長田 産婦 人 科 院長 急死。 法務大臣

医会報(日母医報)目次 昭和50年~昭和59年

長田 産婦 人 科 院長 急死

昭和59年(1984) 1月号(第36巻第1号No. 406)• 840101;今月の主な記事から• 840101;秋の叙勲受章者の横顔• 840101;明けましておめでとうございます• 840103;【消息子】 政界の混乱続く新春 産婦人科も宿題山積• 840104;昭和59・60年用 日母手帳を全会員に送付 59年1月? 60年12月の研修会出席時に必携のこと 研修出席簿の利用法• 840104;日母医連コーナー 衆院選における活動の成果• 840104;逝去した武見太郎氏と〝日母〟• 840105;昭和58年度「第2回支部長会」開催 ー激動する医療変革に対応し得る会員指導をー(S58. 840105;「第3回日母医連委員会」開催(S58. 840105;厚生省主催「昭和58年度優生保護法指定医師研修会」 ー風疹裁判敗訴のおり、熱心な質疑応答ー(S58. 840105;「第4回理事会」開かる(S58. 840106;〝ホウ酸中毒〟の危険 軟膏等ホウ酸製剤の使用は不可 ー日本小児皮膚科学会の公式見解、会員へ周知徹底の依頼ー 代替外用薬• 840107;ヤマネ理事会ならびに学術集会に出席して• 840107;うちの医報 茨城県• 840107;第22回産婦人科内視鏡研究会(S59. 840108;一家一言 No. 840108;医事紛争 脳性小児麻痺と産科医の責任• 840109;【学海メモ】• 840112;1月のラジオ放送産婦人科の巻• 840112;1月の短波放送日母アワー• 840112;【原稿募集】 地域・グループの救急体制• 840112;1月の各産婦人科雑誌紹介• 840113;新製品を使って 防災安全衣料(芳香族ポリアミド繊維) 「ファイアー・ブランケット」「ファイアーストップ」• 840113;市谷談話室 影医者• 840114;特集 私の行っている従業員教育• 840116;病院勤務医師、診療所医師の老後問題に関するアンケート調査結果(1)• 840117;妊娠自己診断薬 市販中止を厚生省に申し入れ• 840117;FIGO副会長に坂元正一教授 後任の日本選出理事には水野正彦東大教授• 840117;昭和58年度日本医師会、家族計画・優保法指導者講習会(S59. 8開催)• 840117;昭和59年国際学会会議一覧(産婦人科関係)• 840118;支部の風土記(その43) 岩手県の巻• 840118;支部の活動• 840119;新任教授紹介 日本医科大学第二病院_菊池三郎氏• 840119;常務理事会記録• 840119;役員会• 840119;委員会、他• 840119;おぎゃー献金• 840119;【編集後記】• 840120;広告 2月号(第36巻第2号No. 407)• 840201;昭和58年人口動態概況 出生数の低下は鈍化ー乳児死亡率は最低記録更新ー• 840201;今月の主な記事から• 840202;妊娠自己診断薬に市販中止の行政指導 本会よりの規制申し入れに当局が速やかに対応 「妊娠診断薬市販の規制に関する申し入れ」• 840202;会告 第33回定例代議員会並びに定例総会• 840202;【消息子】 ホウ酸軟膏騒動 体外受精児で百家争鳴• 840203;社保 診療報酬の主なる改定点数の速報• 840204;病院勤務医師、診療所医師の老後問題に関するアンケート調査結果(2)• 840205;産婦人科内視鏡関係の点数是正について ー日産婦、日母から日母会長に要望ー• 840205;病院、診療所での出火原因• 840205;放火、たばこによるものが一位 ー東京消防庁、昭和53年? 57年までの調べー• 840206;日本家族計画協会より日母全会員に配布 「59年教材・備品のご案内」 ー医業の拡大、患者や職員の指導教材にぜひ活用をー• 840206;臨床に論文に、正しい〝用語〟の活用を!! 日産婦学会編「産婦人科用語集」(第3版、58年6月)ー金原出版から発売中ー• 840207;全国の日母産科看護学院 生徒募集開始!!• 840207;第11回日母大会予告ー第1報ー• 840207;うちの医報 栃木県• 840207;性教育教材用スライド、希望者に有料頒布• 840208;一家一言 No. 840208;医事紛争 DICの判断と処置• 840209;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840212;2月のラジオ放送産婦人科の巻• 840212;2月の短波放送日母アワー• 840212;【原稿募集】 グループ診療、その後の経過とこれからのあり方• 840212;2月の各産婦人科雑誌紹介• 840213;新製品を使って 「ソニー・エバレディピカピカ常備灯」 「ステリデュアル」3M• 840213;市谷談話室 新しい波の中で• 840214;特集 トキソプラズマ検査をめぐって• 840216;世界医師会〝ジュネーブ宣言〟の一部を修正 「生命の始まり」に関し若干の幅を認む ジュネーブ宣言• 840216;新聞切抜帳 0122毎日 豪州、他人の卵子の冷凍受精卵で成功 0121毎日 米、人の卵子を〝商品〟に 0107 東北大の「二人目誕生」〝氏名公表〟の毎日新聞が「解説」• 840217;「第4回日本性科学会」のご案内• 840217;森山会長、団長として訪韓 ー母子保健推進にわが国が果たすべき役割を懇談ー• 840217;武見太郎氏葬儀、吹雪の中で• 840218;支部の風土記(その44) 秋田県の巻• 840218;フリーコーナー• 840218;支部の活動• 840219;常務理事会記録• 840219;役員会• 840219;委員会、他• 840219;おぎゃー献金• 840219;支部長新任• 840219;【訃報】 並木資四郎氏(S59. 9 逝去) 馬場武夫氏(S59. 10 逝去)• 840219;敬弔• 840219;【編集後記】• 840220;広告 3月号(第36巻第3号No. 408)• 840301;第5回理事会開催される 日産婦学会「認定医制度委員会報告」初めて紹介(S59. 25) 学会の認定医制度委員会報告紹介• 840301;厚生省と再確認「風疹罹患時の人口動態の取り扱い」• 840301;今月の主な記事から• 840302;「出血症予防のビタミンK剤」のその後 新生児全員への投与をめぐって• 840302;【消息子】 産科医中傷の投書 情報の発表は信頼出来るものを 日医会長選の行方は?• 840303;手術摘出物の保管と処理、その実情 ー特別の規定はない、しかし慎重に処理の要ー• 840303;第5回子宮頸部病理・コルポスコピー国際学会(IFCPC)(S59. 11 東京)• 840304;昭和58年度日母社保の動き• 840306;第36回日産婦学会総会(S59. 12)学術講演会(S59. 16) ー全学会員は2月号同封の委任状を4月20日までに投函のこと、参加申し込みは振替用紙(学会誌1・2月号)で3月19日までにー• 840306;おぎゃー献金 昭和58年おぎゃー献金総額1億4,454万円 支部別会員(A、B)1人当たり納入額グラフ(S58. S58. 31)• 840307;日医、「昭和58年度家族計画・優保法指導者講習会」の概要(S59. 8 日仏会館)• 840307;うちの医報 埼玉県• 840308;宮城県支部「子宮がん検診セミナー」開催、制度管理に提言• 840308;Aus. 後のEntwicklung例各地に頻発• 840308;医事紛争 人工妊娠中絶後の外妊(内外同時妊娠)医師に責任なしの判決(T高裁 S59. 31 第1審も勝訴)• 840309;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840312;3月のラジオ放送産婦人科の巻• 840312;3月の短波放送日母アワー• 840312;【原稿募集】 「膣洗浄」についてどのようにしていますか• 840312;3月の各産婦人科雑誌紹介• 840313;新製品を使って 新しい小型電子体温計• 840313;市谷談話室 パリ通信• 840314;特集 私の行っている乳房検診• 840316;病院勤務医師、診療所医師の老後問題に関するアンケート調査結果(3)完• 840318;IAMANEH事務総長ワッテビル教授逝去• 840318;日産婦学会東京地方部会、女事務員使い込み逮捕• 840318;支部の活動• 840319;常務理事会記録• 840319;新任教授紹介 東京医科大学_秋谷清氏• 840319;役員会• 840319;委員会• 840319;おぎゃー献金• 840319;【訃報】 掘永昌三郎氏(S59. 2 逝去)• 840319;敬弔• 840319;【編集後記】• 840320;広告 4月号(第36巻第4号No. 409)• 840401;「第33回定例代議員会」開催 ー緊縮予算のもと士気衰えずー(S59. 25 都市センターホール) ー定例総会も順調に終了ー• 840401;村上議員再び予算委員会質問 ー脱税問題とからめ優保法を爼上にー• 840401;本会首脳、渡部厚生大臣を表敬訪問• 840401;今月の重要情報• 840402;昭和59年度事業計画ー代議員会にて承認ー• 840403;【消息子】 タイ国の帝切事情 ドラマは〝創作〟でないのか? 国際産婦人科団体の役員• 840405;昭和59年度会員研修テーマ• 840405;昭和59年度収支予算• 840405;第11回日母大会予告ー第2報ー• 840406;日母医報アンケート調査結果• 840407;2月29日生まれをめぐる難問題のいろいろ ……出生届は? 誕生日は?……• 840407;おぎゃー献金 昭和58年度の配分決定 昨年献金総額1億4,454万円• 840408;うちの医報 千葉県• 840408;「第7回日母性教育指導セミナー」開催のお知らせ(第1報)(名古屋市)• 840408;医事紛争 鉗子分娩と眼損傷について• 840409;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840412;4月のラジオ放送産婦人科の巻• 840412;4月の短波放送日母アワー• 840412;【原稿募集】 医療機関の防犯体制についてー院長が誘拐されても困りますー• 840412;4月の各産婦人科雑誌紹介• 840413;新製品を使って 携帯用超小型酸素吸入器「ポケット・オキシゲン」 「ただ1度の機会」とか Das gibt's Einmal• 840413;市谷談話室 医療の行方• 840414;特集 膣カンジダ症の治療 特に夫への指導は?• 840416;フリーコーナー• 840416;分娩体位研究会• 840416;第10回産婦人科マイクロコンピュータ研究会• 840416;第6回胎盤電顕懇談会• 840416;社会保険研究会• 840416;新刊紹介 「性医学」山形大教授 広井正彦編• 840417;支部の活動• 840418;支部の風土記(その46) 青森県の巻• 840418;【訃報】 吉良猛氏(S59. 