木村 花 炎上。 テラスハウス木村花が自殺未遂なぜ?原因や経緯とツイッター炎上事件も

【ブリーフ団】山本太蔵(XL)が炎上でエガちゃんねるを脱退!理由は木村花への誹謗中傷?|sugar news

木村 花 炎上

- 2020年 3月月15日午後9時33分PDT 名前 木村 花(きむら はな) 生年月日 1997年9月3日 没年月日 2020年5月23日 出身地 神奈川県横浜市 身長 164cm 体重 58kg 事務所 スターダム(2019-2020) トレーナー プロレス総合学院 木村花さんは2015年10月1日にプロレス専門学校「プロレス総合学院」に1期生として入学し、2016年3月30日に卒業試合 「vs才木玲佳戦」でデビューしました。 その後女子プロレスラーとして活躍する中、タレントとしても活動をはじめ、 2019年10月からは「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演していました。 因みに木村花さんはインドネシア人の父と元女子プロレスラー木村響子さんの間に生まれた ハーフなので、美人女子プロレスラーとしても人気でした。 木村花さんが 共同洗濯機の中に試合用の衣装を放置• 小林快さんが 中を見ずに洗濯機を回してしまうという事件が発生• 小林さんはそのまま自分の洗濯物と一緒に乾燥機に入れてしまったため、 衣装は縮んで変色し、使いものにならない状態になってしまう• さらに 東京ドームで試合した時に仕立てたという思い入れの強い衣装でもあった• 花: 結構好きになりかけたんですけど、 コスチュームを洗われたことによって「無理」となっちゃいました(笑)。 好きだった分、そういうことになって傷ついちゃいました。 京都にWデート行ったときも、はっきりシンプルに言うと、 お金をトータルで200円しか出さなかったことで引いちゃいました。 デートで…。 引用元: 何故大炎上に繋がったかと言うと、大事なものを共同洗濯機の中に放置した木村花さんにも非があるのに、 快に対し『一緒に住むんだったら人のこともっと考えて暮らせよ!』『ナメんのもいい加減にしろよ!』と、烈火のごとく激怒。 さらに『ふざけた帽子被ってんじゃねぇよ!』と相手の帽子を叩き飛ばすなど、長時間にわたって怒号が響く展開となりました」(テレビ誌記者) 引用元: 一方的に小林さんに怒鳴り散らしたことや、小林さんの帽子(6500円の高級品)を叩き落すなど、 暴力的な行為がネット上で反感を買ったようでした。 62 ID: これ、もしかしてさっきうちの近所のマンションで 硫化水素で救急車と消防車数台来てたのは。 朝の4時頃の話。 09 ID: ググってみたら 事務所の有るマンションのすぐ近所やん!! ニュースでは木村花さんの死因については言及していませんでしたが、 自殺したことはまず間違いありません…。 自殺理由は炎上&アンチの批判コメント? これまでの経緯を見れば一目瞭然ですが、木村花さんがそこまで思いつめた最もの 原因は毎日 100件以上書き込まれるアンチコメントです。 画像引用元:Instagram 完全に病んでしまったかのような返事を返していたんですね…。 さすがにこの異様な雰囲気に、多くの人達から 心配のコメントも沢山書き込まれていたのですが、悲しいことに木村花さんにはあと一歩届かなかったようです…。 ネットの反応は? 木村花さんの訃報が知らされてから、木村花さんの SNSから一部アンチのコメントが消える現象が発生しました。 誹謗中傷コメントを、その方が亡くなったら焦って消すクズどもが多すぎて呆れるわ。 そんなアホこそ死んでまえ。 木村花さんのご冥福を心よりお祈りします。 — とく0829 aRirqu39vjS4utF けんけんなるアカウントがやり玉にあげられてるが彼を罪に問うのは難しいのではという印象。 過去のツイートを遡ればこの「いなくなる」「消える」はテラスハウスという番組からの降板を意味していて「死ね」という意味ではないと容易に言い逃れできそう — 朝霧 微課金 khux75492028 ちなみにこのけんけんって奴は、ずっと粘着して木村花に誹謗中傷してた証拠残ってるからな。 Twitterアカウントは削除しても一定期間はデータが残るから遺族からすぐに訴えられればアウト。 — 存在 pii41 テラハを見てないし、テラハで木村花が何をしたのかは知らないけど、プロレス界での木村花はとてもいいレスラーだった事は知ってる。 — 多忙な暇人 yuhi777yata 木村花さんのSNSには沢山のアンチコメントがあったので、その一部がこっそり消えたところで、誰がいつどんなコメントを消したか、全て追うことはできません。 でも、 見てる人は見てるんですよね…。 まとめ 今回はあまりにも急な訃報であった木村花さんの一連の出来事と原因について詳しくまとめてみました。 最初のきっかけとなったテラスハウスでの事件は、木村花さんにも問題点はありました…。 しかし、その結果である ネットの炎上は、恐らく番組制作側の予想を遙かに超えて燃え広がってしまったのでしょう。 そしてアンチコメントが絶えず、繊細だった木村花さんの精神と心は限界まで追い詰められてしまったのかも知れません… 木村花さんの事件をきっかけにネット上では、 異常なまでに誹謗中傷するネット文化に疑問視する声が続々と上がっています。 ご冥福をお祈りします。 これまで心ないコメントを続け自殺まで追い込んだ人物達にそれ相応の対応を会社として取っていただきたいと思います。 二度とこのようなことが起きませんように。 今回日本でも全く同じ事件が起きてしまい、ネット上では匿名による誹謗中傷について厳しく追及すべきだという声も増えているので、今後二度と同じような事件が起きないようネット文化にも変化が起きる時なのかも知れませんね。 最後にこの場を借りて、木村花さんのご冥福をお祈りいたします。

