カルリートス アルゼンチン。 プロになれずに消えてしまった“魂の点取り屋”と“怪物”の人生【元アルゼンチン代表DFの手記/第2章】|ニフティニュース

プロになれずに消えた「怪物」とは 元サッカーアルゼンチン代表DFが回顧

カルリートス アルゼンチン

映画『永遠に僕のもの』が、2019年8月16日 金 より全国の劇場で順次公開される。 ペドロ・アルモドバルがプロデュース 2018年にアルゼンチンでヒットを飛ばした映画『永遠に僕のもの』は、『』などを手掛けたペドロ・アルモドバルによるプロデュース作品。 第71回カンヌ国際映画祭では、ある視点部門への正式出品、では外国語映画賞アルゼンチン代表作品として選出された。 主人公・カルリートスのモデルとなったのは、17歳から相棒と手を組み、自分が望む全てのものを手に入れようと、窃盗、嘘を重ね、僅か数年で12名以上の殺人を犯した実在の人物、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。 彼はその美しいビジュアルから「ブラック・エンジェル」「死の天使」とも呼ばれ、犯罪とは程遠いように思えるその美貌でも注目を集めた。 そんなカルリートスを演じるのは『永遠に僕のもの』がスクリーンデビューとなるアルゼンチンの新星ロレンソ・フェロ。 またカルリートスと新しい学校で出会うことになる少年・ラモン役には、チノ・ダリンが抜擢。 荒々しい魅力を放つラモンは、少女のような繊細な美しさを放つカルリートスとはまるで正反対。 そんな対照的な存在である2人は、いつしか互いに惹きつけられ、友情以上の感情が芽生えていくことにー。 ストーリー 1971年、ブエノスアイレス。 幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートス(ロレンソ・フェロ)は思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。 カルリートスは新しく入った学校でラモン チノ・タリン という青年に出会い、一瞬にして魅了される。 そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。 やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。 【詳細】 映画『永遠に僕のもの』 公開日:2019年8月16日 金 監督:ルイス・オルデガ プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア 出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス 原題:EL ANGEL/2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.

