砂パ 対策。 友達の砂パに勝てませんそこで砂パ対策の強いポケモンを育てたいので教...

【サンムーン】「砂パ」だけ役者が揃ってる感あるよな ギガイアス、カバルドン、バンギラスはどれも一線級だし

砂パ 対策

ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の雨パについて紹介をしています。 雨パのおすすめポケモンや構築、対策についても掲載していますので、ダブルやシングルで雨パを使用したい方や対策を知りたい方は参考にしてください。 雨パの特徴 高速アタッカーによる制圧 雨状態で素早さが上がる特性すいすいを活かして 高速アタッカー達がフィールドを蹂躙します。 雨状態で威力の上がったタイプ一致のみず技を受け続けるのは難しく、 天候パの中でも高い制圧力を誇ります。 高火力の必中技 高火力ながらも命中不安によって敬遠されがちな「かみなり」「ぼうふう」の2つの技が必中になる雨環境では、 高威力の技をメインウエポンとして採用できるため高い突破力を手にしたポケモンが暴れます。 耐久型ポケモンの弱体化 こうごうせいなどの回復手段を持つポケモンは雨環境では満足な回復量にならず弱体化させることが可能です。 一方こちら側は、耐久型ポケモンによる状態異常は特性うるおいボディによって回復することが可能です。 起点を作りに来たポケモンや耐久型のポケモンを突破しやすくなり、 相手のペースに持ち込ませない戦法もできるのが雨パです。 雨パの強み 扱いやすいスタンダードな天候パ と同様に無関係なポケモンをパーティに入れても デメリットになることが少なく、弱点のほのお技を嫌って雨状態で戦うといった戦法も有効です。 デメリットがない分相手への圧力は少ないですが、エースポケモンが出てくることで強力な圧力になる天候パなので強力です。 短い天候ターンを無駄にせず相手のポケモンに負荷をかけるため 数的有利を取りやすい天候パーティです。 環境に多いポケモンに対して強い 素早さを特性で補い、火力を天候で補う雨パは環境に多い高速アタッカーに対しては上を取ることで突破をし、耐久が高いポケモンに対しては高威力の必中技や、天候によって強化されたタイプ一致技などで負荷をかけることができます。 そのため、 環境に多いポケモンに対して強気に出ることができるパーティです。 雨パの弱点 メインウエポン問題 雨状態で必中となる高威力技や、みずタイプの高威力技は 命中率に不安があり、雨環境でなければ使用しづらいウエポンや、雨環境でも外しのリスクを考えると安定行動として選択しづらいウエポンになってしまいます。 便乗されやすい天候 ほのおタイプを弱点とするポケモンは恩恵が大きく、ほのお技を採用しなければ突破しづらい耐久型のポケモンもいるため、 便乗され不利になる展開もしばしば発生します。 相手のウエポン強化につながることもあり、 雨展開をするのか裏選出で行くのかの選択が重要なパーティです。 弱点の一貫 始動要因のペリッパーやエースとなる特性すいすいのポケモンの多くは普段は等倍で受けられるこおり技 「 フリーズドライ」が4倍弱点になる不遇っぷりが目立ちます。 構成がみずタイプに偏ることでそれ以外にも 弱点が一貫し、相手に安定択を与えることになる点には注意が必要です。 主要ポケモン 始動要員 現環境では特性あめふらしを持つポケモンは「 ペリッパー」しかおらず、選出を読まれやすいので注意しましょう。 また、ダイマックスによる始動も可能なので使い分けや偽装もしやすいです。 ポケモン 考察 ペリッパー ・ 特性あめふらしによる始動が可能 ・ おいかぜサポートもできるため初手性能が高い ・唯一のあめふらしのため読まれやすく対策されやすい ・高い素早さを活かして ダイマックス始動が可能 ・技範囲が広く フィニッシャーとしても活躍 エースアタッカー 雨状態で素早さが上がる特性すいすいのポケモンが基本ですが、素早さ上昇の積み技を持つポケモンなど多くのポケモンが活躍します。 