20 逝去)• 840419;常務理事会記録• 840419;新任教授紹介 東邦大学_岩城章氏 独協医科大学_矢追良正氏• 840419;役員会• 840419;委員会、他• 840419;支部長新任• 840419;敬弔• 840419;【編集後記】• 840420;広告 5月号(第36巻第5号No. 410)• 840501;革命的医療費抑制策 健保法改正 ー母子保健の本質へも影響かー 厚生省当局の皮算用 本人二割負担も時間の問題か 産婦人科医の心構え• 840501;今月の必読情報• 840502; 今後の母子保健への影響• 840502;「日本アンドロロジー学会第3回学術大会」• 840502;【消息子】 仙台の学会、注目の認定医制度案 相次ぐ〝新記録〟 優保法改正論また台頭• 840503;日医新役員業務分担決まる• 840503;常任理事に丸山正義本会常務理事 ー病院、社保、優生法等を担当ー• 840503;昭和57年度収支計算書• 840504;献金部だより 「おぎゃー献金20周年記念誌」完成!! 大病院の献金協力が今後の課題• 840504;PR映画「すくすく育てあなたの愛を」がビデオカセットに• 840505;母親教育により関心を 幼児の育て方にもリズムを• 840505;「第7回日母性教育指導セミナー」(名古屋市)• 840506;福祉 福祉部 中西医結合について(その1) 中西医結合の構想 中西医結合の経緯と現状 今後の問題• 840507;昭和59年度厚生省母子保健関係予算の概要 ーPICU、健全母性育成事業など新たにー 周産期医療施設・設備の整備 健全母性育成事業 神経芽細胞腫検査費• 840507;うちの医報 東京都• 840508;一家一言 No. 840508;医事紛争 輸血用血液準備の時期• 840509;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840512;5月のラジオ放送産婦人科の巻• 840512;5月の短波放送日母アワー• 840512;【原稿募集】 各地に伝わる妊娠、分娩にまつわる俗信、迷信のいろいろ• 840512;5月の各産婦人科雑誌紹介• 840513;新製品を使って 電気、電子錠ー鍵のいらない錠前ー• 840513;市谷談話室 情報化社会への対応• 840514;特集 休暇や旅行先で急病人の診療を求められて…• 840515;朝日新聞「声」欄より 0523 新幹線車内の急患対策提案 0528 車内の医師はまず名乗って 夫は新幹線の車掌 お客様の協力願う• 840517;第11回日母大会予告(第3報)日母関東ブロック担当 ー産婦人科不滅・日々向上の心をもってー(横浜市)• 840518;支部の風土記(その47) 北海道の巻• 840518;おことわり 本紙1月号学術欄、「サルモネラ感染症」の補足説明• 840518;支部の活動• 840519;坂元正一前東大教授 東京女子医大教授へ• 840519;新任教授紹介 東京女子医大_諸橋侃氏• 840519;常務理事会記録• 840519;役員会• 840519;委員会、他• 840519;おぎゃー献金• 840519;支部長新任• 840519;敬弔• 840519;【編集後記】• 840520;広告 6月号(第36巻第6号No. 411)• 840601;産婦人科認定医制度案初めて公表 日産婦評議員会にて中間報告、活発な質疑 5年の研修で認定、5年ごとに更新 指定医との関連性が今後の課題• 840601;昭和59年度第1回理事会開催(S59. 19 東京ステーションホテル)• 840601;今月の必読情報• 840602;春の叙勲• 840602;「日母水子供養」に会員の参加を!!(S59. 30 増上寺)• 840602;〝新〟日産婦・日母合同会員名簿 原簿作成用アンケート調査に協力を依頼• 840602;「おぎゃー献金ニュース」、6月中配布• 840602;【消息子】 村上議員の執念 不相変マスコミ情報が先行 献金20年を見守る一記者• 840603;社保部 昭和59年度「全国社会保険担当者連絡会」開催さる(S59. 20 農協ビル)• 840604;第36回日本産科婦人科学会開催(鈴木雅洲会長)• 840604;評議員会・総会• 840604;シンポジウム• 840604;招請講演• 840604;Fetal therapy• 840605;会長講演• 840605;教育講演• 840605;教授との懇談会• 840606;昭和58年度日母妊産婦死亡登録集計概況• 840607;「第2回ヤマネ総会・学術集会」ご案内(S59. 25 スース チュニジア)• 840607;シロップ認可の時点で考慮 ー新生児に対するVK投与• 840607;うちの医報 神奈川県• 840608;一家一言 No. 840608;医事紛争 「築地産院事案」高裁逆転医師勝訴(T高裁 S59. 26)• 840609;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840612;6月のラジオ放送産婦人科の巻• 840612;6月の短波放送日母アワー• 840612;【原稿募集】 分娩室での夫の立ち会いについて• 840612;6月の各産婦人科雑誌紹介• 840613;新製品を使って 侵入者警報器(携帯用) 〝センスアラート〟(米国製) 火災のけむりを感知する目覚まし時計(携帯用)• 840613;市谷談話室 日本料理と母乳• 840614;特集 地域・グループの救急体制• 840617;第11回日母大会予告(第4報)日母関東ブロック担当 ー産婦人科不滅・日々向上の心をもってー(横浜市)• 840618;合格者数は史上最多 春の医師国家試験• 840618;新刊紹介 「疾患と薬剤の使い方」ー婦人科・産科編ー 監修 大阪大教授_倉智敬一、編集 大阪大講師_青野敏博• 840618;支部の活動• 840619;常務理事会記録• 840619;新任教授紹介 香川医科大学_半藤保氏• 840619;役員会• 840619;委員会• 840619;おぎゃー献金• 840619;支部長代行• 840619;敬弔• 840619;【編集後記】• 840620;広告 7月号(第36巻第7号No. 412)• 840701;昭和58年人口動態統計 妊産婦死亡の減少著明 合計特殊出生率は2年連続上昇• 840701;今月の必読情報• 840702;膣坐剤取扱いの〝公式見解〟 ゲメプロストを含有する膣坐剤(プレグランディン)の管理・取扱い要領(S59. 840702;春の叙勲受章者の横顔• 840703;参考 優生保護法と保険給付• 840703;施用報告書の記入要領、様式• 840704;プレグランディンの保険薬としての取扱いについて• 840704;厚生省、衛生部局の組織を改編(S59. 1より)• 840705;昭和58年人口動態統計 新生児乳児死亡率の低下は世界トップレベル 周産期死亡率もさらに減少 三大死因の順位変わらず• 840705;【消息子】 「認定医」の行方は 膣坐剤で大はしゃぎ 過当競争の〝客寄せ〟?• 840706;本年度会員研修文書3種 7月上旬直送• 840706;【原稿募集】 院内職員の「資格と業務範囲」をめぐるトラブル• 840706;学会案内コーナー 第24回日本先天異常学会学術集会、総会 第20回新生児学会総会、学術講演会 第23回産科婦人科内視鏡学会 第7回産婦人科マイクロサージュリー研究会• 840707;「第7回日母性教育セミナー」開かる(S59. 10 愛知県医師会館)• 840707;第6回セミナー集録完成• 840707;医事紛争 出血死亡例について医師に責任なし(T地裁 S59. 840708;福祉 福祉部 中西医結合について(その2)ー不妊ー• 840709;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840712;7月のラジオ放送産婦人科の巻• 840712;7月の短波放送日母アワー• 840712;ビタミンK問題その後• 840712;7月の各産婦人科雑誌紹介• 840713;新製品を使って ラジオたんぱ専用受信機「ワンタッチたんぱ」• 840713;市谷談話室 〝医師過剰〟の時代は来た• 840714;特集 妊婦水泳教室のための〝安全〟証明書をめぐって• 840715; 一般会員からの声(広報部まとめ)• 840716;〝理想の産婦人科病医院は?〟(「日経メディカル」S59. 4号より)• 840718;毎日EVRシステム制作「日母会員ビデオシステム」ー価格体系を変更、バラ買いも可ー 「性教育指導シリーズ」も値下げ• 840719;支部の活動• 840719;常務理事会記録• 840719;役員会• 840719;委員会、他• 840719;おぎゃー献金• 840719;支部長新任• 840719;敬弔• 840719;【編集後記】• 840720;広告 8月号(第36巻第8号No. 413)• 840801;昭和59年度日母支部長会開催さる(S59. 1) 膣坐剤、優保法認定医制度等に活発な質疑• 840801;昭和59年度第2回理事会開催さる(S59. 30)• 840801;日母主催、「水子慰霊祭」行われる 各県支部・母親代表も参列(S59. 30 増上寺)• 840801;今月の必読情報• 840802;プレグランディン8月1日発売• 840802;管理・運用面の解説 誤用や事務ミスの絶無を期して• 840802;【消息子】 日母会員に処分ゼロ 米大統領、また〝中絶反対〟 スパルテインへの郷愁?• 840804;病院用プレグランディン報告書記入及び運用要領• 840805;昭和58年優生保護統計 10代の人工妊娠中絶増加の傾向 母体の健康による理由が99. 8% 中期中絶数は3万1,000件 中絶者のピークは30代前半• 840805;昭和58年個人所得脱税、産婦人科5位• 840806;「第24回日本先天異常学会」開催(S59. 7 日本都市センター)• 840806;厚生省17名行政処分、本会員無し• 840807;第20回全国参看学院連絡協議会開かる 今年で20年、卒業生は1万4,000名、全国で活躍(S59. 25) 第20回記念大会祝賀会• 840807;うちの医報 静岡県• 840808;一家一言 No. 840808;医事紛争 骨盤位とCPD(T地裁 S59. 24)• 840809;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840812;8月のラジオ放送産婦人科の巻• 840812;8月の短波放送日母アワー• 840812;【原稿募集】 分娩の取り扱いをやめてみて• 840812;8月の各産婦人科雑誌紹介• 840813;新製品を使って 「インスピレーター」 「乳房腫瘤の触感用モデル」• 840813;市谷談話室 四季感• 840814;特集 '84国際モダンホスピタルショウから 医療事故防止や緊急の時に役立つ器具• 840816;福祉 福祉部 中西医結合について(その3)完• 840817;日母「婦人健康手帳」完成!! 利用のおすすめ、申し込みは同封ハガキで• 840818;産後の家族計画• 840818;フリーコーナー• 840818;支部の活動• 840819;常務理事会記録• 840819;役員会• 840819;委員会、他• 840819;おぎゃー献金• 840819;厚生省人事異動• 840819;敬弔• 840819;【編集後記】• 840820;広告 9月号(第36巻第9号No. 414)• 840901;昭和59年度全国支部献金担当者連絡会開催 めざましい大病院の献金増加(S59. 22) 報告事項 施設配分の積極的な申請を小口配分限度額もアップ 連絡協議 望まし勤務医の日母支部運営参加• 840901;出生率は抑制・家族計画は人権尊重 国際人口会議、メキシコにて開催 米国発言は大統領選を反映• 840901;今月の必読情報• 840902;「人工妊娠中絶の届け出」ー日母研修ノートよりー• 840902;神奈川県の日母大会参加登録はお済みですか• 840902;【消息子】 がんの説明なしと訴訟 〝自宅分娩〟増加? 