マリオ カート キラー と は。 【マリオカートツアー攻略】キラーを使う 効率の良いやり方

【マリオカートツアー攻略】キラーを使う 効率の良いやり方

マリオ カート キラー と は

概要 [ ] もしくはのような形をしたキャラクター。 『』で初登場。 基本色は黒。 風の2つの目に、手が付いている(『』と『』ではシャークマウスも描かれている)。 攻撃時は「 キラー砲台」(作品によっては「キラー大砲」)と呼ばれる専用の砲台から発射され、一直線に飛んで行く(壁もすり抜ける)という性質を持つ。 キラー同士がすれちがった際は、そのまますり抜けて進む場合と互いに上下に避ける場合がある。 また、砲台は基本的に双頭であるため、背後から飛んでくることもある。 ただし砲台に密着している時や上に乗っている時は発射されないことが多い。 『スーパーマリオブラザーズ』、『』、『』では、砲台がなくても画面外からキラーが飛んでくる箇所が存在する。 基本的な設定は変更されていないが、作品によってはデザインが微妙に変わっている事がある。 また、砲台は変化が著しく、2D系マリオでは『スーパーマリオブラザーズ』のようなドクロマークの書かれた砲台が登場することが多いが、3D系マリオでは足場などに大砲のみ取り付けられているものが多い。 踏んで倒せるが、ファイアボールは効かない。 同然に扱われている為、細かい設定はなされていない。 その点、一種族として成長していったとは対照的である。 長年、中身は空()で、踏めば倒せたが、最近ではが詰まり、着弾後に爆風が広がる物()も登場し、こちらは踏めない。 但し、『』以降の作品では例外も存在し、「を描いて飛んでいく」「などが発射している」「前面に追尾用のが取り付けられている(一部は準備工事のみ)」などの、特別な設計がなされたタイプも登場している。 『スーパーマリオサンシャイン』では色によって性質が分けられており、通常のキラーは黒で、紫はホーミング機能があり、金色は倒した時に落とすコインの枚数が多く、ラストボスのクッパ戦でのみ登場する青色は倒すと1UPキノコやポンプの水を補給するペットボトルを落とす。 基本的には砲台がある限り無限に発射され続ける(砲台は通常壊せないが、『』では巨大マリオで壊せる)。 『』では、普通に踏むだけだと倒してもまた発射され、倒した敵としてカウントされないが、スピンジャンプで倒すと敵1匹を倒したことになり以降発射されなくなる。 『』の沈没船でも、キラーをジャンプで踏んで落とすとそのキラーが出ていた砲台からはキラーが出てこなくなる(キラーの正面に接触すると、そのまま押されて下の足場に落とされる。 沈没船とミニゲームのちくわブリッジ以外の場所に登場するキラーは触れると戦闘になる)。 『』では裏ステージに進むとのような姿になる。 『』に登場するキラーは、本体・砲台共に緑色をしている。 また、ヨッシーを狙うかのように砲台が回転し、壁に当たると方向を変える黄色いキラーも登場する。 更にリメイク版の『スーパーマリオアドバンス3』では、発射された後にヨッシーに向かってくるホーミングタイプの赤いキラーが登場する(SFC版では本編には登場しないが、データ上は存在する)。 『』以降のではアイテムとして登場。 使用するとキャラクターがキラーに変身し、相手を弾き飛ばしながら高速で進むことができる。 『マリオカートDS』『』では「キラーシップ」というコースも登場する。 『』では「ロケットキラー」というタイプの小型バイクが登場する。 最高速(スピード)、ドリフト走行、ミニターボの持続時間に優れている。 『』では、出てくる全てのキラーがマリオを追尾するようになった。 また、この追尾する特性を活かして、キラーを当てて爆発させなければ壊すことが出来ないグラスゲージなども多く存在する。 しかし、『』では再び直進型も登場するようになった。 『』ではマグナムキラーがステージの「やくもの」(仕掛け)として登場。 キャラの十数倍以上の大きさがあり、時々ゆっくり壁に激突し、めり込んで一定時間後に爆発する。 とてつもない爆発力があり食らったらほとんどの場合吹っ飛んでしまう。 『』のアドベンチャーモード「亜空の使者」および『』のフィールドスマッシュでは、敵キャラとして登場。 こちらは踏みつける事ができない。 『』では変化アイテムのひとつとして登場。 使用したキャラがキラーに変身し、まっすぐ突進して攻撃する。 『』ではミニゲームのキャラとして登場し、『』では巨大化し、ライバルとして立ちはだかる。 アドベンチャーツアーズでは雪のようせいのリーズの番人をしている。 『』では「キラーキャンディ」というアイテムとして登場し、使ったキャラの足をキラーに変える能力がある。 この状態でライバルにぶつかるとそのライバルからスターを奪える。 また、エクストラミニゲーム「いせきでパズル」にも登場。 早く消さないと制限時間を減らしてしまう。 劇場版では、ジャンピングシューズのとして登場。 各国の日本国外名 [ ]• 英語:ブレット・ビル Bullet Bill• 韓国語:キロ : 킬러• 中国語:ジダン・ツケ : 子弹刺客 派生(改良)型 [ ] リターンキラー(Uターンキラー) 『』で登場。 