おすすめフェイスパック。 毎日使えるパックおすすめ人気ランキング10選!お得にリッチデイリーケア

コスメモニターが教える!フェイスパックおすすめランキングTOP10

おすすめフェイスパック

毎日のスキンケアに手軽にプラスできる フェイスマスク・ パック。 シートマスクやクレイパック、炭酸パック、塗るパック、泡パックなど種類は様々で、さらに高保湿タイプや美白ケア、毛穴・角質ケア、エイジングケアなど、求める効果や肌悩みによっても選ぶことができます。 数あるフェイスマスク・パックから、人気の売れ筋おすすめ商品を厳選してご紹介します。 — 目次 — すぐにおすすめのフェイスマスク・パックが知りたい方は「」をご覧ください。 フェイスマスク・パックの種類と選び方 フェイスマスク・パックには、大きく分けて、 シートマスクのように肌に潤いや美容成分を与えるタイプと、 クレイパックのように不要な汚れや角質を取り除くタイプがあります。 一般的に、シートタイプを「マスク」、塗るタイプ「パック」と表現することが多いです。 ここでは、フェイスマスク・パックの種類とその効果や使い方について、さらに細かくご紹介します。 シートマスク フェイスマスク・パックの定番シートマスク。 シート(不織布)に化粧水や美容液などを浸透させており、顔に貼って使います。 目鼻口の部分が切り抜かれた顔全体用のほか、目元や口元の部分用もあります。 化粧水で肌を整えた後、シートマスクを顔に乗せて5~15分置きます。 シートマスクをはがしたら、肌に残ったエッセンスを手でなじませます。 肌に潤いを与えるのが主目的で、さらに、保湿、美白、しわ、ハリ・ツヤなど、それぞれの肌悩みに対応したものを選ぶことができます。 推奨の使用頻度は商品によって異なりますが、基本的に毎日でも使えます。 シートマスクを顔に貼ったまま、家事など他の作業ができるため、時短ケアにもぴったり。 最近では 洗顔、化粧水、乳液、化粧下地までこなすオールインワンタイプの時短シートマスクも人気です。 薄手でかさばらないため、ジムや旅行先にも持ち運びできます。 シートマスク1枚あたりの価格は プチプラのもので10円台から、高いものだと2,000円ほどと、価格の幅が広いのも特徴です。 クリームパック・ジェルパック 貼ってはがすシートマスクに対して、クリームパックやジェルパックは塗ったまま眠れるタイプです。 「ナイトパック」や 「スリーピングパック」とも呼ばれます。 化粧水や乳液のようにすぐに肌にはなじまず、時間をかけてじっくり美容成分が浸透していきます。 朝起きたら肌がカサカサしている、といったことはありません。 翌日の化粧ノリがアップします。 保湿力に優れているため、特に乾燥が気になる人におすすめです。 少数派ですが、 保湿・潤い補給がメインのクリームパックの中にも、洗い流すタイプがあります。 クレイパック ミネラルを多く含む泥(クレイ)を使用したパックです。 クレイの種類は、ガスールや海泥などが代表的です。 泥の吸着力で毛穴に詰まった皮脂汚れや古い角質を除去し、毛穴の黒ずみやくすみ、ザラつきを解消します。 使用後には肌がワントーン明るくなるものも。 使い方は、顔に塗って3~5分ほど置いた後、洗い流します。 顔だけでなく全身に使えるものも多いです。 チューブに入ったペーストタイプや、固形クレイを溶かして使うタイプがあります。 洗浄力が強いため、使用後はしっかり保湿ケアをしましょう。 使用頻度は週に1回程度を目安にするのがおすすめです。 炭酸パック 二酸化炭素を配合し、炭酸ガスを使用したパックです。 エステサロンの人気メニューが自宅で体験できると話題になりました。 集中的にスキンケアしたいときにおすすめ。 専用のカップにジェルとパウダーを入れ、スパチュラで混ぜ合わせたら、ジェルを顔に乗せます。 顔にジェルを乗せると、シュワシュワとした泡が出て温感を感じます。 20~30分ほど時間を置いたら、ジェルを落とし洗い流します。 炭酸ジェルパックが主流ですが、炭酸ガスを使用したシートマスクや泡パックも販売されています。 主に、 肌の血行を促進し、顔のむくみ、コリ、血色不良、くすみを解消してくれます。 