インコ 餌 ペレット。 ペレットは?野菜は?おやつは?インコの餌・食事について知っておきたいコト

インコの主食となる2種類の餌の特徴と選び方。ペレット?シード?

インコ 餌 ペレット

では、シードとペレットにはどんな メリット・デメリットがあるのでしょうか。 このページでは、 マメルリハインコなどのインコの餌の種類と選び方、そしてそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介しています。 (当サイトのすべてのページは本文下の総合ページリンクからご覧いただけます。 マメルリハ・インコの餌の種類と選び方 マメルリハインコをはじめとした 小型のインコに与える餌には、大きく分けると シード(粟・ヒエ・キビなどの穀物を中心とした植物の種子混合餌)と ペレット(インコに必要な栄養を考えて人工的に作られた総合栄養食)とがあります。 シード(粟・ヒエ・キビなどの穀物を中心とした植物の種子混合餌)には、 皮付きタイプと 皮なしタイプ(剥き餌)とがあります。 シードは自然の中で暮らしていたマメルリハインコがもともと主食としていた植物の種子ですので、皮付き、皮なしのいずれの場合でも、与えれば喜んで食べてくれる 食いつきの良さが特長といえます。 でも、なぜシードには、皮付きタイプと皮なしタイプとがあるのでしょう? その理由にはいくつかありますが、大きな理由は、 飼い主さんの手間と飼い方のスタイルに合わせて2つのタイプが選べるように用意されているということです。 皮付きタイプのシードは、皮なしタイプと違って、皮に含まれる栄養分も摂取できるので皮なしに比べて 栄養が豊富なこと、マメルリハインコ自身が皮を剥いて食べることで ストレスの解消に役立つというメリットがあります。 ただし、その反面、皮付きシードは食べ終わったあとの皮を飼い主さんが 片付ける手間がかかるというデメリットがあります。 また、エサ入れに皮が残っているために、マメルリハインコが どのくらい餌を食べたのか確認しづらいというのもデメリットのひとつといえるかもしれません。 そうしたデメリットを解消したのが、 皮なしタイプのシードです。 皮がない分だけ栄養価は落ちますが、飼い主さんの手間が軽減できますので。 世話にあまり時間がかけられない飼い主さんに適している、食べた餌の量がひと目でわかる、といったメリットにつながります。 また何らかの理由で 嘴(くちばし)を痛めてしまったインコにとっては、 嘴で皮を剥かずに食べられる皮なしタイプのシードは大きな魅力でしょう。 ただし、皮なしタイプのシードは、 皮に含まれる栄養分が摂取できないこと、種子の皮がすでに剥いてあることで種子が死んでしまっていて 長期保存が利かないこと、皮を剥いて食べることによる インコのストレス解消が得られないというデメリットがあります。 そのため、皮付きと皮なしを比較した場合、インコ自身もどちらかといえば 皮付きタイプのシードを好む傾向にあるようです。 また、皮付き皮なしのいずれのタイプの場合も、シードだけでは不足しがちな ビタミンやミネラルを副食(ボレー粉、カトルボーン、塩土、小松菜などの青菜や果物)で補う必要があります。 こうしたことから、マメルリハインコにシードを与えるのであれば、 副食も適宜与えることを前提に、(食べた後の片付けの手間がかかりますが) 皮付きタイプのシードが理想的と言えます。 ちなみに、シードは主に 粟・ヒエ・キビ、カナリーシードのミックスタイプが主流で、こうしたシードだけでは不足しがちな ビタミン、ミネラルの補給にボレー粉やカトルボーン、小松菜やチンゲンサイ、春菊、パセリ、ピーマン、カボチャなどの緑黄色野菜などを適宜用意しましょう。 ちなみに、カルシウム分の補給には、鳥かごのなかに立てかけておくだけでついばんでくれる カトルボーン(コウイカの甲を乾燥させたもの)や ボレー粉(海のカキ=牡蠣の殻を細かく粉砕したもの)を与えるのが一般的です。 本文後半へ続きます。 ペレットは、タンパク質や、ビタミン、ミネラル、カルシウムなどの 小鳥に必要な栄養分をバランスよく配合して人工的に作られた総合栄養食です。 そのため、シードに比べて栄養価が高く、 基本的にはペレットを主食として与えている限り、副食は何も与えなくても問題はありません。 こうした点は、 マメルリハインコの飼育に、あまり手間や時間を取れない飼い主さんやにとっては大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、ペレットには デメリットもあります。 それは、ペレット自体がマメルリハインコをはじめとした小鳥たちがもともと食べていたものではありませんので、 好き嫌いがはっきり分かれること。 つまり、 与えても食べてくれないことがある、ということです。 ヒナ鳥の頃から食べ慣れていないと、与えても食べてくれないこともありますので、 最初に与えるときはちゃんと食べてくれるかしっかりと確かめる必要があります。

次の

セキセイインコにおすすめの餌の種類は?大好物の野菜とペレットはどれ?

