御足労頂きありがとうございます。 メールで好印象を与える「感謝」の文例とフレーズ

「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

御足労頂きありがとうございます

この記事の目次• 意味 「ご足労いただきありがとうございました」は「わざわざ足を運んでもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご足労 の意味は「わざわざ出向くこと」 ご足労の意味は辞書によると「相手を敬って、その人が出向くこと」とあります。 ご足労の漢字を分解するとわかりやすいのですが、「足労」は人の「足」に「労」負担をかけると書きます。 これらを合体すると「ご足労」の意味は… 「わざわざ出向くこと」 「わざわざ足を運ぶこと」 と解釈できます。 「足労」に謙譲語or尊敬語である「ご」をつけて、敬語フレーズにしています。 すると意味は「わざわざ足を運んでもらい~」と解釈できます。 「ご指導いただく=指導してもらう」「ご利用いただく=利用してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ちなみに「ご足労」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 足労 = わざわざ出向くこと、足を運ぶこと• すると「ご足労いただきありがとうございました」の意味は… 「わざわざ足を運んでもらい、ありがとうございました」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「ご足労いただきありがとうございました」の敬語の種類について。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご足労いただきありがとうございました」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご足労いただきありがとうございました」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「足労」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」 で「ご足労いただく」• 「ありがとうございました」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「足労」に謙譲語「お・ご」で 「ご足労」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご足労いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご足労」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご足労」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 使い方・ビジネスメール例文 つづいて「ご足労いただきありがとうございました」の使い方について。 文字どおり足を運んでもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司・目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「お礼ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご足労いただきありがとうございました」はとくに上司や目上・取引先に何かしら足を運んでもらったとき。 ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 社外取引先に訪問してもらったときのお礼メール。 先日は ご足労いただき誠にありがとうございました。 直近の原材料市況などにつき大変勉強になりました。 有益な情報をいただき感謝いたしております。 今後も何かとお力添えいただくことと存じますが、その際には何卒よろしくお願い申し上げます。 略儀ではございますが、メールをもちましてお礼かたがたご足労申し上げます。 メール署名 のようにして使うと丁寧です。 まぁとにかく「わざわざ足を運んでくれてありがとう!」という意味ですので、そのようなビジネスシーンであれば大抵は使えますね。 敬語の種類としては以下のとおり。 もとになる語「わざわざ足を運んでもらいありがとう」• 丁寧語「ます」の活用形「まして」で「ご足労いただきまして」• あるいは 「ご足労くださり、ありがとうございました」としてもOK。 あるいは単に「ご足労ありがとうございました」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 「ご足労いただきありがとうございました」という敬語フレーズは「わざわざ足を運んでもらいありがとうございました」という意味であり、過去形になります。 ビジネスシーンで、まだ事が終わっていないときに「わざわざ足を運んでもらえるの!?ありがとう」と伝えたいときには…• 例文「ご足労いただけるとのこと、誠にありがとうございます」• 例文「ご足労いただけるとのこと、感謝申し上げます」 こんな感じの敬語フレーズを使います。 「ご足労いただき vs ご足労くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご足労いただきありがとうございました」と似たような表現には 「 ご足労くださいましてありがとうございました」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご足労いただく=わざわざ足を運んでいただく」なのか「ご足労くださる=わざわざ足を運んでくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご足労いただきありがとうございました」「 ご足労くださいましてありがとうございました」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご足労 くださいますようお願い致します」 「ご足労 いただきますようお願い致します」 「ご足労 くださいますようお願い致します」 「ご足労 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご足労して くださりありがとうございました」 「 ご足労 いただきありがとうございました」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 上司や目上など社内あてのメールはもちろん、取引先など社外あてにも使える丁寧な例文にしています。 ご参考にどうぞ。 立場が上の相手が来た「打ち合わせお礼メール」to社外取引先 【to社外ビジネス取引先】 立場が上の相手が打ち合わせに来てくれたときの、お礼ビジネスメール例文。 ひと言「本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし~」とお詫びをする。 メール件名:打ち合わせのお礼(転職・ノマド) ビジネス 株式会社 研究部 〇〇 様(社外ビジネス取引先) いつもお世話になっております。 転職・ノマドでございます。 本日は打ち合わせに際してお時間をいただき、誠にありがとうございました。 また本来であればこちらから伺うべきところご足労おかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 こちらこそ先日はご足労いただき誠にありがとうございました。 またご多忙のところ早々にご報告いただき大変恐れ入ります。 さて、サンプル評価には到着後1ヶ月ほど要する見込みでございます。 ラボの状況次第でスケジュールが前後する可能性もございますので、評価結果がでましたら連絡いたします。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 お礼だけでなく、相手からもらった宿題事項に対する進捗を報告する。 転職・ノマドでございます。 先日は打ち合わせに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 さて、面談の際にご依頼をいただいておりました事項につき以下、進捗を報告いたします。 微力ながら、貴社製品開発のお役に立てるよう尽力して参りますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 ご足労いただき+恐縮・恐れ入る 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ 「申し訳なく思う、恐れて身がすくむ」という意味の「恐縮・恐れ入る」をくみあわせてもOK• 例文「ご足労いただき恐縮でございます」• 例文「ご足労いただき恐れ入ります」 相手から何らかのほどこしを受けたときに「ありがたく思う気持ち」「感動する気持ち」だけでなく「恐れ多い気持ち・申し訳なく思う気持ち」もあらわすフレーズです。 たとえば「たいそうなお品をいただき恐縮です」のようにして使いますね。 例文「先般は貴重なお時間をいただきありがとうございました」• 例文「本日は打合せに際して貴重なお時間をいただきありがとうございました」 お時間を頂戴しありがとうございました 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ 「お時間をいただき〜」ではなく「お時間を頂戴し〜」としても丁寧です。 例文は先ほどと重複するため省きます。 「感謝」「深謝」「お礼」を使った敬語フレーズ 「ご足労いただきありがとうございました」だけじゃないお礼の敬語フレーズ あとは「ありがとう」ではなく「感謝」「深謝=深く感謝すること」「お礼申し上げます」などもお礼のフレーズとしてはよく使われます。 ひとつのビジネスメールで「ありがとう」ばかり使っていると気持ち悪い文章になるため、以下のような例文も織り交ぜて使うと読みやすいメールになります。 例文「ご挨拶いただき深謝いたします」 例文「ご挨拶いただき感謝申し上げます」 例文「ご挨拶いただきお礼申し上げます」 例文「ご足労いただき深謝いたしております」 例文「ご足労いただき感謝申し上げます」 例文「ご足労いただきお礼申し上げます」 例文「お時間をいただき深謝いたしております」 例文「お時間をいただき感謝申し上げます」 例文「お時間をいただきお礼申し上げます」.