また、 古い角質を浮き上がらせて取り除く効果もあり、その後のスキンケアの浸透をよくします。 毎日でも使えますが、週1~2回ほどのスペシャルケアとしても効果を発揮します。 泡パック 泡パックとは、美容成分が弾力のあるふわふわの泡になって出てくるパックです。 泡パックを顔に塗って5分ほど時間を置いたら洗い流します。 泡の感触が気持ちよく、スキンケアタイムのリラックス効果も期待できます。 使用後はもっちりとした肌になり、特に乾燥が気になる人におすすめです。 ふわふわに泡立てた洗顔料を顔に乗せて肌をこすらず洗う「泡パック洗顔」や、「炭酸泡パック」のことも「泡パック」と表現することが多いです。 口コミで人気のおすすめフェイスマスク・パック17選! ここからは、数多くあるフェイスマスク・パックの中から、口コミで人気の売れ筋おすすめ商品を厳選しました。 次の5つの効果別にご紹介していきます。 乾燥対策におすすめの高保湿フェイスマスク・パック 迷ったらまず選びたい、おすすめの高保湿タイプのフェイスマスク・パックをご紹介します。 1.ルルルン プレシャス GREEN 出典:www. amazon. jp シートマスクといえばのルルルンの中でも、特に人気はこちらのルルルンプレシャス GREEN。 乾燥や肌荒れに悩むゆるぎ肌にも使えます。 健康的な22歳の皮脂バランスを再現した保湿成分L22を配合。 たっぷりの潤い成分で肌を整え、肌荒れを防ぎます。 美容成分がひたひたに浸された超極厚のふっくらシートも人気の理由です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 2.SK-II フェイシャルトリートメントマスク 出典:www. amazon. jp エステサロンで使われている業務用シートマスク。 1枚に約1本分の美容液(20ml)を贅沢配合したひたひたのシートマスク。 10種の高級美容成分があらゆる肌悩みをトータルケアします。 1枚あたり67円以下のプチプラ価格でコスパ面でもおすすめです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 美白ケアにおすすめのフェイスマスク・パック シミやそばかすを防ぎ、クリアな肌をキープするために美白ケアは1年中かかせません。 ここからは、美白有効成分が配合された人気のフェイスマスク・パックをご紹介します。 5.資生堂 HAKU メラノシールドマスク[医薬部外品] 出典:www. amazon. jp 美白ブランドHAKUのシートマスク。 美白マスクでは初、4MSKとm-トラネキサム酸の2種の美白有効成分を配合。 マスクによって有効成分が肌の奥まで素早く届き、シミのもとになるメラニンの過剰生成を効果的に抑制します。 目元・口元とシートが上下に分かれており、顔の凸凹に合わせてぴったりと密着します。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 6.POLA(ポーラ)ホワイトショットQX [医薬部外品] 出典:www. amazon. jp 美白有効成分にトラネキサム酸を配合した美白シートマスク。 トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX約65回分の美白成分を配合しています。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 エイジングケアにおすすめのフェイスマスク・パック 年齢とともに低下するハリとツヤ。 気になるエイジング悩みにアプローチしてくれる、30代・40代におすすめのフェイスマスク・パックをあつめました。 8.ルルルン プレシャス RED 出典:www. amazon. jp 「年齢化粧品」として有名なドモホルンリンクルの泡パック。 漢方成分配合の泡を顔に伸ばすだけで、簡単にエイジングケアができます。 保湿成分、抗酸化成分、ビタミンなどを含み、乾燥を解消して肌に栄養を補給。 