「教育はまず胎児から」と首相• 840903;健保法改正成立、10月1日より実施 保険給付の改定 高額療養費制度の改善事例• 840904;第17回家族計画世論調査(毎日新聞社人口問題調査会から) 避妊の開始時期遅くなり、出生率下げ止まり 子供数 中絶 避妊• 840905; 老後 結婚• 840906;本会妊産婦死亡調査事業に厚生省心身障害研究費交付決まるーS59・60年の2年間ー• 840906;「第20回日本新生児学会」開催される(S59. 21 岡山市)• 840907;残暑お見舞い申し上げます• 840907;第5回日母中国医学セミナー開催(S59. 23 東京)• 840907;産後の家族計画• 840908;一家一言 No. 840908;医事紛争 転医方法が適切を欠く(N地裁 S59. 12)• 840909;【学海メモ】 動物シリーズNo. 840912;9月のラジオ放送産婦人科の巻• 840912;9月の短波放送日母アワー• 840912;【原稿募集】 自身の健康管理をどのようにしていますか• 840912;9月の各産婦人科雑誌紹介• 840913;薬品保管用小型鍵付き冷蔵庫について緊急のお知らせ• 840913;市谷談話室 オリンピックに思う• 840914;特集 分娩室での夫の立ち会いは?• 840917;産院から乳児誘拐、ー計画的!電話で産婦を室外に呼び出す、2時間後に無事発見ー• 840917;新聞切抜帳 0802朝日 代理母、赤ちゃん渡さず 精子提供の父は困惑 0802朝日 「精子銀行」預けた精子を未亡人に返還• 840918;学会案内コーナー 第25回日本母性衛生学会 第29回日本不妊学会総会および学術講演会 第2回日本受精・着床学会 昭和59年度「ガン征圧全国大会」当日申し込み可、無料• 840918;フリーコーナー• 840918;第2回対外広報懇談会 医療ジャーナリスト懇話会と懇談• 840918;「第5回全国日母産科看護学院卒後研修会」予告• 840919;支部の活動• 840919;常務理事会記録• 840919;役員会• 840919;委員会、他• 840919;おぎゃー献金• 840919;敬弔• 840919;【編集後記】• 840920;広告 10月号(第36巻第10号No. 415)• 841001;第11回日母大会開かる 産婦人科不滅・日々向上の心をもって(S59. 23 横浜市) ミナト横浜に1000人余が集う ー首相からの祝いの色紙ー 次回は昭和60年10月6日神戸市で• 841001;今月の必読情報• 841002;会長講演• 841002;特別講演• 841002;教育講演• 841002;シンポジウム• 841003;記念講演• 841003;懇親会• 841003;日産婦認定医制度問題委員会 中間報告(その1)まとまる 日母との懇談会も開催• 841004;B型肝炎(HB)ワクチン実用化迫る 母子感染防止に国家的プロジェクト• 841004;【消息子】 唯我独尊先生 水子供養でひともうけ? 「助産婦」という名の職種消失?• 841005;助産活動(分娩数)は減少 「母子健康センター等活動状況報告」から• 841005;日本対ガン協会賞、日母支部4年連続受賞 ガン征圧全国大会(S59. 28 熊本市)• 841005;看護制度を改正し、四年制大学を卒業したものを業務の選択が自由な「看護師」とするー日本看護協会総会ー• 841006;わが国の「母子健康手帳」に高い評価 周産期死亡・乳児死亡に関する国際シンポジウム 乳児死亡率最低値の日本に関心集中• 841006;第15回婦人科集検シンポジウム• 841006;昭和59年度日本医師会「家族計画・優保法指導者講習会」• 841007;シリーズ「産婦人科臨床検査メモ」 「更年期以後の婦人を診察するとき」• 841007;うちの医報 富山県• 841008;一家一言 No. 841008;医事紛争 診察台からの落下は看護婦の過失(S地裁 S58. 30)• 841009;【学海メモ】 動物シリーズNo. 841012;10月のラジオ放送産婦人科の巻• 841012;10月の短波放送日母アワー• 841012;【原稿募集】 びっくりした症例・まれな症例• 841012;10月の各産婦人科雑誌紹介• 841013;新製品を使って 入院患者用血液型識別バンド カテーテルキーパー• 841013;市谷談話室 無資格者の医療行為• 841015;日本の産科医療のよさが見直されるとき フランスでお産をして(その1)• 841016;福祉 妊娠、分娩、産褥に関するアンケート調査結果(その1)• 841017; 妊娠、分娩、産褥に関するアンケート調査結果(その2)• 841018;ヤマネ学術集会(チュニジア)ツアーのご案内 第2報• 841018;「昭和59年母子保健家族計画全国大会」案内• 841018;新聞切抜帳 0924読売 麻酔ミス、主婦危篤 手術中、管外れ植物状態 0912朝日 「仮死で誕生時に不在」 医師に2億円請求の訴え• 841018;新刊紹介 「ヘルペスのはなし」東大助教授_川名尚著• 841018;訂正 第29回日本不妊学会総会、学術講演会 第2回日本受精・着床学会• 841019;支部の活動• 841019;常務理事会記録• 841019;役員会• 841019;委員会、他• 841019;おぎゃー献金• 841019;【訃報】 郡嗣彦氏(S59. 23 逝去)• 841019;敬弔• 841019;【編集後記】• 841020;広告 11月号(第36巻第11号No. 416)• 841101;問題点多い家庭医制度医療費削減狙い(日医ニュース9月20日号より)• 841101;今月の必読情報• 841102;【消息子】 東北大〝殊勲〟 癌検査法の善玉悪玉論 新聞週間の獲物• 841103;「認定医制度」に会員の率直な意見を ー日産婦・認定医制度問題委員会つよく要望ー• 841103;妊産婦死亡例の調査の徹底を ー地区調査担当者連絡協議会も計画• 841103;妊婦・授乳婦の栄養所要量 ー改訂「日本人の栄養所要量」S59. 9月号より• 841104;患者団体弁護士団 新しい〝医者と患者の関係づくり〟にと「患者の権利宣言」を発表• 841104;ビタミンK2の新生児投与なお検討中 日産婦、小児科学会、厚生省研究班の意見も聴取• 841104;第5回日母中国医学セミナー開催のご案内(第2報)• 841105;羊水検査に関するアンケート調査結果• 841105;第12回代謝異常スクリーニング研究会開催のお知らせ• 841106;「第25回日本母性衛生学会」 参加者2,000名を超え盛況(S59. 19 ゆうぽうと)• 841106;「母子総合医療センター」オープンー東京女子医大ー• 841107;シリーズ「産婦人科臨床検査メモ」 「肥満とやせ」• 841107;うちの医報 石川県• 841108;一家一言 No. 841108;医事紛争 吸引分娩の頭蓋内出血との訴えに対し医師に責任なし(O地裁 S59. 20)• 841109;【学海メモ】 動物シリーズNo. 841112;11月のラジオ放送産婦人科の巻• 841112;11月の短波放送日母アワー• 841112;【原稿募集】 60年に望むー産婦人科の展望ー• 841112;11月の各産婦人科雑誌紹介• 841113;新製品を使って ディック保温トレイ〝RENOVA〟• 841113;市谷談話室 新札登場に想う• 841114;特集 あなたの健康法は?• 841115;日本の産科医療のよさが見直されるとき フランスでお産をして(その2)• 841115;日母中国医学セミナーテキスト「産婦人科領域のおける中国医学の応用」有料頒布のお知らせ• 841115;「針灸治療」ビデオテープ有料頒布のお知らせ• 841116;福祉 妊娠、分娩、産褥に関するアンケート調査結果(その3)• 841117;新刊紹介 「産婦人科医事紛争処理の実状」奥山通雄著• 841117;おぎゃー献金• 841118;フリーコーナー• 841118;新任教授紹介 埼玉医科大学_畑俊夫氏 愛媛大学_松浦俊平氏 北里大学_島田信宏氏• 841119;支部の活動• 841119;常務理事会記録• 841119;役員会• 841119;委員会、他• 841119;敬弔• 841119;【編集後記】• 841120;広告 12月号(第36巻第12号No. 417)• 841201;昭和59年度全国支部総務担当者連絡会開催さる ー日母組織のかなめ一堂に会すー(S59. 18 全共連ビル) 会長挨拶• 841201;第3回理事会(S59. 17)• 841201;今月の必読情報• 841202;秋の叙勲• 841202;提出期限は明年1月15日 プレグランディン膣坐剤の施用報告書 所定の様式で都道府県日母支部へ• 841202;【消息子】 また極小未熟児新記録 〝らい〟による中絶、現在も 看護婦の事故防止研修会盛ん• 841203;厚生省主催「優生保護法指定医師研修会」開催 風疹、プレグランディン中心に(S59. 18 全共連ビル)• 841204;日医主催「昭和59年度家族計画・優保法指導者講習会」開催• 841204;わが国最小の超未熟児406グラム、育つ• 841204;「第5回日母中国医学セミナー」開催(S59. 23)• 841205;高知県の風疹裁判、原告側請求放棄• 841205;「第15回婦人科集団検診シンポジウム」開催 婦人の受診率向上を目指して(S59. 17 全林野全館)• 841206;第5回全国日母産科看護学院卒後研修会 メロディと色彩と人生論と、楽しかった研修会 全国から478人参加(S59. 3 全電通労働会館)• 841206;「昭和59年母子健康・家族計画全国大会」開催 ー本会会員堀好二・江川義雄氏表彰ー(S59. 15 広島市)• 841207;シリーズ「産婦人科臨床検査メモ」 食欲不振、疲労、倦怠感• 841207;うちの医報 福井県• 841207;「おぎゃー献金ニュース」12月中配布• 841208;一家一言 No. 841208;医事紛争 「医療水準」と判例• 841209;【学海メモ】 動物シリーズNo. 841212;12月のラジオ放送産婦人科の巻• 841212;12月の短波放送日母アワー• 841212;【原稿募集】 縫合糸の素材と選択及び使用法の工夫• 841212;12月の各産婦人科雑誌紹介• 841213;新製品を使って 「バイオクルーシブ」 「クリーンプリント」• 841213;市谷談話室 TV会議と電子会議• 841214;特集 びっくりした症例・まれな症例• 841216;福祉 妊娠、分娩、産褥に関するアンケート調査結果(その4)• 841218;昭和59年日母医報掲載記事一覧 重要発表・日母見解・主要ニュース• 841218;昭和59年学術欄索引• 841219;常務理事会記録• 841219;役員会• 841219;委員会、他• 841219;おぎゃー献金• 841219;敬弔• 841219;【編集後記】• 841220;広告 昭和58年(1983) 1月号(第35巻第1号No. 394)• 830101;必読コーナー• 830102;昭和57年秋の叙勲 栄えの先達の横顔• 830102;明けましておめでとうございます• 830102;師走に「臨時代議員会」開催 日本母性保護医師連盟結成を可決(S57. 