シャンフロ カタリナ。 シャングリラ フロンティア

シャングリラ フロンティア

シャンフロ カタリナ

概要 に連載されているweb小説、『』の登場人物。 同じく作中に登場するキャラクターのとともに、メインヒロインを差し置いてヒロインとしての人気が高く、主人公であるとのIFルートを多くの読者から望まれているキャラクターの一人。 人物像 本名は天音・永遠 あまね・とわ。 サンラクとは、シャンフロと別のゲームで知り合った腐れ縁の様な仲のゲーム友達。 彼の所属クラン『旅狼』 ヴォルフガング のオーナー。 カリスマモデルとして活躍しており、「永遠様」の愛称で親しまれる。 十代女子の憧れの的で、サンラクの妹も彼女の熱心な。 カメラの前に立つとどの角度から撮られてもベストアングルで決める特技を持つ。 自信家ではあるが謙虚さも併せ持ち、コミュニケーション能力が高く、頭の回転も早い。 そのため突発的なイベントでも難なく司会進行ができる程のトークスキルとアドリブ力を持つ。 何事においても「華のある人間」といえる。 VRMMORPG『シャングリラ・フロンティア』のプレイヤーであるが、その事は周囲には秘密にしている。 一方で、活躍するトップクラン『黒狼』のリーダーであるサイガ-100こと、斎賀・百とは高校時代からの付き合いのある悪友。 本性 上述の項目はあくまでも表の顔。 その実態は、 人が派手に爆散する光景に「たまや〜」と言えるタイプのド畜生であり、基本的に他人を駒として扱い、策謀によって自分の思い通りに人間たちを動かすことを快楽としている、 根っからの黒幕気質で刹那主義の享楽家。 また、頭の回転が速いだけでなく人心掌握術にも長けており、『ユナイト・ラウンズ』と言うオンラインゲームでは、最終的には全プレイヤーにラスボスとして認知され、ストーリー上のラスボスを遥かに超える存在として『鉛筆王朝時代』を築いた。 表面上は謙遜することも多いものの、自分の美貌には絶対の自信を持っており、ゲームのアバターも自分の顔を忠実に再現して製作している。 その性格とプレイスタイルからも分かる通り、シミュレーション要素のあるオンラインゲームを得意としており、ペナルティを無視してPKを楽しむ事を厭ず、どんなに高性能なNPCであっても使い捨てにする事を厭わない非道っぷりは、ゲーム観戦者が思わず絶句するほど。 特に、ゲームにおいてなすすべなく叩き潰される人間を嘲弄することは、 無意識レベルの口癖になっているほど。 そのことを知った時には流石に驚愕していた 一方、なんやかんや面倒見や友誼に篤い一面もあり、親友と言ってもいいカッツォからの頼みは快く引き受けており、ゲーム内のに感情移入するようなセンチメンタルな部分もある。 また、意外にも好きな人には尽くすタイプで、彼氏相手にはデレデレになる。 対人関係 主人公のサンラクこと陽努・楽郎と、プロゲーマーである魚臣・彗とは『ユナイト・ラウンズ』と言うゲームで暗殺者VS敵勢力のボスと言う形で対峙し、二人に敗北した末に拠点となっている城を自爆すると言う形でゲームフレンドになる。 その後も、別ゲームでサンラクや魚臣とは遊んでおり、神ゲーとして名高い『シャングリラ・フロンティア』では、二人と一緒にクラン『旅狼(ヴォルフガング)』を設立する。 実弟であり、かつて所属していたPKクラン『阿修羅会』のクランオーナーは、実弟である天音・久遠。 弟からは、その容貌による人気や名声からコンプレックスを抱かれているものの、心の底からああはなりたくない。 と思われており、普通の兄弟よりも複雑なコンプレックスを抱かれている。 当のペンシルゴンは弟のことを心の底から見下しているが、何やかんや大切に思っている。 プレイスタイル 知略と謀略を尽くして敵対者を掌で踊らせ、悪辣な罠を仕掛けて捻りつぶすプレイスタイルを得意としており、その様を指してサンラクは「 魔王」と称している。 敵対者を巻き込んでの自爆や、ド派手な破壊を好んでおり、最終的にそう言った派手な結末になるためならば、あらゆる労苦を惜しまない一種の健気さを持ち合わせている。 ゲームで言うと、オンライン要素とシミュレーション系のゲーム性が有るものを好み、かつ得意としている。 アクションそのものは苦手だが、RPGの中でもオンライン要素のあるものはその戦略性の高さから好んでおり、策謀によって相手をはめ殺すことができるのであれば、格闘ゲームであってもプロゲーマーを連続で倒すことができるほど。 しかし、直接的なプレイヤースキルはそこまで高くなく、策に乗らずに追い詰めて袋叩きすれば勝てるという事である。 ……何となく、を彷彿とさせる例えである ただし、PVPを主体としていても、プレイヤーの殺意が高すぎるが故に最大の武器であるコミュニケーション能力が全く通用しないだけは苦手としており、「 サイコパスしか生き残れない地獄」と毛嫌いしている。 正しい感性。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