目元や口元まで若々しいふっくら明るい肌へ導きます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 毛穴・角質ケアにおすすめのフェイスマスク・パック 黒ずみ・ザラつきが気になる人におすすめのクレイパックや、注目の炭酸パックなど、毛穴・角質ケアにおすすめのフェイスマスク・パックをピックアップしました。 12.アルジタル グリーンクレイペースト 出典:www. amazon. jp グリーンクレイにオーガニック植物成分を配合したペーストタイプのクレイパック。 毛穴の汚れや黒ずみ、古い角質はしっかり取り除くのに、洗い上がりはしっとりもちもちに潤います。 ハリ・弾力もアップし、透明肌をつくってくれます。 洗顔料としても使用OK。 ボディの角質ケア、背中ニキビの予防ケアにも使えます。 すっきりする清涼ハーブの香りです。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 13.ドクターメディオン スパオキシジェル 出典:www. amazon. jp 乾燥によるたるみ毛穴やゆるみ毛穴のケアにおすすめのシートマスク。 潤い、肌弾力、キメ、肌の調子を整える100%国産米由来のライスセラムを配合し、毛穴の目立たないまるでお米のような潤いのあるもちもち肌をつくります。 ドラッグストアなどでも購入でき、プチプラシートマスクとして人気のある商品です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 時短ケアにおすすめのフェイスマスク・パック 忙しい平日の朝のスキンケアに人気なのが、オールインワンシートマスク。 洗顔後のケアが1ステップで完了するものや、洗顔すら不要の「貼るだけ」というシートマスクも販売されています。 まだオールインワンシートマスクを使ったことがない人にもおすすめの、1枚で何役もこなしてくれる優秀フェイスマスクをご紹介します。 15.サボリーノ 朝用マスク 目覚まシート 出典:www. bcl-brand. jp 時短ケアの先駆け的存在「サボリーノ」の元祖オールインワンシートマスク。 洗顔・スキンケア・保湿下地の機能を兼ね備えいます。 シートマスクを顔に貼って1分でOK。 ベタベタしないので、そのまますぐにメイクすることができます。 便利なフタ付きパッケージからは、シートマスクがそのまま顔に貼れるかたちで出てくるので、広げる手間もなく、とことん時短ケアを極めたい人におすすめ。 今だけ限定2枚増量の34枚入りで、1枚あたりなんと45円以下のプチプラ価格だから、コスパ面でも優秀です。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 16.クオリティファースト オールインワンマスク モイストEX 出典:www. amazon. jp 1枚で化粧水・美容液・乳液の3役を担います。 50枚入りのプチプラ大容量タイプで、毎日の化粧水代わりに惜しみなく使えると人気です。 ベビーコラーゲンやヒアルロン酸、セラミド・レシチンなどの保湿を中心とする35種の美容成分を贅沢配合。 しっとり高保湿にこだわっています。 オーガニックコットン100%使用、防腐剤不使用、無添加と敏感肌でも安心して使えます。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 17.アクアレーベル スペシャルマスク 出典:www. shiseido. jp 1枚で化粧水、乳液、クリーム、美容液、アイマスクの6役をこなすオールインワンシートマスクです。 チャージアミノ酸やコラーゲンGLといった潤い美肌成分が角層のすみずみまで浸透。 まるでエステのようにフェイスラインを上げられるように密着します。 詳細はリンク先のサイトにてご確認ください。 フェイスマスク・パックは毎日使ってOK?適切な使用頻度は? フェイスマスク・パックは、一般的な肌に潤いを与えるものであれば毎日使って問題ありません。 毎日の化粧水代わりとして使うことを目的に、大容量で販売されているシートマスクもあります。 一方で、フェイスマスク・パックの効果を考えると、 週に1~3回程度、スペシャルケアとしての使用で十分といえるでしょう。 高価なフェイスマスク・パックであれば、経済的な面でも毎日の使用は難しくなるかもしれません。 