12)• 830102;なぜ日本母性保護医師連盟(日母医連)の結成が必要なのか• 830103;日母産婦人科医療強化中央委員会 再燃した医師批判に応え会員指導を促進(S58. 830103;おぎゃー献金強化月間によせて ー神奈川県支部の場合ー• 830103;【消息子】 めでたさも中くらいなり…… 水子供養が商売になる時代 同意書さえあれば何でもOK ほとんどビューキ……• 830104;急告!!いわゆる「全日医会長武見氏文書」について ー法改正賛成の理論とはなり得ないー• 830104;森山会長ら、林新厚相と会見 母子保健行政への要望を申し入れ• 830104;新厚相、優保法改正に慎重 就任時の記者会見にて表明 中曽根首相も同様の答弁ー参議院本会議にてー• 830104;相次いで「臨時理事会」開催 ー第5回(S58. 5)、第6回(S58. 12)• 830106;シリーズ漢方 其の11(完) 保険適用・慣用処方集• 830107;本会委員会活動紹介(その15)ー完ー ー広報委員会ー 日母の最古参の委員会• 830108;一家一言 No. 830108;医事紛争 「子宮外妊娠の診断」子宮内外同時妊娠もあることに注意(T地裁)• 830109;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 36 香川県 オリーブ• 830112;1月のラジオ放送産婦人科の巻• 830112;1月の短波放送日母アワー• 830112;【原稿募集】 超音波検査法の面白い利用の仕方、興味ある画像• 830112;1月の各産婦人科雑誌紹介• 830113;新製品を使って 潤滑剤「リューブ ゼリー」 アトム万能クリップ 酸素濃縮器(膜型)「マイルドサンソTO-40」• 830113;市谷談話室 現代気風• 830114;特集 '83年産婦人科医療の展望ー私はこうありたい、こうしたい• 830116;「社保疑義解釈集補遺」発行!! ー振替用紙本号同封、大学・大病院医局もぜひ購入をー• 830116;昭和58年国際学会会議一覧(産婦人科関係)• 830116;「第20回産婦人科内視鏡研究会」のご案内• 830117;昭和57年日母医報掲載記事一覧 重要発表・日母見解・主要ニュース• 830117;昭和57年学術欄索引• 830118;支部の風土記(その34) 神奈川県の巻• 830118;追悼 倉品克一郎氏• 830118;墨絵「もくれん」(一頁)の説明• 830119;支部の活動• 830119;常務理事会記録• 830119;役員会• 830119;委員会• 830119;おぎゃー献金• 830119;【訃報】 倉品克一郎氏(S57. 13 逝去)• 830119;敬弔• 830119;【編集後記】• 830120;広告 2月号(第35巻第2号No. 395)• 830201;日母、東母の代表 厚生省公衆衛生局長と激論 「優保法改正」通常国会で成立の可能性も• 830201;自民婦人議員も優保法改正に反対 自民党婦人部会「選挙に不利」とつきあげ(S57. 27)• 830201;必読コーナー• 830202;優保法「改悪」絶対反対と婦人団体 各地でわきあがる反対の動き• 830203;優生保護法「改正」に反対 日本社会党第47回党大会で決議 日本看護協会で見解表明• 830203;日本社会党第47回党大会決議(S57. 17)• 830203;社団法人日本看護協会の要望並びに見解(S58. 12) ー厚生省公衆衛生審議会に対しー• 830203;「国際婦人年連絡会」厚相に反対申し入れ ー各婦人団体(48団体)が加盟ー(S58. 13)• 830203;第10回日母大会予告ー第1報ー• 830204;会告 第32回定例代議員会・臨時代議員会・定例総会• 830204;【消息子】 中絶医師に厳しい判決 ただしベルギーでの話 中絶禁止を唱えるむきには真っ青になるような話 ついにペットが死んだと「医療過誤」訴訟 やはり「診断書」は正しく書いてこそ医師の誇り• 830205;医薬品副作用被害救済制度について 救済の対象となる健康被害…… 救済給付の種類…… 救済給付の請求と支給決定…… 診断書の内容• 830205;昭和57年度日本医師会、家族計画・優保法指導者講習会• 830207;シリーズ鍼灸 その1 「鍼灸治療の概論」• 830208;第35回日産婦学会総会(S58. 3)学術講演会(S58. 7) ー参加申し込みは振替用紙(学会誌1月号)で2月19日までにー• 830208;医事紛争 抗不安薬投与と自動車運転事故ー英国・ランセットよりー• 830209;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 37 愛媛県 松(マツ)• 830212;2月のラジオ放送産婦人科の巻• 830212;2月の短波放送日母アワー• 830212;【原稿募集】 忘れられない患者さん• 830212;2月の各産婦人科雑誌紹介• 830213;新製品を使って ビニール手袋「フェザーウェイト」 (ディスポーザブル)「トゥルータッチ」 採血用穿刺セット「オートレット」• 830213;市谷談話室 産科救急への対応と老健法• 830214;特集 これから開業する人のために…• 830215;「これから開業する人のために」福祉部からの助言• 830216;昭和57年人口動態概況 出生率の低下傾向鈍るー離婚率は急上昇ー 出生152万とやや減少 死亡の第一位は悪性新生物 婚姻率横ばい、離婚率は依然上昇• 830216;「優生保護法指定医師」プレート、希望会員に有料頒布• 830216;全国支部献金担当者宛アンケート調査結果 ー未協力会員の献金協力を切望するー• 830216;おぎゃー献金「郵便振替」口座開設• 830216;おぎゃー献金海外1号誕生!! ー「インドネシア児童福祉献金基金」を創設ー• 830217;「日母産科看護婦」の養成を!• 830217;新聞切抜帳 1209Medical Tribune 中絶の最大理由は経済状態 0118毎日 漢方の流産薬、中国で開発• 830217;新刊紹介 饗庭忠男、松浦鉄也、他編「医事法ポケット辞典」 H・スピアート著、石原力著「図説・産婦人科学の歴史」• 830218;支部の風土記(その35) 東京都の巻• 830218;フリーコーナー• 830218;お詫び• 830219;支部の活動• 830219;常務理事会記録• 830219;役員会• 830219;委員会• 830219;おぎゃー献金• 830219;【訃報】 大野精七氏(S57. 30逝去)• 830219;敬弔• 830219;【編集後記】• 830220;広告 3月号(第35巻第3号No. 396)• 830301;微妙にゆれ動く「優保法」改正問題 自民党はにわかに「生命尊重」と 目立たないが日母の協力な努力• 830301;与・野党あげて「改正」に反対 「婦人議員懇談会」(S58. 28) 優生保護法の改正に反対する要望書• 830301;日医会長、各都道府県医師会長に対し要請 「地元選出国会議員に改正反対の要望、陳情を」 優生保護法改悪反対について• 830301;日産婦学会も各地方部会長宛、改正阻止に協力要請• 830301;必読コーナー• 830302;大衆向け妊娠診断薬の市販の規制を 日母より要望書を厚相に提出• 830302;妊娠診断薬市販の規制に関する要望書• 830302;優生保護法「改正」に向け自民党「生命尊重国会議員連盟」(280名)結成(S58. 830302;【消息子】 今までは「生命尊重」は守られていなかったのか 「暁の脱走」 不沈空母に同乗するのはやめた スイスの新聞記者は世界に打電 「妊娠診断薬」発売……ん?• 830303;先進国の大半は自由化 世界における人工中絶合法化の現状 各国で宗教団体が合法化に反対 台湾で優生保護法の立法化の動き 世界各国の現状• 830304;社保部だより 昭和57年度社保関係日母見解 基本理念を理解し、適正な運用を望む• 830305;昭和57年度「全国支部社保担当者連絡会」開催 ー厳しい状況の下、活発な議論ー(S58. 11)• 830306;日母見解「妊婦定期健康診査のあり方」 ー購入希望者日母業務第三課へー• 830306;「第10回代謝異常スクリーニング研究会」開催のご案内• 830306;おぎゃー献金 昭和57年おぎゃー献金総額1億2,824万円 支部別会員(A、B)1人当たり納入額グラフ(S57. S57. 31)• 830307;シリーズ鍼灸 その2 「腰痛症」• 830307;福祉部 勤務医師の確定申告• 830308;一家一言 No. 830308;医事紛争 Rh陰性を陽性と誤判定して脳性マヒとの訴え(S地裁 S57. 21)• 830309;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 38 高知県 魚梁瀬杉(ヤナセスギ)• 830312;3月のラジオ放送産婦人科の巻• 830312;3月の短波放送日母アワー• 830312;【原稿募集】 地域・学校などの母子保健教育に携わって• 830312;3月の各産婦人科雑誌紹介• 830313;昭和57年度・日本医師会主催「家族計画・優保法指導者講習会」開催(S58. 9 日仏会館ホール)• 830313;全会員に無料頒布 会員必携No. 9「社会保険必携(事務編)改訂版」、研修メモ「産婦人科のための望ましい留意事項」(下巻)• 830313;市谷談話室? みんなおなじ? 830314;特集 産婦人科におけるコンピュータの実際(座談会)• 830316;「第21回日本医学会総会」プログラム ー「医ー科学と人間」をテーマにー(S58. 10) ー申込用紙は日産婦誌8月号に。 日医雑誌10月15日号にも折り込みあり• 830316;愛知県医師会管絃楽団のチャリティーコンサート ーおぎゃー献金に収益金を寄贈ー• 830316;B型肝炎「院内感染防止ガイドライン」「キャリア指導の手引」発売のお知らせ• 830317;4月号発行遅延予定のお知らせ• 830318;支部の風土記(その36) 千葉県の巻• 830318;フリーコーナー 産前産後の休暇の計算法お尋ねします• 830319;支部の活動• 830319;常務理事会記録• 830319;役員会• 830319;委員会• 830319;【訃報】 勝慶徳氏(S58. 29 逝去) 杉森司氏(S58. 29 逝去) 細川勉氏(S58. 20 逝去)• 830319;敬弔• 830319;【編集後記】• 830320;広告 4月号(第35巻第4号No. 397)• 830401;第32回代議員会 森山会長再び重責を担う(S58. 27 東京・全共連ビル) 定例・臨時代議員会、総会開催 ー新役員を選出、優保法改正阻止に誓い新たー• 830401;優保法改正に慎重派の自民党議員78名結束(S58. 23) 「母性の福祉を推進する議員連盟」発足!! ー同議員連盟、慎重な対処を厚相に要望ー 要望書• 830401;今月の主な記事から• 830402;優保法改正案の国会提出なお流動的 ー改正反対の世論次第に高まるー• 830402;日本家族計画連盟、再度生命を発表• 830402;母性の福祉を推進する議員連盟会員(S58. 23現在)• 830402;【消息子】 エクゾセ・エクセラーゼ……etc 「試験管ベビー」成功と親子関係 いわゆる「隣人訴訟」 優保法改正案、今国会では断念? 