エースが多いのが特徴で パーティバランスや仮想敵によって採用しやすいのが特徴です。 ポケモン 考察 ・ 圧倒的スピードによる制圧力の高さ ・雨以外でも負けない素早さが特徴 ・紙耐久に不安が残る ルンパッパ ・並以上の耐久、 豊富な技が持ち味 ・バトルのテンポが良くなる いろんな意味で ・でんき技を等倍にできる ・ スカーフエラがみが強力 ・優秀なドラゴンとの複合タイプ ガマゲロゲ ・物理なのか特殊なのか 読まれにくいのが特徴 ・広範囲の技を両刀で習得できる ・優秀な積み技によって 雨以外の環境でも強力 ・制圧力の高いアタッカーが雨でさらに強化される サポート 弱点のでんき技の一貫を切るために特性「 ちくでん」や「 ひらいしん」のポケモンを採用しておくことで相手に安定択を与えません。 耐久が高く、 能動的な雨始動もできるポケモンやてだすけサポート、サイクルなど 器用な動きができるポケモンが豊富なのが魅力です。 ポケモン 考察 ランターン ・特性 ちくでんと ちょすいによる一貫切り ・場持ちが良くボルトチェンジによるサイクルも可能 ・豊富なサポート技で相手を撹乱するのが得意 トゲデマル ・特性 ひらいしんによるでんき技対策 ・ボルトチェンジによるサイクルも可能 ・麻痺撒きや割合ダメージ、ねこだましなどの サポートが可能 裏選出 すいすいによる突破を恐れた特性「 ちょすい」や「 よびみず」のポケモンや一貫性のある「 フリーズドライ」を持つこおりタイプを呼びやすいです。 また、雨パは ヌケニンで積みやすい天候パなので対策をしておく必要はあります。 ポケモン 考察 ・ ちょすい、よびみずのポケモンに強いくさタイプのポケモン ・弱点のほのお技を雨で受けやすく ・ 雨パミラーで強力なポケモン ・雨展開ではかみなりがウエポンになる ・雨パ展開を読み、じめん・ほのおタイプの選出がしにくいので 一貫性が高い ・ 天候書き換えや他の天候パの砂パや霰パに強いポケモン ・苦手とするタイプに対して強く刺さりやすい 雨パの対策方法 ベストは天候上書き 天候パの宿命ではありますが、天候上書きによる弱体化が最も有効です。 当然ながら相手も対策はしていますがシンプルながらも強力な手段です。 また、ジジーロンの特性 ノーてんきによる天候無効やマタドガスの特性 かがくへんかガスで特性による始動や強化を妨害すると言った手段も有効です。 ポケモン 考察 ジジーロン ・夢特性ノーてんきで 天候そのものを無効化 ガラルマタドガス ・特性かがくへんかガスで 特性あめふらしの発動を妨害できる ・同様に 特性による強化を妨害可能 弱点の一貫 みずタイプに偏りがちな雨パに対して必中となるかみなりは強力で、相手の雨を利用して突破して行くのもいいでしょう。 雨の恩恵を受けやすくフリーズドライを習得できる「 ラプラス」や特性を読まれにくく弱点を突きやすい「 ランターン」が強力です。

次の

【叩き台希望記事】砂パで対策必須のポケモン、構築、立ち回りへの対策案

砂パ 対策

メガガブリアスはかっこいい メガガブリアスは、メガシンカしなくても十分強いからほとんどの人は使いませんが、見た目のかっこよさはメガシンカ勢の中でもかなり私の好みな方でした。 だからずっと使ってみたかったんですが、これまでなかなか運用法が思い当たらず、普通のガブリアスのまま戦ってもらっていました。 だけど砂パを使うに当たって、砂の力の攻撃力アップを試したくなったためメガストーンを衝動買いしてしまいました。 そして実際に戦ってみました。 進化のモーション、後ろ姿、ガブリアスというレートで見慣れたそのフォルムから1段階凶悪さを増した姿はまさに格好いいの一言で表せます。 めちゃくちゃ尖ってますからね。 あれと比べたらメガギャラドスってただの鯉ですよ……って、別にあっちもあっちで味わい深い姿をしていますけど。 