スポニチ 野球。 20年アマ野球有力選手 近大・佐藤輝明【⑥スポニチ潜入】

スポーツニッポン

スポニチ 野球

89 遠藤 修哉(ヤクルト)• 25 西澤 千央(DeNA)• 70 ガル憎(広島)• 124 チャリコ遠藤(阪神)• 20 大山 くまお(中日)• - Mr. G(巨人)• 2 中島 大輔(西武)• 59 えのきど いちろう(日本ハム)• 092 田尻 耕太郎(ソフトバンク)• 18 DOMI(オリックス)• 41 梶原 紀章(ロッテ)• 7 ハガ ユウスケ(楽天)• コ 村瀬 秀信(コミッショナー) 文春野球Cリーグ ルール• 本リーグはプロ野球12球団それぞれを愛する書き手がチームを組みコラムで戦う(1リーグ制)。 各チームは代表する監督1名が、試合ごとに登板するコラムニストを決定していく。 文春野球Cリーグは5月7日から開幕し、NPB開幕の1週間前に終了する。 (NPBの2020年シーズン開始と同時に文春野球コラムペナントレース2020が開幕する)• 試合形式は自由。 己の持てる武器・ネタ・コネを最大限に駆使して戦う。 写真・イラスト・動画の使用も可。 Cリーグの順位は読者が「HIT」ボタンを押した数の総数で決まる。 試合は各チーム月2回。 スケジュール通りに行われる。 とにかくコミッショナーの胸先三寸でいろいろ決まる。 浜松西高校-早稲田大学-若生出版-扶桑社「週刊SPA! 99年、アングラ投稿写真雑誌の艶文書き• ノンフィクション(スポーツ・芸能・裏社会)• 『大谷翔平~二刀流の軌跡』(週刊SPA! 編)『民警』(猪瀬直樹著)『白と黒とハッピー~純烈物語』(鈴木健txt. 92年日本シリーズ第1戦。 杉浦代打サヨナラ満塁ホームラン• 月見草• 日本一• 『週刊SPA! スワローズ関係のネタを無理くりねじ込むことが得意(過去に山田哲人、真中満、つば九郎vsドアラ筆談インタビュー等)。 神宮での観戦は年間45試合程度。 「麺屋秀雄」と缶ビールの消滅を嘆く一人。 前任の長谷川監督の偉業に泥を塗らないよう、クオリティの担保を目指す。 工業高校-広告会社-上京-フリーター-フリーライター• 95年『パチスロ必勝ガイド』3月号「91時間バトル」• 気持ちで押し切る• 白夜書房・ガイドワークス「〆切を守るライター10傑」に毎年入賞(推定)• 前田智徳• 07年9月1日対中日戦• 廣島魂• 村瀬秀信• 2割8分5厘• 髪は金髪、心は赤く。 パチスロ雑誌の原稿にもカープ話をねじこみ続けて幾十年。 ついに念願のグラウンドに立つときが来た。 自身がデザインした「廣島魂」のTシャツは現役選手をはじめ多くの著名人が愛用。 ホールの皆が応援している。 熱く、泥臭く、赤めに喰らいつく。 春日丘高校-関西大学-スポーツニッポン新聞社(10年から阪神担当)• 10年1月5日付大阪スポニチ2面「阪神ドラフト3位甲斐、城島さん覚悟!紅白戦で盗塁する!」