オーム とい えば 電気 抵抗 の 単位 です が アンペア とい えば 何 の 単位。 充電池のアンペアについてですが

電気とは?電圧・電流・電力を学んでブレーカーが落ちる原因を知ろう|電気のあれこれ(DIY・資格・基礎)

オーム とい えば 電気 抵抗 の 単位 です が アンペア とい えば 何 の 単位

抵抗率(比抵抗)と導電率(電気伝導率)の違いと換算(変換)方法【意味は?】 それでは、電気的な用語である抵抗率と導電率の意味や違いについて確認していきます。 まず、抵抗率の意味について考えるために、以下のような電気抵抗があるとします。 つまり、同じ長さ、同じ断面積の材料であればその抵抗率の数値が大きいほど、電気抵抗が大きくなるので電気が流れにくいということを示しているわけです。 一方で、 導電率の意味としては、逆に電気の流れやすさを意味しており、抵抗率の逆数をとったものが導電率となるのです。 導電率(電気伝導率)と抵抗率(比抵抗)の換算(変換)の計算問題【求め方】 それでは、導電率と抵抗率の換算に慣れるためにも以下の問題を解いていきましょう。 この材質の導電率はいくらと換算できるのでしょうか。 逆に、導電率(電気伝導率)から抵抗率への換算も行ってみましょう。 この材料の比抵抗(抵抗率)はいくらと求められるでしょうか。 解答2 こちらでも上の導電率と比抵抗の換算式を元に計算していきます。 両方とも良く使用する用語であるため、しっかりと覚えておくといいです。 まとめ 比抵抗と電気伝導率の換算方法 ここでは、抵抗率(比抵抗)と導電率(電気伝導率)の変換方法について確認しました。 導電率と抵抗率の違い等、科学用語を理解し、業務に活かしていきましょう。