不「気くばりのすすめ」• 830403;臨時代議員会、新役員を選出 正副会長、理事35名、監事3名• 830403;妊娠診断薬 日産婦学会も規制を強く要望• 830403;日医、次期参院議員候補者(全国区)に大浜方栄・沖縄県医師会長を推薦• 830404;昭和58年度事業計画 ー代議員会にて承認ー• 830405;おぎゃー献金 昭和57年度の配分決定 昨年献金総額1億2,824万円• 830405;昭和58年度収支予算• 830406;老人保健法をめぐって 老人保健法実施の意義 老人保健法による子宮がん検診• 830407;シリーズ鍼灸 その3 「肩こり」• 830407;定款細則一部変更(第32回定例代議員会にて一部変更)• 830407;体外受精児の着床に成功ー東北大 ー順調なら10月末に出産の予定ー• 830407;昭和58年度会員研修テーマ• 830408;一家一言 No. 830408;医事紛争 血液型判定をめぐる医事紛争ー産科医の注意義務はどこまでかー• 830409;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 39 福岡県 躑躅(ツツジ)• 830412;4月のラジオ放送産婦人科の巻• 830412;4月の短波放送日母アワー• 830412;【原稿募集】 子宮摘出手術の際の卵巣の処理• 830412;4月の各産婦人科雑誌紹介• 830413;新製品を使って 抗血栓性血管留置カテーテル「アンスロンII」(東レ) サラヤ自動手指消毒器• 830413;市谷談話室 曽野綾子さんの放送を聞いて• 830414;特集 超音波検査法の面白い利用の仕方、興味ある画像• 830416;「第6回日母性教育指導セミナー」開催のお知らせ• 830417;「おぎゃー献金20周年・記者懇談会」開催• 830417;おぎゃー献金20周年記念ポスター4月中配布• 830418;支部の風土記(その37) 埼玉県の巻• 830418;支部の活動• 830419;常務理事会記録• 830419;新任教授紹介 日本医科大学_荒木勤氏• 830419;役員会• 830419;委員会、他• 830419;支部長新任• 830419;敬弔• 830419;【編集後記】• 830420;広告 5月号(第35巻第5号No. 398)• 830501;優保法改正 新事態余談許さず 自民党、方針を検討小委員会に急ぎ一任• 830501;日母医師連盟コーナー 医政活動始まる 第1回日母医連委員会、A会員3万円負担を決定• 830501;今月の主な記事• 830502;日母役員業務分担表• 830502;日産婦学会新役員• 830502;【消息子】 名コンビの実力議員 〝得べかりし所得〟 また癌自己採取法歓迎の報 米で又史上最高の賠償、新生児に• 830503;日母医師連盟役員名簿• 830503;昭和56年度収支計算書• 830503;「母性の福祉を推進する議員連盟」追加加盟議員(4月号参照)• 830504;第35回日本産科婦人科学会総会開催(倉智敬一会長)• 830504;日本医学会総会も盛会 大阪の春はドクターがいっぱい(S58. 10) 明後年より会期は3日間に短縮、学会評議員会・総会で決定 61年は中山徹也教授(東京)、59年仙台、60年福岡• 830504;満員の会場、教育講演、会長講演• 830505;腫瘍と内分泌相関、シンポジウム• 830505;教授との懇談会• 830505;招請講演• 830506;総懇談会• 830506;日本医学会総会そぞろ歩き• 830506;「第6回日母性教育指導セミナー」開催のお知らせ• 830507;シリーズ鍼灸 その4 局所症状による簡単なツボの見つけ方(阿是穴)• 830507;うちの医報 北海道• 830508;一家一言 No. 830508;医事紛争 前置胎盤と帝王切開(T高裁)• 830509;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 40 長崎県 椿(ツバキ)• 830512;5月のラジオ放送産婦人科の巻• 830512;5月の短波放送日母アワー• 830512;【原稿募集】 産婦人科学特に周産期医学の慣用語について• 830512;5月の各産婦人科雑誌紹介• 830513;新製品を使って オムニソース ファイバーライト 島津電子上ざら天びん• 830513;市谷談話室 つぶ貝を食べると• 830514;特集 忘れられない患者さん• 830515;おぎゃー献金の袋が変わります• 830516;外国でお産をして• 830517;本年度日母大会 10月9日ー第2報ー ー多数の参加を乞うー• 830518;支部の風土記(その38) 群馬県の巻• 830518;支部の活動• 830519;常務理事会記録• 830519;新任教授紹介 東京大学_小林拓郎氏 琉球大学_中山道男氏• 830519;役員会• 830519;懇談会、他• 830519;支部長新任• 830519;寄付• 830519;敬弔• 830519;【編集後記】• 830520;広告 6月号(第35巻第6号No. 399)• 830601;優保法、あらためて全面改正検討へ• 830601;自民党小委員会、中間報告を提出 ー「全面的再検討が必要」と今後の改正検討を示唆ー 全面的再検討に腰をすえて対応• 830601;日母医師連盟コーナー 正しい母子保健行政推進のために自民党の大浜氏を必ず参議院へ 日母、強力に日医を応援。 6月26日の選挙に全会員の強力を 日母のためにも投票日に自民党支持を• 830601;今月の主な記事から• 830602;中間報告「優生保護法の取扱いについて」 自民党政務調査会社会部会 優保法等検討小委員会(田中正巳委員長)の中間報告全文• 830602;妊娠の尿診断をめぐり医事新報に見解を発表 ー妊娠反応のみに頼る妊娠診断は本末転倒 療養の給付(保険上の扱い)にも大きな誤解ー• 830603;春の叙勲• 830603;第1回理事会、事業計画の推進を協議(S58. 8 パークホテル)• 830603;【消息子】 日母医連の〝政治力〟 男女産み分け、産科医の意見は?• 830604;〝生殖革命〟の新聞報道をめぐって 0511毎日 「人間のX、Y精子完全分離で男女産み分け可能に」 表面電荷差に着目、〝産み分け〟にはなお課題 0518読売 「中間中絶用膣坐剤、夏にも製造認可」 厚生省当局は完全に否定 0314朝日夕刊 「体外受精、東北大でわが国初の成功」 その後も順調、5月下旬で18週 0508朝日 「潤滑剤〝リューブゼリー〟半年で3万本• 830605;0509毎日 「避妊フィルム〝マイルーラ〟の市販」 0505朝日 「乳児の頭蓋内出血予防に対するビタミンK投与」• 830605;日産婦学会編「産科婦人科用語集(第3版)」発行• 830605;社会党提出の母子保健法、健保法等の一部改正案 ー妊娠・出産費の現物給付、保険助産婦制度など盛り込む• 830605;日母理事業務分担表• 830606;昭和57年度 日母妊産婦死亡登録集計概況• 830607;シリーズ鍼灸 その5 骨盤位矯正 尖圭コンジロームの灸療法• 830607;第9回アジア・オセアニア産科婦人科学会議(S58. 9 ソウル)• 830607;うちの医報 青森県• 830607;第5回「IFCPC(コルポスコピー)国際学会」 来年4月11日より東京で• 830608;日本医師会日本母性保護医協会両広報委員会懇談会 大浜方栄沖縄県医会長の参議院選とこれからの医療なども話題に(S58. 19) 多くの会員に読ませる工夫 大浜参議院候補とこれからの医療• 830608;医事紛争 「子宮内外同時妊娠」について• 830609;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 41 長崎県 樟(クスノキ)• 830612;6月のラジオ放送産婦人科の巻• 830612;6月の短波放送日母アワー• 830612;【原稿募集】 トキソプラズマ検査をめぐって• 830612;6月の各産婦人科雑誌紹介• 830613;新製品を使って 酸素発生装置付き吸入器 個人避難用「PEBA(ピーバ)PE7」 酸素発生装置付き吸入器 避難誘導用、救助活動用「HALF PROBA」• 830613;市谷談話室 インナー・スペース• 830615;新生児管理改善促進連合発表「里帰り分娩についての提言」(S58. 31)• 830616;第10回日母大会予告(第3報)日母四国ブロック担当 ー産婦人科・21世紀へのアプローチー• 830618;支部の風土記(その39) 栃木県の巻• 830618;フリーコーナー• 830619;支部の活動• 830619;常務理事会記録• 830619;役員会• 830619;委員会、懇談会• 830619;おぎゃー献金• 830619;支部長新任• 830619;【訃報】 江幡保氏(S58. 12 逝去)• 830619;敬弔• 830619;【編集後記】• 830620;広告 7月号(第35巻第7号No. 400)• 830701;政局の安定待って全面検討 当面、優保法行政の強化必至• 830701;米最高裁、中絶制限策を〝憲法違反〟と判決(S58. 15)• 830701;日本海中部地震のお見舞いを申し上げます• 830701;日母医師連盟コーナー 大浜方栄氏当選!! 参議院地方区、日母推薦候補の大多数も当選• 830701;今月の主な記事から• 830702;「中絶制限は違憲」の米最高裁判決詳報(S58. 16朝日夕刊)• 830702;日母主催、「水子慰霊祭」挙行さる 母親・各県支部代表も参列(S58. 4 東京・増上寺)• 830702;「第2回理事会」開催さる(S58. 4 東京・機械振興会館)• 830702;昭和58年度「第1回都道府県支部長会」開催さる(S58. 5 東京・ステーションホテル)• 830703;体外受精をめぐって 東北大成功妊婦のスクープ• 830703;日産婦学会統一見解作成に着手 「体外受精等に関する委員会」を設置• 830703;石油ストーブによる新生児3名脱水死事件 ー民事有責なら〝医療事故〟でなく〝施設賠償責任保険〟• 830703;日本短波「日母産婦人科アワー」 ー小野薬品工業が新番組を提供ー• 830703;【消息子】 超近代的産科診療 「保険の報道に過敏になるな」? 統計数字は医療の勝利を証明• 830704;「菊田医師処分は正当」と判決 〝虚偽出生は戸籍法の秩序を乱し、医業停止半年当然〟(S58. 28 東京地裁)• 830704;学会案内コーナー 第23回日本先天異常学会全国学術集会並びに総会 第19回日本新生児学会総会および学術講演会 第21回産婦人科内視鏡研究会 第6回産婦人科マイクロサージェリー研究会 第1回日本受精・着床学会 第24回日本母性衛生学会• 830704;今春の「日産婦学会総会」、教育講演 ビデオテープ(ベータマックス)寄贈さる(大阪大学より)• 830705;昭和58年春の叙勲 栄えの先達の横顔• 830705;厚生省母子衛生課 母乳推進のため、乳業会社に重ねて指導 一方、厚生省研究班、母乳栄養のK不足による脳内出血を新聞で強調• 830705;人口動態概況 昨年の出生151万5,000人、妊産婦死亡はさらに減少• 830706;「第6回日母性教育セミナー」開催 中学生からサルの性まで幅広く 前回セミナー集録完成• 830706;第75回(昭和58年度春)医師国家試験から• 830707;シリーズ鍼灸 その6(最終回) 鍼灸治療の事故と対策 痔• 830707;「説明不足」で産婦人科医敗訴 〝精管切断術後の妊娠〟70万円の慰謝料(S58. 