早稲田大学 職員 倍率。 大学職員に転職する方法を紹介すっぞ!難易度は高いが中途採用ならなんとかなる!

私大職員の待遇を調べてみた:立命館大学 編

早稲田大学 職員 倍率

このページの目次• はじめに こちらのから。 『大学ランキング2015』による、大学職員の新卒採用倍率が紹介されている。 以下ご紹介しよう。 大学職員の新卒採用倍率 それによれば、トップは学習院大学の367倍(!)であり、10位まではすべて100倍超えだそうだ。 さて、トップ5は次のとおりとなっている。 1.学習院大学 367倍 2.明治学院大学 207倍 3.多摩美術大学 123倍 4.東京薬科大学 118倍 5.中京大学 117倍 別の年度によれば、1位が128. 9倍(京都産業大学)というデータもあるそうだ。 意識する必要があるのは自校出身者比率 この倍率以上に意識する必要があるのは、自校出身者比率だと同記事は指摘している。 同書によれば、跡見学園女子大学、創価大学、同志社大学の3大学は、自校出身者比率100%(2014年度)となっており、29位の関西学院大学でも52. 6%と過半数を超えているそうだ。 まとめ 私立大学職員はやはり人気職種だ。 業界全体を見ればまぎれもなく斜陽産業であるのに、である。 しかし大手のブランド大学であれば、いつの時代も、程度の差こそあれ安泰であろうからそれらを狙うのもひとつの方法かもしれない。 安定性をめざすこと• 自校出身者の優先的な採用 については功罪があると思うが、これらについては機会があれば述べてみたい。 募集人数が少ないこともその原因かもしれないが、とにかくここまで狭き門だとは知らなかったので驚いた。