次の

映画『永遠に僕のもの』実在した“美しき”連続殺人犯の少年を描く、ペドロ・アルモドバル製作

カルリートス アルゼンチン

この記事をサクッと流し読み• 『永遠に僕のもの』の感想:満足度40% 舞台はアルゼンチン・ブエノスアイレス。 引用:(外部サイト) 本作の舞台となるのは、南米大陸にあるアルゼンチンの首都です。 1970年代の事件をモチーフにした作品ということを忘れてしまうと、「この国の治安はどうなっとんねん!」と思ったりします。 「イケメンだったら何をしても許されるのか?」問題を考える。 本作は、Twitterで相互フォローの方が感想をあげていたのを読んでから興味を持っていました。 しかし女性の方の感想が多かったのか、主人公カルリートスを演じるロレンソ・フェロさんが超イケメンで最高だったハマってしまったもう私のものよ、というものでした。 「えー、イケメンなら作品の中身とかどうでもいいのかよー」などとちょっとムカついてしまいました。 そこで、今回は、「イケメンだったら何をしても許されるのか?」という問題をテーマに鑑賞をしてみたいと思います。 満足度40% 今回は、ぼくには合わなかった部分があったなぁと思いました。 中盤から尻上がりに面白くなっていったのですが、挽回するところまではいかず…というところでした。 どこら辺がぼくに合わなかったのかといいますと、前半部分がものすごく長くて間延びしているかなと感じたところです。 監督の意図があると思うのですが、ぼくには長すぎました。 正直に言うと、作品冒頭で主人公カルリートスの親友ラモンのお父さんのキンタマ袋が大スクリーンにドアップになる場面があるのですが、それを観終わったあとに、豪快に居眠りをかましてしまいました。 うん、きれいなキンタマ袋を見て、ちょっと油断しました。 そこからは、グイグイ物語に引き込まれる展開になっていて、楽しい気持ちで劇場を後にしました。 確かに主人公カルリートスは魅力的だったが…。 まず注目したいのは、主人公カルリートスを演じるロレンソ・フェロさん。 引用:(外部サイト) 確かに、イケメンです。 いや、イケメンというよりも美少年です。 主人公カルリートス自身が、自分自身が美少年であるという自覚はあるんだろうというのはなんとなく分かりました。 ただ、その自分の美しさを利用して一連の大きな犯罪に手を染めたとは思えなかったです。 そこが、女性たちを引き込んでしまう魅力なのかもしれません。 ぼくからすると、身体つきをみても鍛えている訳ではまったくない。 ただ素として美少年だからって、そんなに持ち上げられなくてもなぁと思ったりしていました。 ぼくは、本作でロレンソ・フェロさんに出会ったとき、かつてのレオナルド・ディカプリオさんのような輝きを見ることはありませんでした。 『タイタニック』(1997年) 引用:(外部サイト) ぼくの中ではレオ様こそ、男も惚れる男だと思っています。 ここまでくると、完全に好みの問題でしょうか。 あなたはどちらの方が好みですか? それとも他の方? 犯罪者だが、邦画のような心理描写を追う作品ではない。 本作は、1970年代に実際に起こった連続殺人事件をモチーフにした作品です。 しかし、邦画によくみられる、犯人がいかにしてそんな凶悪な犯行にいたったのかという心理をしっかり描いたような作品ではありません。 そういう視点でも楽しんでみたいという、ぼくと同じくらいの年代の方にとっては物足りない気持ちになってしまうかもしれませんので、ご注意ください。 また、この物語の演出についても、観る方の好みによって好き嫌いが大きく分かれそうな気がしました。 ぼくは、やっぱり監督がどういう気持ちでこの作品を製作したのかというメッセージを受け取りたいなと思っています。 ですので、例えば、「まずこんな殺人事件があって、次にこんなことがあって…」とただ時系列を追うだけなら、映画作品として楽しむ必要はないのではと思うのです。 ということで、ぼくには少し物足りない気がしました。 ただし、本作を監督・脚本したルイス・オルテガさんがすごいな、素晴らしいなと思うところは、「分からないものを、分かった風な味付けをして観てもらわず、分からないとはっきりと伝える」という部分。 ただただ、自分の気持ちに寄り添って、無邪気に天真爛漫に生きていく中に、ごく普通に強盗や殺人があっただけ。 そう、分からないということが分かるのだろうと思います。 それを、分かった風な調子で語らない。 これをきちんとぼくたちに伝えてくれる監督は、ぼくは大好きです。 なぜカルリートスがこうなったのか?ぼくの仮説。 本作を鑑賞後、記事に書きたかったのはこれでした。 カルリートスが凶悪犯罪者になった原因とはいったい何か? 家庭環境が特別悪い訳ではない。 元々サイコパスだった? いいえ、違います。 ここからは、ぼくの仮説です。 大いに【ネタバレ】を含みますので、ご注意ください。 カルリートスをこんな人間にしてしまったのは、何を隠そうカルリートスの親友ラモンのお父さんが原因です。 カルリートスは、ある出来事からラモンと仲良くなり、ラモンの家に遊びに行くことになりました。 対面して、カルリートスを迎えて話をするラモンのお父さん。 しかし、その姿はトランクス一丁で、片足をお行儀悪く立てて座っていました。 その足とトランクスの間から、とってもきれいなキンタマ袋が片方、ボロンと出ているのです。 間から見えている、のではないんです。 お父さん、さっき、片方のキンタマ袋だけ外に出しましたか?っていうくらいきれいに出てました。 そのキンタマ袋を凝視するカルリートス。 それが、カルリートスが凶悪犯となった原因だとぼくは思っています。 もしあなたの息子さんが、お友だちを連れてきたとしても、絶対にキンタマ袋を見せつけるような行為はしないでください。 あなたのその行為が、あらたな凶悪犯を生み出してしまうのですから。 ここまで、トランクスからキンタマ袋を出して記事を書いていたヴァニでした。 『永遠に僕のもの』の作品情報 あらすじ 堕ちる 1970年代にアルゼンチンで実際に起きた連続殺人事件をモチーフに描くクライム青春ムービー。 美しき17歳の少年が、ためらいもせずに次々と重大な犯罪に手を染めていく衝撃の犯罪遍歴を描く。 主演は本作がスクリーン・デビューのロレンソ・フェロ。 共演にチノ・ダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス。 監督はアルゼンチンの俊英、ルイス・オルテガ。 1971年、ブエノスアイレス。 何不自由ない生活を送る17歳の美少年カルリートスだったが、遊びを楽しむように犯罪に手を染め、ほとんど罪の意識を感じることもなかった。 やがて彼は、転校先で野性的な魅力に溢れたラモンと出会い意気投合し、2人でコンビを組んでさらなる罪を重ねていくのだったが…。 (外部サイト) 予告編.