発射されてしばらくすると、逆方向に戻って行くキラー。 機体が赤みを帯びているが、オリジナル版ではプレイヤーが変身すると、その色になる。 マグナムキラー Banzai Bill 『』『』『』『』など多数の作品で登場。 通常のキラーより数倍大きいキラー。 発射音とともにいきなり現れる(巨大な砲台があることも)。 大きさこそ段違いなものの、2Dの作品では通常と同様に踏んで倒すことができる。 どの作品に出ても共通する特徴として、シャークマウスが描かれており、腕部は省略されている。 『』ではイベントでのみクッパが使用するが、この際に使う砲台は、部下数人がかりでなら移動させることが可能、点火は導火線を使うといった特徴がある。 斜めキラー 『』のワールド4の一部に出現。 ギラー Bullet Biff 『』で登場。 行動はキラーと同じ。 火を噴出しながら、一直線に飛んでくる。 デスキラー 『』で登場。 下記のズドンマーク2がスペシャル技として稀に撃つキラー。 即死効果がある。 マグナム 『スーパーマリオRPG』で登場。 最終ボスのカジオーがスペシャル技として稀に撃つキラー。 性質はデスキラーと同じ。 スーパーキラー Bombshell Bill 『』『』で登場。 体力・攻撃力が増したキラー。 スナイパーキラー Sniper Bill 『』で登場。 クッパ城に登場する、砲台から発射されない唯一の少々大型のキラー。 小型のキラーを発射できるを持っており、それを撃った後に時間差で突撃してくる。 その名のとおり姿はまさに(スナイパー)である。 『DX』では「シャテキラー」に名称変更された。 キラー(怒) Mad Bullet Bill 『』で登場。 スピードが増した赤いキラー。 マグナムキラー(怒) Mad Banzai Bill 『』で登場。 スピードが増した赤いマグナムキラー。 キラー(ダークボコスカ) 『』で登場。 ラストボス、ダーククッパの必殺技「ダークボコスカ」で登場するクッパ軍団を模した暗黒モンスター。 空中を一直線に飛び、突進攻撃を仕掛けてくる。 サーチキラー Bull's-Eye Bill 『』で登場。 赤く点滅するキラーで、マリオを追尾する性質がある。 いわゆるホーミング付きのキラーとほぼ同じである。 『ヨッシーアイランド』のリメイク作品である『』の追加キャラにも、赤色で口を開閉しながら、ヨッシーを追尾してくるキラーが登場していた 因みに原作のSFC版にもデータ上に存在している。 『』や『』、『』でもプレイヤーを追尾する敵として登場。 サーチマグナムキラー Bull's-Eye Banzai 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』で登場。 発射される際、マリオと同じ高さまで移動するマグナムキラー。 砲台が存在しない。 ゴールドキラー 『New スーパーマリオブラザーズ 2』で登場。 黄金に輝くキラー。 キングキラー King Bill 『New スーパーマリオブラザーズ Wii』で登場。 非砲台で発射される。 キラー系の敵では規格外のビッグサイズを誇る、マリオシリーズ最大のキラー。 画面外から突然出現し、ブロックを壊しながら一直線に進む。 出現する場所や進む方向は決まっており、コインがキラー状に並んでいる場所に出現する。 従来のキラーは殆どが踏みつけ、あるいは甲羅投げで倒せるものばかりだったが、この敵に限っては一切の攻撃が通用しない。 しっぽキラー Tail Bullet Bill 『』で登場。 タヌキのしっぽが生えたキラーで、飛んでいる最中にしっぽを振って攻撃してくる。 その他の性質は普通のキラーと変わらない。 踏むとスーパーこのは(または地蔵このは)が出現することがある。 ネコキラー 『』で登場。 ネコの耳と尻尾がついたキラー。 プレイヤーに向かって飛んでくる。 マグナムネコキラー 『スーパーマリオ3Dワールド』で登場。 巨大なネコキラー。 クラウドキラー 『ヨッシー ウールワールド』で登場。 ボディが白いキラー。 飛行パターンは通常のキラーと同じだが、飛跡に雲を発射する。 雲は一定時間で消えるが乗ることができる。 ペラペラキラー 『ヨッシー ウールワールド』で登場。 毛糸でできたキラー。 結び目をほどくと現れる。 キャプチャーキラー 『』で登場。 マリオにキャプチャーされたキラー。 マリオの帽子を被り髭が生えている。 キャプチャーマグナムキラー 『スーパーマリオオデッセイ』で登場。 マリオにキャプチャーされたマグナムキラー。 マリオの帽子を被り髭が生えている。 ワールド2ー2のコースである「パンツバレー」では巨大なパンツに捕らえられてしまった巨大なキラー。 実際は暴れた巨大なキラーが「初めての飛んでいないのが弱点」があるらしいと推測する。 近種 [ ] トーピード Torpedo Ted 『』『』『』『』で登場。 名前を和訳するとで、その名のとおり水中用キラー。 全長はキラーの2倍以上。 『スーパーマリオワールド』のものは水中の特定のポイントから発射され、徐々に加速していくという特性がある。 