にも、気分が晴れないでいると、体が疲れやすく、度が過ぎるとストレスさえ感じるようになってしまいます。 もし、疲れやすくストレスを感じるのであれば、ネガティブなものは切り離し、心がリラックスできる状態を作って、ホッと一息ついて、頭を空っぽにすることをオススメします。 以上、感情移入と共感の5つの違いをお伝えしました。 同じように使っていたけど実は全然違った意味でしたよね。 共感は「共感力」とも呼ばれ、人とのコミュニケーションをとる上で、相手を理解して大きな視点で物事を見ることができ、人に優しく接することができるとされる能力と言われています。 本能的にある共感する力ですが、それをより高めることで学校や仕事の人間関係がより良好になるとされています。 また感情移入は自分が体験したわけでもないのに、勝手に想像して同じような感情になってしまうこと。 そのため、ポジティブなことはいいですが、ネガティブなことでその感情に巻き込まれてしまいストレスや疲れを感じやすくなってしまいます。 人との関係でもそうですが、感情移入は芸術作品や自然などのものも対象になるので、すぐに心の切り替えができない人は悲しく寂しい作品などは見たり聞いたりするのを避けるようにするのがオススメです。 ですが、感情移入もいいように考えれば、相手の立場になってどっぷり考えることができるので、人との関係を良好にするきっかけになるかもしれません。 まとめ 感情移入と共感の違いは ・感情移入は人だけでなく「もの」も対象になる ・共感は人と人との間での感情 ・感情移入は能動的 ・共感は本能的 ・感情移入すると疲れやすくストレスがたまりやすい.

