コロナ 感染経路 言わない。 コロナウイルス感染はなぜ若者のせい?10代20代30代は外出禁止?と反論多数!ネットもざわつき

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

コロナ 感染経路 言わない

コロナウイルスとは 「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」はコロナウイルスのひとつです。 コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが含まれます。 ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。 自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。 物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。 ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。 手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。 また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

次の

新型コロナウイルス

コロナ 感染経路 言わない

なぜ感染経路が不明なのか? 日本が新型コロナウイルスを拡大させないために現在やっていることの1つには、 クラスター感染をなくすということです。 クラスター感染とは、いわゆる集団感染のことで密閉された場所で1人の感染者から多人数の人に感染してしまう状態のことを言います。 クラスター感染が出た場合、日本では クラスター調査を徹底して行っています。 これはヨーロッパ諸国や中国武漢やイタリアでは行っていないことだそうです。 クラスター調査では、保健所によって感染者の発症2週間前から発症後の行動範囲について事細かに調べます。 感染者が外出していた場合、勤務地などはもちろんのこと例えばどこかのイベント会場やお店への出入りはあったのか?どこかで誰かに会っていたか?などの調査です。 そして、場所がはっきりすればそこの場所へ行って徹底的に消毒をするということを行っています。 ところが、感染者の中にはプライバシーだから言う必要がない、お店の名前を言うとそのお店に迷惑がかかるという理由から、訪れた店の名前をはっきりと言わない人も多いのだそうです。 また、イベント主催者やお店側も参加した方や来店者の個人情報を明らかにしない、保健所が参加者や来店者に申し出てもらうことを呼びかけても申し出がないなどの現状もあるようです。 こういったことが感染経路不明を増やしている原因に繋がっているそうなのです。 小池百合子都知事の会見での言葉 3月27日には小池百合子東京都知事の会見がありました。 都知事は会見の中で、現在の状態は「抑止できるぎりぎりの局面」であり、特に「夜間の外出を控えて欲しい」と言うところを強調させていました。 その意図とは、夜の街へ繰り出すことをしないで欲しいというところにあり、東京の感染者の行動範囲の中に六本木、銀座などが多かったという事実があり、そのような言葉を発せられたということです。 さらに3月30日13:30の都知事会見では、さらに「夜の外出を控えて欲しい」「クラスターの感染経路を調べることを徹底する」ということを語られました。 Twitterの声は? コロナ感染者の「感染経路不明」っていうの、今日突然気付いてしまった。 彼らは「感染経路がわからない」のではなく「心当たりがあっても言えない」んだ。 「この前〇〇のイベントに行ってました」と言えば社会的に死ぬから「なんか知らないけどコロナになりました」って言うしかないんだ。 — ピンフスキー hideyosino 3月25日 神奈川県「藤沢市在住の20代男性がコロナ感染。 18日に38度の発熱で頭痛、倦怠感の症状。 22日に再び39度。 24日にコロナ感染が判明。 感染経路は不明」 初期症状が「微熱」ではなく、いきなり高熱のケース。 東京における感染者の確認状況(NHK7時ニュースから)…感染経路が分からない感染者が3月15日以降41人を数え、新たな感染確認数の半数近くを占める。 感染者の増加とは別に、経路不明は感染急拡大のリスク要因として注目される。 すでに相当数の「通勤感染」が潜在するのではないか。 — 冨永 格(たぬちん) tanutinn まとめ クラスター調査とは、たくさんの労力と時間とかなりのエネルギーを要するものだそうです。 クラスターを止められなければロックダウンもやむを得ない状況であり、今、緊急事態宣言がいつ出てもおかしくないという状況です。 1人1人の意識を高めることが重要視されているのが報道からもうかがえます。

次の

新型コロナウイルスの感染経路の不明が増加!特定できない理由は?

コロナ 感染経路 言わない

どこで感染したか、なにで感染したか、が分からないから「感染経路不明」なのです。 感染した友達と会っていた、ならばその友達が「感染経路」です。 経路不明とは言いません。 経路が分からないから、経路不明。 どこでかかってしまうか分からないから、「3密」を避けるようにとさんざん報道しているのです。 どこでかかりやすいか=3密の場所、です。 あくまで感染可能性ですから、そこへ行くと必ず感染するわけではないでが、可能性が高い場所、と言われています。 逆な言い方をすると、3密以外の場所では感染しない、ということもいえません。 ようするに、どこで感染するかわからない、のです。 可能性の高い場所を避け、あとは自分の免疫力にたよるしかないです。

次の