ヨッシーで食べることはできないが、「ダメージを受けると乗り手を上へと飛び上がらせる」特性を生かせば、簡単に乗り切ることができる。 攻撃は効かないが、『』(『スーパーマリオワールド』のリメイク)では、でヨッシーに乗っている場合のみ、他の敵を吐き出してぶつけることで倒せる。 『スーパーマリオギャラクシー』に登場するものは、近年多いキラーと同様に、着弾時に爆発する誘導弾となっている。 また、同作では目が赤くなっている。 トーピード(喜) Glad Torpedo Ted 『』に登場。 スピードが増した金色のトーピード。 サーチトーピード Targeting Ted 『』に登場。 マリオを追尾するようになった赤いトーピード。 しかし、何かにぶつかると爆発する為、耐久性は低い。 個別 [ ] キラー(マリオパーティアドバンス) 『』で登場。 初めて明確な人格を持ったキラー。 キノコシティのキノコスタジアムを本拠とする世界最強のスプリンター。 マリオたちと100M走で勝負する。 巨大キラー Big Bullet Bill 『』で登場。 通常よりサイズの大きいキラー。 フェスティバルモードにて自分より速い相手を求めバンクーバー五輪のスケルトン会場に乱入、プレイヤーにスピード勝負を挑む。 アドベンチャーツアーズでは、クッパの部下として雪のようせいの番人をしている。 『』では、ドリームホッピングのお邪魔キャラとして登場する。 砲台 [ ] ギラー砲台 『』で登場。 ギラーを発射する砲台。 通常のキラーと違い、土管から出てきてギラーを発射する。 土管の横にいても上にいても出てくるが、砲台そのものにダメージ判定はない。 バーナー砲台 『』で登場。 キラーではなく火を出す装置。 見た目には通常のキラー砲台にしか見えない。 ホーミングキラー(仮名) 大砲・本体ともに金色のキラー。 砲台が回転し、発射される際にプレイヤーを狙って打たれる。 撃たれた後はホーミング機能はないが、壁などにぶつかるたびに跳ね返る。 ズドン 『』で登場。 キラー砲台。 特定の場所にしか出現しない。 ズドンマーク2 『スーパーマリオRPG』で登場。 ズドンの上級種。 スーパーキラーたいほう 『』『』で登場。 スーパーキラーに対応する砲台。 ほうだい 『』で登場。 』で登場。 撃ってくるキラーは途中で見えなくなる。 緑の卵のような敵が操っており、砲台を壊してもその敵がすぐに新しい砲台と交換する。 このほかにも『スーパーマリオRPG』のラストボスであるカジオーが顔を砲台に変形させることがある。 また、『』ではヘイホーの一種である「ヘイホーほう」「エリートヘイホーほう」がキラーを発射する砲台を持っている。 登場作品 [ ]• (ヘイホーほうの攻撃手段として登場するのみ)• (通常のキラーのほか、イベントでのみマグナムキラーが登場)• シリーズ• (マグナムキラーがに出現)• その他 [ ]• キラーを模したキャラがで放映された『』のオープニング画面で流れていた(名前は不明)。

次の

キラーすごい+(おまけ)付き

マリオ カート キラー と は

まずはコースを覚える 当たり前ですが、まずはコースを覚えましょう。 完全に暗記する必要はありませんが、無意識でも走れるくらいにはなっておくと良いです。 自分の家から最寄り駅まで何も考えずに歩けますよね、それと同じような感覚です。 そのためには何回も走るしかないですが、ちょっと待ってください。 走るときに、これから説明していくことを意識してもらえるとかなり効率アップなので先にそちらを読んでもらえるとありがたいです。 コインの位置と数を覚える 最初はコインについて知っておきましょう。 コインを取るとスピードがアップする 「マリオカート8デラックス」では、コイン1枚につきスピードが1%アップします。 コインは最大で10枚まで取得することができるので、10%までスピードをアップさせることができます。 この10%の違いはとても大きく、コインの有無が勝ち負けに直結すると言っても過言ではありません。 コインを集める練習をしよう コインはコースの各所に配置されています。 場所と数はコースによって決まっているので、覚えておくことで効率よくコインを集めることができます。 と言っても、もちろん走りながら集めなければならないのでちゃんと取れるように練習が必要です。 タイムアタックでコインを取りながら走る練習をしましょう。 ちなみに、どのコースから練習すれば良いのか迷った場合は下記の3つのコースから始めてみると良いです。 ・マリオカートスタジアム ・ヨッシーバレー ・GBAマリオサーキット この3コースになります。 とても人気なコースなので他のコースよりもたくさん走ることになります。 まずは、この辺りから始めるのが良いでしょう。 実際のレースでのコイン集め さて、実はもう1つ気を付けることがあります。 「ライバルの存在」です。 実際にレースをするときは、コインを取ろうとしても、ライバルにコインを取られてしまうことが多々あります。 コインは誰かが取るとなくなり、約3秒後に同じ場所に復活します。 なので、少し前にいる相手にコインを総取りされると、自分は1枚も取れないのです。 