岡山 県 高校 野球。 岡山県の高校野球

岡山県高校野球本2019

岡山 県 高校 野球

歴史 [ ]• - この頃、で東京の大学出身の教師達によって伝えられた生徒の間で野球が行われ始めた。 - が岡山薬学校(1899年から)に野球を伝える。 - 岡山県で最初の学生野球部が岡山薬学校に誕生。 - 岡山中学野球部創部。 - 岡山中学とが対外試合を行う(25対21。 記録に残る最初の試合)。 - 関西中学とが対外試合を行う(28対27)。 - 近県中等学校野球大会が主催で同校グランドで開催される(岡山の参加校;岡山中、関西中、津山中、高梁中、金川中)• - 岡山中等学校野球連盟発足、同時期に6校(、、、、、)によるリーグ戦がで始まる。 - が開催され、山陽大会に関西中が参加。 - 岡山一中が岡山県勢初出場。 - 開催。 - 岡山県高等学校野球連盟発足(中等学校から改称)。 - 関西高校が岡山県勢初出場。 - がで岡山県勢初の全国制覇を達成する。 - がにて岡山県勢初の決勝進出、準優勝。 - がで岡山県勢春夏通算100勝を達成。 - がに春夏通じて甲子園史上初となる創部1年目 の出場。 地方大会での歴史 [ ] 中等学校優勝大会のまで岡山勢は山陽地区大会で広島・山口勢の壁に阻まれ全国大会に出場したのは岡山一中(現)の一回だけであった。 高等学校選手権になると同時に岡山・鳥取・島根の東中国大会に予選地区の枠組みも変更され、関西が戦後初出場を果たす。 1990年以降夏の選手権が全国初出場となった学校が2017年に誕生 [ ] 岡山県では1990年に初出場を決めた以来、2017年夏の大会まで27年間、選手権の出場での春夏甲子園出場校が出ていなかった。 春は2008年にが甲子園初出場を決めている に玉野光南が選手権に初出場を決めているが甲子園の初出場は1990年の選抜。 2015年に選手権初出場を決めたの甲子園初出場は2001年の選抜。 2011年にが選手権岡山大会の決勝で関西を勝利まであと1アウトまで追い詰めたが、そこで同点に追いつかれ、その後延長で逆転負けを喫し、春夏通じて甲子園初出場を逃した。 岡山城東が初出場した27年後の2017年にがノーシードからの快進撃を続け、決勝では創志学園と対戦し再試合の熱戦を演じた。 劣勢状態から8回に5点差を逆転。 9回に再逆転されたが追いつき、降雨引分コールドゲームとなった。 翌日の再試合では序盤から主導権を握り、春夏通じて初の甲子園を決めた。 各校の甲子園初出場年 開催年 大会 学校 1921年 夏・第7回 岡山一中(現岡山朝日) 1948年 夏・第30回 関西 1949年 夏・第31回 倉敷工 1951年 夏・第33回 岡山東(現岡山東商) 1955年 夏・第37回 玉島(現玉島商) 1958年 夏・第40回 倉敷商 1977年 春・第49回 岡山南 1977年 夏・第59回 水島工 1980年 春・第52回 岡山理大附 1990年 春・第62回 玉野光南 1990年 夏・第72回 岡山城東 2001年 春・第73回 岡山学芸館 2008年 春・第80回 興譲館 2011年 春・第83回 創志学園 2017年 夏・第99回 おかやま山陽 県北部からの全国出場無し [ ] 1920年に岡山一中が初出場を決めてから2007年春まで、岡山県北部からは未だに甲子園へ出場した高校はない。 1967年春の大会で県北唯一の甲子園出場に内定していたが元部員の暴力により辞退し、最近では1997年夏の大会で県北初の甲子園なるかと地元で報道されたが決勝でに敗れているなど、あと一歩のところまでいったことは幾度もある。 要因として北部は冬のあいだ積雪が多く練習期間が短いためと思われがちだが、ここ数十年は練習場の改善や温暖化による積雪の減少で環境によるハンデは無くなったといってよい。 どちらかと言えば北部の高校は軟式野球部が多く(県の指導により1962年の岡山国体に合わせ軟式に転向した学校が多数あった。 )、またサッカーやラグビーでは全国へ度々出場する強豪もいることなどから地域性の違い とも思われる [ ]。 