25 読売)• 830707;昭和58年度会員研修ノート作成、全会員に直送• 830708;一家一言 No. 830708;医事紛争 証拠としての診療録の重み• 830709;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 42 熊本県 樟(クスノキ)• 830712;7月のラジオ放送産婦人科の巻• 830712;7月の短波放送日母アワー• 830712;【原稿募集】 医療経営上、窓口会計機を使ってみて• 830712;7月の各産婦人科雑誌紹介• 830713;新製品を使って 家庭用火災警報器「カジーダ」(乾電池式) 家庭用火災警報器「ミニ・アラーム」(特殊薬品感知式) オンラインシステムによる警報装置• 830713;市谷談話室 未来予測• 830714;特集 子宮摘出手術の際の卵巣の処理• 830717;第10回日母大会予告(第4報)日母四国ブロック担当 ー産婦人科・21世紀へのアプローチー• 830718;支部の風土記(その40) 茨城県の巻• 830718;「ナースのための産科学」改訂第9版発行• 830718;「東京第一産科看護学院創立20周年記念式典」開催(S58. 830719;支部の活動• 830719;常務理事会記録• 830719;役員会• 830719;委員会、他• 830719;支部長新任• 830719;敬弔• 830719;【編集後記】• 830720;広告 8月号(第35巻第8号No. 401)• 83080202;生長の家政治連合ついに解散へ 「優保法改正実現の見通しなし」と(S58. 3各紙報道)• 83080203;本会、自民党社会部会田中委員会の動向に注目 新事態に、医学的立場に立って慎重に対処• 830803;東北弁護士会、優保法改正に反対声明• 830803;今月の主な記事から• 830803;暑中御見舞い申し上げます• 830803;【消息子】 ああ、相次ぐ不祥事 比例代表区、日母の〝党員獲得上乗せ〟が大成功!! 診断書、証明書内容の重大性• 830804;日母医師連盟コーナー 本会推薦の参議院当選議員 多くの役職に就任、今後の活躍を期待 本会推薦の当選参議院議員• 830804;優保法改正〝前国会提案阻止〟に地方議会の力 「改正反対を決議」「改正決議を否決」等々 徳島県議会、改正反対を決議 生長の家政治連盟に秋風?• 830805;昭和57年人口動態概況 出生数151万5,000人、減少傾向鈍化ー妊産婦、周産期死亡はなお低下ー• 830805; 10代の人工中絶2万4,000件に上昇ー昨年の中絶数は59万件に低下ー• 830805;「よりよい周産期医療をめざして」 第19回日本新生児学会、盛大に開催さる(S58. 17 東京)• 830806;座談会 日母と日母医報 過去・現在・将来を語る• 830809;新刊紹介 日本産科婦人科学会編「産科婦人科用語集」(第3版)• 830809;第11回国際不妊学会 白夜の街、ダブリン(アイルランド)に集う(S58. 830810;乳児VK欠乏症出血症のVK2剤内服による予防 ー厚生省研究班昨年度の研究報告よりー• 830810;日母大会(松山市)産科申し込み期日(8月15日)迫る!!• 830810;日医雑誌(90巻1号58年7月1日号)「57年度日医優保法指導者講習会」全速記録を掲載• 830811;市谷談話室 「おしん」の大根めし• 830811;医事紛争 分娩後の膣壁形成術の実施時期は 四週間後の実施は不適切ーオックスフォード大学病院が敗訴ー(1983. 19号 ランセット)• 830812;日母大会開催値マップ(S49第1回? S58第10回)• 830812;ブロック別会員数(S58. 20現在)• 830813;日母各部の活動紹介とその事業予算 優生保護部 献金部 総務部• 830814; 社保部 産科看護部• 830815; 福祉部 経理部• 830816; 研修部 がん対策部 広報部 日母事務局• 830817; 先天異常部 母子健康部 その他• 830818;新聞・日母医報等にひろう10年間のニュースあれこれ 昭和48年 昭和49年• 830819; 昭和50年 昭和51年 昭和52年• 830820; 昭和53年 昭和54年 昭和55年 昭和56年• 830821; 昭和57年• 830821;風疹障害児出産の両親の提訴 「医師側敗訴、330万円」の判決(S58. 22 東京地裁)• 830821;書籍発送のお知らせ 「中絶は殺人ではない」太田典礼編集、京都産婦人科医会発行 中絶禁止への反問「悲しみを裁けますか」日本家族計画連盟編集• 830822;新聞切抜帳 0723各紙 〝「他人の卵子」による受精卵の移植に成功〟の報 米加洲大学ロスアンゼルス校、バスター教授等 0706読売投書欄 新生児脱水死事件、幼い生命守る医療体制、看護の質が問題 二歩ン看護協会会長 大森文子氏(投稿要約) 0725読売 子宮ケイ部ガン、非喫煙者の13倍• 830822;テレビ批評 0719読売 評価したい「避妊ピルの副作用追跡」• 830823;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 43 大分県 豊後梅(ブンゴウメ)• 830824;8月のラジオ放送産婦人科の巻• 830824;8月の短波放送日母アワー• 830824;【原稿募集】 産婦人科医と余暇• 830824;8月の各産婦人科雑誌紹介• 830825;支部の活動• 830825;新任教授紹介 名古屋保健衛生大学_米谷国男氏• 830825;常務理事会記録• 830825;京大教授に、森崇英氏決定• 830825;役員会• 830825;委員会• 830825;おぎゃー献金• 830825;【訃報】 安井修平氏(S58. 2 逝去)• 830825;敬弔• 830826;編集室から• 830827;写真• 830828;広告 9月号(第35巻第9号No. 402)• 830901;優生保護法 本会新事態のもと慎重に全面検討 医学的立場と世論の動向を基盤に 生長の家、政治連合活動の停止を公式発表 機関紙、活動停止を公表、「優保法改正不成功」を理由に明記 多くの法改正論者、本会は慎重な全面検討を続行 第3回理事会でも活発な論議• 830901;おぎゃー献金20周年記念式典 祝賀会に皇太子妃殿下の御臨席内定(S58. 18 東京・如水会館)• 830901;今月の主な記事から• 830902;日母医連コーナー 大浜方栄参議院議員祝賀会開かる 優保法改正案前国会上程阻止にみる地方議会の動き• 830902;【消息子】 応接に暇ない医療情報 革命的健保財政抑制策、6,200億削減案はどうなる 富士見事件とは何だったのか?• 830903;現時点における日母見解 HB抗原陽性妊婦よりの出生児の処置 乳児出血症予防のためのVK投与• 830903;HB抗原陽性妊婦の母児間感染防止策について• 830903;新生児全例に対するビタミンK剤投与について• 830904;〝今後の母子保健施策のあり方について〟 中央児童福祉審議会、意見を厚相に具申• 830904;第10回日母大会(松山市)、参加申し込み電話でも受付• 830904;生長の家機関紙「聖使命」(8月15日号)公式発表全文 生長の家政治連合の活動を停止、今後は教勢拡大に全力を• 830905;厚生省、局長級人事異動(S58. 26付)• 830905;全国支部医療事故対策担当者連絡会 医事紛争の根絶を期して(S58. 830905;日本医師会、「救急蘇生法指針」を全会員に配布• 830905;レセプトの傷病名じゃ「胎児切迫仮死」でよい(「胎児仮死」と同一内容) 申し合わせ事項• 830905;全国支部総務担当者連絡会 盛りだくさんの重要連絡・協議に活発な質疑(S58. 28)• 830905;第4回全国日母産科看護婦研修会• 830906;〝安全な筋肉注射の場所はない、乱用を反省すべし〟「筋拘縮症に関する報告書より」(S58. 6日本小児科学会筋拘縮症委員会) 経緯と提言内容 筋拘縮症の実態• 830906;日本母性衛生学会、快晴の札幌で盛会裡に開催• 830907;厚生省、ハイリスク母児管理班報告ー公式発表要旨ー妊産婦死亡をいかに防ぐか 第1回 死亡原因は出血死が半数 夜間や休日の輸血、その他の産科救急対策 妊産婦死亡減少のために• 830907;うちの医報 秋田県• 830907;第4回日母中国医学セミナー開催(S58. 23 東京)• 830908;一家一言 No. 830908;医事紛争 〝先天性風疹症候群児出生は医師に過失あり〟、病院側直ちに控訴• 830909;【学海メモ】 県の木シリーズNo. 44 宮崎県 フェニックス• 830912;9月のラジオ放送産婦人科の巻• 830912;9月の短波放送日母アワー• 830912;【原稿募集】 私の行っている従業員教育• 830912;9月の各産婦人科雑誌紹介• 830913;新製品を使って クロサワ式ベビーレスキュー(新生児救助搬送器) ベビーキャリー• 830913;市谷談話室 ドネーション• 830914;特集 日本海中部地震を体験してー福祉部提供資料によるー• 830916;第19回全国産科看護学院連絡協議会 ー生徒募集について新しい問題もー(S58. 17)• 16)• 830917;〝超〟極小未熟児生育新記録の新聞報道 ー444g、第7月(24週)の帝切児ー•

次の

神戸市の女性医師のいる産科/婦人科がある病院 30件 【病院なび】

長田 産婦 人 科 院長 急死

電話とネットで再診予約が可能です。 入院時はiPadが支給されるので退屈しません。 産後や原則個室の病室です。 地域に根付いて85年です。 産後ケアセンターも利用できます。 最新の4D機器を使用!美味しい食事も食べられます! 出産を感動と共に迎え、 楽しい育児へとつながることができるようにサポートしてくれる産婦人科です。 再診を受ける場合は、電話だけではなくインターネットでも予約ができるのが嬉しいですね。 2015年には病院が建てなおされたので、新しく清潔な院内で診察を受けることができます。 また、 医療機能評価認定を4度受けていること、また、経験豊富な産婦人科医やスタッフがいること、母性看護専門の看護師さんが2名いることで安心して出産に挑むことができます。 検診では最新の4D機器を使用しているので、お腹の中にいる赤ちゃんの顔や表情、動きを立体的に見ることができる点でもオススメです。 また、 1人に1台IPadがレンタルされ、様々な情報やサービスアプリを利用できるのも、魅力の1つです。 産後は、リーガロイヤルのシェフが作るフルコースや、朝食のビュッフェを食べることができることでも人気です。 アクセス 出典: 住所 〒579-8036 大阪府東大阪市鷹殿町20-29 電話番号 ホームページ 恵生会病院が人気の理由!• 女医の優しい先生がいます。 できるかぎり自然分娩を薦めています。 母子同室も可能です。 無痛分娩も希望により可能です。 産婦人科が出発点の大きな病院です。 無痛分娩も可能!患者の希望に応じてサポートしてくれる総合病院 こちらは総合病院となっており、 産婦人科以外にも様々な診療科があります。 妊娠中や出産前後には時として 予期せぬ事態が起こることがありますが、なにか問題が生じた場合は他の科と連携し、すぐに対応してくれます。 妊娠中や出産時はいろいろと不安に感じることが多くなりますが、医療的に充実している総合病院なので、安心して出産を迎えることができます。 陣痛に対して不安を感じている人に対しては、無痛分娩も取り入れてくれます。 