で、バトル面での評価はと言うと、自分より遅いポケモンに対して圧倒的に強いポケモン……と言ったところでしょうか。 圧倒的耐久、攻撃力から受けの存在を許さず、堅さと攻撃力が自慢のポケモンたちを次々に葬り去ることができます。 ……が、反面すばやさが高いポケモン相手では確定2発で沈むことも多く、1体を倒した後でそのまま沈んでしまうことが多かったです。 砂パはドリュウズがいない今、パーティ全体のすばやさが低くなる傾向にあるため、そこの所の対策をもっとちゃんとしなければ行けなかったですね。 スポンサードリンク パーティ見直し というか、砂パ全体にはもっとすばやさが欲しいと思ってしまいます。 弱点のかぶってしまいがちな天候パーティでは、やはり上から強力な攻撃で押し切ることが可能な雨パが一歩有利ですね。 あちらは雨になっているだけで、水技の威力も上がりますし。 晴れパの場合は晴れ状態ですばやさが上がる「ようりょくそ」持ちのポケモンが炎タイプではなく草タイプにいることが、火力を減らす原因となっています。 しかし上から叩くことで倒せるポケモンは多いため、使いこなせれば強いパーティだと思います。 雪パ、あられパでは残念ながら単純に火力が上がることはありませんね。 一応ふぶき必中のため、れいとうビームではなくふぶきを常に使えるとなれば全体的な火力の底上げにはなりますが、それも特殊方面だけの話です。 ただ、現在サンドパンのアローラの姿が新特性ゆきかきを習得し、あられ状態で多くのポケモンたちを上から叩いていくことが可能となっています。 とは言えサンドパンの攻撃種族値は極端に高いと言えるものでもなく、すばやさも元が遅めのため多く努力値を割く必要があります。 剣の舞などをしたいところですが、単体での運用は難しそうですね。 まあ、あられパにはキュウコンのオーロラベール(キュウコンじゃなくてもいいけど)がありますから、上手く戦いを制して行けばこちらも天候パとしての力を発揮することが可能でしょう。 現環境の素早いポケモンたちに、技的に有利な点も評価できそうです。 砂パは……どうなんでしょうね? 現在は砂パを組もうとするとギガイアスを採用する必要が出てきます。 まずここで私は悩むことになりました。 ギガイアスは岩タイプです。 岩タイプと言えば、氷とともに弱点がメジャー過ぎるタイプです。 地面、水、草、格闘……はそんなにいませんが、最近増えてきたはがね。 ……なんか、どのポケモンでもサブで一個くらいは持ってそうですね。 しかし始動要員がもろいことは仕方ありません。 他のパーティでもだいたいそうです。 ギガイアスにはステルスロックをまくことができるという長所もありますし、決して他のパーティに劣っていることはありません。 が、しかしドリュウズが解禁されていない今、なかなかにギガイアスから繋げるメンバーが見当たらないんですよね……。 ガブリアスを交換から出していける相手は限られますし、メガガブリアスは1体を倒してもすばやさの高いポケモン相手に苦労します。 特に悪、ゴースト系統に対して後出しから受けられるポケモンがほとんどいないんですよね。 ギガイアス、メガガブリアスというすばやさ100を越えないメンバーが中心になると、どうしてももっとすばやさの高いポケモン相手に、死に出しからでも常に負担を強いられることになってしまいます。 だから、難しいなぁー、と思いながらレートを1500まで落としたんですよねー、結局。 うん、やっぱりすばやさは大事。 それを砂パを使っていて実感しました。 龍の舞からの積みエースが強いのは、単に全抜きが狙えるからと言うだけでなく、目の前の相手を倒した上で次の相手にも大きな負担を強いることができるからなんですよね。 先制技持ちも積極的に採用するべきだったと気づかされました。 もう、鋼で先制技と言えばハッサムしか思い当たりませんけどね(笑)。 ……あ、今、本当に今思い出しましたけど、ルガルガンの真昼の姿って確か「砂かき」持ちでしたね。 