次の

早稲田大学

早稲田大学 職員 倍率

こんにちは、ミートくんです。 2020年に早稲田ビジネススクールに入学してファイナンスを専攻しよう!と思い立ちまして、さっそく早稲田ビジネススクールの説明会に参加してきました。 母校の早稲田を訪れるのは10年ぶりでしたが、我が教育学部の16号館はそのまま古い建物で周りの商学部や社会学部?はモダンな建物に様変わりして、エスカレーターやコンビニにビビってしまいました。 この記事では早稲田ビジネススクールの説明会の様子と気になる学費や倍率について紹介したいと思います。 早稲田ビジネススクールの説明会に参加してきた! 今回の説明会は2019年入試なのですが、備えあれば憂いなし!という事で来年の秋・冬受験に向けて説明を聞いてきました。 机上の空論ではなく実務を学べるという事と教員と学生、さらには学生同士が学び合うというアクティブラーニング的な事を強調していました。 早稲田のMBAはランクは日本で1位でアジアでも6位であるとのことでした。 早稲田ビジネススクールは大きく分けて4つに分かれています。 そしてそれぞれのコースの中にさらに細かく分かれていて、シンガポールのナンヤン大学で同時にMBAを取得できるプログラムであったり、全日制でファイナンスに特化して英語のみで授業を受けるコースだったり、夜間主の授業でマネジメントに特化して学習したり。 ファイナンスに特化して学習するコースがありました。 基本的にはすべてMBAの資格になり、もちろん必修科目があります。 どのコースを選んでもMBA取得に必要な必修科目を学びつつ、自分の興味のある専門分野のコースを選択するといった仕組みです。 私の場合は時間的制限はないので昼から通えるのですが、ファイナンスに特化したいので夜間主プロフェッショナルのファイナンス専修になります。 正直ちんぷんかんぷんでした。 教授の目的としては、「ビジネススクールに入ればこんな事がわかるようになりますよ~」という意図だったのかもしれませんが、「お前ら商学部に入って4年間勉強してから出直してこいや!!」くらいの難しい授業だったので、心が折れてしまった人も多かったはず。 2020年入試で良かったかもしれない。 あと1年間みっちり勉強してから入学した方が楽な気がする。 私は夜間主プロフェショナルのファイナンスと決まっているので、第1回だけ参加しておしまい。 人によってはそれぞれのコースの特徴を聞いて決めたい方もいるので、第1~3回全部回った人もいるでしょう。 私が参加した夜間主プロフェッショナルファイナンス専修の説明をしてくれた准教授の蟻川さんはとてもハキハキ話す方で説明がわかりやすかった。 早稲田美辞雄スクールのファイナンス専修はこれまでに約1,600人が卒業。 ゼミを3つ取ること。 ファイナンスを取るメリットなどを詳しく話してくれました。 教員に授業内容やコースの事を詳しく聞きたい場合は、職員個別相談会でした。 その個別相談のフロアに行く途中が「ゼミ」の部屋になっていて、学生達がかなり熱心にゼミへの勧誘をしていいました。 起業系のゼミから人材育成のゼミ、ファイナンスのゼミまで幅広く勧誘していましたね。 うーん、何故なんだろうか!聞けばよかった。 入学した学生にゼミの勧誘をするならまだしも、まだ入学していない受験を検討している人に学生が勧誘するメリットは何なのだろうか。 早稲田のOBOGに「稲門会」という会がありますが、早稲田ビジネススクール専門のWBS稲門会があるそうな。 そこのコミュニティで多くのビジネスチャンスが生まれているなんて聞きましたが、そういった影響もあるのかな。 よくわからないです。 学生が何のメリットでゼミへの勧誘をしているのか気になったので、こりゃ早稲田のビジネススクールに入るしかないな!と思った次第です。 スポンサーリンク 早稲田ビジネススクールの学費や倍率など 気になる倍率や学費についてです。 まずは倍率。 全日制プログラムの方が倍率が高く3倍です。 夜間主総合と夜間プロフェッショナルは2倍台です。 夜間主の場合は説明会に来ている方々や教授の話っぷりで会社で実務経験を積んでから入学される方も多く、この2~3倍という数字だけでは難易度は判断できないですね。 受験生全体がそもそもレベルが高い可能性もありますし。 銀行系の人も入学してくると聞いたので、戦々恐々としています。 