アルキメデス の 大戦 広島。 菅田将暉「アルキメデスの大戦」ロケ地・呉に凱旋!「呉で過ごした時間は素敵な思い出」

舞台「アルキメデスの大戦」広島公演の払い戻しに関して

アルキメデス の 大戦 広島

俳優・が16日、広島県呉市で行われた映画『アルキメデスの大戦』(26日公開)呉・凱旋イベントに登壇。 菅田にとって呉市は、昨年の夏に同映画の重要なシーンを撮影し、この地でオールアップを迎えた思い出の地。 さらに「撮影で僕たちがお邪魔したとき、本当に快く迎えてくださりました。 ありがとうございました」と現地の人々にお礼を伝えた。 大和から引き揚げられた部品や砲弾、乗組員たちの手紙や遺書を見て回った菅田は「戦争について情報としては知っていても、実際に観てみると違う。 若い人たちにとって過去の戦争というものが離れていく中で、僕たちと歳の変わらない若い兵たちの遺書や手紙に触れ、少し近くに感じられたような気がします」と戦争が生み出した悲惨さを実感。 さらに「劇中にも出てくる『目で見て触れて、肌で感じる』ということの大切さを実感しました。 戦争のことを知らない若い世代にもこの映画を観てもらい、何かのきっかけになれば」と語った。 同作は、『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズや『永遠の0』(2013年)などを手がけた監督の最新作で、『ドラゴン桜』の作者でもある氏による同名の人気漫画が原作。 一方、海軍少将・山本五十六()は、国家予算の無駄遣いとして、作戦に反対していた。 そこで、軍部の息がかかっていない帝国大学100年に1人の逸材、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(菅田)を引き入れる。 櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする。

次の

映画『アルキメデスの大戦』公式サイト

アルキメデス の 大戦 広島

前年に満州国樹立を宣言した日本と中国大陸を狙う欧米列強の対立は激化の一途を辿っていた。 戦艦「大和」を阻止せよ!!! 日本の未来を1人の数学の天才が変える!? 時は1933年。 日本海軍の中枢・海軍省の会議室で、次世代の旗艦を決める新型戦艦建造計画会議が開かれ、2つの陣営が設計採用を争う事に。 鈴木拡樹舞台「アルキメデスの大戦」キャストは? 2020年に公演される 舞台「アルキメデスの大戦」 キャストは誰なのでしょうか? キャストや配役をまとめました。 原作: 三田紀房「 アルキメデスの大戦」 舞台原案:映画「 アルキメデスの大戦」(脚本・監督: 山崎貴) 脚本: 古川健(劇団チョコレートケーキ) 演出: 日澤雄介(劇団チョコレートケーキ) 主演:鈴木拡樹 天才数学者・櫂直役 キャスト 宮崎秋人 福本莉子 中村太郎 岡本篤 奥田達士 小須田康人 神保悟志 岡田浩暉 米村秀人 神澤直也 二村仁弥 高橋彩人 鈴木拡樹舞台「アルキメデスの大戦」上演日程や劇場場所は? 舞台「アルキメデスの大戦」 鈴木拡樹さん主演で上演されます。 公演はいつからなのでしょうか? 舞台「アルキメデスの大戦」 東京、広島、静岡、愛知、大阪での公演が予定されています。 2020年6月から公演される 舞台「アルキメデスの大戦」 チケットの先行はいつから開始なのでしょうか? チケットの先行予約方法や チケット前売り、チケット料金 などまとめました。

次の

チケット&スケジュール|シアタークリエ『アルキメデスの大戦』

アルキメデス の 大戦 広島

人気俳優の菅田将暉が7月16日、広島・呉で行われた「アルキメデスの大戦」の凱旋イベントに出席。 撮影に協力した呉市の人々へ感謝の気持ちを伝えるべく、菅田は観光スポットとして知られる「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)を訪れた。 呉市民を中心とした600人以上のゲストが集った「大和ミュージアム」には、全長26メートルの大きさを誇る「10分の1スケール大和」が展示されていた。 ありがとうございました」と改めて感謝を述べる。 「呉で過ごした時間は素敵な思い出になりました。 お好み焼きも美味しかったです。 大阪人の僕がこんなこと言うのも何ですが、呉のお好み焼き、最高です(笑)!」と言葉を投げかけていた。 三田紀房氏の人気漫画を、山崎貴監督が実写映画化した本作は、世界最大級の戦艦・大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描く。 イベントでは、「大和ミュージアム」の館長であり海軍史研究家の戸高一成氏も登壇し、菅田と対談。 そして「映画を見させていただき、本当に面白かったです。 劇中に出てくる『戦艦大和』も非常によく出来ておりました。 物語は史実に基づいたフィクションなのですが、本当の戦艦大和の建造計画を実に絶妙に絡めており、実際にこうだったのではと思わせられました」(戸高氏)と絶賛されると、思わず満面の笑みを浮かべていた。 大盛り上がりのイベント終了後、菅田はそのまま「大和ミュージアム」に残り、戦艦大和の資料展示ブースを見学。 沈没した大和から引き揚げられた部品や砲弾、乗組員たちの残した手紙や遺書をゆっくり見て回ると「戦争について情報としては知っていても、遺品を実際に見てみるとやっぱり違いますね」と胸中を吐露した。 「若い世代の人たちにとって過去の戦争というものが離れていく中で、僕たちと歳の変わらない若い兵たちの遺書や手紙に触れ、少し近くに感じられたような気がします。 劇中にも出てくるセリフ『目で見て触れて、肌で感じる』ということの大切さを実感しました」と感想を述べる菅田。 「戦争のことを知らない若い世代にもこの映画を見てもらい、何かのきっかけになればいいなと思います」とコメントを残した。 「アルキメデスの大戦」は、7月26日から全国で公開。 外部サイト.

次の