ヒグチユウコ ひとつ め ちゃん。 数ページ読める|ほんやのねこ|絵本ナビ : ヒグチ ユウコ みんなの声・通販

可愛すぎる!グッチ(GUCCI)とヒグチユウコのコラボレーション|買取小町

ヒグチユウコ ひとつ め ちゃん

当時各種SNSを始め、大きな話題を集めました。 そんな大成功を収めたコラボが約2年ぶりに帰ってきます。 そう、グッチが2020年秋冬チルドレンズ コレクションにてヒグチ氏とのコラボレーションを発表したのです。 ヒグチ氏の作品といえば、ネコをはじめ、数々の擬人化された動物たちが生き生きと描かれているのが特徴。 奇妙さがありつつも、どこか惹きつけられる…そんな幻想的な世界観は日本のみならず世界からも注目を集めています。 全てのアイテムにヒグチ氏の遊び心あるイラストがあしらわれています。 こちらの注目コレクションに、日本だけで展開するスペシャルなプリントのアイテムをはじめ、日本限定アイテムを多数取り揃っているというからワクワクが止まりません。 商品展開は2020年4月1日からの予定とのこと。 早速気になるアイテムをチェックしてみましょう。 また、同じデザインのベルトバッグも登場します。 トートバッグ[幅28. 左/ハンカチーフ¥12,000 日本限定 右/スカーフ¥15,000 日本限定 また、今回のコラボを記念し、グッチの公式LINEアカウントにてヒグチユウコ チルドレンズ コレクションを堪能できるLINEコンテンツが登場!ウォールペーパー6種の配信に加え、4月1日からはLINEのトークルームにて使用できるGIFステッカーも配信予定。 アイテムとイベントの両方でヒグチ氏が描く世界観に浸ることができるチャンスです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

[B!] ヒグチユウコの文房具“猫”マスキングテープ&“ひとつめちゃん”スケッチブック、ホルベインとコラボ

ヒグチユウコ ひとつ め ちゃん

ヒグチユウコ展CIRCUSの猫 先日、世田谷文学館で開催されているヒグチユウコ展 CIRCUS[Higuchi Yuko CIRCUS]に行って参りました。 猫や女の子、ワニなどをモチーフに描いた作品が有名で、特に女性から人気の高いヒグチさんですが、今の今まで知らず・・・。 インスタでこの展覧会の模様を石田ゆり子さんや糸井重里さんが紹介していて初めて知りました。 猫がタコ足だったり、一つ目の生き物が出てきたり、不思議な生き物を描くヒグチさんですが、ちょっと恐い?? でも愛嬌があって、可愛くて、ついつい引き込まれて、ジッと見てしまいます。 インスタで知ったとき、すぐ展覧会に行きたい!という気持ちになりました。 絵のタッチもメチャメチャ細かい! これ、描くのに何時間かかったんだろう??と驚かされる細かさです。 ある意味、狂気です。。 4歳の娘も行きたい!と大はしゃぎだったので、娘を連れて、開催2日目に行ってきました。 入場口です 入り口付近です。 初日は入場前から長蛇の列で、何時間か外で待たされたようですが、私たちが行った2日目、午前11時ごろだったと思いますが、待たされずスムーズに入場できました。 入り口すぐのところまでは撮影可でした。 中はもちろん撮影禁止ですね。 出口には大きなパネルが。。 ここでは撮影OK! 出口には撮影できるパネルが飾ってありました。 私たちも早速撮影してインスタにUP。 インスタ映えしますね。 このパネルも出口付近にあったものです。 中は撮影できないので、撮影できる場所があると嬉しいですね。 ミュージアムショップ入店には整理券が必要 ミュージアムショップでグッズを購入しようと思ったら、 ミュージアムショップ専用の整理券が配布されていました。 私たちの入場は午前11時で、その時に配布されたミュージアムショップ整理券の入店時間は午後3時30分。 えー!! 特に周りに時間潰せそうな場所もないし。。 4歳児の娘もあきちゃうだろうし・・・ということで、 グッズ購入は楽しみにしていたけど、断念しました。 残念!!! 魅力的はグッズがずらり。 Tシャツとか買いたかったなぁ。。。 とほほ。。。 ガチャガチャでフィギュアマスコットを購入 グッズは買えなかったけど、展覧会の出口にガチャガチャがいっぱいありまして、 そこでフィギュアマスコットを5つゲットしました。 娘も私もこれですごく満足です。 グッズが買えなくても、これでお腹いっぱいになりました。 マスコットの名前は左から、ポリスとことり、ツチグリぼうやとテアシオヒトデ、ひとつめちゃんとおきんちゃん、こはるちゃんです。 4歳の娘はこはるちゃん、私はひとつめちゃんがお気に入り。 フュギュアマスコットは全部で7種類。 値段は各500円です。 全部買えばよかった。。。 このフィギュアマスコットは、今ネットでも購入できるそうです。 買おうかな。 ヒグチユウコさん自身がTwitterで告知しています。 ご要望多かったため、フィギュアマスコットの通販はじまってますー。 ニャンコからプリンの配給を待つみんな。 — ヒグチユウコ nekonoboris 一体ずつは購入できないみたいですね。 BOX売りだ。 すごく売れてるみたいですね。 今、再入荷待ちのようです。 ヒグチユウコ画集 CIRCUS 今回の展覧会の画集も会場で販売しています。 Amazonでネット購入も可能です。 YOUTUBEも見てね! 観覧したり、写真を撮ったり、ガチャガチャをしたり。 所要時間は1時間強といった感じです。 家族全員で楽しめました。 近日中にYOUTUBEで動画も公開します。 興味のある方はぜひ会場にも足を運んでみてください。

