まぶた の 脂肪 を 減らす。 脂肪を減らすエステを探せ!~脂肪冷却前の準備~ | かわいい♥TMK36

まぶたの脂肪吸引の効果や値段は?二重整形との違いまで徹底解説!

まぶた の 脂肪 を 減らす

まぶたが厚くなる、厚く見える原因 BNLS注射の解説をする前に、まぶたが厚くなる、厚く見える原因を知っておきましょう。 原因によってはBNLS注射を打っても効果が現れないこともあるので、 自分がどの原因でまぶたが厚く見えるのかを把握することは大切です。 まぶたが厚くなる、厚く見える原因は以下の3つになります。 1.脂肪 2.皮膚の厚み 3.むくみ BNLS注射はまぶたに悩みを持つ方にもおすすめ! 腫れぼったいまぶたは、、顔の印象としてはマイナスになることが多いです。 人の第一印象は顔がとても重要ですが、まぶたが腫れぼったいと、目つきが悪く見えてしまったり、眠そうだったり不機嫌そうに見えてしまったりとあまり良い印象にはなりません。 また、単純に目が小さく見えてしまうので、ぱっちりした目に憧れているという方にとっては大きな悩みでしょう。 このように、まぶたが腫れぼったいということで悩んでいる方にもBNLS注射がおすすめされています。 皮下脂肪が原因ならBNLS注射が最適! まぶたが腫れぼったくなってしまう原因はいろいろと考えられています。 皮膚、眼輪筋、眼窩脂肪、皮下脂肪といった原因が挙げられますが、その中でもBNLS注射で主に対応できるのは皮下脂肪による腫れぼったさです。 まぶたの皮下脂肪が多いことで腫れぼったくなっている場合、脂肪を減らす効果のあるBNLS注射は最適でしょう。 逆に、他の原因の場合はあまり大きな効果を期待できないので、そういった複合的な要因の場合には複数の治療を組み合わせて行う場合もあるようです。 その点については医師の判断に任せたほうが安心できますね。 BNLS注射の特徴と効果について BNLS注射で使用する薬剤(BNLS)は、植物由来の成分を主成分とした脂肪溶解注射です。 BNLSに含まれる植物由来の有効成分を以下にまとめました。 ヒバマタ(海藻)抽出物・・・脂肪分解作用 セイヨウトチノキ(マロニエ)・・・抗炎症作用、浮腫の減少作用、毛細血管の弾力性向上作用 ペアシアグルミ(クルミ)・・・血管保護作用、血管循環促進作用 オキナグサ(アネモネプルサティア)・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 カラクサケマン・・・抗炎症作用、創傷治癒作用、肌再生作用 それぞれの相互作用により、短期間で高い脂肪分解効果を得ることができます。 さらに、血流やリンパの流れを改善し、溶かした脂肪や体に溜まっている老廃物の排出を促します。 まぶたへのBNLS注射の効果とメリット BNLS注射をまぶたに打つことで、まぶたに余分についた脂肪を分解することが可能です。 上記でまぶたにつく脂肪は2種類あると言いました。 