完全に忘れていました。 ただ、ルガルガンは技範囲が狭いのとメインウェポンの命中不安定が怖いところですね。 砂嵐では技の威力が上がらないため、できればタスキでなく火力アップアイテムを持たせたいところですが、元々の紙耐久が怖いところです。 そして、ギガイアスと完全にタイプがかぶっている点も厳しいか……。 ただ、実際に戦っていた時に不満だった「上からたたけない」というのは、ポケモンバトルにおいては致命的なパーティ構築ミスだったと思っています。 そのため、その点を解消できるルガルガンは今後見直していきたいです。 あと、ガブリアスはもう砂がくれスカーフで良いですね……。 あとはハッサム、プテラをメガ枠として加えれば攻撃面では強力なパーティになりそうです。 別に全員を採用することはないですが、これまでの私の砂パはギガイアス、メガガブリアス、エアームド、ジバコイルの4体に、何だかんだ対処しにくい特殊ポケモンに対してカビゴンなんかを加えていましたからね。 あとギャラドスとか。 これだったら、あんまり砂嵐にする必要ってなかったんですよね……。 ま、メガガブリアスはかっこよかったですけど。 あと、物理に偏りすぎているのも厳しかったところですね。 組み始めた時から分かっていましたが。 トリトドン辺りを捕まえてくることから始めましょうかね。 (って、調べてみたら大地の力覚えないんですか? 特性砂の力なんですけど、使うとしたらトリトドンも物理でしか活用できませんね。 まあ、こちらは砂でダメージを受けない水受けとして運用できるためアリでしょうけど) ではここで、砂嵐状態であることで自分たちが受けられる恩恵を見直してみましょう。 1,岩タイプはとくぼう1. 5倍 まずこれ、というか、実際はこれが晴れ、雨のダメージ増加に対応する砂嵐の利点のはずなんですよね。 ギガイアスはとくぼう種族値が低く見られがちですが、80あります。 これが120相当になるのですから、決して悪くない効果には違いありません。 ただし岩は弱点が多く、タイプ的に優秀な鋼などは1. 5倍の恩恵を受けられないのが残念なところです。 パーティ全体を岩タイプにするわけにもいきませんから、他のパーティほど汎用性のある特徴とは言いがたいですね。 ……ただ気がつかなかったけど、この効果でルガルガンのとくぼうも種族値90相当になり、一概に紙耐久とは言えない数字になるのですね。 プテラも、メガ状態では140相当の種族値に換算できますからこれは並みの火力じゃ1発で落とすのは無理でしょう。 物理面は多少心配ですが、砂嵐下での高いすばやさ、火力、多くの攻撃を1発は耐えうる耐久力といい、その強力さに気がつかされました。 ……まあ、特性も強力なのに、メインで使いたい岩技とじしんに全く応用できないのが非常に残念なところではありますが。 2,砂がくれで相手の命中率0. 8倍 回避率1. 25倍って言われるより、こっちの方がわかりやすいですよね、どう考えても。 特性に砂がくれを持っているポケモンには、全ての技に対してハイドロポンプやストーンエッジと同じだけ外す可能性がある……と言えばそこそこ強力な感じがします。 けど、やはり確率なので確実に効果が出るものでないというのが厳しいところですね。 試行回数が決め手の特性と、ターン数が限られている天候というのが上手くマッチングしていない部分もあると思います。 ただ、何回も対戦を繰り返していけばその恩恵を受けることも多くなるでしょう。 個人的には耐久ポケモンよりも、1回回避できれば一気にアドバンテージがもらえる高火力ポケモンに持っていてもらいたい特性だなあ、と、 今になって思いました。 ちなみに物理受けとしてシロデスナを育てたんですが、全然バトルに出せませんでした。 まあ、すながくれガブリアスをきあいのタスキで運用した場合、毎試合最低2回は攻撃を受けられるわけですから36%の確率で1回は攻撃をかわしてくれるわけですね。 