次に気になる学費。 1年生総合は1年間でみっちり詰め込むカリキュラムですが、約300万円。 全日制と夜間主は2年間で336~372万円です。 この金額が高いのか安いのかについては人それぞれでしょう。 私、個人的にはとても安いと感じました。 年間160万円でファイナンスがみっちり実務経験のあるプロから学べて、MBAが取得できるのであれば安いんじゃないでしょうか。 職種にもよりますが、周りもMBAを取得しているような人達で、WBS稲門会で人脈を築けて、教授や講師にいつでも質問できる環境ってやっぱり安いですよ。 私は2社経営していて、自分で米国のスタートアップ企業に投資をしていますが、わからない事を専門家に聞くとなると多額の費用がかかりますし、そもそも専門家に繋がる事ができない。 早稲田のビジネススクールに入って、例えばエクイティインベストメントにゼミに入れば教授にいつでも企業株への投資の事とか聞けるわけでしょ?めっちゃ安くない???って思ってしまうわけです。 私みたいな事業をやっている人間は周りにお金持ちがいるとさらに良かったりしますしね。 というわけで安いです。 しかも私は早稲田卒なので入学金の20万円はかからないみたいですね。 ラッキー。 夜間主総合や夜間主プロフェッショナルは30~40代がボリュームゾーンなので、ビジネス経験を積み上げるという意味でも面白いかもしれませんね。 異業種交流会なども行きましたが、早稲田のビジネススクールに通っている方々の方が私のビジネス人脈構築にも繋がりそうな気がします。 早稲田ビジネススクールに関するおまけ おそらくこの記事を読んでいる方は私と同様に早稲田ビジネススクールの受験を考えている方々だと思うので、私が説明会を聞いてメリットだと思った点を書いておきますね。 私は早稲田ビジネススクールの手下ではありませんので、あしからず!2020年入試の方は仲良くしてください。 ・留学ができる さすが早稲田。 私も学部生の時に留学を経験していますが、交換協定を結ぶ700余の海外の大学・教育研究機関と海外トップスクール32校とも学生協定を結んでいるそうです。 交換留学の良いところは余計な学費を払わなくていいところです。 海外のMBAプログラムに自分で申し込んだらとんでもない金額ですが、早稲田のビジネススクールに払う分だけで留学が可能です。 期間も半年など留学ができるそうです。 UCLAとかもあってビビりました。 ・英語で授業を受けられる 今までは4月入学の話をしていましたが、早稲田ビジネススクールは9月入学もあって授業は全部英語です。 ナンヤンダブルMBAとMSc in Financeというシンガポールのナンヤン大学でもMBAが取れるプログラムとファイナンスを英語で学ぶカリキュラムです。 といった事が可能だそうです。 イメージ的には4月の前期で日本語の授業を取って、後期の9月から英語の授業を取るといった感じです。 ・WBS稲門会やゼミ活動 先ほどもちらっと述べましたが、早稲田ビジネススクール専門の稲門会(OB・OG会)みたいなのがあるそうです。 あとゼミの学生がすごい積極的に活動していた様子とそもそもゼミって関係が密になるじゃないですか。 だから同じレベルでMBAという難しいお勉強をしている人達との人脈が築けるんじゃないでしょうか。 儲かってない保険の営業マンとか2年間MBA取得のためにWBS通って、保険の営業しまくればいいんじゃね?(怒られない程度に)って思います。 早稲田のMBA取得したファイナンシャルプランナーです。 とかって言われたら信頼感増すし、色んな企業のファイナンスやっている人達と仲良くなれて同じ目線で話せるんじゃないですか。 最後におまけエピソード 教職員への個別相談会の時に、職員の方に「どんな目的なんですか?」って聞かれて、「今、米国のスタートアップ企業の資金調達にベンチャーキャピタルと同じラウンド、シリーズAで参加したりしていて、企業のバリュエーションや投資契約について詳しく学びたいんです。 元々は仮想通貨で財をなしたんですけど、最近は証券のブロックチェーン取引に興味があって・・・」なんて話をしていたら、私の相談に乗ってくれている職員の隣の人!おそらく先生なんだと思うんですけど、私に強烈に興味を持っている様子でした。 話しかけようか、いや辞めようかみたいな葛藤をされていて、おもしろかったです。