次の

脅迫犯罪者がいかにして作られたか知りたいあなたへ。『永遠に僕のもの』(2018年、アルゼンチン、R15+)

カルリートス アルゼンチン

経歴 [ ] 生い立ち [ ] ブエノスアイレスの貧民街で5人兄弟の長男として生まれた。 クラブ [ ] 南米 [ ] (2部)のでプレーしていた時ににスカウトされ 、13歳でボカ・ジュニアーズの下部組織に入団した。 17歳でトップチームデビューするとすぐにレギュラーの座を獲得した。 所属時代は2003年のリーグ優勝、優勝、ではをPK戦の末に破るなど大きな活躍をした。 MSI社が保有権を獲得し、特殊な移籍形態で2004年にに移籍した。 移籍から半年後にはキャプテンを任され 、2005年ので優勝した。 ながらブラジルのサッカーファンに愛された。 ブラジルの大統領は、「アルゼンチン人サッカー選手がブラジルで活躍することはないだろう」と発言したことがあったが、テベスがリーグ最優秀選手に輝いたために自身の発言を謝罪した。 2003年から2005年まで3年連続でに輝いた。 ウェストハム・ユナイテッド [ ] 2006年、とともにのに移籍する。 入団当初は不振であったが、シーズン終盤には10試合で7得点を挙げて、チームを残留に導く原動力となる。 マンチェスター・ユナイテッド [ ] マンチェスター・シティFCでのテベス 2009年7月13日、契約満了に伴いに5年契約で移籍した。 移籍1年目に23得点を挙げる活躍でチームの中心となると、2010-11シーズンからはキャプテンに就任。 クラブ35年ぶりのタイトルとなる優勝と、クラブ初となるチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。 またプレミアリーグでは20得点を挙げ、マンチェスター・ユナイテッドで共にプレーしたとともに初の得点王に輝いた。 2011年のシーズンオフには移籍志願したものの 、条件が折り合わずに残留となった。 だが2011年9月27日、UEFAチャンピオンズリーグの戦で途中出場を拒否したとして騒動となった。 この出場拒否により週給4週間分の罰金を科せられたが、イングランドサッカー選手協会の異議により2週間分に減額。 監督は謝罪すれば起用するとしたものの、謝罪を拒否しアルゼンチンに無断帰国するなどした。 そのため2011-12シーズンの冬の移籍期間ではへの移籍が有力視されていたが、条件が折り合わず残留。 2012年2月21日、クラブの公式ページで謝罪を発表。 2012-13シーズンはリーグ戦は11得点に終わったものの14アシストをあげた。 ユヴェントス [ ] 2013年6月、への移籍が決定。 移籍金は合計1200万ユーロともいわれている。 契約は3年間。 背番号は、、、といった名選手が背負った10番である。 2013-14シーズンはリーグ戦でチーム最多となる19ゴールを決め、ユヴェントスの優勝に貢献した。 2014-15シーズンは32試合に出場し20ゴールを記録、リーグ優勝と獲得に貢献した。 また、でも13試合に出場し7ゴールと活躍しユヴェントスの決勝進出に貢献した。 ボカへの帰還 [ ] 2015年6月、テベスの古巣ボカ・ジュニアーズがテベスの復帰を発表。 約11年ぶりの復帰となる。 上海申花へ移籍 [ ] 2016年12月29日、のへの移籍が発表された。 世界最高額の年俸3800万ユーロ(約47億円)として話題になったが 、同じく中国スーパーリーグに移籍したの年俸が日本円にして約60億円で上回るともされる。 背番号は「32」番。 しかし、中国での生活に馴染めず、また、中国リーグの姿勢を批判するなど、問題行動を連発し、ファンからの批判も浴び、2018年1月6日に契約を解消したことが発表された。 ボカ [ ] 2018年5月よりボカに復帰、2019-20、スーペルリーガ・アルヘンティーナ第23節、ヒムナシア・ラプラタ戦で決勝ゴールを決め、最終節を前に1ポイント差で首位を走っていたリーベルに逆転、34度目のリーグ制覇を果たした。 アルゼンチン代表 [ ] 2001年のに出場し、2得点を記録。 では、8ゴールを記録して得点王となり、らと共にアルゼンチンの金メダル獲得に大きく貢献した。 