2,3試合やれば1回は高火力をぶつけられる回数が上がると考えれば、絶対に悪い特性ではないと思うんですけどね。 それこそ、ポケモンが覚える技の中でハイドロポンプとなみのりがあったとして、なみのりだけを覚えさせる人も多いのは、命中率80%がそこそこ不安な数字だからという理由が大きいでしょう。 PPも心配ですけど。 ちなみに火力とすばやさに自信があるポケモンであと使えるのは、ダグトリオくらいです。 けど、攻撃種族値100って別にそう強力なものでもないですよね。 ダグトリオは砂の力も夢特性として備えていますので、もっと火力を上げるために砂の力を採用する方が魅力的に映ってしまいます。 ただ、もちろん相手が技を外した時は、ダメージが2倍になるとも言えるわけで……。 ……ダグトリオって、アローラの姿ではすばやさが10下がってしまい110になり、一番大事な役割を果たせそうなルカリオとかに弱くなってしまったのは非常に残念ですよね。 まあ、下がってなくても普通は使いませんが。 3,砂の力で岩、地面、鋼タイプの技は威力1. 3倍 1. 3倍って大きいんです。 同じ強化倍率の命の珠は、本来なら80パーセント削るだけで終わってしまう技も(もちろんそれも確2で十分な威力だが)確1にできるだけの威力増強アイテムであり、多くの人が使っています。 種族値の数字分だけでなく、努力値の数字分も倍率にかかるから強いんですよね。 命の珠分の増強値を種族値で表すと、1. 3倍以上の数字になるからその強化の程がわかりやすいと思います。 ただ、砂の力は特性の枠を使い3種類のタイプの技だけ1. 3倍します。 雨パ、晴れパでは特性を潰すことなく水、炎タイプの技が1. 5倍されます。 いや、だからその二つのパーティはわざわざポケモンを偏らせて構築する価値があるほど強いんだと言えるのですが、それと比べて火力の面で砂パが見劣りすることは変わりません。 超火力という点でメガガブリアスが砂の力、剣の舞という火力アップ手段を取れるため強力なのですが、100族以上がバンバン登場してくる現在の環境ではきちんと素早いポケモンへの対策を取っていなければ上手く活用できないことも、実際に対戦していてわかりました。 まあ、ちょっと使いづらい特性ではありますね。 元から攻撃力が高い方が嬉しいです。 4,すなかきですばやさ2倍 雨パは、キングドラのすいすいのためにあると言って過言ではないと思います。 晴れパは、葉緑素。 あられパがほぼユキノオー専用だったのは、雪かきという特性がなかったから。 すばやさを2倍にして、晴れや雨で強力になった技をバンバンぶち込んでいくのは天候パの定石と言えるでしょう。 それだけ上から叩くというのはポケモンバトルで重要なことです。 皆さん分かっているはずですが、すばやさが高いことは 攻撃力と防御力が大きく上がることと同意です。 まず、自分も相手もお互いの攻撃2発でやられてしまうポケモン同士であれば、すばやさの高い方が勝ちます。 これは相手にだけ 2回分のダメージを与えられるから、 攻撃力2倍と無理矢理言うこともできるのです。 タスキが素早いポケモンと相性が良いのはこのためです。 本来なら確1なのを無理矢理確2にすることで、攻撃力を上げているんですね。 まあ、次に出てきたポケモンにもう1発食らわせることができたら相手の3倍攻撃しているとも言えますから、攻撃力3倍と言っても過言ではない、いや、過言か。 まあ、素早いことで相手に与えられるダメージが増えることは間違いようのない事実です。 そしてこれは同時に、 本来なら受けることになるはずだった相手の攻撃を受けないでいるというのと同じです。 実質的な防御力アップとも言えるはずです。 攻撃こそ最大の防御とはよく言ったものです。 それに、すばやさが高いことは相手の交換に対する牽制にもなります。 相手がポケモンを交換したくても、後ろのポケモンが今自分が場に出しているポケモンよりも遅かった場合、2発も攻撃を食らうことになってしまいます。 