• やるがん(スポーツ紙特有の選手の翌日への意気込みなどを表現する原稿)• 「虎番日報」• 特になし• 高宮和也• 16年3月26日対中日戦 横田慎太郎プロ初安打• 三度のメシより鳴尾浜• 広島/チャリコ(真鯛の幼魚)と同じ魚類だから• 文春野球という弱肉強食の大海原でもまれチャリコから真鯛に成り上がってみせる• 虎バンひとすじ10年目。 文春野球で大暴れしてスポニチの面白さを世間に知らしめんと自ら監督に立つ。 やっぱり趣味は海釣り。 熊本北高校-法政大学-月刊ホークス編集部-フリー• スポーツ法政新聞(98年6月発行号)• 取材コラム• 川崎宗則写真集ベスト版『チェスト』• 柳田悠岐に「なんで痩せんのスか? 死ぬ気で走れば痩せますよ」と言われた• KSAキャンプで共に過ごした選手たち• 多すぎて選べない• ヒトが見るとこは当たり前に、見ないとこも当たり前に見る• 日本ハム/昨年の文春パの覇者• 文春野球だから書けるテーマを作る• 今季でホークス取材18年目。 1軍主催試合は全試合球場で観戦。 ビジターの間はファームを徹底取材。 現場へ惜しみなく足を運んで取材するのがホンモノの野球ライター。 その信念は貫き通したい。 MEGASTOPPER結成(99年)-ORIX Buffaloes「SKY」(05年)• 99年難波ROCKETS• ロックミュージシャン的エッセイ• 「SKY」「calling」「Days」「茜空」など• 首位打者(17年)、本塁打王(18年)/12年『週刊ベースボール』「野球レコード大賞」(ORIX Buffaloes SONGS 5 にて)• T-岡田/安達了一/後藤光尊/大引啓次、坂口智隆• 14年10月2日対ソフトバンク戦• 叶うべき夢の先へ• えのきどさんの日ハムから今季こそペナントを「我らの街へ」• 優勝のみ• 一昨年4位、昨年は3位と順位を上げたが不完全燃焼の印象は拭えなかった。 特大ホームランを含む多ヒットと微ヒットを毎回繰り返す悪癖から脱却。 今シーズン、真の4番打者を目指す。 郁文館高校-関西大学経済学部-99年産経新聞社入社(大阪サンケイスポーツ運動部)-千葉ロッテマリーンズ広報部(05年2月~)• 99年4月サンケイスポーツ大阪版にて阪神タイガース今岡誠選手の中前適時打の記事• プレス発表• 03年阪神優勝、05年10年千葉ロッテ日本一、06年第1回WBC世界一• 11球団広報• 日本一• 現役球団広報ながら千葉日報社などで連載3本を持つ。 昨年は日本ハムに敗れ2位。 日本一だけが目標だ。 01年『月刊GON! 担当書籍/『阪神タイガース 暗黒のダメ虎史』(ミリオン出版)、『プロ野球ビッグボディ死亡遊戯』(ブックバーガー)• ルーキー一場・先発試合観戦のため底冷えする春先のフルスタ宮城にかけつけ、大風邪をひく• 山崎武司• 05年3月26日対千葉ロッテ戦• 勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし• 村瀬秀信/わしが育てた(仮払いのお金貨した)• B級エンタメ得意の仙台生まれの編集者が文春野球に初参戦。 村瀬コミッショナーとは新人時代からの付き合い。