次の

感情移入とは?感情移入してしまう人の行動・心理を紐解く

感情 移入 し すぎる

自分の子どもが「悲しい」「つらい」「寂しい」など、ネガティブな気持ちを感じている時、親としてはもちろん少し心配になりますが、それだけならそれなりに冷静でいられると思います。 でも、自分自身が強く感情移入してとても苦しくなってしまうとしたら、ちょっと考えてみた方がよさそうです。 普段は感じていなくても、心の中で「つらいよ~」と言っているチャイルドが隠れているのかもしれません。 そのチャイルドに向き合い、何がつらいのか耳を傾けてあげ、よしよししてあげて、その上でチャイルドが抱えている誤解(自分は愛されない、という思い込みなど)を解除することができたら、子どもに対しての感情移入が軽くなってきます。 とても有意義なメールをいつもありがとうございます。 是非お聞きしたいことがあり投稿させていただきます。 私には二人の子供 小1,年中 がいます。 今朝、4月から小1の息子がお友達と通学中、息子が名札を忘れた事に気付き、二人で引き返す途中、お友達が転んで額にケガをしてしまいました。 そこそこ出血していました。 私が出勤しようと自転車をこぎ始めた時、正面から、大声で泣き叫びながら片方脱げた靴を持ち、息子が戻って来ました。 その姿や「僕が悪いんだ、名札を忘れたから!!」と自分を責める彼の気持ちがすごく辛いです。 自分に移り過ぎている自分にふと気付きました。 でも、思い出すと胸がぎゅーっと締め付けられ涙がでそうでたまりません。 子供の寂しい感情には、度々感情移入しすぎると思っています。 やはり自分が幼少時の影響があるでしょうか?どうしたら気持ちを静め落ち着けるでしょうか? (一部編集させていただいております。 ) =================================== リクエストをいただきありがとうございます。 我が子がネガティブな感情を感じているように思える時、親の自分が感情移入し過ぎてしまうとしたら、そこにはどんな背景があるのでしょうか? 子どもがネガティブな感情を感じている時、親としては心が揺さぶられますよね。 それは当たり前の「我が子を心配する気持ち」ですが、実はそれだけならひどく苦しくはならないんです。 リクエストの方の場合、「我が子を心配する気持ち」と同時に、「過去の自分の未消化の気持ち」を感じてしまうためにとても苦しいのでないかと思います。 二つの感情が同時に表れると、大きな感情のように感じられ、自分でも驚くほど心が揺れるのです。 我が子のことでなくても、「過去の自分の未消化の気持ち」は、きっかけがあれば噴き出してきますので、もしかしたらテレビや映画を見ると涙がよく出てしまうとか、お友達の話にも心が動きやすい、という傾向があるかもしれません。 いずれにしても、「過去の未消化の気持ち」がどんなものであるか理解することがまず第一歩となります。 さてでは、どんな気持ちが未消化になっているのでしょうか? それはやはり、「ネガティブな気持ち」ですよね。 「悲しかった」「つらかった」「寂しかった」など、子ども時代に感じていたネガティブな感情を出さないように封印(抑圧)していなかっただろうか?と振り返ってみてください。 「悲しかった私」「つらかった私」「寂しかった私」などのイメージが心の中に浮かんできたら、まずは、「そうだったんだね」と優しく落ち着いて受け止めてあげてください。 この時、大人の自分がチャイルドの自分を受け止めてあげる、と考えてください。 それができたら、この子はどうしてこれらの感情を封印していたのかな?と考えてみましょう。 忙しい両親に心配をかけたくなかった、とか、親に言ってもダメだと思っていた、などという事情があるはずです。 これは一見あきらめのよい「いい子」のように見えます。 でも、実は…ここにヒミツがあるのです。 「親にはこの気持ちを言えない」と思いつつ、その一方で、かなり怒りを感じていたりするんですね。 「親なら察してよ!」とか、「もっと私に気持ちを向けてよ!」とか。 でもその気持ちもまた封印し、「ガマンする私」でやってきているのです。 そして…、「こんなにガマンしてきたのは親のせいだ」と思っている自分がいるんです。 「だから私はこんなに悲しい気持ちを抱えたままなのよ、親ならなんとかしてよ!」と、本当に知らず知らず、思っていたりするんですね。 しかも、です。 「親ならなんとかしてよ!」という気持ちを持っていると、我が子に対してもそう思われているような気がします。 「お母さん、親ならこの状況何とかしてよ!」って。 そうすると「我が子を心配する感情」+「過去の未消化の感情」+「我が子に責められている感覚」を同時に感じてしまうので、どこに焦点を当ててよいのかわからなくなり、心がパニック状態になってしまいます。 さてさて、ここで、「ガマンしてきたのは本当に親のせいかどうか?」なのですが… 私自身が、長年「親のせい」と思ってきました。 いろいろ事情はあったにせよ、親が未熟であった、と。 ただ、これでは完全には気持ちがすっきりしなかったのです。 ですから、「さらにその先」に考えを伸ばしていくことが重要だと思っています。 「その先」とは。 子どもって、未熟ですよね。 だから保護者が必要です。 成熟していないんです。 「親のせい」と怒った自分は子どもでした。 だとしたら、自分の見方が未熟だったのかもしれません。 子どもは親に完璧を求めます。 そして、「私の求めた愛し方じゃない」とへそを曲げたりします。 「私の思い通りに愛してくれない親は未熟だ」と。 そして、愛を受け取らない、という態度をとったりするのですが… このやり方そのものが未熟、ではないでしょうか。 子どもの時は未熟で当たり前なので、それはそれでいいんですね。 それが悪いということでは全然ありません。 ただ、大人になった今なら、かつての自分の姿を冷静に見ることができますよね。 親が未熟だったのではなくて、自分が未熟だったのだ、ということがわかると、「親のやり方が悪かったから私はガマンした、つらかった」という土台がくずれ、思わず笑いが出てきたり、脱力してしまったりします。 ここまで来ると、我が子がネガティブな感情を感じている時にも、親としての自然な心配はありつつも、冷静でいられるようになるでしょう。 とはいえ、ここまで一気に、というのは難しいものです。 まずは、「ガマンしてたんだもん~」という心の中のチャイルドをよしよししてあげてください。 それだけでも少し気持ちを静める効果があります。 それに慣れてきたら次の段階を考えてみてください。 やり方がよくわからない場合は必要に応じてカウンセリングもご利用してみてください。 (完) この記事を書いたカウンセラー.