次の

【抵抗器】電子工作で最もよく使われる部品の一つ

オーム とい えば 電気 抵抗 の 単位 です が アンペア とい えば 何 の 単位

単位はAH(アンペアアワーと読みます)です。 この値は指定されている電流で1時間の放電が可能な容量があるということを意味します。 蓄電池には時間率容量と言うものがあり、低容量放電(低い電流で長時間の放電)に適したもの高容量放電に適したもの(高い電流で短時間に放電)があり、これだけが電池の性能をあらわすものでは有りませんが、NiCd(ニッケルカドミウム)電池やNiMH(ニッケル水素)電池に記載されている数値は1時間率放電の値で単位はほとんどがmA(ミリアンペア)です。 ここに記載されている数値の電流で放電を続けた場合、放電終止電圧になるまでに1時間掛かるということをあらわしていますので、大きな電力を消費する用途では蓄電量と考えてもよいでしょう。 ただし、微小な電力を長時間にわたって消費する(たとえば時計)場合は、この限りでは有りません。 NiCd電池やNiMH電池は自己放電が大きくこのような低率放電では本来の蓄電量を使い果たすよりかなり前に終電圧になってしまいます。 このような用途では同じ2次電池(充電可能な電池)ではリチウムイオン電池が最も優れており、NiCdやNiMHでは絶対無理な3年間の放置状態後でも正常な放電が可能です。 ただしリチウムイオン電池は単一セル(電池一個あたりという意味)の電圧が3. 6Vと高く、NiCdやNiMHの1. 2Vとと必ずしも互換性が有りません。 リチウムイオン電池は軽量(エネルギー密度が高い)で高率放電にも耐えるので、携帯電話などの機器に使われるのは最近ではほとんどがこの電池ですが、リチウムが希少元素であり高価なためと先に述べた電圧の問題があるためか、一般の充電式の機器にはそれ程の普及は無いようです。 リチウムイオン電池にはもう一つ優れた点があり、NiCd電池やNiMH電池のようなメモリー効果(中途半端な放電を繰り返すと電池の実用寿命が短くなる現象)が無い点もあります。 これは、途中まで使用した電池であってもいつでも充電してよい(NiCd電池やNiMH電池では完全に使いきらないうちの充電はだめ)という事です。 A ベストアンサー AC-DCアダプターは、交流電源を直流電源に変換するものです。 また、AC-DCアダプターは、その許容量まで電気を流す事が出来ます。 交流を直流に変換している訳ですから、当然その仕事には限界があります。 その限界が許容量です。 また、100%の交流のエネルギーが直流に変換されるわけではありません。 その差分(ロス)がAC-DCアダプターの熱になり、AC-DCアダプターを熱くさせているわけです。 9.6Wとか、19.2Wとかは、その最大値を示しています。 充電器の働きは、一定の電圧と一定のアンペアにて、電池に電圧をかけ、すこしづつ充電池に充電していくものです。 この一定のと言う部分がとても大事で、電圧が同じでも、電流(アンペア)が大きいと、充電時間は短くはなりますが、大きすぎると充電池が破損します。 逆に電流の(アンペア)が小さいと、充電時間が長くなってしまいます。 確か、充電池の取り出し量の10分の1程度の電流にて充電するような設計になっているはずです。 急速充電という言葉がありますが、同じ充電池で高い電流(アンペア)にて充電する意味で使われる場合は、充電池のヘタリが早まります。 追加質問の核心です。 24Vで、0.1AのAC-DCアダプターを充電器の電源として使うと、電気許容量が小さくて、十分一定の電流を充電器から電池に供給出来ません。 また、AC-DCアダプターは常に最高レベルで動作していますから、熱くなり、たぶん壊れるし、発火するかもしれません。 あくまでも、AC-DCアダプターにて直流を充電器に供給し、充電器にて充電池を充電するということで、全体の説明をしています。 この意味、2倍の十分余裕のあるAC-DCアダプターをお使いになっておられますので、大丈夫です。 車のバッテリーに28とか80とかの数字がありますが、大きければ同じ12Vの電気を長時間供給出来るし、瞬間的に取り出せる電流(アンペア)が大きいことと同じ理屈です。 小さいときはその逆です。 AC-DCアダプターは、交流電源を直流電源に変換するものです。 また、AC-DCアダプターは、その許容量まで電気を流す事が出来ます。 交流を直流に変換している訳ですから、当然その仕事には限界があります。 その限界が許容量です。 また、100%の交流のエネルギーが直流に変換されるわけではありません。 その差分(ロス)がAC-DCアダプターの熱になり、AC-DCアダプターを熱くさせているわけです。 9.6Wとか、19.2Wとかは、その最大値を示しています。 充電器の働きは、一定の電圧と一定のアンペアにて、電池... A ベストアンサー >つまり、計算上電池一本は350mAの出力が出ていることになります。 までのあなたの仮説はほとんど正しいですね、 乾電池は350mAのほぼ電流を取り出せているといえます。 言葉の定義ですが、 電流は mA で、電気の流れる速さのようなもの。 次に、 >乾電池 単三形 は何mAの電流が出る? という初めの質問だけに答えるとします。 流そうとする電流は、機器の抵抗などによって変わります。 ただ、大きな電流を取ろうとすると、電池は電圧が低下して、使えなくなる(機器を動かせなくなります) 瞬時であれば、数A(アンペア)流せますが、そんな使い方をする機器は、まずありません。 カメラの外付けストロボは、1Aぐらいの電流を使い、一回のストロボ発光につき、数秒から20秒ぐらい電流を流します。 それを何度も繰り返せます。 お使いのキーボードが350mAを流すとすると、数時間連続で使えると思います。 電池の良しあしや、連続で使うかなどの条件によって変わるので一概に計算できません。 この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。 数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。 ------------- 説明 --------------------- 無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。 定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。 定格 電流:設計上の電流値。 無負荷電圧と定格負荷電圧の差が殆ど無い物と、無負荷15V/定格時7Vへと変動する物。 表示が定格電流850mAでも実際には瞬間的に1. よって使用される本体機器により目的に合ったACアダプターが指定されています。 ---------------------------------------- 指定されているACアダプターは電子オルガン用なのでスピーカーの音量で流れる電流値が大幅に変化する事が考えられます。 また乾電池6本/9Vで使用出来る物であればACアダプターの電圧は7~9V迄変動しても良い事になりそうです。 また乾電池が4本/6Vで動作する場合は4. 8V~9Vと想像されます、しかし4. 