次の

スポニチ杯全日本軟式野球大会

スポニチ 野球

概要 [ ] 毎年3月に行なわれるの1つであり、16チームが予選リーグ戦・決勝トーナメント戦の併用で優勝を争う。 優勝旗には深紅の「 大日輪旗」である。 からの選考対象大会の1つとなり、優勝チームは同大会出場が決まる。 かつては、トーナメント戦を採用していたが、から日本選手権選考対象大会の試合形式を統一することとなり、予選リーグ・決勝トーナメント併用となった。 一方、他の新聞においては単に「東京大会」と呼ばれることが多い。 なお、主催新聞のスポニチは、社会人の2大ビッグタイトルである「」・「」と並ぶ 「」(ごくまれにクラブチームが出場すると、を加えた 「四大(四冠)大会」)と紹介する場合がある。 出場チーム数・試合形式 [ ] 従来は前述の通り、社会人野球シーズンの幕開けを華々しく飾る大会として、地区連盟主催大会では最多の32チーム(は第50回を記念して36チームが出場)がで優勝を争っていたが、にの、「(企業チーム減少の現状に鑑み)地区連盟主催大会の出場チームは24以下とする」との方針から24チームとなり、さらにには22チームに減少した。 ところが、日本野球連盟がこの方針を一部大会について緩和する方針を示したことからには29チームに戻った。 しかし、から日本選手権選考対象大会の試合形式を統一することとなり、チーム数は16チームに減少され、大会も予選リーグ・決勝トーナメント併用となった。 開催球場 [ ] 近年多く使用されている球場は下記の3球場。 この他、には、にはが会場として使用されている。 過去に使用されていた球場• (まで使用)• (~まで使用)• 歴代優勝チーム [ ] 年度(回) 優勝チーム 決勝戦スコア 準優勝チーム 備考 1946年(第1回) - 1947年(第2回) - 1948年(第3回) 愛知産業 - 1949年(第4回) 小口製作所 - 1950年(第5回) 全藤倉 - 1951年(第6回) - 1952年(第7回) - 1953年(第8回) - 1954年(第9回) 全鐘紡 - 1955年(第10回) 日本生命 - 1956年(第11回) - 1957年(第12回) - 1958年(第13回) - 1959年(第14回) 日本生命 - 1960年(第15回) 日本鋼管 - 1961年(第16回) - 1962年(第17回) 日本石油 - 1963年(第18回) - 1964年(第19回) いすゞ自動車 - 1965年(第20回) - 1966年(第21回) 日本石油 - 1967年(第22回) - 1968年(第23回) 日本生命 - 1969年(第24回) - 1970年(第25回) - 1971年(第26回) 日本生命 - 1972年(第27回) 三協精機 - 1973年(第28回) - 1974年(第29回) 東芝 - 1975年(第30回) 熊谷組 - 1976年(第31回) - 1977年(第32回) 東芝 - 1978年(第33回) 大昭和製紙 - 1979年(第34回) 東芝 - 1980年(第35回) 熊谷組 - 1981年(第36回) 東芝 - 1982年(第37回) 日本石油 - 1983年(第38回) 東芝 - 1984年(第39回) - 1985年(第40回) 日本鋼管 - 1986年(第41回) 熊谷組 - 1987年(第42回) 日本通運 - 1988年(第43回) 日本石油 - 1989年(第44回) プリンスホテル - 1990年(第45回) 熊谷組 - 1991年(第46回) 日本石油 - 1992年(第47回) - 1993年(第48回) 日立製作所 - 1994年(第49回) 日本石油 - 1995年(第50回) 日本石油 - 1996年(第51回) 東芝 - 1997年(第52回) 日本生命 - 1998年(第53回) 日本通運 - 1999年(第54回) 東芝 - 2000年(第55回) - 2001年(第56回) - 2002年(第57回) 日産自動車 - 2003年(第58回) 東芝 8-4 日立製作所 2004年(第59回) 東芝 4-2 2005年(第60回) JR東日本 6-2 2006年(第61回) 日産自動車 8-7 シダックス 2007年(第62回) 9-0 同年度から、優勝チームに日本選手権への出場権が与えられる。 2008年(第63回) 5-3 JR東日本 2009年(第64回) 新日本石油ENEOS 4-2 2010年() 4-1 新日本石油ENEOS 2011年(第66回) - ()の影響で、 8月に開催する予定だった同年度のが 秋に延期となったため、日本選手権の開催は見送りとなった。 2012年() 3-2 日本通運 2013年() 5-3 JX-ENEOS 2014年() JFE東日本 8-0 決勝戦は7回コールド。 2015年() 富士重工業 1-0 Honda 2016年() 3-1 2017年() 6-1 Honda 2018年() Honda 4-3 2019年() 日本新薬 4-0 東芝 2020年() 大会中止 の影響のため中止となった。 当初は無観客試合での開催を予定していたが、 感染拡大に伴い一部球場が使用不可となり、 代替球場も確保できなかったため中止に至った。 注釈 [ ].

次の

スポーツニッポン

スポニチ 野球

女子野球のレジェンドが次なる活躍の舞台に選んだのは、京都府宇治市の閑静な住宅街にあった。 元女子プロ野球選手で、現在は子どもたちに野球を広める活動などを行う小西美加氏(37)が、京都文教大に、来春4月から新設される女子硬式野球部の総監督に就任。 12日に同大学で開かれた就任会見に出席し、意気込みを語った。 「社会に出るにあたって、野球だけでは厳しい。 短大で資格をとりながら野球をすることで、未来へのステップを作ってあげられる」 大学の女子野球部は全国9校目、京滋では初となる。 2009年に女子プロ野球リーグが誕生して以降、女子野球の競技人口は増加しているが、同時に、女子が高校卒業後も野球を続けられる環境の整備が急務となっている。 自身も高校、短大とソフトボールを通し多くの学びがあったことを挙げ、学生の将来を見据えたサポートに全力を尽くすと表明。 大学側も、幼稚園教諭二種免許などの資格取得に向け短大への入学を勧めているが、四年制の学生も入部できるという。 指導者としてはほぼ初めての挑戦だが、理想のチームは頭に描いている。 「自主性を重んじたい。 私がではなく、学生がどうしたいか。 走塁力の高い野球が大好き。 先を読めるチームが理想」。 通算82勝を挙げ、日本代表としても活躍した右腕は、さらに続けた。 「私の球を打てた選手から試合で使う」と笑う一方で、「この人と野球がしたいと言ってもらえる人になりたい」と表情を引き締めた。

次の