しかも、コインは大抵アウトコースにあるので、大回りしたあげくコインも取れないという最悪の展開になってしまいます。 これを回避するために、前にいるライバルがコインを取りに行っていたら以下のどちらかの行動を起こしましょう。 ・1回止まってコインが復活するのを待つ ・そこのコインは諦めてインコースを走る コインを取るために大回りしているのですから、意地でも取りましょう。 もちろん状況にもよりますが「1周目」はこの選択で良いと思います。 特に先ほど紹介した「マリオカートスタジアム」「ヨッシーバレー」「GBAマリオサーキット」ではそうしましょう。 逆にその場所のコインは諦めて他の場所のコインを取りに行くのもありです。 大回りして1枚も取れないよりはマシです。 ただ、そのまま気づいたらコイン0枚で最終ラップなんていうことにはならないように気を付けましょう。 アイテムボックスの位置と種類を覚える コインと同じように重要なのがアイテムボックスについてです。 取るとランダムなアイテムが手に入るマリオカートの定番システムですね。 アイテムボックスがどこにあるか覚える 「モーモーカントリー」というコースがあるのですが、1周する中で何回アイテムボックスが出てくるか知っているでしょうか? 実は「2回」しかありません。 なんとなく走って、アイテムボックスがあったら取るっていうだけではなかなか覚えられないのではないかなと思います。 2回しかアイテムボックスが出てこないことを知っていれば、それだけ1つ1つの重要さを把握して走ることができます。 知らないと、なんとなく取り逃してそのまま逆転できずに負けてしまうなんていうことになります。 というわけなので「1周の中に何回アイテムボックスが出てくるか」と「どこにあるか」は覚えておきましょう。 ダブルアイテムボックスの有無を覚える 「マリオカート8デラックス」にはダブルアイテムボックスというものがあり、2つのアイテムを同時に入手することができます。 アイテムを2個手に入れられれば、かなり有利になるので可能な限り取れるようにしたいです。 そのためにも「ダブルアイテムボックスの有無」と「どこにあるか」を覚えましょう。 例えば「マリオカートスタジアム」というコースでは最初のアイテムボックスの中にはダブルアイテムボックスがありません。 なので、ここで一発逆転を狙うアイテムを引くのは少し難しくなります。 反対に、最後の場所にはダブルアイテムボックスが2つあります。 このようなところはできればダブルの方を狙っていきたいところです。 しかし、他のライバルも同様に狙っているので気を付けてください。 具体的には以下の3パターンのどれかを選択しましょう。 ・誰も取りに行っていないところを見計らって取る ・順番待ちする ・諦めてシングルアイテムボックスを取る この3つです。 誰も取りに行っていないことが分かれば安全に取れるので、取りに行ってしまいましょう。 誰かが取りに行っているけどどうしても取りたいときは、アイテムボックスが復活するのを待って取るのもありです。 そしてもちろん、アイテムを1つも取れないのが最悪の展開なので、確実にシングルアイテムボックスを取るのもありです。 ときには後ろに下がってアイテムを取ろう おまけ的なことですが、覚えておいて損はないです。 例えばアイテムボックスを通り過ぎた直後にサンダーを喰らったような場合。 サンダーを喰らうとアイテムを落としてしまうので、次のアイテムボックスまでアイテムなしになってしまいます。 さらにスピードもダウンしているのでかなり痛い状況です。 そんなとき、少しうしろに下がればアイテムボックスがあるので、それを取った方が最終的に早く復帰できる可能性が高いです。 頭の片隅に置いておくと良いと思います。 ダッシュキノコを使う場所を覚える 最後にダッシュキノコを使う場所を覚えましょう。 ショートカットで使う ただの真っすぐな道で使うよりも、普通は入れないダートコースで使ったほうが速くなります。 いわゆるショートカットです。 「どこで使えば良いのか」についてですが、まずは速いゴーストを見て、それと同じ場所で使いましょう。 とりあえずはその1箇所で確実にショートカットできるようになればOKです。 復帰で使う もう1つの使い道として「復帰するとき」があります。 赤コウラなどを喰らうと、スピードが0になってしまい、最高速度を取り戻すまでに時間がかかります。 しかし、そこでキノコを使えばすぐに最高速度を取り戻すことができます。 この復帰ができるかどうかは結構重要なので、何も攻撃を防ぐアイテムがないときはキノコを復帰用にとっておくのもありです。 マリオカート練習法まとめ 基本的な走り方と練習法は以上になります。 まずは走るときにコインとアイテムボックスを意識して走りましょう。 そして段々とコースを覚えていく中で、キノコを使ったショートカットなども練習していけば、速く走れるようになるはずです。 覚えることが少し多くなってしまいますが、より勝率を上げるために「ロングキラー」についても覚えておくと良いです。 ロングキラーについては以下の記事で説明しているのでぜひご覧ください。 それでは、以上になります。 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