アーサー・ペンシルゴン (えんぴつきしおう)とは【ピクシブ百科事典】

シャンフロ カタリナ

『小説家になろう』の人気作品『シャングリラ・フロンティア 〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜』が、15日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)33号より連載がスタートすることが7日、発表された。 「小説家になろう」の「VRゲーム部門」で日間・週間・月間・四半期・年間の全ての部門で1位に輝いたことのある同作は、世に言う「クソゲー」を愛好する変わった趣味のゲーマー・陽務楽郎が、プレイヤー数3000万人を誇る神ゲー『シャングリラ・フロンティア』に挑戦するという物語。 膨大な設定と熱いストーリー、個性豊かなキャラクターたちが好評で累計PVが2億を突破している人気作品で、コミカライズを担当するのは、『進撃の巨人 LOST GIRLS』や『ワールドエンドクルセイダーズ』、『Fairy gone』などで知られる不二涼介氏。 また、連載開始の告知PVでは、人気声優のがナレーションを担当しており、主人公の陽務楽郎がプレイヤーネーム・サンラクとして、『シャングリラ・フロンティア』に挑み、「夜襲のリュカオーン」という強大な敵と対峙する姿が描かれている。 なお、『マガジン』ではこれまでも連載開始と同時にPVが作られることが度々あったが、今回のように人気声優が出演する本格的なものが連載前に制作されるのは異例だという。 マガジン編集長は「マガジン編集部が運営している漫画アプリ『マガポケ』でも『小説家になろう』の人気作が続々コミカライズされています。 僕も掲載作品に目を通したのですが、その中にひと際輝くネームがありました。 それがこの『シャンフロ』です。 すぐに担当者に声を掛けて週マガ掲載をお願いしました。 週マガに今までにない風を吹かせてくれるんじゃないかと期待しています」と作品への期待を寄せた。

次の

「旅狼(ヴォルフガング)」 [シャングリラ・フロンティアWiki]

シャンフロ カタリナ

硬梨菜とは、 大好き設定で「」を連載およびその設定、・装備紹介やである「設定鍵ト:フロの諸々」掲載しているである。 頻度やの高い作品となっておりも連載は続いている。 硬梨菜という名前は に登場するの「」およびに登場する「」に由来している。 (など)や(、、作品など)、(など)をおそらく好んでおり作中にもそのが見受けられる。 の組み方は、まず戦を想定し次に戦を始めるにあたり必要な上のを考え最後に導入を考える、という順になっているそうで、そうやって作った上の点が、線で繋げてとなるらしい。 またもともとのなどを作っており、本人く変なの組み立て方になってるので参考になるかはどうかは……とのこと。 自他ともに認める設定であり作品はもちろんその中に登場する・装備・・・作中に登場する等にこれでもかというくらい設定が詰め込まれている。 蠍 硬梨菜氏が設定としてのをたちに見せつけたとして「」を外すことは出来ない。 「」の作中に「群」というが登場した際、その設定だけで「設定鍵ト:フロの諸々」の記念すべき1回がまるまる「群の設定を衝動のままに書き連ねたもの」として掲載されることとなり、あとがきでも 「どうしよう、群好きすぎマンになってしまった……とか別にそこまで好きじゃないなのに小一時間くらい群の設定れそう……これが?」 「群の設定を書き連ねていたら三千字を突破してまだ書ける自信があることをお知らせいたします。 」 とのを。 さらにはへの感想返しで字近くのの設定を書き込んだり、作品の壮大な設定についてっていたがいつの間にかについてっていた等、たちはその 設定っぷりに戦慄し敬意を抱くようになったのである。 硬梨菜氏はその後も新しいをどんどん追加していきそのたびに「別には好きってわけじゃないです」などのを残すようになったがたちは一様に「」「硬梨菜さんがについてするなんてありえない」等の感想を送っている。 ガバ転び八起き 硬梨菜氏が生んだ。 作中で設定が発生した際にそのを解決するための新たな設定を考え出し、 「割とシャレにならないだったが 転び八起きを体現するかのような見事な」 と自画自賛した。 もちろんは七転び八起きである。 にも「途中途中で新しい設定とか思い浮かんだせいでさせている」ともしているため、今後も見事な転び八起きを撃することが出来るであろうと推測できる。 関連動画 ニコニコ静画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の