また、フェイスマスク・パックのデメリットや肌への負担も考慮して使用頻度を決める必要があります。 例えば、 美白有効成分は比較的肌に刺激となりやすい特徴があります。 クレイパックなどの 不要な角質を取り除き、毛穴汚れをすっきり落とすものは、洗浄力が高く肌に負担となりやすいため、週に1回を目安としてください。 さらに、 アルコールや添加物等が配合されているフェイスマスク・パックの頻回の使用は、特に敏感肌には刺激となる可能性があるため、様子を見ながら使うことをおすすめします。 誤った理解で使っている人も少なくないため、この機会に正しい使い方を知っておきましょう。 シートマスクは長時間放置するとより効果的? 塗ったまま、または貼ったまま眠れるフェイスマスク・パックを除いて、効果を高めたいがために、顔につけている時間を長くするのは、 実は逆効果。 シートマスクであれば、 長時間放置することで、シートがかえって肌の水分を奪い乾燥を招いたり、肌刺激が負担となったりします。 放置する推奨時間は、商品によって異なりますが、 一般的に5~15分以内におさめるようにして、つけたまま眠らないようにしましょう。 お風呂で使用すると浸透力がアップする? 入浴中は毛穴が開いているため、美容成分が浸透しやすいと考える人が多く、湯船に浸かりながらフェイスマスク・パックを使っている人がいるかもしれません。 ただ、本来、 入浴中は顔の毛穴からも発汗し老廃物を体外に排出しているため、フェイスマスク・パックで毛穴を塞ぐのはあまりよくありません。 一部対応商品を除いて、フェイスマスク・パックは入浴後に使うようにしましょう。 シートマスクを冷やして使うと毛穴にいい? 基本的に、フェイスマスク・パックの多くは常温で使うことを前提につくられています。 夏場に気持ちよさを感じるためであれば、冷蔵庫でフェイスマスク・パックを保管してもよいかもしれませんが、本来の効果を得るためには常温で使うことをおすすめします。 フェイスマスク・パックの使用期限は? 随分前のフェイスマスク・パックが使いきれずに残っていることがあるかもしれません。 ただし、フェイスマスク・パックに限らず、化粧品には使用期限があります。 特に防腐剤が無添加の商品は、使用期限内に使うことが大切です。 化粧品内の成分は徐々に変質していくため、 使用期限を過ぎたものは使わないようにしましょう。 大容量タイプを購入する際は、使用頻度も考慮して購入することをおすすめします。 フェイスマスク・パックで集中ケア! フェイスマスク・パックは、自宅でも手軽に取り入れることができるスペシャルケアとして人気です。 乾燥やシミ、しわ、くすみ、毛穴、さらには時短ケアまで、様々な効果や目的別の商品が販売されているため、自分好みのものがきっと見つかるはず。 定番のシートマスク、塗ったまま眠れるクリームパックやジェルパック、毛穴に効くクレイパック、エステメニューにもある炭酸パックなど、いろいろと試してみるのもよいですね。 特別な予定がある前日や、肌に疲れが出てきたときなど、フェイスマスク・パックで効果的に集中ケアしてみてください。

次の

パック&マスクおすすめ10代~50代&肌悩み別♡コスパ良のプチプラも

おすすめフェイスパック

フェイスパックを選ぶ時、 「無添加」という表示を目にすることも多いと思います。 でも… 「無添加フェイスパックって、本当にお肌に優しいの? 」 「無添加フェイスパックって何が無添加なの? きちんと成分の名前を知りたい。 」 「無添加フェイスパックはたくさん種類がありすぎて、どれが良いか分からない。 」 と思っていませんか? そこでこの記事では• 無添加化粧品の本当の意味• 無添加フェイスパックを選ぶ際のポイント• 無添加フェイスパックおすすめ5選 について、大手化粧品メーカーで1000以上の商品開発に携わった研究員が詳しく解説していきます。 一緒に、理想の 無添加フェイスパックを見つけていきましょう。 スキンケアの定番アイテムのフェイスパックですが、成分と言われるとわからないことが多いですよね。 ここではフェイスパックの「無添加」という表示について詳しく解説します。 