決まり手 外小股。 相撲の決まり手とプロレスの技で共通なのは、ありますか?「かわず掛け」は相...

相撲技(決り手)一覧 :相撲ー四季通販

決まり手 外小股

大相撲の決まり手一覧(八十二手・五非技) 大相撲の決まり手の一覧(大相撲八十二手・五非技)です。 大相撲の決まり手は、その昔は投げ手・掛け手・反り手・捻り手の合計 48手(いわゆる四十八手)だったそうですが、1955年に 70手(+非技2手)に、2000年に現在の 82手(+非技5手)となりました。 ネットで探しても決まり手をシンプルに一覧表にしたものがほとんど無かったので、作ってみました。 決まり手図解イラストは、いっぱいあったのですが... 下表の通し番号は勝手に付けたものであり、「何番目の決まり手」とかがあるわけではありません。 また、決まり手のレア度(右欄)は主観で決めています。 反り手技が全般的にレアですね。 (珍しいのでほとんど見たことがないです) セルを結合していないので、Excelにコピペして50音順やABC順にソートすることも可能です。 適宜活用して下さい。 決まり手 「もろだし」などと書かれているものもありますが、決まり手82手には含まれず、記録上は単なる反則負けになります。

次の

相撲の技一覧!珍しい決まり手や種類はどんな技なのか紹介します!|相撲道

決まり手 外小股

【五輪砕き】 リバースフルネルソンと同型。 相撲では五輪砕きの形になった時点で「勝負あり」とされます。 私はこれで決まった取り組みを見たことありませんが、漫画「グラップラー刃牙」の最大トーナメント編で描かれた猪狩完至vs金竜山での事実上のフィニッシュが五輪砕きでした。 プロレスでもリバースフルネルソン「だけ」で試合が決まることはまずありませんが、ダブルアームスープレックスやタイガードライバーなど、リバースフルネルソンの体勢 いわゆるダブルアームの体勢 から派生する技がフィニッシュに使われてますね。 【居反り】 自身の頭を相手の脇下に突っ込んだ体勢から両まわしをつかんで後方に投げる決まり手。 非常に珍しい相撲の決まり手です。 プロレスではリバーススープレックス的な投げ技になります。 教師から大相撲入りした異色の力士、元小結の智ノ花が決めた居反りは、捻りが効いていてリバーススープレックスというよりはフロントスープレックスと呼んでも差し支えのない見事なものでしたw 【襷反り(たすきぞり)】 相手を肩に担ぐようにして持ち上げ、そのまま後方に倒れこむように投げる。 これも相撲では珍しい決まり手。 技の形はプロレスにおけるバックフリップです。 【送り吊り落とし】 相手の背後を取って両まわしを掴んでから、相手を持ち上げてから土俵に叩きつける決まり手。 日本人で使う人はほとんど見られませんが、アメリカのレスリング出身のレスラーが試合の序盤に相手をグラウンドに持ち込むためのテイクダウンさせるムーブとして使われます。 たしか、日馬富士が改名前の安馬というシコ名だった頃に使って決まり手になってたはずです。 【外小股】 相手の背後に回りこんで、抱え式バックドロップ(もしくはアトミックドロップ)の体勢に抱え、抱えた足を払って倒したり、片足立ちになった相手を土俵の外へ寄り切る決まり手。 たしか元関脇の寺尾が、外小股から土俵の外まで寄り切った一番があったような…。 この時の決まり手が「外小股」とされていたかと記憶してます。 蛇足ですが、江戸時代末期の1861年ごろ、当時十両だった両国梶之助(最高位関脇)が、日本にやってきたインド人のレスラーと他流試合で対戦し、抱え式バックドロップの形で投げ落とす「どっこい芝つかみ」で勝ったという文献があります。 現在は相撲の決まり手に「どっこい芝つかみ」は存在しませんが、「どっこい芝つかみ」と「外小股」との関連性は いかんせん資料が手元に無いので 不明です。 【鯖折り】 プロレスでいうところのベアハッグです。 プロレスではギブアップを狙う技ですが ブルーノ・サンマルチノや豊登が名手 、相撲では鯖折りで身体を反らせ、相手を腰砕けにさせて崩す決まり手です。 【河津掛け】 河津掛け自体は、相撲では滅多に見られない決まり手です。 が、ルー・テーズのバックドロップ封じで力道山がプロレスに持ち込み、ジャイアント馬場が「技」として完成させた河津掛け落としは、やはりこういった質問では外せない回答の1つになりますね。 日本のプロレスは相撲のドロップアウト組が作ったので色々影響されています。 かわず掛け、河津掛けとか言いますね、柔道だと河津掛。 レスリングには日本人が持ち込んだらしいですね、サンボには元々有ったようですしバリエーションは豊富です。 しかし、プロレスの場合、フィニッシュになるのは「河津落とし」です。 アメリカなど英語圏では「ラシアン・レッグスウィープ」とか「ラシアン・サイドスープレックス」などと呼ばれています。 相撲のそれは相手を倒す、手をつかせるためにバランスを崩す技です。 柔道だと大内、内股の返し技でしたが、禁じ手。 捨て身で投げると相手が頭を打つから。 プロレスの「河津落とし」はどちらかと言うと柔道、レスリング、サンボと同じ技ですね。 因みにプロレスにも「河津掛け」は有りました。 力道山がルー・テーズのバックドロップを封じる、返すために利用しました。 その際に「相撲のかわず掛け」だとされました。 で、ここまで話したんですが、相撲の決まり手と同じ技の名前のフィニッシュって、後は「サバ折り」=「ベアハッグ」位ですが、これは相撲、プロレス共に廃れた技ですね。 一応「フィッシャーマンズ・スープレックス」の「フィッシャーマン」ま相撲の「網打ち」から来ているという説も有りますが、全然似てません。 無理やり言えば「喉輪落とし」くらいですかね。

次の

相撲の決まり手について質問です片手で相手の足(ももの辺)を外から抱えて持ち上...

決まり手 外小股

足取り【あしとり】 片手で相手の腿を外側から、 もう一方の手では内側から足首辺りを取り、自分の頭は取った足の腿につけて靠れ込み、こうして倒すか押し出すもの。 但し現在は、足を取る決め手のうち、渡し込み、小股掬い、外小股、大股、褄取り、裾取りのどれにも入らない場合は総て足取りを採る。 若葉山が足取り名人と言われた。 片手で真ん前の足を内側から掬い上げて倒すのを「叉股【さまた】」という。 「古今相撲大全」に「此手ハ何れの時にか有けん唐土より大さまたといふ者日本に来り数多の相撲を取けるが此大さまた手合するとひとしく右の手にて多くの人をなげころせしより此手はじまる」とある。 外側から掬い上げた場合は「外叉股【そとさまた】」とする。 相手が自分の後ろについた際に、自分の股の間から相手の足を取って倒すのを「鋪小股【しきこまた】」といい、「古今相撲大全」や「古今相撲大要」に出る。 片手で相手の足を外側から取って押し出すのを「外足【とあし】」といい、これも「古今相撲大全」や「古今相撲大要」に載る。 ・・・・・・細かく言うと外足というみたいですね。 ・・・・・・大相撲では足取りになるみたいですね。

次の