A代表では2004年3月30日の戦でデビュー。 の戦で決勝点となる代表初得点を挙げた。 のメンバーにも選ばれ、戦で途中出場し、得点を決めている。 決勝トーナメント1回戦の対戦で、前半26分にからのパスを受けて先制ゴールを決める。 パスを受けたのはポジションだったが、判定によりテベスのゴールが認められた。 この試合でテベスはミドルシュートでもう1得点を挙げ、大会選定のマンオブザマッチに選出された。 が監督となってからはなぜかチームの戦術の構想からは外され、の代表候補30人にも選ばれなかった。 テベスが代表から外された理由については会長やとの関係悪化が噂された。 もっともグロンドーナは大会終了後に他界し、テベス自身はメッシとの確執については否定している。 、国際親善試合に向けて国外クラブに所属するアルゼンチン代表メンバー25人を発表し約3年ぶりの代表復帰となった。 しかし、南米予選には招集されず、、も未招集に終わり、代表からは事実上引退状態となっている。 エピソード [ ]• テベスは1歳の時に誤って熱湯を浴び、火傷を負った。 母親によってタオルにくるまれた際に繊維が皮膚に付着し、首や胸には成人になった現在でも傷が残っている。 時代に、この火傷の痕を取り除く手術の費用をチームが負担するとオファーされたものの、「この顔は神様から与えてもらったものだから、変えるつもりはない。 それに、この傷は生きてきた証でもある。 」として固辞している。 金銭にまみれた現代のサッカー界や年長者への敬意を欠く若手に辟易しており、早期の引退を希望していた。 マンチェスター・ユナイテッド監督のが「自分が生きている間にシティに負けることはない」と発言をしていたことに対して反撃するかのごとく、2011-12シーズンのリーグ優勝パレードでテベスは「RIP Fergie(安らかに眠れ、ファーガソン)」と書いたプレートを掲げた。 この事に対してマンチェスター・シティは謝罪の意を表明した。 2014年7月29日、近郊でテベスの育ての父が誘拐されたが身代金を払い、約8時間後に無事解放された。 個人成績 [ ] クラブ [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2001-02 11 1 0 0 0 0 11 1 2002-03 32 11 0 0 0 0 32 11 2003-04 23 12 0 0 0 0 23 12 2004-05 9 2 0 0 0 0 9 2 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 38 25 6 4 0 0 38 25 9 6 0 0 0 0 9 6 イングランド リーグ戦 期間通算 32 26 7 0 0 1 0 27 7 34 14 0 0 2 1 36 15 29 5 6 6 3 2 38 13 35 23 6 6 1 0 42 29 31 20 0 0 6 3 37 24 13 4 1 0 0 0 14 4 34 11 1 0 6 5 41 16 イタリア リーグ戦 オープン杯 期間通算 10 34 19 1 0 0 0 35 19 32 20 1 0 0 0 33 20 アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2015 ボカ・ジュニアーズ 10 12 5 0 0 5 4 17 9 2016 11 4 0 0 4 2 17 6 2016-17 11 5 0 0 0 0 11 5 通算 アルゼンチン プリメーラ 109 40 0 0 9 6 118 46 ブラジル セリエA 47 31 6 4 0 0 53 35 イングランド プレミア 202 84 14 12 19 11 235 107 イタリア セリエA 66 39 2 0 0 0 35 19 総通算 392 179 22 16 24 15 438 210 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 2007-08 32 - 12 4 2008-09 - 9 2 2010-11 6 0 - 2011-12 - 1 0 2012-13 - 5 