「無添加」とは、文字通り「配合していない」「入っていない」と言う意味です。 アルコール、パラベン、活性剤、香料、着色料、鉱物油…お肌に刺激を与えかねない成分は様々です。 無添加フェイスパックは、その ネガティブ成分が入っていないので安心して使える、というわけです。 ここで注意しなければいけないのは、 「どの成分が無添加なのか」は表示する義務がないということです。 「無添加」と書かれていると、なんとなく「悪いものが全く入っていなくて、お肌に良さそう」と思いがちです。 もしかしたら 一つの成分が入っていないだけということもありえるので注意が必要です! そこで、どの成分に注意するべきかを詳しく解説していきます。 無添加フェイスパックを選ぶ際のポイント 毎日使うフェイスパックですから、香りが良い方が気分が上がりますよね。 しかし、香りは好みが別れる上に、香料の成分の中には アレルギーを引き起こす可能性があるものもあります。 香料には、植物から抽出した天然香料と、石油から生成された合成香料があります。 「合成香料は石油由来で体に悪いんじゃ…」というイメージを持ってしまいがちですが、 天然香料の中にもアレルギー症状を引き起こすものがあるので要注意です。 ですが、天然香料でも合成香料でも、化粧品の成分表示では「香料」とだけ記載すれば良い、という法律になっています。 残念ながら、 パッケージを見ただけではどの香料成分が配合されているかはわかりません。 気になる場合は、面倒でもメーカーにどんな香料成分が配合されているか、問い合わせてみるのも良いでしょう。 もう一つの選択は 「無香料」「香料無添加」のフェイスパックを使うことです。 無香料フェイスパックであれば、香りはせず、当然香料は入っていないので安心して使えますね。 【無添加フェイスパックを選ぶ際のポイントその2】合成着色料 フェイスパックの中には、美容液に着色しているものがあります。 化粧品に配合される着色成分には、大きく分けて天然着色料と合成着色料があります。 天然着色料はベニバナ色素など、 植物から抽出された着色料です。 一方、合成着色料はタール色素に代表されるような、 石油から生成される着色料のことです。 香料と同様で 「合成着色料はお肌に悪そう」と思いがちですが、 天然着色料にも肌トラブルの原因になるものはあるので要注意です。 一番安全なのは 「無着色」「着色料無添加」のフェイスパックを選ぶことです。 色が変わったからといって、フェイスパックのスキンケア効果が変わるわけではありません。 着色料無添加フェイスパックの方が安心して使えるのでおすすめです! 【無添加フェイスパックを選ぶ際のポイントその3】鉱物油 フェイスパックの美容液には、保湿目的で油 オイル が配合されることがあります。 その中でも、鉱物油 ミネラルオイル は 「お肌に悪そうなイメージの油」として有名です。 鉱物油のお肌への悪影響については、 1970年代に健康被害が多く報告されて注目されるようになりました。 当時は、鉱物油に含まれる不純物が シミやソバカスの原因になったと言われています。 現在は精製技術が進化して、安心して使える鉱物油がメジャーになっています。 一方、なたね油などの天然由来のオイルは、 お肌に良い油として紹介されることが多いです。 もちろん、栄養分たっぷりなのでお肌に良いのは間違いありませんが、 酸化 劣化 されやすく、長期保存に向かない、というデメリットがあります。 鉱物油フリー処方にするために、天然オイルを配合している化粧品は多く見られます。 ですが、天然オイルでも長期保存できるように 防腐剤が配合されている場合があるのでご注意ください。 天然オイル、鉱物油ともにメリット・デメリットがありますので、よく理解した上で賢くチョイスしてくださいね。 お肌のことを一番に考えるとリスクは少ない方が良いという貴女には、 「鉱物油フリー」「鉱物油無添加」のフェイスパックがおすすめです。 【無添加フェイスパックを選ぶ際のポイントその4】アルコール エタノール フェイスパックにはアルコール エタノール が配合されていることがあります。 アルコール エタノール を配合する目的は様々ですが、主に下記の3点があります。 