次の

感情移入しやすい人が陥る悩みを解決する方法☆

感情 移入 し すぎる

【他人に感情移入しすぎて苦しい】感情移入のオンオフ 「あなたは他人に感情移入しすぎなのよ…。 」 と、他の誰かに呆れられたことがあるでしょうか。 他人に感情移入しすぎて苦しい人にしてみれば、 そんなこと言われたって…という話ですよね。 感情移入というと、そこに ある程度、自分の意思で行っているというニュアンスが含まれるかもしれませんが、他人に感情移入しすぎて苦しんでいる人は、意図的に他人に感情移入をしすぎているわけではありませんよね。 それは、感覚的に言えば、「 勝手にそうなっちゃう。 」という感じです。 自分の意思とは関係なく、他人に感情移入しすぎて、 自分の意思とは関係なく、苦しくなってしまう。 自分でスイッチのオンを押しているわけではありません。 だからスイッチのオフだって、どうやったらいいかわらからない。 そんな感じではないでしょうか。 【他人に感情移入しすぎて苦しい】感情移入しすぎる人の2つの特徴 他人に感情移入しすぎて苦しい人には、2つの特徴があると仮説がたちます。 それは、 感受性が強いということと、 ミラーニューロンが活発であるということです。 感受性が強いということは、 外部からの刺激に対する身体と心の反応が早く、するどく、またはその量が多いということです。 そしてミラーニューロンとは、 誰かの反応を見たり聞いたりした瞬間に、自分もそのような感覚になってしまうという細胞のことです。 他人に感情移入しすぎて苦しい人は、相手の反応を見て、 あたかもそれが自分の感覚であるかのようにコピーしてしまい、しかも、 それに早く、するどく、多く反応してしまうということですね。 感情(刺激に)対する反応が大きければ負担は大きいし、他の人と反応の大きさにギャップがあれば、それはそのまま生きづらさにつながります。 他人の感情をミラーのようにコピーし、拡声器のように大きくしてしまう。 これが他人に感情移入しすぎて苦しい人のイメージです。 【他人に感情移入しすぎて苦しい】苦しみを軽減する方法 他人に感情移入しすぎて苦しい人が生きづらさを軽減するためには大きく分けて2つの方法があります。 1つは予防であり、もう1つは処理です。 他人に感情移入しすぎて苦しまないための予防策 まず一つめは物理的な予防です。 他人に感情移入しすぎて苦しくなる自分の傾向を 理解し、感情表出が高い現場には あまり足を運ばないようにするということです。 一人でいる時間を大事にし、 人の感情がうるさいような場所には長居しない。 自分を楽な場所に自分で運んでいくことは大事なことですね。 もう一つは イメージの力を使うということ。 よく言われるポピュラーなイメージは、バリアのイメージですね。 白い光の幕をイメージしてもいいし、オシャレな壁をイメージしてもいい。 他人に感情移入しすぎて苦しい人は、意識せずに立ち振る舞っていると、あっという間に感情移入が起こってしまいます。 大事なのは、自分と他人との間に 意識的に固定したイメージをもつことで、相手の感情との距離感を一定に保つことにあります。 バリアや壁のイメージを意識し、固定化させることができれば、常に感情移入について意識し、苦しい感情を警戒することができるということです。 バリアや壁のイメージは自分にあったものを選びましょう。 ちなみに逆エンパスの人は、自分から溢れるエネルギーが そのまま自分を覆うようなイメージがわりと、しっくりくるらしいですよ。 黒田式の新しい予防法 他人に感情移入しすぎて苦しい人のための、新しい予防法を紹介します。 感情エネルギーの多くは、 言葉の力によって固定されます。 だから、 言葉をしっかり受け止め、はね返すことができると、エネルギーの影響をもらわなくて済むことは多いのです。 具体的には、感情がうるさい現場に出くわしたとき、 その場の感情エネルギーを曖昧にとらえるのではなく、 他人が表出した言葉の相(すがた)を一つずつ丁寧にとらえることです。 たとえば、職場で厳しい上司が、同僚を怒鳴りつけている場面。 上司が同僚に向かって 「こんなこともできないのか、やめちまえ!」 という言葉を言った。 