BNLS注射で分解できる脂肪は皮下脂肪なので、まぶたの脂肪でいえばROOF(ルーフ)にあたります。 眼窩脂肪はまぶたの皮下脂肪よりも奥にあるので、BNLS注射はあまり効果が期待できません。 もし、眼窩脂肪を除去したいのであれば、BNLS注射ではなくて手術をする方が効果的です。 BNLS注射を打つことで、まぶたの脂肪(ROOF)を減らし、血流やリンパの流れを良くすることができます。 そのため、 上まぶたをスッキリさせる効果が期待できます。 さらに、まぶたの脂肪が原因でできてしまった皮膚のたるみも引き締まります。 まぶたへのBNLS注射の本数と量 まぶたは頬や顎下といった部位よりも脂肪量が少なく、さらに皮膚の表面積が狭いです。 そのため、 注射の本数、薬剤の量はあまり必要としません。 基本、BNLS注射を打つ本数は片方のまぶた1本、量は0. 5~1cc程度になります。 ですから、両方のまぶたにBNLS注射を打つのであれば、注射の本数は2本になります。 両側で1ccなのか、それとも2ccなのかは、カウンセリング時に医師と相談して決めると良いです。 まぶたへのBNLS注射の受ける回数 まぶたはもともとの脂肪量が少ないため、脂肪量が多い頬や顎下に比べると効果を実感しにくい部位になります。 そのため1回の施術では、「効果が感じられない」「何も変化が現れない」ということもありえます。 効果を実感するためには、3回から4回の施術を必要とします。 そして、1回目の施術を終えて2回目までの間隔は、最低でも一週間以上あける必要があります。 ですから、3回から4回の施術を受けようと思ったら、約1ヶ月はかかることを覚えておきましょう。 もちろん、1回で効果を感じる人もいますから、効果には個人差があるわけです。 その理由は脂肪の量や硬さというのは、人それぞれで異なるからです。 まぶたにBNLS注射をする際の安全性 まぶたは顔の範囲の中でも小さな部位ですし、BNLS注射の注入量は少なく済み、とても経済的です。 頬や顎といった他の部位と比較して、皮膚が薄くデリケートな部分ですので、そんな部分に注射と考えると心配な方も多いかと思います。 実は目元の施術を希望する方は多いですから、医師のほうも多たくさんの経験を積んでいる場合が多く、信頼して大丈夫でしょう。 小顔注射だけでは対応が難しい場合、どのような施術を組み合わせると効果が出やすいのか、どのくらいの量をどこに打てば効果がわかりやすいかなど、クリニックで聞いてみて初めてわかることもたくさんあるはずです。 小顔注射について効果があるのか、どの程度変化するのか、自分の悩みに合っているかどうか、気になっているなら躊躇せずにまずは質問してみてから考えてみてもいいかもしれません。 まとめ 皮下脂肪でまぶたが腫れぼっく見えるのであれば、BNLS注射はオススメできる治療方法です。 まぶたの治療を受けている人は意外と多いので、美容外科クリニックを選ぶ際には実績が豊富なところを選ぶと安心です。