【マリカー8DX】ロングキラーとは?仕組みとやり方を解説【初心者のための上達法】|AZゲームブログ

マリオ カート キラー と は

は マリカー。 概要 他との衝突は、の食いかすをにまき散らしたり、で出や体寸法の一時嵩上げ、の甲羅を使用、を使って相手を、重火器や・対人落誘導装置・・・。 マンとは名ばかりの、憎悪と嗟が渦巻くまがいの展開で一定以上の強いを誇る。 一部では、団の買収疑惑の噂が尽きないが、長は「」と嫌疑を強く否定している。 真面目な概要 同じのをはじめとしたなとは異なり、基本の自体はでやのによりャメチャなが繰り広げられるかなり触れやすいとなっている。 があることにより、下位からの大幅な巻き返しが起こるのもマリオカートの味の一つ。 ではなく、行き来のでをぶつけ合うも存在する。 をわり合う「ふうせん」が基本で複数が存在している作品もある。 にはやで対戦してしているだけでなく、のも数多くされている。 記念すべき初代作。 人数は1~2人。 すべてのがで表現されている為、後のとは印が異なるが、基本的なはこの時点でほぼしており、による妨や、順位による出現率の変化、走行のなど、今もほとんど変わっていない。 この作品では、に「」が存在しており、好きな場所で大ができた為、でえられるを探すという後のにはあまりい楽しみ方が出来た。 本作のイナズマ(後継作の)はでも屈の悪さである。 した時の演出は、画面ごと大回転するという後のとべて少々手になっている(以降は上に吹き飛ぶ演出になっている)。 また、人数に関わらず、常に画面が上下ニされており、時は下に全体図が表示され、後ろから狙われるとに切り替わる(任意でに切り替える事も可)。 後の作品のような性は弱く、純なといった雰囲気。 の性の上、の高低差もく、も少なめであるが、そのさが良いというも多く、内でもが高い。 マリオカート64。 が発売されて間もない頃に発売され、買ってすぐにと対戦が出来るようのが同梱されたも発売された。 人数は1~4人。 は、はプリダされたで表現されており、になった事で高低差のが導入され、も前作とべて格段に豊富になった。 入手方法もボックスに触れる事で入手するのに変更された。 のマリオカートの基本が本作でされたと言っても過言ではい作品である。 一方、他の作品とべての挙動に重量感があるなど、独特な点もある。 本作のみ最初からが選択可で、前作で隠し扱いだったも最初から遊べる。 代わりにが左右逆になっているが隠しとして初登場した。 なお、は排気量の他、一部のの柵の有やの進向が変化するといった特徴がある。 他の細かい本作のみの特徴として、何かを起こした時にがになって飛び出すという調の演出があり、甲羅には残像がつく。 マリオカートアドバンス。 初のマリオカート。 人数は1~4人。 の性はに近いため、は基本的に『』のものに近く、高低差のい2Dが採用されている。 現時点で、2Dのみで構成された最後の作品。 一方、はプリダので表現されており、も収録されているなど、雰囲気は版や後のに近い。 の種類が新規20種類に加え、ある条件を満たすと何と版のを全てする事ができるようになる(これが後ののプリの原となる)為、両方あわせて全にまで及び、版の倍の数での配信まで最多であった。 また、と方式は異なるものの、回線を利用した通信対戦が初めて搭載された( は)。 は版と同じ顔ぶれで、音(と恐らく)も版の物が流用されているが、だけの音が使われており、以前の「」は聞けなくなった。 このから(は除く)、評価も登場。 プリの結果等によって何段階かに分かれた評価を貰うことができ、の幅が増えた。 マリオカートダブルダッシュ!! 向けに発売された。 1台のを2人乗りで操作したり、毎に固有が設けられている等、を通して特に異色の作品となっている。 人数は1~4人。 操作ができなかったり、を切り替えながら走るなど、の中では本作のみとなっている要素が多い。 後に継承されなかった、という16全てを走るも存在する。 も高めで、特に本作のは屈のとなっている。 本作より基本的な通常ののみならず、や等のように自体に個性が付き、とを別に選択できるようになった。 また、別売ので複数のをつなげば毎に一つずつの画面を使って対戦できる(で最大8人、で最大16人)。 庭内LANのみ。 いわゆるはできない。 また、版にあった評価制は、今作に限って一時的に止された。 マリオカートDS。 用に発売された作品。 内容は版に近く、極めてオーソドックスな内容となっている。 対戦は従来の4人から倍の8人まで可となっており、版では敷居の高かったによる通信対戦もを使うことでぐんとやりやすくなっていた。 の対戦はと最大4人まで可だった。 なお はすでに終了している。 また、本作より通常のに加え、版~版ののから厳選された16が復刻されているプリが用意された。 これは版の版復刻の延長とも言える物だが、版と異なり等の雰囲気やがほぼ全てされている。 尚、版と版の復刻は元々高低差のい面のだが、本作では立体感が付けられている。 定められたをしていくが用意されている。 