そのため、最低でも3発は攻撃を耐えられるポケモンを後出ししなくてはいけません。 さらにこの状況から自分が素早いポケモンを逃がして、他のポケモンでジリジリ相手を削っていった場合、最後にはHPの減った相手を高速ポケモンで一掃することができてしまいます。 XYでファイアローが登場した時、まさにこれが強力だったわけなんです。 後半の一掃役として、先制攻撃は確実ですから。 そんなわけで、ポケモンバトルにおいてはバトルに出ている6匹の中で一番素早いポケモンを有している方が一歩リードしていて、そいつをバトルの中で倒して自分のポケモンで最後の一掃ができるように戦いを進める……というのはポケモンバトルにおける一つの定石だと思います。 もちろん1匹だけで勝てるわけじゃないから、それがそのまま勝負を決めるわけではないんですが。 それでもすばやさは大事だということで。 と言うわけで、 すなかきドリュウズは強い。 攻撃の種族値がキングドラなどの1. 5倍近くあり、砂嵐で技の威力が増大しないことを補えるだけの火力が元からあるのです。 雨状態で水以外の技を使うのと比べたら、それこそドリュウズの技の方がずっと強力です。 その技を常に相手を上からぶつけていく。 それが恐ろしいのは、BWでは有名だったはずです。 けど来年まですなかきドリュウズはお預けなので、現在のすなかきはルガルガンか、ムーランドに頼るしかありません。 ……ムーランド!? ええ、ムーランドもすなかきだったみたいですね。 たぶん結構な人が知らない気がします。 両者ともに、攻撃種族値は110以上あります。 すばやさも、ムーランドでも80はあるため砂かき発動時に問題になることはなさそうです。 いじっぱりでも1舞準速ボーマンダを抜くことができます。 火力アップアイテムを持たせておけば、どちらも十分な攻撃力を発揮してくれるでしょう。 ルガルガンの場合は、ちょっと技範囲が気になりますけど……。 それでも一応岩、悪で多くの範囲は攻撃できそうですかね。 ただし問題点として、どちらも物理型以外あり得ないことが挙げられます。 砂パのほとんどのポケモンが基本的には物理技を採用することになりますから、パーティ全体で物理受けを突破するための何らかの方法が欲しいですね。 まとめ 私のパーティの悪かった点は、砂嵐状態を上手く生かせなかったこと、パーティのすばやさが遅く、常に攻撃を受け続けなければ行けなかったことが挙げられます。 よって、これから改良できる点としては砂がくれ、すなかきの特性を持ったポケモンを育ててパーティに加える。 メガプテラなどの素早いポケモンを加える。 などが挙げられます。 現在は再び砂パじゃない、元のパーティに戻して1600半ばまで戻ってきましたが、今度は砂パでもっと上を目指せるようになりたいですね。 ……ただ、今晴れパを作ろうと思ってるんですよね。 けど、砂パも再構築したいし、悩みどころです。 しかし晴れパを作るにあたっても、今回の反省点であるすばやさの問題や、天候を相手よりもきちんと生かす方法をもっと改良して練り込める気がします。 しかし、雨パは交代手段としてペリッパーのとんぼ返りが存在しますが、晴れパ、砂パはどうやって控えに交代するか悩みどころですね。 脱出スイッチを利用するのが、とりあえず第一候補。 ハッサムなど高耐久ポケモンに交代してからとんぼ返りで高速アタッカーを君臨させるのが第二候補ですかね。 まあ、こうやって考えていって、いつかは強い相手にも砂パなどで勝てるようになりたいものです。 ……できれば、バンギラスが解禁される前に。 今でこそ唯一のすなおこしと言うことでギガイアスを採用していますが、バンギラスの方が始動要員として、というか単体のアタッカーとして優秀なのは間違いありません。 だからギガイアスを活躍させたいなら、今しかないと言えるでしょう。 彼に日の目をみせてあげられる日は、あと一ヶ月のうちに来るんでしょうかね……?.