近年では県北初の甲子園を目指して、実績のある監督の招聘などチーム強化に乗り出している高校もある(作陽のなど)。 の選抜で全国制覇を成し遂げた岡山東商は、春夏連覇を目指して選手権に出場。 初戦の日大二は4-1と3点リードと、春の勢いをそのまま発揮していた。 しかし5回表に降雨ノーゲームとされ、翌日の再試合では2-5で敗れてしまった。 の選手権では倉敷工が南北海道の駒大苫小牧に4回表まで0-8で、劣勢に立たされていた。 しかし試合開始前から断続的に降り続いていた雨が勢いを増したため、4回裏2死一、三塁で降雨ノーゲームが宣言された。 翌日の再試合で倉敷工はエース陶山が立ち直って、5-2と奇跡の勝利を手にした。 この翌年から夏2連覇を達成した駒大苫小牧の原動力となった試合だと言われることもある [ ]。 甲子園16強以上の成績 [ ]• 岡山東商: 優勝1回、4強2回• 岡山理大附: 準優勝1回、16強1回• 倉敷工: 4強4回、8強2回、16強3回• 関西: 4強3回、8強3回、16強3回• 岡山南: 4強2回、8強1回、16強2回• 倉敷商: 8強2回、16強1回• 岡山城東: 4強1回、16強1回• 玉野光南: 16強3回• 玉島商: 4強1回• 岡山一中(現岡山朝日 : 8強1回• 岡山学芸館:16強1回 国体制覇 [ ] 選抜初制覇から6年後の10月の和歌山で岡山東商は5対3でを下し初優勝を飾っている。 また2年後のには玉島商が準優勝を飾るなど甲子園よりも好成績を収めている。 ちなみにのでは天候不順により打ち切りのため、出場した倉敷商は1勝を挙げて終えた。 甲子園連続出場 [ ]• 全国高等学校野球選手権大会の甲子園連続出場: 岡山南(1983年 - 1985年)、倉敷商(2008年 - 2010年)• 選抜高等学校野球大会の甲子園連続出場: 関西(2005年 - 2007年)、倉敷工(1957年 - 1959年)• 春夏通しての甲子園連続出場: 関西(2005年春 - 2007年春) 全国大会の戦績 [ ]• 名勝負 [ ] 岡山東商vs倉敷工 [ ] 岡山東商と倉敷工は1950年代から70年代まで、毎年のように両校もしくはどちらか1校が決勝に出場していた。 1950年代~80年代までの31年間で岡山東商は16回、倉敷工は13回も決勝へ進出しており、両校は決勝で5度対戦している。 後にそれぞれ異なるプロ野球チームに入り、三人ともエース級の活躍をした。 岡山勢センバツ初出場。 翌年、センバツ出場最速記録。 岡山操山 出場8回、第55回()ベスト4。 全国大会第11回()・第12回()連続優勝。 箭田 硬式から転向 備南 硬式から転向 かつて存在した野球部 [ ]• - 閑谷黌(現和気閑谷)から独立、1933年廃校• - 廃部• - 落合と合併• - 現倉敷鷲羽、琴浦と合併• - 現倉敷鷲羽、児島と合併• - 軟式に転向、野球・サッカー・ラグビー部が合併しフィールド部になる。 - 軟式に転向、高梁工・川上農と合併(現高梁城南)• - 軟式に転向、金川と合併(現岡山御津)• - 軟式に転向、林野と合併。 1963年優勝• - 岡山東(現岡山東商)と合併• - 現:倉敷翔南、2003年脱退・廃部• - 現:岡山龍谷、1999年加盟、2000年脱退・廃部• - 軟式、平成20年高梁高校に併合• 矢掛商 - 矢掛と合併、2008年硬式野球部廃部• 高梁城南・川上 - 旧川上農、軟式野球部。 2010年、川上校舎閉鎖にともない高梁校舎に併合• 玉野 - 軟式、1982年島根県で行われた優勝• 落合 - 軟式、現真庭、久世と合併• 久世 - 軟式、現真庭、落合と合併• 蒜山 - 軟式、現勝山 備考・注釈 [ ]• 同校の公称上では「学校設立1年目での出場」となっているが、同校には女子校(ベル学園高等学校)としての前史があるため、意見が分かれている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