長期保存できるようにする• 収斂作用 肌や毛穴を引き締める のため• さっぱりした使用性にする メリットが多いアルコール エタノール ですが、当然デメリットもあります。 お肌がヒリヒリする• においがアルコール臭くなる• お肌の上の必要な成分を必要以上に吸い取ってしまう 上記のメリット・デメリットを理解した上で理想のフェイスパックを探しましょう! アルコールが配合されていないフェイスパックには、 「アルコールフリー」「アルコール無添加」と表示されていますよ。 無添加フェイスパックおすすめ5選 ダーマフィラープレミアは、貼るだけでヒアルロン酸を肌の奥に直接届ける 新感覚の部分用フェイスパックです。 ヒアルロン酸を超微細な針状にすることで、高分子のままのヒアルロン酸やコラーゲンなど、肌に必要な成分を 肌内部まで直接届けることが可能に。 もちろん無添加ですので、届けるのは肌に必要な成分のみ。 ダーマフィラープレミアは、 「界面活性剤フリー」「鉱物油フリー」「防腐剤フリー」「アルコールフリー」「香料フリー」「着色料フリー」の6つの無添加を実現した、お肌に優しいフェイスパックです。 シート中央にある透明のヒアルロン酸が、一晩かけて肌の中の水分でゆっくり溶け出し、肌の深部に浸透。 内側から潤いをしっかり補給し、ハリを与えます。 年齢を感じやすく乾燥しがちな目元・目尻・口元にご使用ください。 一晩貼るだけで、 翌朝起きるのがきっと楽しみになります。 「王妃の白珠」は、プロの美容家が絶賛する、 クレイ状のフェイスパックです。 「 たった1回のパックで、お化粧なしでもお肌の白さに自信が持てる」と高評価の声が多数寄せられている、超優秀なフェイスパック。 「紫外線吸収剤フリー」「合成香料フリー」「合成着色料フリー」の3つの無添加を実現した、お肌に優しいフェイスパックです。 世界でも沖縄でしか採れない貴重なクレイ「くちゃ」を主成分に、話題の美容成分「プロテオグリカン」など12種の美容成分を配合。 1,980円というお手頃なお値段で、 高級エステなみの美容パック体験ができます。 夜のお肌のお手入れの最後に、クレイパックの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか? 【無添加フェイスパックおすすめその3】FAVORINA 炭酸ジェルパック FAVORINA「炭酸ジェルパック」は、累計販売数【500万パック】を突破した、超人気の炭酸パックです。 1回の使用で効果を実感できる速効性と、こだわりの使い方が人気の秘訣です。 「石油系界面活性剤フリー」「鉱物油フリー」「パラベンフリー」「アルコールフリー」「合成香料フリー」「合成着色料フリー」の6つの無添加を実現した、お肌に優しいフェイスパックです。 炭酸パック独特の使い方で、「ジェルと粉を混ぜて、出来上がったフレッシュな炭酸ジェルを使います。 毎回20分で本格エステ並みの炭酸ケアができちゃいます! 落ち着いて自分と向き合える夜に使いたいアイテムです。 【無添加フェイスパックおすすめその4】スノーライトEX 香料無添加 着色料無添加 鉱物油無添加 アルコール エタノール フリー 1枚あたりのお値段…37. エジプトの塩湖に生息する微生物に含まれる環状型アミノ酸を配合• 天然のグルコオリゴ糖を配合し、美肌を育むはたらきをサポート• 無香料・無着色・無鉱物油• 安心の無添加処方• 3層構造の超極厚 ふっくらシートでお肌の潤いをキープ• 一箱30枚の大容量パッケージ。 毎月買うのを忘れることがなくなり、毎日スキンケアができる ピンクのルルルンについてもっと知りたい! というあなたはも要チェックです! 数あるフェイスパックの中でも、ダーマフィラーは下記の3点でおすすめできる、優秀なフェイスパックです。 成分…安心の無添加処方、高濃度のヒアルロン酸が直接お肌に届く• シート…最新の技術「マイクロニードル」を応用したヒアルロン酸ニードルパッチ• 価格…1枚610円のプチプラ価格 迷っている方は、まずは一箱だけでもお試ししてみてはいかがでしょうか? ダーマフィラーを使ってお肌の乾燥を防いで、健やかなお肌を手に入れてください!