8Vと15Vでは3倍もの開きが有りますので無負荷電圧が高い物は問題が有りそうです(7Vでも15Vだと2倍の開きが有る)。 さぁ困りました。 指定されたACアダプターの設計基準はどうなのでしょう、予想しても確実な答えが出てきませんね。 はどのタイプでしょう? また、ACアダプターが保護故障した場合どんな壊れ方/切り方をするのでしょうか、この保護の仕方によっては電子オルガン本体も一緒に壊れてしまう事も考えられます。 たかがACアダプター1つですが表示されている電圧/電流だけでは分からない事が有ります。 その為メーカーでは使用するACアダプターなどのアクセサリーは自社製品の中から指定しており、それ以外の物を使用した場合には動作/安全を保障をしていないのです。 私が扱った故障では「電話器の子機充電器に電圧が同じ他の物を使って子機のキャビネットが熱で溶けた」、「電圧/電流値が同じ物をビデオカメラに使用してカメラ内部の充電回路他を焼損させた」などの事例も有ります。 【結 論】 ACアダプターは指定された物を使いましょう。 汎用のACアダプターは同一メーカーの機器の、指定された機種/カテゴリーの品種に使い、少しでも疑問に思ったら使用/購入前にメーカーに確認を取る事をお勧めします。 この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。 数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。 ------------- 説明 --------------------- 無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。 定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。 Q ヒューズから電源を取ってはいけない理由 最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。 amon. php? 私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。 上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。 ここの質問。 回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」という回答をよく見ます。 私がETCの電源の取り方で質問をした時もそういう回答がありましたし。 他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。 確かにディーラーに頼むとオーディオから分岐させるのが一般的なようです。 (ETC程度の電源取り出しの場合) しかしながら、3AのヒューズがついているようなETCなどの電源を取るのに15AのACCヒューズから分岐させていけない理由がわかりません。 もちろん理想を言えばということはあるのでしょうが、なぜヒューズからは取らないでというのかその回答が欲しいと思います。 大変失礼な質問とは思いますが、よろしくお願いします。 ヒューズから電源を取ってはいけない理由 最近ETCを自分で取り付けたのですが、電源はヒューズ電源というもので取りました。 amon. php? 私の車はACCが15Aでしたので15Aのヒューズ電源を買い、ETCに3Aの管ヒューズがついてましたのでそれを経由してETCに電源が行ってます。 上流側(バッテリー側)にコードが来るようにヒューズを差し込みましたのでこれも間違ってないと思うのですが。 ここの質問。 回答で「ヒューズからは電源を取らないでください」... A ベストアンサー >他の質問でも「プロは絶対にヒューズからは電源を取りませんよ」という回答もありました。 私は元整備士ですが、そんなことはないですね。 自分の車も家族の車も4台全てヒューズボックスから電源をとってETCを取り付けました。 全く問題ありませんし、なんの故障もありません。 ヒューズが飛んだという方もおられたようですが、それはそれなりの原因があったものと思います。 しかしこれらの言われには一定の理解が出来ます。 万人がヒューズボックスか電源を取る様になったら、万人なりのやり方が出てくるでしょうし、当然それによるトラブルも表面化してくる事でしょう。 でもそれはその工事のやり方であったり、アンペアに対する使用電流の量であったり、さまざまなケースが出てくる事が考えられますので、当然メーカーとしては「やらないで下さい」と規制する事になるでしょう。 十分理解している方が、それなりのきちんとした配線で工事するなら全く問題のない話だと思います。 A ベストアンサー お礼 有り難う御座います。 だいぶおそくなりましたが、すでに多くの人に回答を戴いているようですね。 追加で少々書き加えます。 基本的には最初に使用目的がありそのための装置の開発を計画します。 それからそれに必要な仕様を決定していきます。 その時にパワー(ワット数)が必要か長時間の使用が必要かが、 決定されますが、その中間の仕様になる場合もあります。 その結果と、今までに存在する機器に利用されている電圧や、利用時間などと 比較してより高性能に成るように選択を行います。 (電子及び電機機器は、最低動作電圧及び必要最小電流があります) 以上の条件で最適と思われる電圧及び充電容量が決定されます。 その結果多様な電圧、多様な容量の充電池が製作される様になっています。 (工事現場での使用機器ですが、6V,12V,24V,などが多いです) (6Vは低出力の物 電動ドライバなど軽量で手作業使用する機器) (12Vは中出力の物 電動ドリルなどある程度パワーがないと困る機器) (24Vは大きな力が必要な機器 電動カッターなど) 参考になりますでしょうか Q テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか? 大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。 今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。 goo. html 電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。 具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか? 実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。 上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、 乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、 乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか? どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。 テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか? 大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。 今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。 goo. html 電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。 しかしながら、具体... A ベストアンサー テスターで、電池残量は測定できません。 起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。 使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。 >適当な抵抗器を直列に接続・・・。 残量というより、能力のチェックです。 可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1. 5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1. 5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。 >乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。 内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。 その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。 3R 抵抗は5オームです。 Q 乾電池もかなり安くなりましたが、充電式乾電池と比較して、経済性の点で、どっちを採用するかのボーダーラインは、どのあたりにあるのでしょうか? 充電式乾電池の場合は、本体と充電器の実売価格、それから充電に必要な電気代を含めての計算になります。 比較を単純にするために、どちらも単三で、乾電池の方はアルカリとします。 (A) 1本のみで計算した場合、どのくらいのペースで電池が切れるようなら、充電式乾電池にした方が良いでしょうか? (B) (A)のように1本単位で考えると充電式の方が不利なのかもしれないので、1軒まるごと、というケースを想定します。 家の中に稼働中のアルカリ単三電池が40本あるとします。 全部乗り換えるとしたら、充電器1個と、充電式乾電池44本が必要かと思います。 1か月に何本のペースで電池切れになるのであれば、全部、充電式乾電池に切り替えた方が良いのでしょうか? (A)(B)、どちらか答えやすい方で、お答え願います。 また、このようなシミュレーションをしているサイトがあれば、直接の回答ではなく、そのURLを教えていただく形でも構いません。 よろしくお願いします。 乾電池もかなり安くなりましたが、充電式乾電池と比較して、経済性の点で、どっちを採用するかのボーダーラインは、どのあたりにあるのでしょうか? 充電式乾電池の場合は、本体と充電器の実売価格、それから充電に必要な電気代を含めての計算になります。 比較を単純にするために、どちらも単三で、乾電池の方はアルカリとします。 (A) 1本のみで計算した場合、どのくらいのペースで電池が切れるようなら、充電式乾電池にした方が良いでしょうか? (B) (A)のように1本単位で考えると充電式の方が不... A ベストアンサー まず先の方がお答えになっている電圧の違いという問題があることをご存知でしょうか? 従って乾電池仕様の機器のすべてに充電式電池が使えるのではないということを、しっかりと認識する必要があります。 これはたとえば4本同時に使用するタイプの乾電池用機器では6Vの動作電圧が標準となっていますが、ここにNi-MH等の電池を使用すると、充電直後の電圧でも公称で4.8Vにしかなりません。 まぁ、この程度の電圧でも動作する機器は結構あるのですが、ここに落とし穴があります。 というのもNi-MHやNiCd電池のような一般的な充電池にはメモリー効果という厄介な現象があ瑠香らなんですが、元来が6V用に設計された機器を4.8Vで動作させると、いくらも使わないうちに電池切れに似たような症状が起こってしまう可能性が高いのですが、この時点でも充電池自体から見ればまだたっぷり容量が残っている状態になる可能性があります。 これが非常に大きな問題で、先に述べたような充電池は十分に使い切らないうちに充電するということを繰り返すと、実際に使用できる容量が大きく減ってしまうという現象が起きるのです。 たとえば6V用の機器で使うことを繰り返していると、その電池を本来充電池が使われるべき4.8Vの機器で使用した場合でも、6V用の機器で使用して残りが大量にある状態で充電した電圧まで使用したところで、急激に電圧が落ちてしまうのです。 従ってこのような使い方をすると充電池用に設計された機器で使ってもまともに動作しなくなってしまうのです。 また、乾電池に比べ自己放電(使わなくても放電してしまう事)が大きいので時計やリモコンなど消費電力が小さいものにはあまり向いていません。 時計などに使った場合は実際に時計で使われる電力よりも自己放電で失われる電力のほうが大きいことも有るでしょう。 しかし、大きな電力を使用する向きには非常に優秀な特性を示し、同じサイズでも時間当たりに取り出せる電力数倍程度大きいので、モーターを使うような機器(たとえばコードレス掃除機や、モーターを動力とするおもちゃなど)では、乾電池よりも向いているといえます。 また、乾電池同士でもテレビのリモコンなどのように休みの時間が長いものに使う場合はアルカリ電池よりもマンガン電池のほうが長持ちします。 これはマンガン電池は休止時間を置いてやるとある程度消耗していても電圧が回復するという特性があるためで、リモコンのように休止時間が長い器機にはアルカリ電池よりマンガン電池のほうが向いているといえます。 まぁ、上に書いたように使う装置が充電池対応(電池1本あたりの電圧が1.2Vで動作する)で有るかどうか、短時間に大きな電力を使うような装置なのか、それとも長時間に渡りわずかな電力が必要なのかなどの要素によって大きく変ってきてしまうのです。 従って家中すべてを充電池にというような大雑把な選択自体が無理なのです。 適材適所という言葉がありますが、電池においても同じで器機それぞれの特性に合ったものを使用しないと、ごく短時間で電池をダメにしてしまうことがあります。 充電池に適した機器を使用するのであれば乾電池よりも充電池のほうが安上がりなことは確かですね。 まず先の方がお答えになっている電圧の違いという問題があることをご存知でしょうか? 従って乾電池仕様の機器のすべてに充電式電池が使えるのではないということを、しっかりと認識する必要があります。 これはたとえば4本同時に使用するタイプの乾電池用機器では6Vの動作電圧が標準となっていますが、ここにNi-MH等の電池を使用すると、充電直後の電圧でも公称で4.8Vにしかなりません。 まぁ、この程度の電圧でも動作する機器は結構あるのですが、ここに落とし穴があります。 というのもNi-MHやNi...