次の

ポケモンダイパ対戦考察

砂パ 対策

ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド の雨パについて紹介をしています。 雨パのおすすめポケモンや構築、対策についても掲載していますので、ダブルやシングルで雨パを使用したい方や対策を知りたい方は参考にしてください。 雨パの特徴 高速アタッカーによる制圧 雨状態で素早さが上がる特性すいすいを活かして 高速アタッカー達がフィールドを蹂躙します。 雨状態で威力の上がったタイプ一致のみず技を受け続けるのは難しく、 天候パの中でも高い制圧力を誇ります。 高火力の必中技 高火力ながらも命中不安によって敬遠されがちな「かみなり」「ぼうふう」の2つの技が必中になる雨環境では、 高威力の技をメインウエポンとして採用できるため高い突破力を手にしたポケモンが暴れます。 耐久型ポケモンの弱体化 こうごうせいなどの回復手段を持つポケモンは雨環境では満足な回復量にならず弱体化させることが可能です。 一方こちら側は、耐久型ポケモンによる状態異常は特性うるおいボディによって回復することが可能です。 起点を作りに来たポケモンや耐久型のポケモンを突破しやすくなり、 相手のペースに持ち込ませない戦法もできるのが雨パです。 雨パの強み 扱いやすいスタンダードな天候パ と同様に無関係なポケモンをパーティに入れても デメリットになることが少なく、弱点のほのお技を嫌って雨状態で戦うといった戦法も有効です。 デメリットがない分相手への圧力は少ないですが、エースポケモンが出てくることで強力な圧力になる天候パなので強力です。 短い天候ターンを無駄にせず相手のポケモンに負荷をかけるため 数的有利を取りやすい天候パーティです。 環境に多いポケモンに対して強い 素早さを特性で補い、火力を天候で補う雨パは環境に多い高速アタッカーに対しては上を取ることで突破をし、耐久が高いポケモンに対しては高威力の必中技や、天候によって強化されたタイプ一致技などで負荷をかけることができます。 そのため、 環境に多いポケモンに対して強気に出ることができるパーティです。 雨パの弱点 メインウエポン問題 雨状態で必中となる高威力技や、みずタイプの高威力技は 命中率に不安があり、雨環境でなければ使用しづらいウエポンや、雨環境でも外しのリスクを考えると安定行動として選択しづらいウエポンになってしまいます。 便乗されやすい天候 ほのおタイプを弱点とするポケモンは恩恵が大きく、ほのお技を採用しなければ突破しづらい耐久型のポケモンもいるため、 便乗され不利になる展開もしばしば発生します。 相手のウエポン強化につながることもあり、 雨展開をするのか裏選出で行くのかの選択が重要なパーティです。 弱点の一貫 始動要因のペリッパーやエースとなる特性すいすいのポケモンの多くは普段は等倍で受けられるこおり技 「 フリーズドライ」が4倍弱点になる不遇っぷりが目立ちます。 構成がみずタイプに偏ることでそれ以外にも 弱点が一貫し、相手に安定択を与えることになる点には注意が必要です。 主要ポケモン 始動要員 現環境では特性あめふらしを持つポケモンは「 ペリッパー」しかおらず、選出を読まれやすいので注意しましょう。 また、ダイマックスによる始動も可能なので使い分けや偽装もしやすいです。 