次の

試験内容…早稲田

早稲田大学 職員 倍率

採用試験の難易度は? 大学職員として、大学に勤務したいと考えたとき、ルートはいくつも存在します。 正職員として大学職員の採用試験を受験する方法、非常勤や契約職員として大学が出した求人に直接応募し、選考を受ける方法、ポストが空いたり増員したりする場合の求人は、タイミングによっては年度途中でも出されます。 ここでは、正職員として国立大学の大学職員の採用試験を受験する場合についてみてみましょう。 民間企業等の採用選考活動が8月1日以降に変更されることに伴い、国立大学法人の試験日程も従来よりも後ろ倒しになることが決まりました。 国立大学法人の一次試験は「事務」区分であれば教養試験のみであるため、公務員志望の人に人気の試験です。 たとえば令和元年度第一次試験実施結果の公表数値は、事務区分・事務職倍率が6. 4倍でした。 このように、例年7倍前後の高倍率なのですが、試験日後ろ倒しの影響で、受験者層に変化が見られるのではないかと予測されています。 8月下旬の時期になると、都庁などの公務員、民間企業、私立大学、その他の教育・研究機関と併願している人は、すでに内定を獲得していることが考えられます。 そこで、国立大学職員が第一志望でない人が併願のために受験するケースが減るのではないかといわれているのです。 このように、試験動向に変化が見られるので、国立大学協会による発表や、志望大学の採用情報をこまめにチェックするようにしましょう。 国立大学法人の一次試験内容、難易度 国立大学法人の一次試験(教養試験)は、120分で40問全問必須解答です。 その内訳は、多肢選択式による筆記試験で、一般知識(社会(7問)、人文(7問)及び自然(6問)、一般知能(文章理解(7問)、判断推理(8問)、数的推理及び資料解釈(5問)という構成です。 一般知能の「文章理解」を除く13問が数的処理ということになり、全体の3割程度を占めているのが特徴です。 数的処理は時事的な変化もなく対策法が確立されているので、重点的に学習し、得点源にすることが大切です。 民間企業の採用試験に使われるSPIにも、非言語分野という計算や数的判断を扱う問題があるため、SPI対策問題をしていれば国立大学法人の一次試験にも役立ちます。 試験範囲の目安は中学受験算数から中学 、高校数学の一部(高2までの文系数学)と言われています。 市販の対策教材もたくさんありますので、問題を解いて出題傾向をつかむとよいでしょう。 国立大学法人の二次選考は大学独自 一次試験(教養)は統一試験ですが、二次選考からは大学ごとに選考日程や内容が異なります。 多くの大学の事務区分選考では、二次試験は面接で、集合後すぐ面接カードを書くというパターンが多いようです。 これは民間企業であればエントリーシートにあたるものですが、その場で書く必要があることから事前の準備は欠かせません。 志望動機、自己PR、なぜ大学職員か、なぜこの大学でなければならないか、職員になってやりたいことなどが頻出質問となっているともいわれています。 社会生活に密着した課題を思いつきやすい公務員受験と異なり、大学の仕事は外からイメージしづらいようです。 そこで、事前準備としては、本で調べた表面的な情報にとどまらず、実際に大学職員に会って仕事のやりがいや目的意識について、話を聞くことチャンスがあればぜひ活用しましょう。 知っている先輩で大学職員になった人がいれば会うのはもちろんですが、知人がいなくても心配する必要はありません。 大学のキャリアセンターで就職相談に乗ってくれる人は皆、大学職員なのですから、大学職員採用の面接カード対策を希望すれば、志望職種について詳しく教えてもらえたり、下書きを添削してくれたりするはずです。 注意が必要なのは、国立大学なら安定しているというような消極的な志望動機は採用の選考ではあまりプラスに見てもらえないということです。 志望動機に説得力を持たせるためにも、できるだけ多く実例を聞き、具体的な裏付けを持って、取り組みたい課題や希望する業務内容を書くようにしましょう。 私立大学は民間企業と同じような採用の流れ 私立大学の場合は、大学のホームページ等で公募が発表されるほか、民間企業と同様に、「リクナビ」「マイナビ」などの就職情報サイトに採用情報が掲載されることも多くあります。 採用スケジュールは民間企業と同じくらいか、内定が出るのが民間企業より少し遅い大学もあります。 選考内容は、一次が筆記試験、筆記試験合格者が二次以降の面接に進むというのが一般的です。 筆記試験の内容は大学によって異なりますが、一般常識、志望動機等に関連する小論文、民間企業のSPIに相当するような適性検査というのが平均的な内容です。 適性検査はSPIそのものを利用している大学もあれば、独自の問題を出題している大学もあり、独自の問題の場合は公務員試験に近い問題が出たとか、パーソナリティ検査(性格診断のようなもの)があったなどの情報もあります。 インターネットなどを使って情報を収集してみるのも有効です。 なお、国立大学の統一採用試験を受ける人が私立大学の職員に応募することには何の制約もありませんし、そのような人は少なくありません。 民間企業への就職活動を並行して行う人もいますし、一部の市役所など教養のみで受けられる公務員試験に応募する人もいます。 大学職員が第一志望という人も、内定が出る時期が遅い傾向にある国立・私立大学だけに賭けるのはリスクが伴います。 筆記試験、面接とも数多く経験して慣れることや、面接官との対話を通して自分のやりたいことを振り返る機会が得られることも、「併願」のメリットではないでしょうか。

次の