横浜 市 ハザード マップ 港北 区。 神奈川県横浜市港北区の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

キャッシュレス還元マップ:横浜市港北区

横浜 市 ハザード マップ 港北 区

横浜市港北区防災対策に関する情報について紹介した、 横浜市港北区防災対策情報です。 このページからリンクされた横浜市港北区のホームページへ直接アクセスし、防災対策に関する情報を閲覧することができます。 横浜市港北区の防災への取り組みを、インターネットというメディアを利用し地域の皆様へ情報サービスをしていますのでご利用いただければ幸いです。 スポンサード リンク 横浜市港北区の防災対策情報 横浜市港北区の防災に関するページについての紹介です。 大地震が発生すると、ライフライン 電気・水道・ガス・電話など がストップする可能性があります。 そのとき慌てないためにも、日頃から地震に対する備えをする必要があります。 スポンサード リンク 地震対策 地震はいつ起こるかわかりません、止めることもできません。 被害を最小限にとどめるために次のようなことを心がけることが大切です。 地震でこわいのは火災です。 日ごろから火気器具の点検・整備をして、家から火を出さない環境づくりに心がけましょう。 非常用持出品を確かめ、飲料水・食料・救急医薬品・生活必需品・防災用品を備えておく。 避難場所や避難経路の確認や役割分担など、防災についても家族で相談しておくことも大切です。 普段の生活で「地震が来たら危ない!」と思った所 ブロック塀や石垣はくずれないように補強する。 不安定なアンテナや屋根瓦は補強する。 プロパンガスのボンベは鎖でしっかり固定する。 家具や大型家電製品などの転倒防止策を行う。 地震発生時の防災心得 まず自分の身の安全を守る。 揺れを感じたら、すばやく火の始末をする。 火が出たら、まず消火する。 あわてて戸外に飛び出さず、出口を確保する。 避難は徒歩で、持物は最小限にする。 狭い路地、塀のわき、がけ、川べりに近寄らない。 山崩れ、がけ崩れ、浸水に注意する。 避難時には、ブレーカーを切り、ガスや水道の元栓を締めましょう。

次の

土砂災害ハザードマップ 横浜市

横浜 市 ハザード マップ 港北 区

神奈川県が「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称:土砂災害防止法)」に基づき、土砂災害警戒区域等を指定した場合、横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。 このハザードマップは、梅雨時期の集中豪雨や台風に伴う豪雨などにより、土砂災害が発生した場合に被害がおよぶおそれのある区域を示し、土砂災害が予想される場合や土砂災害が発生した場合に、市民の皆さまが避難などの適切な行動をとることができるように作成したものです。 また、土砂災害ハザードマップは各区区役所で配布させていただいています。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 横浜市のわいわい防災マップでは現在対応に向けた準備中になりますので、最新の土砂災害特別警戒区域等を確認される場合は、神奈川県のWEBサイト の「土砂災害のおそれのある区域」からご確認下さい。 地図面の土砂災害警戒区域等は土砂災害ハザードマップ作成時点のものであり、現在の指定状況と異なる場合があります。 土砂災害警戒区域等に関する法的な図面は、の「土砂災害のおそれのある区域」の告示図書をご確認いただくか、神奈川県の横浜川崎治水事務所にお問い合わせください。 掲載範囲は、マップ上の鶴見区全図をご確認ください。 土砂災害警戒区域等の防災情報につきましては横浜市民防災情報からも確認できますので、併せてご利用ください。 また、詳細や最新の情報を確認されたい方はの「土砂災害のおそれのある区域」からご確認ください。

次の

キャッシュレス還元マップ:横浜市港北区

横浜 市 ハザード マップ 港北 区

液状化マップをご覧いただく際の注意事項• 液状化危険度の判定には、PL値を用いました。 PL値とはその地点での液状化の危険度を表す値です。 西区のみなとみらい21地区のように、あらかじめ広い範囲が、地盤改良などにより液状化対策が行なわれているところは、液状化判定から除外しています。 50メートルメッシュ周辺の代表的な地盤ボーリングデータに基づき液状化判定していることから、そのメッシュの中には液状化の起こりにくい地盤が含まれている場合があります。 液状化危険度が高い地域においても、既に、液状化しやすい地盤を改良して土地利用されている場所や、建築物等に液状化対策が実施済みのところもありますが、今後建築予定の箇所等については、個々に地盤調査を実施していただき対策の検討を行っていただくことを推奨しています。 液状化のしくみ 液状化とは、地震によって地盤が一時的に液体のようになってしまう現象です。 埋立地や河口など水分をたくさん含んだ砂質の地盤で発生する現象で、地盤の上の建物を傾かせたり沈ませたりします。 この現象は、昭和39年の新潟地震で、アパートの倒壊や新設の橋の崩壊などの被害が続出したことにより注目されました。 最近では、平成7年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)でも、ポートアイランドや六甲アイランドが被害を受けて注目されました。 一定のバランスを保っている地下水で飽和した状態にある砂層が([1]の状態)、強い地震によって揺すられると、砂と砂のすき間にある水に圧力がかかり、砂同士のかみ合いがはずれます。 そして、ついには砂の粒子のかみ合わせがはずれてしまい、砂の粒子は水の中に浮いた状態となります。 ([2]の状態)その後、押し出された水が砂とともに地表にあふれ出します。 ([3]の状態)このように地盤があたかも液体のようになる現象を「液状化現象」と呼んでいます。 【[1]地震前】 砂粒子がかみあい 安定している状態 【[2]液状化時】 砂粒子のかみ合いが はずれ泥水化した状態 【[3]地震後】 砂粒子が再堆積し 地盤が沈下した状態 (噴砂、噴水) 地盤が液状化すると建物を支える力がなくなったり、建物または地盤そのものが不均一に沈下することから次のような被害が発生する恐れがあります。

次の