次の

まぶたの脂肪について!種類や原因、落とす方法を紹介!

まぶた の 脂肪 を 減らす

最近『まぶたダイエット』という言葉も出てきていますが、それほどに まぶたの脂肪のなくし方が気になっている女性の方が多くなってきています。 単純にまぶたに脂肪があるだけで、こんなデメリットがありますからね。 潰れて感じになるので目が小さく見えてしまう• 腫れているように見える• 目つきが悪く見えてしまう• 二重のりがすぐ取れてしまう• 老け顔に見られてしまう・・・ うーーん、どれも女性にとってはかなり痛手ですね。。 ただ『脂肪を落とす』とか『除去する』というより、 引き締めるという表現の方が正しいと言えます。 あまり運動しないと自然とむくみが発生してしまうので、結果的に「何かお肉ついてるんだけど・・」という状態になるんです。 『稗粒腫(はいりゅうしゅ)』と呼ばれる角質の塊になるので、また別対策が必要になります。 それでは気になる落とし方を見て行きましょう! まぶたについた脂肪対策の運動法5つまとめ! 顔の印象が悪くなってしまうくせ者ですが、日々エクササイズをしてキュッと引き締めるにはどうしたら良いんでしょうか? 今回は 5つの対策をまとめているので、チェックしてみてください。 椅子に座って鏡に置く• 両手の人差し指を眉間にあてて、ちょっと上に引っ張る(力を入れすぎてオデコがシワにならないようにする)• 人差し指はそのままの位置で親指を目尻に軽くそえる(力を入れすぎてシワにならないようにする)• 視線をやや上側によせる• 下まぶたに力を入れ、持ち上げるように意識する(まぶしいモノを見た時のようなイメージ)• 親指に振動がプルプルと伝わればOK!• この手順を約10回ほど繰り返す• 先ほどの『眼輪筋のエクササイズ』と同じく、この手法でも眼輪筋に負荷をかけることで、 上まぶたもスッキリさせれるようになりますよ!• 両手をおでこにあてて動かないようにロックする(位置的に小指を眉の真上におくとちょうどです)• ヒジを上げておでこ全体を覆うようにする• 目の周りだけの筋肉を意識しながら10秒キープする• おでことまゆげをロックしたまま10秒間、目を大きく見開く(眼球を前面に押し出すイメージで)• この流れを3セット繰り返す 個人的に「目の奥とまぶたの筋肉をギューっと意識する」というのが分かりやすかったですね!何となくですが、結構効いている感もあります。 コレを利用してまぶたの脂肪を少しずつ落としていくのが、このもみもみマッサージになるんです。 実際に 某雑誌の人気読者モデルさんが、効果を上げている方法になります。 手順はコチラ!• 目尻の上のまぶたをつまみ、軽く揉む• 目頭の上のまぶたをつまみ、軽く揉む• 目頭から円をかくように目尻まで撫でるように移動させる• 目頭を指で押さえる• 1〜4の流れを入浴中に3分程度、続ける とてもシンプルになりますが、とにかく毎日続けてやることが大事になります。 脂肪を燃焼させる効果だけではなく、 『1ヶ月以内にポッテリ一重から二重になった』という事例まであるので、飽きっぽい人も継続する価値はありそうですね! またまぶたの悩みと言えば、いきなりまぶたが痙攣するという人も結構いるんですよね。 「両目か?片目だけか?」によっても、原因が異なってくるのはほとんど知られていません。 知っておきたい内容です。 スポンサーリンク 年齢も関係してくるって本当!? 腕や足と同じように顔面にも筋肉が存在していますが、ある程度の年齢になってくると徐々に筋肉が衰えてき始めます。 それに伴って、 目の周りの脂肪も少しずつ垂れてきてしまうんです。 よくドラマなどで鏡を見ながら「若い頃は・・」と言ったりするモンですが、今紹介したような理由で、ホントに変わってくるんです。 まぁしょうがないと言えばそれまでですが、 進行スピードを緩めることは可能なので、次でお伝えする方法を試してみて下さいね! ですのでまだ10代、20代で悩んでいるという場合は、運動不足の可能性が高いと言えそうです。 脂肪を落とすクリームって効果あるの!? たまに目にする『塗るだけで脂肪を落とせるクリーム』ですが、結論から言うと、 効果はほぼないに等しいと言えます。 そもそもですが、まぶたは• 眼窩脂肪(がんかしぼう)• ROOF(もしくは隔膜前脂肪) という2種類の脂肪からできています。 ちなみに僕の女友達も「買ってみたけどお金が無駄になった・・」と凹んでいました。 ただ脂肪には『落ちやすい部位』と『なかなか落ちない部位』に分かれるので、 やればすぐ落ちるというワケでもありません。 個人差もかなりあるので、参考程度に考えてもらえればと思います。 まず一番最初に落とせるのが『内臓脂肪』で、その次に『皮下脂肪』という順番になります。 見た目で分かりやすい皮下脂肪で見ていくと、こんな感じ。 脂肪を燃やすためには、やはり筋肉が必要になってきますからね! まぁまぶたがスッキリすると感じられるくらいまで痩せれたら、 全身のスタイルもかなり良くなってるはずなので、まさに一石二鳥ですね! まとめ まぶたの脂肪対策として、エクササイズなどの運動例を紹介して来ました。 やはり場所が場所だけに一気に落とすことが出来るというワケではありませんが、 続けることによってそれなりの効果がある事が分かりましたね! 顔の筋肉は加齢によってどうしても落ちてきます。