この言葉の相(すがた)には 嫌な感情エネルギーを感じる。 このように他人の言葉の相(すがた)を具体的にとらえると、 苦しい 感情移入をしてしまう対象をある程度絞ることができ、お別れすべき言葉がはっきりします。 言葉の相(すがた)とお別れしていく具体的な方法は、実際にその言葉をあなたの声にしてみることです。 「こんなこともできないのか、やめちまえ!」 あなたが言葉の相(すがた)として受け取ったものを 声にできると、あなたに必要のない言葉は、あなたから離れていってくれます。 上司の怒鳴り声という曖昧な受け取り方では、感情エネルギーの発生源も曖昧で、嫌なエネルギーと別れるのは難しいのです。 「こんなこともできないのか!やめちまえ!」 と、 はっきりと言葉の相(すがた)をとらえることができると、その言葉の相(すがた)を声にすることで、お別れすることが簡単にでき、嫌な感情エネルギーの発生源を体内に宿さなくてすむのです。 これは、 感情エネルギーの真剣白刃取りみたいなものです。 黒田式他人に感情移入しすぎて苦しい人の予防法まとめ• 常日頃から、言葉の相(すがた)をとらえる構えをもっておく。 嫌なエネルギーをもった言葉の相(すがた)をキャッチしたら、それをそのまま自分の声にする。 そうすると、体内に嫌なエネルギー源が宿らない。 他人に感情移入しすぎて苦しまないための対処法 まず一つ目は物理的な対処法。 持ち前の感情移入力が発揮され、苦しくなってしまったら、 その場から離れ、落ち着ける場所に避難すること。 今以上に感情が影響を受けてしまったら苦しくなる一方です。 自分の意志でその場を離れる選択をしましょう。 ときには方便を使うのも大事な判断です。 自分がピンチの時は、いかにスマートに自分を守るかが大事です。 そういうときの逃げ方は、 ピンチになる前から想定しておくとよいでしょう。 エンパス系の人は感情を上書きする 2つ目は、感情を転換するという方法です。 エンパス系の人には大事なイメージかもしれませんが、感情移入や、超共感によって生まれたエネルギーは、 他のエネルギーで上書きができます。 だから嫌な感情エネルギーを受けてしまったら、良い感情エネルギーをもらえるところに自分で行って影響を受ければいいのです。 頼りになる人、動画、本、絵、なんでもいいから、自分の感情を転換させやすい何かを頼り、自分の意思で感情の上書きを試みてみましょう。 嫌な感情の影響を受けているとき、頭のどこかには、 この感情におぼれていなきゃいけないかのようなイメージがあるかもしれません。 嫌な感情には滞留性があるようです。 それをとにかく振り払い、自分の意志で、嫌な感情エネルギーを転換する行動をとりましょう。 その嫌な感情エネルギーは、あなたには必要のないもので、あなたの意思で手放すことができるものなのです。 逆エンパス系の人は、嫌な感情エネルギーを追い出す。 逆エンパス系の人には大事なイメージですが、嫌なエネルギーを追い出すことができれば、下から瑞々しい綺麗なエネルギーが湧いてきます。 さっきも書きましたが、エネルギーを固定化させてくれるのは言葉です。 だから、 嫌なエネルギーのコアになっている言葉を探しあて、それを声にして吐き出しましょう。 声になった言葉は、嫌なエネルギーと共にあなたの身体から離れていってくれます。 エネルギーが離れた分、新しいエネルギーがわき、あなたは元気になることができるのです。 【他人に感情移入しすぎて苦しい】まとめ 「他人に感情移入しすぎて苦しい人の対策!予防と対処」ということで書いてみました。 他人に感情移入しすぎて苦しい人の予防まとめ• 感情が飛び交うところにあまり近づかない• バリア、壁などをイメージする• 言葉を相(すがた)でとらえ、キャッチアンドリリースする(真剣白刃取り) 他人に感情移入しすぎて苦しい人の対処まとめ• 感情移入して苦しくなった場所から離れる• エンパス系ー感情の上書き• 逆エンパス系ー感情のコアになっている言葉を探し、吐き出す 感情移入力の高さは、人生を豊かにするものです。 自分にとって心地よいものを周りに集め、ステキな感情で毎日を過ごしましょう! 月の逆エンパス 黒田明彦 私のエネルギー、もらってね。

次の