次の

おすすめ【フェイスパック】6選|私の肌にはどれがベスト!? クリーム、シートタイプ別に紹介

おすすめフェイスパック

そもそもメンズフェイスパックにはどんな効果があるのか 近年では男性の美意識も高くなっているため、フェイスパックに興味を持つ人が増えています。 しかし中には、フェイスパック使うと肌がどう変わるのか?など、その効果について理解していない男性も多いでしょう。 まずフェイス用パックを使用することで、• ハリのある肌になる• キメが細かくなって、肌ツヤが良くなる• 毛穴を引き締めて皮脂を抑える• リラックスできる など、おおまかに上記4つの効果を得ることができます。 またフェイスパックのケアで肌質を整えることにより、髭剃り負け防止にも繋がるでしょう。 気になるニキビなどの肌荒れも予防・改善へできるので、ぜひ試してみてください。 女性用のフェイスパックは使える?実は男の肌にも効果抜群 フェイスパックを探している男性の中には、女性用でも使えるのかな?と疑問に感じている方も多いはず。 もちろん男性でも、女性用のフェイスパックを使えます。 しかし「男性用・女性用」と分けて販売されている理由には、次のような特徴の違いがあります。 特徴 おすすめのタイプ 女性用フェイスパック• 水分の補給を助ける• 皮脂の量を抑えて肌トラブルを改善• ニキビが気になる• 皮脂が多い• 肌がベタベタする 男性用フェイスパック• 低刺激で敏感肌でも使用できる• 美肌効果がある• 保湿力に優れている• 肌が弱い• 乾燥してカサカサしている• シミなどが気になる このように、それぞれおすすめできる肌質タイプも異なります。 まずはどんな肌質なのかチェックしたうえで、女性用フェイスパックも上手に活用してみてくださいね。 メンズフェイスパックの失敗しない選び方を4つのタイプ別に解説 一口にメンズフェイスパックと言っても、その種類はさまざまです。 そのため、実際にどれを選んだらいいのか?悩んでしまう男性も多いのではないでしょうか。 ここでは4つのタイプ別に、選ぶ時のポイントを紹介します。 乾燥肌の男が注目すべきフェイスパックの特徴 男性の中には、肌の乾燥が気になっている方もいるでしょう。 特に冬場の季節など、肌が粉を吹いてしまうほど乾燥する人は、以下の成分に注目してましょう。 コラーゲン• ヒアルロン酸• セラミド など こちらの成分は、肌に潤いを与えるのに効果的な成分になります。 またフェイスパックだけではなく、乾燥の原因となる紫外線やクーラーなどの冷暖房によるダメージにも注意しましょう。 寒い季節だけでなく、暑くなる夏の季節も、紫外線予防など合わせて徹底しましょう。 日焼け対策の一環として、男性用の日傘も注目されています。 こちらも合わせて読んでみてくださいね。 脂性肌の男が注目すべきフェイスパックの特徴 男性の中には、皮脂が多く、肌のべた付きが気になる方も多いでしょう。 そんな悩みを抱える人は、以下の成分を配合したフェイスパックを選ぶのがおすすめです。 ヒアルロン酸• プラセンタ• ビタミンC導入体 など 皮脂が増える原因を抑えるためには、まずヒアルロン酸などの保湿成分で肌のバランスを整えることが大切です。 またビタミンC誘導体など、べた付きを抑える成分の配合も重要。 実際にフェイスパックで判断するときは、「毛穴引き締め成分」など、記載されているので注目してみましょう。 皮脂を抑えることで気になるニキビ予防になるので、肌荒れが気になる人にもおすすめです。 敏感肌の男が注目すべきフェイスパックの特徴 敏感肌の男性にとって、むやみにスキンケア商品を選んでしまうと、肌に合わないと感じることもあります。 そこで敏感肌の方でも安心して使用するためには、• 香料・着色料• アルコール• パラベン といった成分が配合されていない低刺激のものを選んでみましょう。 