岡山県高校野球本2019

岡山 県 高校 野球

岡山県高野連は4日、倉敷市で理事会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権岡山大会に代わる独自の「夏季県高校野球大会」を開催することを決めた。 7月18日に開幕し、マスカットスタジアム(倉敷市)など4球場を会場に8月10日までトーナメントで争う。 試合は原則、土日祝日に行い、ベンチ入り人数は5人増の最大25人とし、試合ごとのメンバー変更を認める。 無観客を前提とするが、控え部員は入場可能。 保護者については今後の感染状況を踏まえて判断する。 全チームが集う開会式は取りやめ、7月18日にマスカットスタジアムである第1試合前に開始式を行い、出場を決めていた春のセンバツが中止になった倉敷商の原田将多主将(3年)が選手宣誓する。 大会は日本高野連の感染防止対策ガイドラインに基づき実施。 選手や関係者は試合2週間前からの行動歴を記録し、球場入り前の検温を義務づけるほか、ロッカールームの使用は禁止し、試合が終わるごとにベンチを消毒する。 県高野連の多田一也会長は「最大の目標である甲子園大会がなくなった喪失感は選手じゃないと分からないが、何とか(練習の成果を)発表する場をつくり、次のステージに進んでもらいたい」と話した。 組み合わせ抽選は今月27日にあり、昨秋の県大会4強がAシード、8強がBシードとなる。 昨夏の岡山大会には59校が参加した。 軟式は、中止となった全国選手権岡山大会に代わる大会を7月19日~8月2日に開催。 35競技を実施予定だった県高校総体の代替大会については、県高体連と各競技の専門部が協議し、6月末をめどに開催可否を判断する。