次の

漫画家・羽海野チカ先生の愛猫ブンちゃんが虹の橋を渡りました

ヒグチユウコ ひとつ め ちゃん

それぞれの魅力が絶妙にマッチしたコラボ作品 5月17日に が、日本人アーティストのヒグチユウコさんとのコラボ作品を発表しました。 今回で2度目となるこのコラボですが、前回はキッズウェアを中心とした2018年春夏チルドレンズコレクションではセンセーショナルなニュースとなり、見事にヒグチユウコさんの世界観に心打たれた人が急増しました。 これにより、今回のコラボは更に客足は増えています。 今回の作品は、ハンドバッグとボストンバッグが5型、スモールレザーグッズが4型という展開になっています。 そして、このコレクションのために耐久性に優れたプリントを特別に開発されました。 また、内側には日本限定コレクションを示すレザータグやテキストを刻印されるなどバージョンアップしています。 店頭には、ヒグチユウコさんの描く不思議なキャターと、想像力を掻き立てる幻想的なシーンがの世界観に絶妙にマッチしており、一度見たら目が離せないほどの"アート"な商品がずらりと並んでおります。 のシンボルであるウェブストライプの両側に羽の生えたウサギが向かい合う可愛いオフィディアのバッグ。 架空の動物たちがメルヘンで不思議な絵本のような世界を描くショルダーバッグ。 動物たちの暮らすガーデンがテーマのハンドバッグ。 ヒグチユウコさんのオリジナルキャターで知られる"ひとつめちゃん"や"オオトリさま"が登場するウォレットやカードケース。 などなど、魅力的で惹きつけられるものばかりです。 一面の緑と、お花、動物たちがリアルなタッチで描かれていて一見メルヘンで可愛らしい印象を受けますが、よく見るとウサギに羽が生えていたり、ネコやトリは擬人化され、ヒグチユウコ好きなら誰もが知る"ひとつめちゃん"は腕が4本、頭には触覚のようなものが生え、大きな目がひとつあるなんとも不思議な生き物なのです。 そのメルヘン且つミステリアスな世界観に、誰もが引き込まれること間違いないでしょう。 持っているとウキウキワクワクするような、唯一無二の作品となっています。 購入すると、ガーデンが鮮やかにプリントされたショッパーボックスに、ピンクのラッピングペーパー、ブラックのリボンをつけたルパッケージに包まれて、家に持って帰ることが出来ます。 更にで話題となっているのが、 購入した方にサプライズでヒグチユウコさんのサイン入り絵本がプレゼントされているそうです。 これは、1店舗につきお一人だけにプレゼントされるもので、選ばれた人は予期せぬ素敵すぎるプレゼントに驚いています。 選考方法は不明ですが、社長さんからのメッセージつきだとか…。 絵本の世界がそのままグッズになったような、夢のあるバッグやウォレットたちを直接店頭でご覧になってはいかがでしょうか。 話題のヒグチユウコの魅力とは 2014年に「ふたりのねこ」で絵本作家デビューをしたヒグチユウコさん。 過去には、MELANTRICK HEMLIGHET、など様々なブランドやメーカーとのコラボで毎度話題となり、幅広い年代の女性から人気を博しています。 ネコ、ウサギ、イヌなど架空の動物をとても繊細なタッチで描き、ミステリアスでありながらあどけなさも感じる作品は一度見ると一気に引き込まれてしまいます。 「ふたりのねこ」の他にも「せかいいちのねこ」「いらないねこ」や涙なしでは読めない「すきになったら」など多くの人気の絵本を出版しています。 また、「MUSEUM」という塗り絵本には、見本や塗り方のコツなどもあり、ヒグチユウコさんの魅力が詰まっているとファンに人気となっています。 絵本の題名からもわかる通り、作品や商品にはネコの登場回数が多いです。 というのも、ヒグチユウコさんご自身が愛猫家であり描かれているネコも、愛猫のボリスがモデルになっているからだそう。 また、ヒグチユウコさんには息子さんがいてにも度々息子さんのことをツイートされていてホッコリさせられます。 「せかいいちのねこ」は、息子さんと息子さんのお気に入りのぬいぐるみがモデルになっています。 その息子さんが描いた絵をに載せていたのですが、驚くほど芸術的でヒグチユウコさんの世界観をちらつかせた完成度にファンの間で話題となっています。 そんなヒグチユウコさんの初のショップ「maison GUSTAVE」が6月10日に青山にオープンしています。 オリジナルブランドの「GUSTAVE higuchiyuko」のから新作の商品が並んでいます。 ひとつひとつの商品にこだわっていて、扇子には、扇子袋やパッケージにもネコが描かれ、京扇子の老舗「白竹堂」の職人により手作りされています。 帳も老舗の「谷口松雄堂」の職人が作り、巾着袋には丹後ちりめん生地を使用しています。 と一緒に"オオトリさま"や"ひとつめちゃん"がまぎれて描かれています。 店舗デザインやインテリアにもヒグチユウコさん自身が監修し、ひとつひとつに世界観を感じられるお店です。 ここまで読んで、既にヒグチユウコさんの作品に興味を持っていただいた方は、せびとも行っていただきたいです! ヒグチユウコさんの絵本は大人向け絵本となっているので、本屋さんで世界観を除いてみてもいいでしょう。 きっとすぐに引き込まれてしまいます。 まだまだ間に合うはず! 高級ブランドであるのイメージを壊すことなく、パンチを効かせてくれるヒグチユウコさんのデザインに私も驚きました。 "一度見たら目が離せない"と話題ですが、本当にその通り。 一気に引き込まれてしまうパワーがあります。 まだ間に合うはずです。 へ急ぎましょう! そして、まだまだ目が離せないヒグチユウコさんに注目です! fashionkyujin.

次の