天然成分が配合されているオーガニックなものであれば、敏感肌も安心して使用できるものばかりなので、ぜひ試してみましょう。 また敏感肌の場合、肌のバリア機能が低下している傾向にあります。 そのためフェイスパックを使ったあとは、必ず乳液などで油分を与えるように、心掛けることがおすすめです。 面倒くさがりの男には「オールインワンタイプ」が最適 「」で説明のように、フェイスパックは化粧水や乳液などの手順が必要です。 しかし男性の中には、面倒な手順を省いてスキンケアしたい!という方もいるでしょう。 そこでおすすめなのがオールインワンタイプのフェイスパック。 「化粧水・美容液・乳液」の役割をフェイスパック一つでこなしてくれるので、めんどくさがりな男性にもぴったりのアイテムです。 お風呂上りにシートをそのまま付けるだけなので、忙しい人にも最適ですね。 タイプ別に厳選!おすすめメンズフェイスパック12選 ここでは以下3つの観点から、おすすめのフェイスパックを紹介します。 使いやすい「シートマスクタイプ」• 肌のハリ・ツヤUP• 男性特有の悩み別に効果を発揮できる 「フェイスパックを何を買っていいか分からない…」という男性は、自分の悩みに合わせて気になる商品を選んでみてくださいね。 こちらの商品は、「保水力・保湿力・浸透力」の3つを叶えて、より効率的に保湿を促すことができます。 乾燥などで水分が浸透しにくい肌にも、ぜひ試してほしいメンズフェイスパックです。 またバルクでは、で販売しています。 フェイスパックと併用することで、より効果的なケアができるので、一緒に試してみましょう。 【乾燥肌】エコライフ「輝肌マスク」 価格 2,430円(税込) 枚数 30枚 使用時間 10分 毎日10分のスキンケアでぷるぷる肌を演出できるエコライフの「輝肌マスク」。 洗顔後の顔に載せるだけで、肌の水分を逃さず保湿できるシートマスクとなっています。 女性用として開発されていますが、始めてパックにチャレンジする男性でも気軽に使用できる商品です。 プラセンタやヒアルロン酸などの美容成分配合で、気になる乾燥肌を改善できます。 スキンケアが面倒に感じる男性でも、気軽に試せるフェイスパックでしょう。 ワンランク上の男を目指すなら「メンズエステ」が効果的 メンズエステと聞くと「男がエステ?」など、抵抗感を感じる男性も多いでしょう。 近年では男性の美意識も高くなり、身だしなみ整える手段としてプロの力を借りる男性も増えています。 実際メンズエステのフェイシャルコースを利用することで• 1度で効果を実感できる• リーズナブル価格でスペシャルケアができる• 老け顔・ニキビ対策にも効果抜群 など、試したことを後悔させません。 ワンランク上の男性を目指すために、普段のお手入れに合わせてメンズエステも利用してみましょう。 【男の肌を変える】体験すべきメンズフェイシャルおすすめ3選 ここでは実際に、以下3つの観点からおすすめのメンズ・フェイシャルエステを紹介していきましょう。 手軽に始められる価格設定• ニキビにも効果的• 老け顔から脱出できる セルフケアだけじゃ物足りないと感じる男性も、自分にあったメンズエステを選んでみてくださいね。 DANDY HOUSE(ダンディーハウス) コース名 生コラーゲンスペシャル美顔法 料金 初回限定 7,000円(税込) 男のエステとして注目を浴びる「DANDY HOUSE(ダンディーハウス)」。 こちらのコースは、新技術の生コラーゲンを使用したエステメニューで、イキイキとした若々しさを蘇らせてくれます。 この生コラーゲン活かしながら、プロのテクニックによって多方面から老け顔にアプローチできるでしょう。 「年齢には逆らえない…」と諦めている男性も、ダンディーハウスで若返りを実感してくださいね。

次の