次の

まぶたの脂肪を分解?BNLS注射のまぶたへの効果と料金を解説! | BNLS注射ラボ

まぶた の 脂肪 を 減らす

まぶたの脂肪に関しては、2種類あります。 元々まぶたにそれなりの脂肪があり、そのしぼうが、見た目腫れぼったく、寝ぼけているような状態にさせています。 また、もう一つの脂肪はまぶたのすぐ下の目に近い部分に、ポチッとゴマ粒ほどの白いできものの場合です。 まぶたに元々ついている脂肪は付いたものは体質というか遺伝的なものであり、すっきりするのには時間もかかります。 一方、ゴマ粒ほどのできものは、ちょうどにきびをつぶすような感じで、中の白い脂肪分を押し出すと直ります。 全般的にまぶたが腫れぼったいのは、どう見ても損をしてしまいます。 目つきも悪く見えます。 人は見た目が9割と言われることがあるぐらい、それだけで損をしてしまうこともあります。 逆に見た目だけはよくて、それだけで得する人もいることを考えると、なんとも気分的に納得いかないことも事実です。 これは、なんとかならないものでしょうか?さて、今回はこのまぶたの脂肪についてお伝えします。 この記事の目次• まぶたに付く脂肪の種類 まぶたに発生する脂肪の種類について紹介します。 むくみ 原因 むくみはよく足などが疲労している時に発症します。 まぶたも同様で、これはリンパ液が影響していると思われます。 リンパ液というのは、身体の中を流れる血液と同じようなもので、無色透明のものです。 これは、疲労物質や老廃物がリンパ液を通して身体中を循環し、排出する役目をしています。 その流れが悪いと、滞ってしまいむくみを生じるわけです。 特に足などは、立ち仕事をしていると流れが悪くなり滞りがちです。 同様にまぶたも、寝ている時には身体がほぼ水平になっているので、流れが悪くなります。 ですから、朝起きた時にまぶたが腫れぼったいのも、自然の摂理なのです。 これは起きてからしばらくすると、通常の状態になるので、問題はないと思います。 ですが、やはり普段のむくみは気になるものです。 解決法 これは、血行を良くすることで解消します。 むくんでいるからと、水分を抑えていませんか?実は多くの人は、むくむから水分を抑える人が多いようです。 実は、水分を控えることにより、逆に血行やリンパの流れが悪くなり、むくみがちになります。 これは意外な盲点だと思います。 ですから、逆にむくまないように、水分を普段より多めに取ることが重要です。 それと、現代はあまり汗をかけない環境になっています。 汗を出せない状況で、さらに血液内やリンパ液内の老廃物などが流れにくく、むくむ原因となるわけです。 水をたくさん飲むことと、汗をなるべく出すようにしてください。 ROOF 原因 ROOFというのはまぶたについている脂肪のことで、まぶたのすぐ上の脂肪です。 一方、眼窩脂肪というのもありまして、これは、目玉の上を覆っている脂肪です。 つまり、ROOFは、眼窩脂肪より手前の浅い部分についているものです。 これが多いと腫れぼったく重く見えるのです。 ある程度は遺伝的な要素が強く、後から増えるものでもありません。 解決法 このROOFの脂肪を取ることは、意外に難しいようです。 ある意味体質ということもあるからです。 まぶたをマッサージして減らした例はあるようです。 また、蒸しタオルや最近出ているホットアイマスクなどで温めると、脂肪も減るようです。 確実にこの脂肪を落とすには、脂肪吸引をすることです。 ただこれも、善し悪しがあり、取りすぎるとしわが目立つようになるようなことも言われていますので、注意が必要です。 特にしわは、若いうちは目立たないかもしれませんが、年をとった時に目立ちます。 なお、この脂肪吸引は美容整形外科で施術できます。 料金は10万円ぐらいを目安と考えていいかと思います。 眼窩脂肪 原因 これは、ROOFよりももっと奥にある脂肪です。 ある意味、眼の玉を守るためにあるもので、減らすことはROOFよりも簡単といわれています。 解決法 これも脂肪吸引での解消が可能です。 また、この部分の脂肪を取るには、マッサージという方法もあります。 即効性はありませんが、ある程度は効果があります。 整形するにはちょっと、という方は気長にマッサージで脂肪を落とし、見栄えをきれいにしてはいかがでしょうか? ただ、こちらの脂肪は年々とまぶたの回りの筋肉が落ち込むことにより、少しづつ垂れ下がってきます。 すると、顔が老けたような、一気に老化が進んだような感じになります。 それが、気になってくるかと思います。 ちょうど眼の下にクマができているような感じです。 これもまぶたの回りの筋肉をマッサージなどで根気よく血行や筋肉の維持に努めますと、若く見えるばかりでなくまぶたの腫れぼったさもなくなること思います。 まぶたにかかわる目の病気について まぶたに関係する病気を紹介します。 汗管腫 汗を出す汗腺が増えるてできるもので、数ミリのサイズで膨れる症状です。 気になる場合は切除する必要がありますが、放っておいても問題はないものです。 ですが、中には大きくなってくるものもあり、その場合には切除が必要になります。 