インコ 餌 ペレット

日本ではセキセイインコの食事はシード(種子類)が主流になっており、ペレットの流通量は多くありません。 しかし、セキセイインコ用のペレットがないからといって、他の鳥用のペレットを与えないようにしましょう。 同じインコであっても種類が違えば必要な栄養素量は違います。 なぜなら、セキセイインコやオカメインコなどは穀物を主食とする穀食性の鳥であり、ベニコンゴウインコやキソデボウシインコなどは果物を食べる果食性、ナナクサインコや文鳥などは植物性の食べ物だけではなく昆虫類も食べる雑食性など、鳥の種類によって食性が異なるためです。 他の鳥用のペレットをセキセイインコに与えることによって、特定の栄養素が過剰になったり、反対に欠乏してしまう可能性があります。 必ずセキセイインコ用と記載されたペレットを購入してください。 人工保存料・防腐剤不使用で、 自然な材料のみを使用して作られたインコ専用のペレットです。 主な材料には粉とうもろこし・飼料大豆・大麦などが使用され、無着色・無香料。 素材にこだわりたいインコの飼い主の方は、ぜひ選んでみてください。 ニンジン・セロリ・ビーツなどの新鮮な野菜を使用し、ベリー系のフルーツも多数含まれているのが特徴。 自然のフレーバーが、インコの食欲を刺激します。 高タンパク質・低脂肪で、ビタミンやミネラルの含有率もバランスがよいことから、栄養吸収が抜群。 消化性にも優れているため、インコの健康のサポートにぴったりです。 対象 セキセイインコ・マメルリハインコ・コザクラインコ・ボタンインコなど小型インコ サイズ 小粒 高栄養価 無 原産国 アメリカ オーガニック素材を使用し、栄養バランス抜群のペレットです。 材料に使われる素材は、米国の農務省USDA認定。 鳥獣医師や栄養士がインコの健康を重視して作った、バランスフードとなっています。 こちらの商品は 高エネルギー期以外の成鳥向けに作られているため、与える際はインコの年齢・状態を確認してください。 同メーカーで販売している高栄養素ペレット、ハイポテンシーと組み合わせることで、さまざまな時期のインコに最適な食事を与えられますよ。 ペレットのサイズは、 セキセイインコなどの小型の鳥に最適な小粒タイプ。 直径数mmと小さめのため、インコが食べやすくなっています。 栄養バランス抜群、インコ以外の小鳥にも与えられるペレットなので、数種類の鳥を飼っている家庭にもおすすめですよ。 対象 セキセイインコ・マメルリハ・カナリア・文鳥・など小型の鳥 サイズ 小粒 高栄養価 無 原産国 アメリカ セキセイインコは色の付いていないペレットよりも、色付きのペレットを好む傾向にあります。 無着色のペレットには見向きもしなかったのに、色付きのペレットは喜んで食べてくれた、なんてこともしばしば。 野生のセキセイインコは、赤い色を頼りに熟した果実を探すということが関係しているようです。 着色料は人の食べ物にも使用されている天然由来のものを使用していることがほとんどで、セキセイインコの体に影響を及ぼすものではありません。 しかし、色の付いたペレットを食べていると、フンに色がついてしまいます。 フンの色で健康状態を知ることができなくなってしまうため、色付きのペレットを多く食べるのは避けた方が無難ですが、どうしてもペレットを食べてくれない場合は、色つきのペレットを試してみるのもおすすめです。 色付きのペレットを好んで食べる場合は、少量ずつ無添加のペレットを混ぜ、徐々に色付きのペレットを減らしていくようにしましょう。

次の

【ウロコインコのエサ・ごはん】ペレット?シード?野菜は必要?果物は?