希望があった場合、硬膜外麻酔法による無痛分娩が行われるので、気になる人は相談してみると良いでしょう。 立ち合い出産や母子同室も希望があれば対応してくれます。 患者の希望に沿って出産をサポートしてくれるので、思い出に残る出産ができた、と 口コミでも人気が高くなっています。 また、女医が多いことも魅力です。 同性の立場からきめ細やかな診察をしてくれます。 医療技術、スタッフのレベルが高く、オススメの病院です。 分娩取り扱いは終了し、複数他院と連携しています。 アットホームな産婦人科です。 20時までしているのでお仕事帰りに通院できます。 駅から少し歩くが、立地は良い方です。 大きな病院との提携で安心!アットホームな雰囲気で安心して通えます。 患者さんとの信頼関係やプライバシーの保護を何よりも重視しているので、分かりやすい説明を受けることができますし、何でも相談しやすい雰囲気が特徴の産婦人科です。 超音波検査では、 旦那さんと一緒にお腹の中の赤ちゃんの様子を見ることができることでも人気があります。 先生がとても優しくじっくりと話を聞いてくれることや、アットホームな雰囲気で、ベテランぞろいの看護師さんも親切に対応してくれることなどが口コミでも評判です。 待合室にはおもちゃや絵本が置いてあるので、小さいお子さん連れでの来院も安心です。 平成27年からは分娩の取扱がなくなりますが、昭和42年から積み上げた経験と、周辺の大きな病院との提携があるので、妊婦検診だけを受診したい方にもオススメです。 また、午後の診察が17時から20時までとなっているので、仕事帰りや旦那さんと一緒に受診したいという方にはとても嬉しいですね。 外来は3診制で行っています。 再診からは予約制です。 東大阪で唯一、OGCSに加盟している施設です。 院内にNICUもあるので産後も安心です。 5回にわたってマタニティークラスがあります。 院内にNICUを有する大病院!充実した医療を受けることができると人気 こちらの病院は多数の診療科があり、人間ドックも取り扱っている総合病院です。 がん医療や救急医療への取り組みも熱心であり、 地域の人から信頼されており人気が高い病院となっています。 妊娠、出産にはリスクが生じる場合がありますが、出産前後に異常があっても他の科と連携して、すぐに治療が開始されるので安心です。 院内にNICU(新生児特定集中治療室)が設置されており、地域の周産期医療の拠点となっていることも強みです。 産婦人科には女医もいるので、同性による診察を受けることもできます。 マタニティクラスもあるので、妊娠中から出産に備えて色々と学ぶことができます。 ほかのママさんと知り合い、情報共有できる良い機会にもなるでしょう。 また、規模の大きい病院なので院内の施設も充実しています。 売店はもちろん、レストラン、喫茶店、理髪店もあるので入院中も便利に利用できると人気です。 4D超音波が利用できます。 駐車場が完備されています。 JR片町線 鴻池新田駅から徒歩3分です。 最新設備を導入している個人クリニック!駅近で便利 こちらのクリニックは学研都市線鴻池新田駅から徒歩5分という場所にあります。 駐車場も完備されているので通いやすいと人気です。 以前は分娩にも対応していましたが、残念ながら平成14年11月をもって分娩の取扱いは終了となっています。 しかし、妊婦検診には対応しており、丁寧な診察で地域から愛される産婦人科となっています。 また、ほかの医療機関とも提携しているので、安心して診察、治療を受けることができます。 受付やロビーは広々としており、大きなテレビや自動販売機が設置されているので、診察を待っている間ものんびりとくつろぐことができます。 クリニック内はどこもキレイで清潔で、落ち着いた空間となっています。 4D超音波診断を導入するなど、最新の医療機器の導入も積極的に行っています。 個人クリニックではありますが、ハイレベルな医療を受けられるのでオススメです。 不妊治療は他院と連携して幅広い対応を行っています。 豪華なお祝い膳があります。 待ち時間も短く、設備もキレイです。 里帰り分娩が可能です。 広々とした4人大部屋です。 総合病院の強みで異常があってもスピーディーに対応できる こちらは近鉄荒本駅下車から徒歩4分のところにある総合病院です。 近鉄八戸ノ里、JR鴻池新田から 送迎バスも出ているので、便利に通うことができると口コミでも評判が高くなっています。 総合病院の中にある産婦人科なので、妊娠中や出産時になにか異常があっても他の科と連携し、スピーディーに対応してくれます。 異常分娩となっても早期に診断ができ、帝王切開などに切り替えることができるので、安心して出産することができます。 スタッフも半数以上が助産師なので、出産に関する指導を丁寧に行ってくれます。 総合病院の強みであるハイレベルな医療と、経験豊かなハイレベルのスタッフがしっかりとお産をサポートしてくれます。 また、出産は体力を使うので、ゆっくりと疲れを癒やせるよう母子別室となっています。 母体の早期回復を促し、これからの子育てへ向けて体力を戻せるよう配慮されています。 近鉄奈良線 河内小阪駅から徒歩 3分ほどです。 アットホームな助産院です。 完全母乳制です。 二世代にわたってお産する方もいます。 駅徒歩3分の好立地!自然分娩と母乳育児に力を入れています! お母さんが赤ちゃんを産もうとする力と、 赤ちゃんが生まれてこようとする力を最大限に生かして自然分娩を行っています。 通常は、出産での入院は初産婦が6日、経産婦が5日ですが、産後は少しゆっくり過ごしたいという方のために産後ケア入院も行っているので、早く退院することに不安をお持ちの方にオススメです。 また、上にお子さんがいる場合は、 子ども連れでの入院もできるので助かったという口コミもよく見かけます。 マタニティピラティスやマタニティヨーガ、ヒーリングタッチなどの教室が行われているのも人気の理由です。 さらに、退院後1週間をめどに自宅を訪問して赤ちゃんの体重を測定してもらったり、育児相談に乗ってもらうこともできるので、特に初産のかたは安心して出産に臨むことができます。 近鉄奈良線の河内小阪駅から徒歩3分の好立地にあるのも、妊婦さんには嬉しいチェックポイントです。 アクセス 西岡医院 出典: 住所 〒578-0924 大阪府東大阪市吉田4丁目3-12 電話番号 ホームページ 西岡医院が人気の理由!• 10台分の駐車場があります。 待ち時間の短縮を心がけています。 患者目線のテーラーメイド治療を心がけています。 一般的な不妊の検査と、その治療を行っています。 じっくりとエコーを見てもらいたい方にオススメの医院! 妊婦健診に行く前、「今日は赤ちゃん元気かな?顔を見せてくれるかな?」と期待しているママは多いと思います。 そこで、エコーがあっさりと終わってしまうと少し物足りなく感じてしまいますよね。 そんな方に オススメなのがこの医院!ここの院長先生はとにかく親切で 丁寧な診察が口コミで人気です。 エコーはその担当医師によって時間がまちまちですが、この医院はとにかく長時間じっくりと見せてくれます。 エコーを見ながら、赤ちゃんの心臓や肺を細かくチェックし、ママにも説明してくれます。 口コミの中には「今までで一番良い先生」「ここまでじっくりとエコーを見ながら説明してくれる先生に会ったことがない」「診察に時間をかけてくれるので安心」と評判です。 分娩は取り扱っていませんが、できたらここで出産・入院したいと希望するママが口コミで続出するほど、人気の医院です。 不妊治療専門のクリニックです。 広々としたリラックスできる院内です。 痛みを最小限に抑える治療を心がけています。 キッズルームがあるから2人目も安心です。 妊娠した患者の60%が1回目の体外受精で妊娠した実績のあるクリニック この クリニックの最大の特徴は、痛みを最小限に抑えてくれることです。 検査、処置や手術の痛み、そして患者の心の痛みに対しても同じように考えており、最大限配慮してくれます。 初診時に「痛いのは苦手です」と伝えておけば、カルテに記載もしてくれるので安心して治療に臨むことができます。 また、クリニック自体が完全に独立しており、他科を受診する方や通勤中の方と接触する機会がないためストレスもありません。 二人目を考えて通院している方も、子どもを連れて受診した際はキッズルームで待機し、PHSで呼び出されるため他の患者が子どもと接触することもありません。 不妊治療はストレスが大敵なので、そういった細やかな配慮もなされています。 また、費用についてもできるだけ検査・治療を保険にて診療してくれるので安心です。 本人名義で一括払い限定でクレジットカードも使えます。 アクセス 出典: 住所 〒577-0007 大阪府東大阪市稲田本町3丁目18-23 電話番号 ホームページ 笠原産婦人科が人気の理由!• 40年に渡り、地域医療に貢献しています。 産み分け指導も行っております。 駐車場が2台あります。 エコーを毎回DVDかビデオに録画してくれる医院 この産婦人科は、地元の方からとても人気の医院です。 現在分娩は取り扱っていませんが、妊婦健診では親身に話を聞いてくれたり、エコーで赤ちゃんの腕や足などまでじっくりと見て説明をしてくれます。 診察時のエコーは毎回DVDかビデオに録画してくれるので、妊娠の思い出にもなるかと思います。 口コミには、「医師やスタッフの対応がとても丁寧で安心」「できればここで出産したいと思えるほどの良い医院」など高評価のコメントが目立ちます。 妊娠中の心配事や不安についても親身に相談にのってくれるので、初産婦さんでも安心の医院です。 診察時間も午後7時までと遅くまでやっているので、仕事をしているママさんも仕事帰りでも受診ができると人気です。 近所の方が婦人科検診で多く受診していますが、診察が丁寧なのに待ち時間が少ないところも魅力の一つです。 近鉄大阪線 布施駅から徒歩3分です。 院長は総合病尾院の非常勤も兼ねているベテランです。 いつも同じ先生だから色々相談できます。 不妊治療から妊婦健診まで診てくれるアットホームな雰囲気の産婦人科 現在日本では、10組に1組の夫婦が不妊で悩んでいると言われています。 この産婦人科では、保険の効かない体外受精以外の方法で、一般的な不妊の検査とタイミング指導や治療を行っています。 治療の成果が出て妊娠した後も、引き続き妊婦健診で同じ先生に診てもらうことができます。 分娩はこの産婦人科ですることはできませんが、提携する病院や自分の希望するところを紹介してもらえるので安心です。 口コミも「子連れで受診しても受診中は受付で預かってくれるので安心」「アットホームで先生やほかのスタッフさんが励ましてくれるので安心する」など高評価です。 また、この産婦人科は駅からとても近いので、 交通の便が良かったとの口コミも多々あります。 妊娠初期から赤ちゃんの心音を聞かせてくれるなど、妊婦さんの気持ちに寄り添ってくれるオススメの産婦人科です。 珍しい日曜診療も実施中です。 婦人科に関わる全疾患に対応しています。 土曜日診療も行っています。 内科も対応しています。 対話を重視し婦人科に関わる疾患全般に対応! 丁寧でわかりやすい説明を重視し、正確な診察、診療をするというのが診療方針のクリニックです。 診療科目は産婦人科だけではなく、内科、糖尿病内科,脂質代謝内科,高血圧内科があり 多方面の妊婦さんにオススメの医院と言えます。 女医も在院していて丁寧で適切な診療を心得ているのも人気の理由です。 診療時間もクリニックにしては珍しく日曜の午前中も診察しており、忙しい女性にも通いやすいのがうれしいですね。 