次の

「ご足労いただきありがとうございました」意味・敬語・目上への使い方

御足労頂きありがとうございます

つまり、先方が自分のところへ来てくれたときに使う言葉なのです。 「本来は自分のほうから出向かなければならないところ、わざわざお越しいただいてすみません」というニュアンスが込められています。 相手を敬う言葉ですから、目上の人や取引先の相手に使ってもまったく問題ありません。 社外の人に「自分たちよりも、同じ会社の人間に気を使っている」と不快感を与えてしまいます。 その場に同席している人との関係を考えて、例えば上司と自分だけになったときなどの適切なタイミングを捉えて使うのが、効果的です。 これから来てもらうときには「ご足労おかけしますが、よろしくお願いします」のように使えばいいですし、実際に会った時には「ご足労おかけしました」と挨拶の言葉として使うといいでしょう。 また後日「先日はご足労をおかけし、ありがとうございました」のように過去形で使うのも構いません。 「わざわざ足を運ぶ」という意味を持つ「ご足労」を、相手に「してほしい」と期待するような使い方は、失礼な印象を与えます。 [NGな表現の例]、 ・当日は弊社にまでご足労ください ・ご足労、お待ちしております ・ご足労、よろしくお願いします などはNGな表現の典型で、まず使いません。 ご足労という言葉には、「いただく」あるいは「おかけする」などの言葉をセットで組み合わせるように心がけると、失敗しません。 ・ご足労頂くことになり、大変恐縮です。 ・遠いところご足労おかけして、申し訳ございません。 ・打ち合わせの際には弊社までご足労くださり、大変感謝しております。 ただし、どちらかと言えば文章で伝えるときによく使う言葉です。 話し言葉としては、かなり固い印象を与えます。 話し言葉では、例えば「本日は弊社までお越しいただき、ありがとうございます」のように、「お越しになる」「ご来社」などに言い換えるのが一般的です。

次の

「ご足労」はいつでも使える?正しい意味と使い方|ハタラクティブ

御足労頂きありがとうございます

その意味を利用して、たとえ歩く、行く、来るといった行為に重点が置かれない場面でも使用できるのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 最も有用なのは上司や顧客とのコミュニケーションにおけるクッション言葉としての活用です。 上司にわざわざ現場の視察に来てもらったり、会議への出席や交渉の場への隣席を依頼したりする場合に、「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」と伝えるといいでしょう。 また、顧客に対して店舗への再来店を要求しなければならない場面もしばしばあります。 そのような際に「ご足労おかけしますが、この日以降に再度ご来店いただけますか」という使い方ができるでしょう。 このようにクッションとなる言葉を利用すると相手の印象が格段によくなります。 実際の負担が来ることにあるか、その後に必要になる会議や交渉などの行為にあるかにかかわらず使用できるクッション言葉として「ご足労おかけしますが」を利用していくといいでしょう。 どのような言い回しがあるかを知って覚えておくとすぐに使用できるようになるでしょう。 <例文> ・(来社前)「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 」 ・(来社前)「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません。 」 ・(来社後)「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です。 」 ・(来社後)「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます。 」 基本形としてまず覚えておくといいのが「ご足労おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」という表現であり、ビジネスメールのやり取りの最後によく用いられる表現です。 あるいは直接会話しているビジネスシーンでも、イベントへの参加の承諾を得たり、後日に会社まで来てもらえる交渉に成功した際にはよく用いられます。 また、協力を得られて後日に会社まで来て指導をしてもらえるといった場合には「ご足労おかけしますが、弊社へのご尽力を決断して下さいまして御礼の言葉もありません」という表現も可能です。 一方、実際に来てもらった場合には少し表現を変える必要があります。 基本形となるのが「この度は弊社にご足労いただきまして恐縮です」という表現です。 また、雨の日に来ていただいた方に対して「本日はお足元の悪い中、ご足労いただきましてありがとうございます」という表現も活用できるでしょう。 パターン化していくつかをすぐに口にできるようにしておきましょう。 ぜひ意味と使い方、使い分け方をしっかり押さえてスムーズに使えるようにしましょう!.

次の