寝違え て 首 が 痛い。 寝違えがすぐ治る治し方:寝違えの原因と根本治療、対症療法、予防法

寝違えが原因で首に痛みが!【悪化した時の対処法は?】

寝違え て 首 が 痛い

- 寝違えと飲み込み時の痛み ある朝起きると首に痛みが。 変な格好で寝てたのかな?と思いながら朝の時間を過ごしていると、 だんだんと痛みが強くなって、次第に首が動かせなくなる。 いわゆる寝ちがえ。 首が痛くて動かせない事が多いと思いますが、場合によっては物を飲み込む時にも痛みがでることがあります。 突然起きたように感じますが、事前に疲労の蓄積などがあって起きることが多いと思います。 (関連記事・) 首の後側には、重い頭を支えるために重要な大きな筋肉が背中の方までつながっていて、その中には肩の動きと関係する筋肉も含まれています。 首の前側には頭を自由自在に動かすための細い筋肉がたくさん付いています。 その中には物を飲み込む動きや、肋骨を引き上げ呼吸に関わる動きをする筋肉も含まれています。 どの筋肉に痛みが出るかによって、症状はさまざまに変わってきます。 ある女性の場合です。 一昨日右の首に寝違えを起こしました。 首の痛みだけではなく、物を飲み込む時に喉のあたりも痛みます。 首を回すと、特に右へ回したときに右側の首筋が激しく痛みます。 施術は、まず右の筋肉(僧帽筋)へ施しました。 右の僧帽筋の緊張が緩む位置と支え方を見つけ、弛緩が促されるまでしばらく待ちます。 これで首の痛みは小さくなりましたが、まだ右へ大きく回すと痛むようです。 そこで、飲み込む時の喉の痛みに着目しました。 痛む場所を細かく聞くと、首の前側(斜角筋)に痛みの発生源があるようです。 そこで今度は首の位置と支え方を斜角筋の緊張が緩む位置に合わせ、弛緩が起きるまでしばらく待つと、飲み込む痛みはなくなり右首の痛みもほとんどなくなりました。 ひとつの筋肉がひとつの役割だけを担っているわけではなく、他のいくつかの動作にも関わってきます。 最もつらい動作や楽な動作があるのかを把握することも、悪い部分を早く見つけ出すのには必要になります。 この方は、後日少しだけ残っていた右首の痛みに同様の施術し、全て良好となりました。 寝違えなどの急な痛みは、放置しても自然に治る場合もあれば、慢性化してしまうこともあります。 それを初期の段階で区別することは難しいのですが、早めに適切な処置を施し回復を早め、慢性化の可能性を小さくする事は必要だと思います。 (2018年7月加筆修正).

次の

寝違えがすぐ治る治し方:寝違えの原因と根本治療、対症療法、予防法

寝違え て 首 が 痛い

来院者 女性 50 代• 期間 2020年6月 ~ 2020年6月• 頻度 週2~3回• 通院回数 2回 施術と経過 身体をみると強い炎症反応を示していたため、背中のツボを使うことで対応した。 3割ほど回旋の動きが改善された。 また、胸鎖乳突筋に強い緊張があったので手の甲のツボを加えた。 最後に患者さんの生活環境から立ち作業が多いことを聴取していたため、姿勢筋であるハムストリングスのツボを追加した。 『首の動きは半分程度かな、けど下半身がすごい楽だわ』と教えてくれた。 この後、活法整体 カスミ を行うことで腕からの緊張を解き1回目を終えた。 2回目の4日後、『かなり楽になったわ、首を右向けたときに左の頸の突っ張り感が気になる』とのこと。 手の甲のツボ・小指にあるツボ、仙骨にあるツボを使うことで動作時痛に対応し施術を終えた。 使用したツボ ツボのアイコンからツボの詳細が見られます•

次の

寝違えて首が痛い! 痛みを和らげるにはどうすればいい?

寝違え て 首 が 痛い

首の寝違えはどうして起きる? 首の寝違えは、首の筋肉がつったことが原因であるように考えられていますが、実は、首の筋肉に強い負荷が掛かり、 炎症を起こしている状態を指します。 いうなれば、首を捻挫しているようなものです。 捻挫が起こる原因は、筋肉の緊張によるもの=首がつっている状態ですが、この状態は寝ている間に起きていて、直接の要因ではありません。 長時間に渡って、筋肉が固まっていた結果、炎症が起きてしまうことが首の寝違えの原因となっています。 また、脇の下にある 腋窩(えきか)神経が圧迫された結果、寝違えが起こることもあります。 腋窩神経は、首の周りにある神経と繋がっています。 腋窩神経が圧迫されると、首の周りにある神経も血行が悪くなり、筋肉がこり固まってしまいます。 特に、体の疲労がピークに達している時や、泥酔状態で寝てしまった時は、なかなか寝返りを打たないため、腋窩神経が圧迫されやすくなります。 誤った治し方、首のストレッチはNG! 首の寝違えを治すために、ストレッチを行なって、首の筋肉をほぐしていくという方法はよく知られていますが、これは 誤った方法です。 前述したように、首の寝違えは首の筋肉が炎症を起こすことで痛みが生じています。 捻挫と同じ症状ということを考えても、 痛みをガマンして動かすのは良い治療方法ではありません。 首の寝違えを治すためには、まずは体を動かさず、安静にすることが大切です。 痛む場所をグイグイとマッサージするのも良い方法とはいえません。 整骨院や整体のマッサージに効果があるのは、筋肉の知識を持った専門家の手による施術だからです。 素人の知識で下手に揉むと、炎症が悪化して、痛みが長引くこともあります。 1、寝違えた痛みがあるほうの腕を、ゆっくりと背後に向けて引き上げていき、自然に止まる程度の角度で20秒間キープする。 これを2セット。 2、痛む側の手のひらで、真後ろのベルトの真ん中を軽くおさえる。 そのまま肘を後ろに引いて20秒キープする。 これも2セットします。 その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。 これも2セットです。 4、最後に、バランスを取るために反対側の腕でも1から3を各1セット行いましょう。 手首の力を抜いて、リラックスして行ないましょう。 痛みを感じる場合は無理に行なってはいけません。 何度か繰り返しているうちに、圧迫されて麻痺していた腋窩神経が元の働きを取り戻し、首の寝違えも緩和されていきます。 首を寝違えないための予防法 首を寝違えないためには、 枕の高さが重要です。 首が前に傾いていると感じるような枕の高さは体に合っていません。 タオルを重ねて、自分に合った枕の高さを見つけてみてください。 また、 深酒や 過度な疲労、 ストレスなども首を寝違える原因になります。 特にストレスは普段の生活の中でも、首の筋肉を緊張状態にしてしまうため、肩こりだけでなく、首の寝違えも起こりやすくなります。 スポーツやウォーキングなどで体を動かしながら、心をリフレッシュさせるように心がけましょう。 まとめ 首の寝違えは、首の筋肉の炎症によって引き起こされている症状です。 痛みに耐えて、強引に寝違えを治そうとしても、症状が悪化していくばかりで改善されません。 まずは安静を心がけて、炎症が治まるのを待ちましょう。 また、今回紹介した、ゴッドハンド輝の方法は非常に効果的ですので、ぜひお試しください。 どうしても改善されない場合は、 整骨院や 整体などで専門的な施術を受ける判断も大切です。 関連記事としてこちらもご参考ください。

次の