次の

木村花さん急死…ごく少数が執拗に粘着する炎上の実態、いつでも逃げられる匿名の加害者

木村 花 炎上

木村花の炎上の理由は?【アンチからの言葉】 信じられない本当に悔しすぎる。 何でこの人が死ななければいけないのか。 色々意見あるけど私は好きだった。 全くもって意味がわからない。 相手にするかしないかという事だけだと思うけど、本当に酷すぎる。 いつも観てて思ってたけどこの番組もちょっとあんまりじゃない?考えてほしい — ゆうこ氏 mtmtyuk19 木村花さんの死因は、自殺ではないかと言われています。 お亡くなりになる前の最後の投稿は削除されてしまいました。 テラスハウス出演時の行動が原因で、炎上したことがあり、その後、粘着質なアンチにターゲットにされていたそう。 毎日100件以上の辛辣な意見が、木村花さんご本人に投げかけられてたようです。 気持ち悪い• 消えろ などのヒドイ言葉を言われていた、とTwitterでツイートをされていました。 木村花の炎上理由【洗濯機事件】 木村花さんが炎上したキッカケとして言われるのが、テラスハウス出演時の「洗濯機事件」。 木村花さんのご職業は女子プロレスラーで、試合で着る衣装をとても大事にしていました。 プロレスラーの衣装は通常オーダー品で、1着10万程。 が、洗濯機に置いていたところ、テラスハウスの出演者に乾燥機にかけられ、大事な衣装はボロボロに。 その結果、木村花さんが激怒した様子がオンエアされ、その行動にアンチがわく結果となってしまいました。 「大事な衣装を置きっぱなしにしていた自分が悪い」などの意見などが多数ツイートされ、そのこと自体は、ひとつの意見だとは思います。 ただ、「消えろ」などの誹謗中傷までされるほどだったのでしょうか? 悲しいですね・・・。