インコ 餌 ペレット

シード食のメリットとデメリット シードとは 植物の種子のことで、セキセイインコにはヒエ・アワ・キビなどを中心とした混合シードを与えるのが一般的です。 野生のセキセイインコもシードを主食としていますが、不足する栄養を補うために、ときには果物や昆虫も食べているそうです。 シードだけでは栄養が補えない 野生のインコと同じ食事を家庭で用意するのは難しく、 シードだけではたんぱく質やミネラル・ビタミンなどが不足してしまいます。 それを補うために、副食として野菜やボレー粉を与え、飲み水にはビタミン剤を溶かして与えますが、それでもやはり不足する栄養素はあるみたいです。 シードは味のバリエーションが豊富 インコにも味覚があり、好きな味を判別し、好みのシードとそうでないものを食べ分けています。 シードにはそれぞれ味に違いがあるので、インコに食べる楽しみを与えます。 シードの皮を剥く作業が脳に刺激を与え、ストレス解消にもなります。 シードはペットショップだけではなく、ホームセンターや最近では100円ショップでも売られていて、入手が簡単です。 混合シードだけではなく単独シードも売っているので、補いたい栄養素を考えて自分で配合できるのも魅力です。 オーチャードグラスや オーツ麦は、おやつに与えている飼い主さんも多いです。 人間のセレブやモデルの間でダイエット食として人気の キヌアや アマランサスも、混合シードではあまり配合されていませんが、単独シードとして売っています。 シードは皮付きのものを シードには皮付きと皮むきのものがあります。 皮むきのシードは殻が出ないので掃除がしやすかったり、殻に埋もれて下の方のシードが食べられなくなるという心配がありません。 ですが、皮付きのものに比べて栄養価が低くく、皮を剥く楽しみもないので、できる限り 皮付きのものを選ぶようにしましょう。 ペレット食のメリットとデメリット ペレットとは ペレットはインコに必要な栄養素が全て配合されている 総合栄養食です。 ドッグフードの様な見た目で、大型インコ用、中型インコ用、セキセイインコなどの小型インコ用に分けられています。 コンパニオンバード先進国の欧米ではペレット食の方が主流になっており、日本で販売されているペレットのほとんどがアメリカなど海外からの輸入品です。 ペレットは健康管理がしやすい ペレットを主食にする場合、ペレットだけで必要な栄養を満たすことができるので、基本的には野菜やボレー粉やサプリメントは必要ありません。 飼い主が栄養バランスを考える必要がないので、健康管理がしやすくなります。 また、万が一病気になった場合、病気の要因に「食生活」が排除されるため原因の追求がしやすくなります。 シードより消化もいいので、ペレットを進める獣医師も多いようです。 ペレットを食べないインコもいる ペレットはシードに比べて味が単調で、慣れていないインコはなかなか口にしてくれません。 食べてくれたとしても、同じものだけを毎日与えていると単調な食事でインコも退屈になってしまうかもしれません。 また、製品によっては原材料の明記が不明瞭だったり、色付きのものは着色料や発色剤についての明記がなかったり、安全性に不安なものもあります。 ペレットには色付きのものと無着色のものがある 赤や黄色のカラフルなものは色ごとに味が違うので、普段ペレットを食べ慣れていないインコにも食べやすいみたいです。 だけど、ペレットの色がそのまま糞に出るので、健康チェックがしにくくなります。 また、どのような着色料が使われているか不明なこともあるので、心配なら色のついていないものを与えるのがベターです。 理想はペレットとシードどちらも与えること 個人的な考えですが、どちらのメリットとデメリットも考慮した上で、 最善なのはペレットで栄養を補いながら、シードで食のバリエーションをつけることかと思います。 我が家のインコは現在シード食ですが、1羽が肥満体質で獣医の指導のもとダイエットをしています。 カナリーシードやオーツ麦など脂質が多いものを減らし、食事の量を制限していますが、そうなるとやはり栄養面が心配です。 こんな時ペレットを食べてくれたら、栄養も取れるし肥満も解消されるかもしれないのに、と思ってしまいます。 ですが、普段シードをメインで与えているのでペレットを差し出しても食べてくれないんですよね。 難しいですが、無理のない程度に少しづつペレットに切り替え、最終的には主食の7〜8割をペレットにし、シードはおかず的なポジションで与えることができればと考えています。

次の