次の

高校野球マイナー情報局〜2020年度岡山県夏季大会

岡山 県 高校 野球

歴史 [ ]• - この頃、で東京の大学出身の教師達によって伝えられた生徒の間で野球が行われ始めた。 - が岡山薬学校(1899年から)に野球を伝える。 - 岡山県で最初の学生野球部が岡山薬学校に誕生。 - 岡山中学野球部創部。 - 岡山中学とが対外試合を行う(25対21。 記録に残る最初の試合)。 - 関西中学とが対外試合を行う(28対27)。 - 近県中等学校野球大会が主催で同校グランドで開催される(岡山の参加校;岡山中、関西中、津山中、高梁中、金川中)• - 岡山中等学校野球連盟発足、同時期に6校(、、、、、)によるリーグ戦がで始まる。 - が開催され、山陽大会に関西中が参加。 - 岡山一中が岡山県勢初出場。 - 開催。 - 岡山県高等学校野球連盟発足(中等学校から改称)。 - 関西高校が岡山県勢初出場。 - がで岡山県勢初の全国制覇を達成する。 - がにて岡山県勢初の決勝進出、準優勝。 - がで岡山県勢春夏通算100勝を達成。 - がに春夏通じて甲子園史上初となる創部1年目 の出場。 地方大会での歴史 [ ] 中等学校優勝大会のまで岡山勢は山陽地区大会で広島・山口勢の壁に阻まれ全国大会に出場したのは岡山一中(現)の一回だけであった。 高等学校選手権になると同時に岡山・鳥取・島根の東中国大会に予選地区の枠組みも変更され、関西が戦後初出場を果たす。 1990年以降夏の選手権が全国初出場となった学校が2017年に誕生 [ ] 岡山県では1990年に初出場を決めた以来、2017年夏の大会まで27年間、選手権の出場での春夏甲子園出場校が出ていなかった。 春は2008年にが甲子園初出場を決めている に玉野光南が選手権に初出場を決めているが甲子園の初出場は1990年の選抜。 2015年に選手権初出場を決めたの甲子園初出場は2001年の選抜。 2011年にが選手権岡山大会の決勝で関西を勝利まであと1アウトまで追い詰めたが、そこで同点に追いつかれ、その後延長で逆転負けを喫し、春夏通じて甲子園初出場を逃した。 岡山城東が初出場した27年後の2017年にがノーシードからの快進撃を続け、決勝では創志学園と対戦し再試合の熱戦を演じた。 劣勢状態から8回に5点差を逆転。 9回に再逆転されたが追いつき、降雨引分コールドゲームとなった。 翌日の再試合では序盤から主導権を握り、春夏通じて初の甲子園を決めた。 各校の甲子園初出場年 開催年 大会 学校 1921年 夏・第7回 岡山一中(現岡山朝日) 1948年 夏・第30回 関西 1949年 夏・第31回 倉敷工 1951年 夏・第33回 岡山東(現岡山東商) 1955年 夏・第37回 玉島(現玉島商) 1958年 夏・第40回 倉敷商 1977年 春・第49回 岡山南 1977年 夏・第59回 水島工 1980年 春・第52回 岡山理大附 1990年 春・第62回 玉野光南 1990年 夏・第72回 岡山城東 2001年 春・第73回 岡山学芸館 2008年 春・第80回 興譲館 2011年 春・第83回 創志学園 2017年 夏・第99回 おかやま山陽 県北部からの全国出場無し [ ] 1920年に岡山一中が初出場を決めてから2007年春まで、岡山県北部からは未だに甲子園へ出場した高校はない。 1967年春の大会で県北唯一の甲子園出場に内定していたが元部員の暴力により辞退し、最近では1997年夏の大会で県北初の甲子園なるかと地元で報道されたが決勝でに敗れているなど、あと一歩のところまでいったことは幾度もある。 要因として北部は冬のあいだ積雪が多く練習期間が短いためと思われがちだが、ここ数十年は練習場の改善や温暖化による積雪の減少で環境によるハンデは無くなったといってよい。 どちらかと言えば北部の高校は軟式野球部が多く(県の指導により1962年の岡山国体に合わせ軟式に転向した学校が多数あった。 )、またサッカーやラグビーでは全国へ度々出場する強豪もいることなどから地域性の違い とも思われる [ ]。 近年では県北初の甲子園を目指して、実績のある監督の招聘などチーム強化に乗り出している高校もある(作陽のなど)。 の選抜で全国制覇を成し遂げた岡山東商は、春夏連覇を目指して選手権に出場。 初戦の日大二は4-1と3点リードと、春の勢いをそのまま発揮していた。 しかし5回表に降雨ノーゲームとされ、翌日の再試合では2-5で敗れてしまった。 の選手権では倉敷工が南北海道の駒大苫小牧に4回表まで0-8で、劣勢に立たされていた。 しかし試合開始前から断続的に降り続いていた雨が勢いを増したため、4回裏2死一、三塁で降雨ノーゲームが宣言された。 翌日の再試合で倉敷工はエース陶山が立ち直って、5-2と奇跡の勝利を手にした。 この翌年から夏2連覇を達成した駒大苫小牧の原動力となった試合だと言われることもある [ ]。 甲子園16強以上の成績 [ ]• 岡山東商: 優勝1回、4強2回• 岡山理大附: 準優勝1回、16強1回• 倉敷工: 4強4回、8強2回、16強3回• 関西: 4強3回、8強3回、16強3回• 岡山南: 4強2回、8強1回、16強2回• 倉敷商: 8強2回、16強1回• 岡山城東: 4強1回、16強1回• 玉野光南: 16強3回• 玉島商: 4強1回• 岡山一中(現岡山朝日 : 8強1回• 岡山学芸館:16強1回 国体制覇 [ ] 選抜初制覇から6年後の10月の和歌山で岡山東商は5対3でを下し初優勝を飾っている。 また2年後のには玉島商が準優勝を飾るなど甲子園よりも好成績を収めている。 ちなみにのでは天候不順により打ち切りのため、出場した倉敷商は1勝を挙げて終えた。 甲子園連続出場 [ ]• 全国高等学校野球選手権大会の甲子園連続出場: 岡山南(1983年 - 1985年)、倉敷商(2008年 - 2010年)• 選抜高等学校野球大会の甲子園連続出場: 関西(2005年 - 2007年)、倉敷工(1957年 - 1959年)• 春夏通しての甲子園連続出場: 関西(2005年春 - 2007年春) 全国大会の戦績 [ ]• 名勝負 [ ] 岡山東商vs倉敷工 [ ] 岡山東商と倉敷工は1950年代から70年代まで、毎年のように両校もしくはどちらか1校が決勝に出場していた。 1950年代~80年代までの31年間で岡山東商は16回、倉敷工は13回も決勝へ進出しており、両校は決勝で5度対戦している。 後にそれぞれ異なるプロ野球チームに入り、三人ともエース級の活躍をした。 岡山勢センバツ初出場。 翌年、センバツ出場最速記録。 岡山操山 出場8回、第55回()ベスト4。 全国大会第11回()・第12回()連続優勝。 箭田 硬式から転向 備南 硬式から転向 かつて存在した野球部 [ ]• - 閑谷黌(現和気閑谷)から独立、1933年廃校• - 廃部• - 落合と合併• - 現倉敷鷲羽、琴浦と合併• - 現倉敷鷲羽、児島と合併• - 軟式に転向、野球・サッカー・ラグビー部が合併しフィールド部になる。 - 軟式に転向、高梁工・川上農と合併(現高梁城南)• - 軟式に転向、金川と合併(現岡山御津)• - 軟式に転向、林野と合併。 1963年優勝• - 岡山東(現岡山東商)と合併• - 現:倉敷翔南、2003年脱退・廃部• - 現:岡山龍谷、1999年加盟、2000年脱退・廃部• - 軟式、平成20年高梁高校に併合• 矢掛商 - 矢掛と合併、2008年硬式野球部廃部• 高梁城南・川上 - 旧川上農、軟式野球部。 2010年、川上校舎閉鎖にともない高梁校舎に併合• 玉野 - 軟式、1982年島根県で行われた優勝• 落合 - 軟式、現真庭、久世と合併• 久世 - 軟式、現真庭、落合と合併• 蒜山 - 軟式、現勝山 備考・注釈 [ ]• 同校の公称上では「学校設立1年目での出場」となっているが、同校には女子校(ベル学園高等学校)としての前史があるため、意見が分かれている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の