マリオカートWii。 向けに発売された作品。 人数は1~4人。 従来の操作に加え、同梱されているを使用して、=を直接傾けてできる操作方法が新たに誕生したのが特徴。 基本的に版を踏襲した内容であるが、本作よりの他にに乗る事が可になり、アクックな操作が可になった。 従来は&とは別であったが、本作では統合され、操作方法が今までと異なる。 でも急すれば操作になるが搭載された。 この場合ターボの発動やができなくなる。 版に引き続き、による通信対戦が可だった他、気軽に大会に参加できる等機が充実していた。 の場合1台のから最大2人まで参加でき、最大12人の同時対戦が可だった。 は版と同じ仕組みを使っていたため、 すでに終了している。 売り上げは全で約4万本と、時点では最多である。 マリオカート7。 7作にして何故か初の。 用で、を楽しめる。 ・・を組み合わせてにを作り上げることが可。 陸に加えて、でを走行したり、でを滑するなど、の場が陸・・全てに広がっている。 また、初のが登場。 本体の機を使って本体をのようにして操作することが可である(もちろん設定で操作をにしてスライドで操作することも出来る)。 基本的には版と版の要素を。 基本操作は版と同様ながらターボのやの導入など版の要素も数多く取り入れられている。 また、とが統合された。 本作でも対戦は健在。 対戦・対戦はもちろんのこと、本作では「」が追加され、制限などのにそって集まることが出来る。 マリオカート8。 向けに発売された第8作。 前作同様にであり、初の。 操作は と(・・コン)のほか、も使用可で、合計4台まで同時接続できる。 陸・・で展開されるやするなどのの要素濃く継ぎながら、が復活し、これまでのの要素がたっぷり詰め込まれている。 はに似た挙動のと独特なグに区別されるようになり、新たに四輪とも呼ばれるが追加された。 は更に大胆にを遂げ、今回は反の要素が取り込まれた。 垂直な場所や逆さまの場所、やまでも走行となり、とても立体的なったを走り抜ける。 対戦は当然のことながらにも対応。 0以降では初となる有料が配信されたほか、にも対応。 の Ve. 0 では初となる200が配信された。 マリオカート8 デラックス。 向けに開発されたのアッパー。 基本的にはを引き継いでいるが細かい変更点は少なくない。 操作はの3つの(・・)全てに対応し、別売のによる操作も可。 8の有料を最初から収録し、新規やも追加され、前作は専用がかったを一新している。 新たな機として自動でが踏まれるとを理やり回避する強なが。 代わりにを切った場合、新たに追加されたターボが発動するようになる。 マリオカート ツアー。 に配信を開始した。 中のをにしたや、歴代の作品で登場した・・・が多数登場する。 片手のみで快適に操作できるよう設計されているため、いつでもどこでも気軽に遊べるようになった。 グランプリコース紹介 マリオカートのとなる。 に登場した場所をしたものだけでなく全く新しいも多い。 プリでは基本的に同じの4つを連続で走る。 作のが登場するが以降に収録されている。 これらについては出典元の各に登場した作品を表記しています。 各作品共通で"ラ"がラ、""が、""が、"サンダ"がを表している。 8のの、、、ップは新とが混ざっている。 マリオカート ダブルダッシュ!! マリオカートDS (:ラ2) (8:ラ3) (7:ラ4) (:1) (:3) 7:4) (7:2) (8:サンダ-1) (7:サンダ-3) (8:1) (:サンダ-2) マリオカートWii (8:ラ1) (7:ラ3) (7:3) (8:1) (7:サンダ-1) (7:4) (8:サンダ-3) マリオカート7 (8:3) (8:サンダ-2) (8:ベル1) (8:4) マリオカート8 いせき ハー ねじれマンション み ホネホネさばく シ ップ 字は有料限定 有料非購入時は対戦のみ走行可 、DXでは最初から収録。 なお追加は1~2が、3が新規、4がという傾向があり、不可分な為も記載。 マリオカート ツアー 新のみ掲載。 2 2X 2R 2 トーキョー ムナード ムナード X ムナード R ムナード ムナード 2 ムナード 2X ムナード 2R ムナード 2 アベ アベ X アベ R アベ アベ 2 アベ 2X アベ 2R アベ 2 ー ー ー X ー R ー R 1 R 1X R 1R R 1 バトルモードのルールとステージ ふうせんバトル マリオカートのの基本となるもの。 しかしは作品によって細かいところが大きく異なる。 がなくなると退場し、最後までが残っていれば勝ちのが採用されている作品は多いが、がくなっても減点されるだけで復帰できる時間制の作品もある。 更にがくなった後、になって特攻できたり、になってで攻撃できるものなどの違いがある。 あつめてコイン 上のを拾い集め、時に最も多く持っていたの勝ちとなる。 攻撃を受ける、するなどするとをばら撒いてしまう。 いただきシャイン 一つだけ存在するシャを奪い合う。 攻撃されると落としてしまう。 あつめてシャイン てといただきシャを合わせた。 複数出現するシャを集め、時間ごとにシャを持っていないと脱落する。 