また、こちらのクリニックでは内科は分泌内科(糖尿病、脂質異常症)が中心です。 妊娠中は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を発症することもありますので、これらの症状にもすぐに対処できるのも魅力のひとつです。 口コミでは、「看護師さんはフレンドリーで話しやすかった」との声もあり対応が良いのが伺えます。 アクセス 出典: 住所 〒579-8056 大阪府東大阪市若草町1-6 電話番号 ホームページ 若草第一病院が人気の理由!• シャトルバスが出ています。 駐車場約70台あります。 土曜診療も行っています。 がん治療にも力を入れています。 総合病院ならではの連携プレーが強みの婦人科 総合病院内の婦人科なので、何かあったときには安心できます。 こちらのクリニックの強みは、乳がんの検診がしっかりとした体制で、マンモグラフィにて細かな検査ができ、早期発見しやすい状態であるということ。 また、マンモグラフィ検診施設画像認定施設に認定されている機関であり、さらに総合的な判定もA評価であることが安心できます。 マンモグラフィを検査してくれる技師さんは、女性であるのも恥ずかしさが軽減されて嬉しいところです。 もちろん子宮がん検診も行っており、もし手術となった場合にも対応してくれます。 その際には 総合病院としての強みを活かし、内科や外科、麻酔科、泌尿器科などとの連携がスムーズに行われる点は最大の強みです。 経験豊富だから安心できます。 しかも建て替えたので院内はとってもキレイ。 年間約700件の分娩、内科や小児科など、他科との連携も緊密に取っています。 夜遅くまで診察しているので、働く女性にとってピッタリの産婦人科です。 医師は女医を含め8人体制。 人も設備も手厚いサポートで、安心して出産できます。 駅からも近く、駐車場も完備しているので通いやすいと人気の産婦人科です。 スタッフが一丸となり、栄養管理や発育のモニターまで、細かい医療を行っています。 ゆう助産院 自然分娩や完全母乳制など、出産直後から、ママの愛情をたっぷり注ぎたい方にオススメの人気助産院です。 近隣に住む女性に寄り添った、穏やかな男性が営むアットホームな医院です。 不妊治療というデリケートな治療だからこそ、通院ストレスが少しでも減らせるよう、建物から徹底的にこだわっているクリニックです。 40年も地域の女性の悩みにお応えしている、信頼できる産婦人科です。 小さなクリニックですが、比較的新しい機器が導入されている婦人科です。 日曜診療も導入していて、お仕事で忙しい女性に人気の数少ないクリニックです。 総合病院の強みを活かした、他科との連携で安心安全の治療を心がけています。 クリニックの優劣を決めているわけではありませんのでご理解ください。 上部に移動を希望する方はから。

次の

明石市の産婦人科17選。人気のクリニックやオススメ情報などもまとめて紹介。

長田 産婦 人 科 院長 急死

出典: 住所 〒673-0005 兵庫県明石市小久保2丁目14-10 電話番号 ホームページ 電話相談24時間対応ママと赤ちゃんのための産婦人科 立ちあい分娩やカンガルーケア、母児同室などを受けることができます。。 妊娠中や入院中だけでなく出産後のサポートも徹底されていて、電話相談や一ヶ月健診乳房ケア、離乳食指導などを行っています。 そのためリピート率が非常に高く、2人目以降の赤ちゃんもこちらで出産するといった人が多いです。 電話相談は24時間受け付けていますので、赤ちゃんが初めてのママさんにもオススメの産婦人科です。 祝日は場合によって予約の診療を行っています。 アクセス 出典: 住所 〒673-0852 兵庫県明石市朝霧台1120-2 電話番号 ホームページ 総合病院内にあり、無痛分娩の選べる人気の産婦人科。 最寄り駅はJR山陽電鉄「明石駅」またはJR山陽本線「朝霧駅」。 朝霧駅からは無料送迎バスが利用できます。 年間1000件前後の出産があり、質の高い医療技術とスタッフのサポートが人気の産婦人科です。 無痛分娩も選択することができ、お産の痛みに不安のある方にオススメです。 女医も二人います。 総合病院内の産婦人科なのでトータルサポートを受けられるので安心です。 診療開始時間は午前は09:00、午後は15:00からになります。 休診日は日曜祝日、木曜土曜の午後です。 アクセス 出典: 住所 〒674-0063 兵庫県明石市大久保町八木743-33 電話番号 ホームページ 総合病院ならではの安心感があります。 総合病院なので小児科もあり、産後も助かります。 また、診察はチーム制で複数の先生にみてもらうことが出来ます、もちろん、女医さんもいらっしゃいますので女性にしか話せないことも抵抗なく相談できます。 また、麻酔師もいますので、産後の痛みも緩和させてくれるので助かりました。 助産師さんもベテランの方が多く安心して出産、産後も過ごすことができる病院です。 休診日は土日祝日です。 アクセス 博愛産科婦人科 住所 〒674-0094 兵庫県明石市二見町西二見450-5 電話番号 参考サイト 待たされる価値があるほどの腕の良い先生 母体保護法指定医が配置されています。 先生が1人しかいないので、長時間待たされるとこもあります。 1回の診察につき3時間ほどかかってしますこともありますが、そんなことが問題にならないほど先生の腕は良いです。 そのため利用する患者さんの数もとても多く、人気の産婦人科です。 助産師さんもしっかりしているので、どんな質問にも的確に答えてくれます。 アクセス 二見レディースクリニック 住所 〒674-0092 兵庫県明石市二見町東二見207 電話番号 参考サイト 清潔で明るい院内と、安心して出産に臨めるサポートが人気の産婦人科です。 最寄り駅は「東二見」。 キレイで落ち着いた雰囲気で、スタッフサポート体制もしっかりした産婦人科です。 常に混雑しているので診療自体はあっさりとした印象ですが、患者の質問には必ず、丁寧に答えてくれる医師への信頼は厚いです。 口コミで人気な病室は個室がメインであり、テレビや冷蔵庫もついているので安心してゆったりと過ごしたい方にオススメです。 アクセス 出典: 住所 〒673-0891 兵庫県明石市大明石町1丁目3-8 電話番号 ホームページ 女医・女性技師がいてるので気になる方にはおすすめです。 臨床経験豊富な女医が中心に女性外来をしています。 産婦人科は妊婦検診のみとなり、出産は病院を紹介という形になりますが女性のかかえる様々な健康問題をトータルに見てくれるので安心です。 原則予約制なので時間を気にせず通えるのも嬉しいところです。 JR明石駅前徒歩2分、とてもアクセス便利な場所にあります。 女性技師もいてるので健診もお任せできます。 アクセス 出典: 住所 〒673-0892 兵庫県明石市本町2丁目1-15 電話番号 ホームページ とても優しいスタッフの方々と先生! 先生も看護師さんも対応がとても丁寧で笑顔が素晴らしい方々です。 出産というデリケートな出来事でナーバスになりがちですが、こちらの産婦人科ではスタッフさん達に癒されて不安な気持ちが解消されました。 初診は時間が掛かりましたが、2回目以降は予約が出来るのであまり待ちませんでした。 診察室、待合室も綺麗でオススメです。 午後は14:30~16:00にて完全予約の個別カウンセリングを実施しております。 アクセス 出典: 住所 〒674-0051 兵庫県明石市大久保町大窪2095-1 電話番号 ホームページ 女医さんもいる総合病院の産婦人科。 総合病院にある産婦人科です。 診察は年配の先生と女医さんがしてくれます。 看護師さんははっきりしたタイプの方が多く、責任感の強さが伝わります。 先生方の対応は丁寧で女医さんも担当してくれるので、相談する内容に関して抵抗が少なかったです。 分娩はもう行っていないそうですが、その場合は近くの医療センターに紹介所を書いてくれます。 安心して出産に臨みたいという妊婦さんにはオススメです。 アクセス 出典: 住所 〒673-0848 兵庫県明石市鷹匠町1-33 電話番号 ホームページ ウロギネコロジー領域の疾患(骨盤底疾患)や内視鏡手術に積極的に取り組む産婦人科。 JR明石駅・山陽電鉄明石駅から徒歩で約15分の場所にある産婦人科です。 複数の医師の中には女医もいます。 H27年より分娩を休止しており、その分ウロギネコロジー(骨盤底疾患)や内視鏡手術において積極的な取り組みを進めるようになりました。 整った病院設備により、開腹手術にも対応しています。 疾患の根治を望む方にオススメです。 アクセス 出典: 住所 〒673-0846 兵庫県明石市上ノ丸3丁目11-8 電話番号 ホームページ 女医先生なので通いやすい産婦人科 母親教室やおっぱい教室が開かれているレディースクリニックです。 住宅地の中にあるこじんまりとした医院ですが、アットホームな雰囲気で他の妊婦さんと楽しく交流することができます。 院長は女医の先生で、サバサバとした性格の方ですが話しやすい感じの人です。 キッズスペースがあるので、子ども連れでも安心して待ち時間を過ごすことができます。 原則として予約優先制なので、事前に予約しておくことをオススメします。 アクセス 出典: 住所 〒673-0862 兵庫県明石市松が丘5丁目6-3 電話番号 ホームページ 全ての女性が毎日笑って過ごせるようにサポート体制はバッチリです。 産婦人科医の女医2人で診療をしている小さなレディースクリニックです。 はっきりとした口調でわかりやすく説明をしてくれる優しい先生です。 食生活についても熱心で丁寧に教えてくれるので勉強になります。 院内は女性スタッフのみなので、初めて産婦人科に通う方や気になる方でも気軽に通うことが出来ます。 スタッフの方もとても優しい人ばかりです。 漢方治療も重視して診療しています。 アクセス 荒木産婦人科医院 住所 〒673-0011 兵庫県明石市西明石町4丁目9-16 電話番号 参考サイト やさしいおじいちゃん先生が評判! こちらの産婦人科は予約制ではなく、待ち時間が少なくて診察を受けることができます。 診察をしてくれるのは年配のおじいちゃん先生で、ベテランらしく安心感があり、優しい人柄に人気があるみたいです。 設備はそれほど新しいという訳ではないですが、先生と看護師さんに安心感が持てるので、全く気にならないです。 対応が良い産婦人科をお探しの女性にはオススメです。 アクセス 鈴木産婦人科医院 住所 〒674-0081 兵庫県明石市魚住町錦が丘3丁目3-8 電話番号 参考サイト アットホームな雰囲気が人気、子連れも歓迎の産婦人科。 最寄り駅はJR山陽本線「魚住駅」。 駅より徒歩6分です。 清潔な院内、子連れでの診察も温かく迎えてくれるアットホームな雰囲気が人気の産婦人科です。 比較的待ち時間が少ないので長時間の待機が困難な人にオススメです。 駐車場が狭いので車での来院は注意が必要ですが、あまり混んでいないので比較的大丈夫なようです。 口コミでは医師・スタッフが話しやすく優しいことで人気が高くなっています。 アクセス せきじま産婦人科 住所 〒673-0866 兵庫県明石市朝霧町1丁目24-1 電話番号 参考サイト 個人病院の良さが際立つ優しい先生のいる産婦人科です。 先生も看護婦さんもとても親切で分からない事があればきっちりと丁寧に説明してくれます。 土曜日も午前のみですが診療に対応しているので、平日は仕事や学校などで時間がとれない方でも通いやすいです。 分娩はしていないので検診のみですが、待ち時間も少なく院内もキレイなので通いやすいと思います。 里帰り出産を予定している方などにオススメです。 アクセス.

次の