次の

テラハ快と木村花の炎上したコスチューム事件とは?卒業後の小林の対応とアンチの批判がヤバい

木村 花 炎上

木村花さんの自殺 プロレスラーの木村花さんが2020年5月23日に他界されました。 死因は、木村花さんの自宅マンションから、母親に向けて「ごめんね。 産んでくれてありがとう」などと書かれた遺書が見つかったことから、自殺したとみられています。 () 木村花さんは、テラスハウスというNetflixでの番組に出演し、その番組で非難を浴びていました。 このことについて、具体的には以下のように報道されています。 米動画配信大手ネットフリックスや、フジテレビが放送する恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラーの木村花(きむら・はな)さんが23日未明、亡くなったことが分かった。 22歳。 神奈川県出身。 死因は不明で、自殺とみられる。 木村さんは番組での行動を巡り、ネット上で激しい誹謗(ひぼう)中傷を受けていた。 () 自殺の理由として、インターネット上での誹謗中傷が原因とみられているとのことですが、発見された現場の状況は以下の通りです。 木村さんが所属する団体「スターダム」のエグゼクティブ・プロデューサーのロッシー小川氏(63)によると、23日未明、木村さんと連絡がつかないことを不審に思った母親で元プロレスラーの響子さん(43)が江東区内の自宅を訪ねたところ、倒れている木村さんを発見。 搬送先の病院で同日朝に死亡が確認された。 死因や動機は不明だが、自殺を図ったとみられる。 近所の人の話では「朝4時ごろ、消防車が数台駆けつけ救急車に搬送される人がいた。 原因は硫化水素の発生とのことだった」という。 警視庁城東署も取材に「江東区で硫化水素が発生し、死者が出たという事案の取り扱いはあった」と認めた。 ただ、詳細は「遺族の意向で控える」とした。 () 小川氏は「最後に会ったのは3月末。 思い詰めている様子はなかった」と語った。 同番組は共同生活する男女6人の人間関係に密着するもの。 3月31日配信の番組(第38回)では、大切な試合用のコスチュームを間違って洗濯し縮ませた男性出演者に木村さんが激怒。 その男性がかぶっていた帽子をはね飛ばすなどした。 () 要するに、木村花さんの大切な服を誤って洗濯されてしまい、その行為に木村花さんが激怒したことを視聴者が批判したということです。 そして、視聴者からは以下のような誹謗中傷を受けたと言います。 ネット上では「こんな凶暴な子イヤだ~。 プロレスラーの人って実際もこうなんだ」「夢見る前に自分見直したら?」など辛らつなコメントが並んだ。 コスチューム事件の当事者である男性が謝罪し退居した後も「おまえの都合で話進めてんじゃねえよ」「一生黒歴史背負って生きなきゃいけなくなりましたね」など収まらず、母・響子さんのアカウントにまで波及。 木村さんによれば、誹謗中傷は1日100件ペースで最近まで続いていたという。 () たしかに新型コロナウイルスの影響で誰しもがある程度のストレスを感じているかもしれませんが、そのはけ口として、誹謗中傷に走ってしまっている可能性もあるかもしれません。 しかし、Netflixの番組に出演し、木村花さんの知名度が上がることで、ある程度の誹謗中傷を受けることは誰しも予想できます。 それを承知の上で木村花さんは番組に出演することで、受けるストレスは番組の出演料に加味されているとの考え方を抱く人もいるかも知れません。 誹謗中傷と炎上商法 誹謗中傷はどこまでの範囲が犯罪なのかというと、様々な議論を呼ぶはずですが、たしかに誹謗中傷は良いことではありません。 言葉が人を殺してしまうということは事実です。 しかしながら、著名人の中には、炎上商法と呼ばれるような、批判されることで得をする人も存在する業種でもあります。 視聴者側からすると、誰が炎上商法を狙っている人で、誰が批判されることを心から嫌がっている人なのかを見分けるすべが有りません。 というのも、芸能タレントやYouTuberなどの著名人がはびこる世の中で、正しい情報というのは、番組等に出演している本人にしか分からない部分があるためです。 しかし、人を批判することで、僅かな快感を得ているとしたら、その人が行っている行為は正しいこととは言えません。 もしかしたら、誹謗中傷のコメントの書き込みを見た別の人にとってみたら、「こんな考え方もあるんだな。 」などと、コメントから何らかの学びを得ることもあるかもしれません。 しかし、他の人にとってみたら、なんでこんなひどいことを書き込むのだろうか。 などと木村花さんに同情する人もいるはずです。 しかし、結局の所は、その番組の運営元のNetflix等のエンターテインメント業界が、今回の自殺の原因を作った当事者でもあり、誹謗中傷のコメントを書き込んだ人が全責任を負うというのは、いささか偏った物の考え方であるのかも知れません。 さらに突っ込んで考えてみると、そのような番組が作られて、それを視聴する日本国民全体の国民性にも何らかの原因があるとも考えられるかもしれません。 つまり、木村花さんが自殺をしてしまったということは、一見すると個人の問題のようで、実は社会全体における大きな問題であるとも言えるのです。 時として批判することも重要なこと 木村花さんのことを過剰に批判したことで、彼女を自殺に追い込んでしまった可能性があります。 しかし社会的な視点からみると、批判することも時として重要です。 例えばアメリカの大統領ドナルド・トランプ氏は全世界のトップです。 彼がひとつの政策を行う決定をすることにより、様々な議論が巻き起こります。。 もし誹謗中傷がいけないことであり、法律でこの世の全ての誹謗中傷を取り締まって、もし誹謗中傷を発見した場合はすべて懲役5年の重い刑罰がくだるという法律ができたとします。 そして、ドナルド・トランプ氏を批判する人はこの世からいなくなったとすれば、もしかしたら世界が悪い方向に進む可能性もあります。 なぜなら様々な議論や批判は、より良い意見や考えを生み出す可能性につながりうるからです。 新型コロナウイルスの拡大防止により、世界中が外出自粛を行うことで、さらにインターネットで盛んにコミュニケーションするようになりました。 その結果、何らかの歪みが生まれてしまうのは多少は仕方がないことかもしれません。 しかし、あくまでも、個人攻撃をすることで一種の快感を覚え、イジメをする行為は良いことであるはずが有りません。 しかし、この「イジメ」の範囲を明確にすることは、社会的にも非常に難しい問題であると言えます。 山梨県に帰省したコロナ女性の事件との共通点 他にも例えば、山梨県に帰省し、保健所の要請を無視して、新型コロナウイルスで陽性反応が出たのに夜行バスで東京に戻ってしまった一般人女性がネットリンチにあった事件()も、今回の木村花さんの件と似ています。 法律では解決することができない問題が発生する時というのは、個人に問題があるだけなのではなく、社会全体にとって問題があるとも言えるのです。 木村花さんのような犠牲者を絶対に増やさないためにも、日本国民の一人ひとりが高いモラルを持った言動を心がけるべきです。 そうすることで、徐々にではありますが、きっと日本全体は良い方向に進んでいくはずです。

次の