ドッカン!ボムへい をひたすら投げ合う。 攻撃をを与えてを奪い合い、一定のを先取したの勝ち。 パックンVSスパイ とに分かれ、は制限時間内にを全て捕まえると勝ち。 反対には制限時間内に一人でも切れれば勝ちとなる。 的に言えばいわゆるケ(ドロケイ)である。 バトルコース紹介 スーパーマリオカート 1 2 3 4 初代であるからは存在している。 マリオカート64 とりで ま はふうせんのみ。 が立体になった。 マリオカートアドバンス 1 2 3 4 ふうせんの他にてが初登場。 マリオカートダブルダッシュ!! シ どかんひろば4 ぐらぐら ふうせんの他にいただきシャとドッ!が登場した。 マリオカートDS み4 とりで (復刻) どかんひろば (復刻) はふうせんとてシャ。 マリオカートWii ひろば タジアム さばく 4 (復刻) 3 (復刻) ま (復刻) (復刻) み (復刻) はふうせんとて。 マリオカート7 1 (復刻) (復刻) (復刻) ビー シャー はふうせんとて。 対戦では二つのが交互に選択される。 マリオカート8 ハー ので使用するのは一部に変更が加えられてはいるが、全て通常のの流用である。 はふうせんのみ。 マリオカート8 デラックス スタジアム (復刻) (復刻) 1 (復刻) 一新され専用が用意された。 はふうせん、て、いただきシャ、ドッ!の他にが初登場。 キャラクター マリオカートに登場する操作たち。 作品によってごとの違いは。 基本的に軽量級、中量級、重量級の3段階に分けられており、軽いほどと加速が良くほど おもさ とが大きくなる。 作品によっては階級が内部的にさらに細かく別れており、全にごとに別れていることがある。 は標準、加速、、の4で重さのはあれど、段階的なものではなかった。 -加速-標準-と表記。 で3段階の階級のが誕生。 軽量-中量-重量と表記。 では同じ階級でもによって微かに性差があるように。 軽量-中量-重量と表記。 を複数から選択することが可になり、個々の性差はされたがごとの固有のが選択できる。 また、によって使用できるが異なる。 軽量-中量-重量で表記。 は階級こそあるが性はごとと言っても良いほどついている。 ごとに使用できる専用が存在するが最終的にそれぞれが全てのが選択できるようになる。 軽量-中量-重量で表記。 は3階級の大きな性差だけでなく階級内で個々がある程度の性差を持っている。 軽量-中量-重量で表記。 では表示こそこれまでの3種だが、内面的には重さごとの5段階の性で固定となり階級は軽い方から 軽量-やや軽量-中量-やや重量-重量 と表記する。 も表示は3段階だが内部的にはさらに別れ9つになり、やはり階級によって性が決まっている。 最軽量-軽量-中量1-中量2-中量3-中量4-重量1-重量2-最重量 と表記。 はを継承しているが、性は見直され16種の性へ調整された。 3段階でのみ表記。 のみの路面にあるを踏む事で入手。 手に入るの種類は順位によって決まり、下位にいるほど強なが出やすく上位であればこうらやのような単純なしか入手できない。 ではからのでの種類が変わるようになった。 ではCP専用が存在する。 によって使う専用は異なる。 では使用しているによってのが入手できる。 では各にが設定されており、のはののみが使用可。 表は登場順。 前方に投げることもできる。 トリプルは3つを一列に引き連れるで、3回を置くだけでなくこうらの防御に使われることも多い。 ではこうらのようにの周りを回転するようになった。 のは5つのが連なったもの。 当たるとしてしまう。 こうらは後ろ入で後ろに投げることも可。 跳ね返る回数は作品ごとに異なるがとでは回数が制限であった。 なお、跳ね返ったこうらは自分にも当たるので注意。 近年のマリオカートでは跳ね返った時に少しだけ他のに向けて方向転換する。 トリプドリこうらは一度に3つ使用できるで、3つのこうらがバのようにの周りを回転する。 と違いに当たるとすぐ壊れてしまうので簡単ではないがに当てて防御したり、こうらやでさせることもできる。 後ろに投げることもできるが後ろに投げた時は追尾せず跳ね返りもしない。 トリカこうらはトリプドリこうらのこうら版で、3回使用できるだけでだが、次々と前のをさせて順位を順当に上げていけるなど強。 トゲゾーこうら いのこうらで、で何もかも吹き飛ばしながらを駆け抜けを追尾しに当たるまで何に当たっても壊れない。 からまではがついて飛行するようになったため、移動中のに当たることはなくなったが、に当たる時にいが発生するようになったのでの近くにいると巻き込まれる。 7以降は再び地を這って移動するようになりに接近した時だけ飛行してする。 ボムへい やに当たったり放り出されてから一間経つとする。 前に投げるだけでなく置くことも可。 はを消してしまう。 ファイアフラワー を沢山投げつける事ができるで、一投げるか時間が経つまで投げられる。 沢山投げられる分、当たってもする程度で済む。 沢山投げられる上に少しは跳ね返るので意図して避けるのは難しい。 ブーメランフラワー を三回まで投げられる。 1,2回は投げたが返ってくるのでもどりを当てることも可。 