ポケモン 考察 ペリッパー ・ 特性あめふらしによる始動が可能 ・ おいかぜサポートもできるため初手性能が高い ・唯一のあめふらしのため読まれやすく対策されやすい ・高い素早さを活かして ダイマックス始動が可能 ・技範囲が広く フィニッシャーとしても活躍 エースアタッカー 雨状態で素早さが上がる特性すいすいのポケモンが基本ですが、素早さ上昇の積み技を持つポケモンなど多くのポケモンが活躍します。 エースが多いのが特徴で パーティバランスや仮想敵によって採用しやすいのが特徴です。 ポケモン 考察 ・ 圧倒的スピードによる制圧力の高さ ・雨以外でも負けない素早さが特徴 ・紙耐久に不安が残る ルンパッパ ・並以上の耐久、 豊富な技が持ち味 ・バトルのテンポが良くなる いろんな意味で ・でんき技を等倍にできる ・ スカーフエラがみが強力 ・優秀なドラゴンとの複合タイプ ガマゲロゲ ・物理なのか特殊なのか 読まれにくいのが特徴 ・広範囲の技を両刀で習得できる ・優秀な積み技によって 雨以外の環境でも強力 ・制圧力の高いアタッカーが雨でさらに強化される サポート 弱点のでんき技の一貫を切るために特性「 ちくでん」や「 ひらいしん」のポケモンを採用しておくことで相手に安定択を与えません。 耐久が高く、 能動的な雨始動もできるポケモンやてだすけサポート、サイクルなど 器用な動きができるポケモンが豊富なのが魅力です。 ポケモン 考察 ランターン ・特性 ちくでんと ちょすいによる一貫切り ・場持ちが良くボルトチェンジによるサイクルも可能 ・豊富なサポート技で相手を撹乱するのが得意 トゲデマル ・特性 ひらいしんによるでんき技対策 ・ボルトチェンジによるサイクルも可能 ・麻痺撒きや割合ダメージ、ねこだましなどの サポートが可能 裏選出 すいすいによる突破を恐れた特性「 ちょすい」や「 よびみず」のポケモンや一貫性のある「 フリーズドライ」を持つこおりタイプを呼びやすいです。 また、雨パは ヌケニンで積みやすい天候パなので対策をしておく必要はあります。 ポケモン 考察 ・ ちょすい、よびみずのポケモンに強いくさタイプのポケモン ・弱点のほのお技を雨で受けやすく ・ 雨パミラーで強力なポケモン ・雨展開ではかみなりがウエポンになる ・雨パ展開を読み、じめん・ほのおタイプの選出がしにくいので 一貫性が高い ・ 天候書き換えや他の天候パの砂パや霰パに強いポケモン ・苦手とするタイプに対して強く刺さりやすい 雨パの対策方法 ベストは天候上書き 天候パの宿命ではありますが、天候上書きによる弱体化が最も有効です。 当然ながら相手も対策はしていますがシンプルながらも強力な手段です。 また、ジジーロンの特性 ノーてんきによる天候無効やマタドガスの特性 かがくへんかガスで特性による始動や強化を妨害すると言った手段も有効です。 ポケモン 考察 ジジーロン ・夢特性ノーてんきで 天候そのものを無効化 ガラルマタドガス ・特性かがくへんかガスで 特性あめふらしの発動を妨害できる ・同様に 特性による強化を妨害可能 弱点の一貫 みずタイプに偏りがちな雨パに対して必中となるかみなりは強力で、相手の雨を利用して突破して行くのもいいでしょう。 雨の恩恵を受けやすくフリーズドライを習得できる「 ラプラス」や特性を読まれにくく弱点を突きやすい「 ランターン」が強力です。

次の