次の

導電率(電気伝導率)と抵抗率(比抵抗)の変換(換算)方法や違いは?【計算問題付】|白丸くん

オーム とい えば 電気 抵抗 の 単位 です が アンペア とい えば 何 の 単位

こんにちは! A(アンペア)電流、V(ボルト)電圧です。 電圧は、電位差で 安定した電気の溜まり場と 電気が全くない場所(地面、アース線)の圧力の差になります。 他の方も言われていますが水に例える事が良くあります。 ただ、勾配ではなく、水位や水の取出し穴の位置のほうが しっくりくると思います。 水槽の側面に穴をあけて水を取り出して、水車を回すとします。 穴の位置が下に行く、もしくは水位が高い方が、水の勢いが多いですよね! これが水圧(電圧)が高いという事です。 水車は、水圧3. 水圧が低くなると、水車は回らず、高すぎると壊れます。 水槽の水が徐々に減り圧が足らなくなったら、水を適正位置までたしましょうー みたいな感じで考えられるとイメージしやすいと思います。 良く表記されている、3. 7V 2000mAhというのは 3. 7V 2000mAの電流を1時間と使えるという事です。 紛らわしい表記だと、Whというのもあります。 電池だと1. 電池の容量の単位はmAh(ミリアンペアアワー)じゃないですかね。 例えば2000mAhなら、2000mA(=0. 2A)の電流を1時間流せるだけの容量ってことですね。 流す電流の量を変えると、1000mA(0. 1A)なら2時間、4000mA(0. 4A)なら30分間、電流を流せるってことです。 一般的なスマホのバッテリー容量が2000~3000mAhなので、それと比較すると、容量(mAh)のイメージがわくんじゃないでしょうかね。 この先は参考までに…。 バッテリー関連ならオームの法則よりW(ワット)との関係の方がいいんじゃないでしょうかね。 A(アンペア)は電流、V(ボルト)が電圧、そしてW(ワット)が電力ですね。 この関係は、よく水路の水の流れに例えられてますよね。 水路の落差(勾配)が大きいと、水は勢いよく流れますよね。 逆に落差が小さいと、水はちょろちょろとしか流れないですよね。 この落差がV(ボルト・電圧)で、1秒間に流れる水の量がA(アンペア・電流)で、どれだけの水が流れたかをW(ワット・電力)に言い換えることができますよ。 リチウムイオンなどのバッテリーの電圧は3. 7Vとか5Vとかが多いですよね。 ちなみに、車のシガーソケットから取れる電圧は12V、そして家庭のコンセントは100Vですね。 なので3.

次の