主に若い女性に発症するケースが多いとの報告があります。 稗粒腫 この稗粒腫は体質的な要素が多く、ならない人はまったく出ません。 にきびと同じように白いポチっとしたものができます。 これは毛穴に脂分などがたまってできるものです。 針で突いたり、指で押しつぶすと白いものが飛び出してきて、それで治るケースがほとんどですが、バイ菌が入ると厄介です。 炎症を起こす可能性もありますので、自分で処理せずに眼科で治療するほうがいいでしょう。 眼瞼黄色腫 主に高脂血症で中高年の人にできるもので、眼のまわりが腫れぼったく黄色い状態になることです。 治すには高脂血症の症状を抑える薬を服用します。 何分見た目が黄色く、よくないので気になったらすぐにでも医師の診断を仰ぐことをお勧めします。 放っておいても悪化するだけで、体質改善も行わないと、繰り返すことになります。 高脂血症気味の人に多いという理由から、油分を多く取る傾向にある人がかかりやすいと思われます。 その油を抑えるか、油の質を良い油に変えることがいいと思われます。 特に油は、年齢的に高いと思う時期には質の悪い油は止めたほうがいいと思います。 霧粒腫 まぶたの脂腺がつまって炎症が起き、小さな瘤ができている状態で、痛みはないのですが違和感があります。 その瘤は大きめであれば、切開して取り除きます。 通常は放っておいても問題はないのですが、自然に消えることもあります。 ただ、放っておいてもなくならない、もしくは大きくなってきている場合は、医師の診断により、切開したほうがいいかと思います。 内部の脂肪が固まると厄介ですし、あとあと残ってしまう恐れもあります。 麦粒腫 俗にいう、ものもらいというものです。 まぶたの縁の脂腺という脂肪を分泌するところが、細菌による感染が起きて赤く腫れ、痛みを伴う症状です。 抗生物質の目薬をつければ、割と早く治ります。 風が強く吹いてごみ等が目に入ったときや、疲れて熱が出そうな時によく腫れます。 熱が出そうな時は、おそらく身体の免疫力が落ちているときかと思われます。 これは清潔にしないと悪化します。 特に風が吹いた日など、眼にほこりが入ったからとこすってしまうと、眼の白い部分が充血して結膜炎を起こしたり、角膜に傷がついたりして麦粒腫を普通に治すよりも時間がかかってしまいます。 ほこりが入った時は、目薬をたくさんつけて、ほこりを洗い流したり、水道水で洗い流すようにして、決してこすらないようにすることが望ましいかと思います。 まぶたの脂肪を落とす方法 まぶたの脂肪を落とす方法を紹介します。 運動不足 一般的に運動不足でも、むくみが生じ、まぶたの腫れぼったさも、なくなりません。 特に運動不足で体内を流れるリンパ液が循環しないと、老廃物が淀んでしまいます。 これはむくみだけでなく、身体の他の部分への影響もでます。 まぶたにできた白いぶつぶつや肌荒れなども、ある程度の運動をしていると、自然と出なくなります。 筋肉の減少 顔の中にも筋肉が発達しています。 それに加え、まぶたの回りにも当然、筋肉がありその筋肉が年とともに衰えてくることにより、左右ともたれてくるのが普通です。 つまり、若いころは、眼も少し吊り上っているように、張りもあるのですが、段々と下がってくるのです。 これもある意味ではしかたないことですが、表情筋を鍛えることにより、その進行を遅らせることはできます。 口の端を上にあげるにこやかな表情にするトレーニングを日々行うことで、張りのある表情を保てます。 蒙古ひだについて アジアの人種には多いのが特徴で、生まれつき、腫れぼったい感じになります。 これは、ある程度はやむをえないのですが、これがあると見た目で損をすることが多いようです。 蒙古ひだは眼の中央よりまぶたの部分が、少し垂れるような、多いかぶさる様になっています。 最近流行っている目頭切開はこの蒙古ひだの部分を若干切ることで、眼を大きくすることです。 鼻の根元で目頭を親指と人差し指でつまむようにするマッサージで、ある程度は眼を大きくすることができます。 まとめ いかがでしたか。 自然に出来てしまう脂肪のかたまりは、簡単に取り除くことができますが、もともとの日本人に多い、蒙古ひだのような脂肪には、地道な努力が必要とされると思います。 また、まぶたに脂肪が多い人には、ある意味遺伝的な要素もあるので、簡単にはその脂肪を落とすことも難しいと思われます。 最近は、プチ整形といって割合に簡単に安価でできるものもありますが、これらを試すのも一つの手かと思われます。 それをするには、なかなか度胸も必要かと思いますが、割とその程深刻にならずに施術する方も、増えたと聞きます。 一方、菌などからの影響のできものは、それほど大げさに捕らえなくともよいかと思います。 それぞれで述べた対処法で大丈夫かと思われます。 何分、先にも述べたように人は見た目でかなり得をしたり、損をするものなので、その中のまぶたというパーツを意識的に変えることにより、得をするようにしたいものです。 関連記事として、 ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の