3回はずっと遠くまで飛んで返ってこないがある程度はにそって飛んでいく。 のニセモノなのでラなどはすり抜ける。 がかったり色がかったりするので作品ごとで違いがあるが見分ける事が可。 スーパークラクション 全方向をで攻撃する強なクション。 を含むあらゆるを破壊する防御として使うこともでき、は低いがでも出現する。 コイン 特殊なで、ボックスからだけでなく上にあらかじめ出現位置が設定されており、集めるごとにがわずかに上昇する。 は最大10枚まで貯める事ができ、や、してしまうと減少する。 (では効果はないが11枚以上することはできる) のではに合わせてルピーやベルになっていたり、のように補給できる仕掛けがある。 を集めるやがあることもある。 かつては正式名称が「」そのままだった。 ターボしている間はを視する事ができ、を通過するに使用できる。 トリプル版はそのまま三回使える。 ではでのみ登場。 8ではこうらのように周囲を回転するようになり、に触れられるとを取られることこそないが相手がしてしまう。 パワフルダッシュキノコ 一度使い始めてから一間が経つまで何度でも使用できる色の。 DDではの一つ。 羽根 大きく飛び跳ねる。 攻撃の回避だけでなく、のを飛び越えて大幅もできる。 8ックスでは専用として復活。 飛び越えや回避だけでなく、の上を通過することで相手のふうせんをめ取ることもできる。 また、を使用中にぶつかるとに相手をさせる事ができる。 さらに、一切のも受けない。 キラー ある程度の間のにし、自動でを駆け抜ける。 順位が上がるにつれて残り時間の減りが大きくなる。 きょだいキノコ してしつつ、ぶつかった相手をペコにできる。 やこうらなどにはビクともしないが、やには負ける。 スーパーこのは 一間っぽが生える。 を押すとが一回転し、周囲のや相手をふき飛ばす。 パックンフラワー 前方にの鉢が現れ、前方のや、に噛み付いて一時的に加速する。 すら食べてしまう上、押すことでところを噛み付いて加速できる。 「」では追う側は常にがくっついた状態となる。 リに打たれて小さくなってしまうと、が大幅に減少し、近年では通常のに轢かれるとペコになってさらに遅くなる。 カミナリぐも 手に入れたの頭上に自動的に出現する。 頭上にある間は加速とが上昇するが、時間が経つとリを落としてしまう。 他のにぶつかると相手の頭上に移動するので、リが落ちる前になすりつけるのがよい。 テレサ 使用すると一時的にになり、などの攻撃やある程度の障物をすり抜ける。 同時に、他のが持っているを奪ってくる。 ゲッソー 自分より上位のをまみれにして視界をさえぎる。 まみれのCPはやや行するようになる。 からはが低下するようになった。 POWブロック を振動でさせる。 振動は三回あり、3回でよくすれば回避できる。 内容は、こうら、こうら、、、、の7つ。 クル8はこれにが加わっている。 ほとんどである。 は7、8それぞれのから採られており8ックスでもが変化した。 はトリプルこうらのように回転しており、の正面にあるが使用されるので、押しで使用するを選択できる。 中にが含まれているので誤って進向に投げてしたり、接触によってすることもあり、場合によってはをめ取られてからして自分だけするのであるので7、欲りなど不名誉な名前で呼ばれることもある。 設定でを一種類のみにしている場一7つの7が出現する。 スペシャルアイテム(スペシャルスキル) に登場する特殊な。 基本的には対応するを使用している時だけ入手できるでごとに出現する範囲は異なる。 とのみ専用のはいが、低いで全てのが出現する。 で「」としてに復活した。 ファイアボール との。 扇状に5つのを同時に投げる。 後のの攻撃と性質が似ている。 クッパこうら との。 巨大なのこうらで、こうらのようにで跳ね返り、何かにぶつかっても壊れずつきぬける。 ジャンボバナナ との巨大 かがぶつかるとの3つへ分裂する。 ハート との。 身を守るように2つのが周囲を回転し、やこうらにぶつかるとそれを2回まで回収して効化する。 回収したは自分で使用することができる。 したり一間経つとて中からやなどが飛び散る。 ワンワン 、の。 使用すると専用と共に何もかもをなぎ倒して自動で走るのをの前に繋いでを引かせる。 時間が経つと鎖が切れるが、はそのままある程度を走る。 前述のようにはだが引っられている側はではないので何らかの攻撃を受けてしまうとその時点で鎖が切れてしまうので注意。 効果は後のに近いが、こちらはに引っってもらうのでかなり振り回される。 ダブルボムへい 2つのがの周囲を回る。 投げる時は一気に2つ投げる。 シャボン 一間、を包んでから身を守ってくれる。 包まれている間はが上がり、を防ぐとわれて消える。 バナナバレル が入ったバレルを左右に装備し、一間、の前方にを発射し続ける。 キノコたいほう のを装備し、一間、の前方にを発射し続ける。 ダッシュリング くで加速できるが設置される。 ただしもくぐれる。 コインボックス を周囲にまきまくる気前のいい。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目.

次の