0 2013-14 10 6 1 6 0 2014-15 - 13 7 通算 UEFA 12 1 46 13 その他の国際公式戦• 2017年• 東地区プレーオフ 1試合0得点 代表 [ ] 2015年11月6日現在 年 出場 得点 2004 10 2 2005 9 0 2006 8 2 2007 13 3 2008 4 0 2009 8 1 2010 8 4 2011 4 1 2012 0 0 2013 0 0 2014 2 0 2015 10 0 通算 76 13 代表での得点 [ ] 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要 1 2004年7月17日 , 0- 1 0-1 2 2004年7月20日 , 1-0 3-0 3 2006年3月1日 , 1- 1 3-2 4 2006年6月16日 , 5-0 6-0 5 2007年6月1日 バーゼル ザンクト・ヤコブ・パルク 0- 1 1-1 親善試合 6 2007年6月5日 , 1-0 4-3 親善試合 7 2007年6月28日 , 4-1 4-1 8 2009年3月28日 , 2-0 4-0 9 2010年5月24日 ブエノスアイレス, エル・モヌメンタル 4-0 5-0 親善試合 10 2010年6月27日 , 1-0 3-1 11 3-0 12 2010年9月7日 ブエノスアイレス, エル・モヌメンタル 3-0 4-1 親善試合 13 2011年6月20日 ブエノスアイレス, エル・モヌメンタル 4-0 4-0 親善試合 タイトル [ ] クラブ [ ] ボカ・ジュニアーズ• :3回 2003-04, 2015, 2017-18,2019-20• :1回 2003• :1回 2003• :1回 2004 SCコリンチャンス・パウリスタ• :1回 マンチェスター・ユナイテッドFC• :2回 ,• :1回• :1回 2008• :1回 マンチェスター・シティFC• :1回 2010-11• :1回 ユヴェントスFC• :2回 ,• :1回(2014-15)• :1回 2013 上海緑地申花足球倶楽部• : 1回(2017) 代表 [ ]• :1回• :1回 個人 [ ]• 最優秀選手賞:1回• :3回 2003, 2004, 2005• 得点王:1回• 最優秀選手賞:1回 2005• :1回 2005• 得点王:2回 2009, 2010• 得点王:1回 2010-11 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• Goal. com. 2011年7月5日. 2012年6月2日閲覧。 Goal. com. 2011年9月28日. 2012年6月2日閲覧。 フットボールチャンネル 2015年7月14日. 2018年4月7日閲覧。 2017年5月13日. 2017年6月19日閲覧。 フットボールチャンネル. 2017年5月13日. 2018年1月3日閲覧。 2010年6月28日. 2010年6月28日閲覧。 Goal. com. 2009年11月1日. 2012年6月2日閲覧。 Goal. com. 2010年11月26日. 2012年6月2日閲覧。 Goal. com. 2012年5月15日. 2012年6月2日閲覧。 Goal. 2014年7月30日. 2014年8月9日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 — 主催大会成績• - National-Football-Teams. com• - Soccerbase• (ポルトガル語)• 1992-93:• 1993-94:• 1994-95:• 1995-96:• 1996-97:• 1999-00:• 2000-01:• 2001-02:• 2002-03:• 2003-04:• 2004-05:• 2005-06:• 2006-07:• 2007-08:• 2008-09:• 2009-10:• 2011-12:• 2012-13:• 2013-14:• 2014-15:• 2015-16:• 2016-17:• 2017-18:•

次の